特集 PR

阿部芙蓉美インタビュー 伝えたい想いより、作品の手触りが大事

阿部芙蓉美インタビュー 伝えたい想いより、作品の手触りが大事

阿部芙蓉美『Heart of Gold / ごみ溜めのバラード』
インタビュー・テキスト
村尾泰郎
撮影:前田立 編集:山元翔一

あるとき、ふと耳にして、気がついたら忘れられなくなっている。シンガーソングライター、阿部芙蓉美の歌には、そんな不思議な魅力がある。彼女の4年振りとなる新曲が、CINRA主催の文化祭イベント『NEWTOWN 2018』で11月10日から販売される。

初めての7インチシングルとなる本作には、最近のライブで欠かさず演奏される“Heart of Gold”と、書き下ろし曲“ゴミ溜めのバラード”の2曲が収録されている。近年はハナレグミや赤い靴などに歌詞を提供し、昨年からはマンスリーライブを行うなど、あくまでも自分のペースで歌の世界を深めていくなか、彼女はどんなふうに歌と向きあっているのか。話を訊いた。

自分の歌をカセットテープに録音して、それを聴きながら、研究して、練習して、それをまた録音して。疑似レコーディングを楽しんでいる子どもでした。

—唐突ですが、「芙蓉美」って珍しいお名前ですよね。これは本名なのですか。

阿部:本名です。私が生まれる予定日が3月だったらしくて、「芙蓉雛」っていうお雛様から名前をとったそうです。

—お雛様からですか。ご両親の気持ちが伝わってきますね。

阿部:でも、生まれたのは2月で、ちょっとフライングしました(笑)。

阿部芙蓉美
阿部芙蓉美

—お雛様から名前をもらった阿部さんは、どんな幼少期を過ごしたのでしょう。子どものころから歌は好きでした?

阿部:好きでした。テレビの歌番組が好きで、テレビから歌が流れてくると、家にある楽器を手にして、それっぽく弾いたりして遊んでいました。小学校にあがると、音楽の授業で使うリコーダーとかピアニカを家で弾いていて、相当うるさかったと思います。

—ご両親に怒られませんでした?

阿部:いない隙にやってました(笑)。恥ずかしいから、あまり聴かれたくなかったんです。

—楽器が恥ずかしいのなら、歌なんてもっと恥ずかしいですね。

阿部:歌の練習は、こっそりやっていました。夜になるとラジカセでカセットテープとかCDをかけて、それにあわせて歌ってたんです。

—どんな音楽をかけていたんですか。

阿部:幼いころ歌番組を観て夢中になったのは光GENJIとか工藤静香。昔の曲はすごく練られていて、歌い手さんのイメージも曲に合わせて変幻自在で「いいなあ」って思って聴いていましたね。それで自分の歌をカセットテープに録音して、それを聴きながら、「こんな感じなのか」「もっとこういうふうに歌いたいな」とか研究して、練習して、それをまた録音して。疑似レコーディングを楽しんでいるオタクみたいな子どもでした(笑)。

—小学校のころから疑似レコーディング(笑)。

阿部:最初のころは、「私はこんな声なんだ。気持ち悪いなあ」と思いつつ、それを乗り越えて練習していました。「ビブラートって、どうやってかけるんだろう」とか、いろいろ考えながら。

—熱心だったんですね。

阿部:それで、歌の研究の次は言葉の研究にいったんです。CDのブックレットを見るのが好きで、ブックレットごっこみたいなことをはじめて。最初は好きな曲の歌詞をワープロで打っていました。そうすると本物っぽく見えるじゃないですか。あとは、「これがブックレットに載ってたらいいな」という言葉を、歌詞っぽく並べてみたり。そういう遊びをしていましたね。

阿部芙蓉美
阿部芙蓉美『沈黙の恋人』(2012年)を聴く(Apple Musicはこちら

—歌詞を通じて気持ちを表現するというより、ブックレットというモノに興味があったわけですね。

阿部:そうですね。ブックレットを眺めていると落ち着くというか、しっくりくるんです。本は好きだったけど、そんなには読んでなくて。歌詞ぐらいの文字数が並んでいるのを見るのが好きだったんです。そのうちに、歌詞っぽいものを書くようになって。

—阿部さんにとって音楽は一人遊びというか、パーソナルなものだったんですね。

阿部:そうですね。

Page 1
次へ

リリース情報

阿部芙蓉美『Heart of Gold / ごみ溜めのバラード』
阿部芙蓉美
『Heart of Gold / ごみ溜めのバラード』(7inch)

2018年11月10日(土)、11月11日(日)よりNEWTOWN先行販売
価格:1,620円(税込)
ALPC-0002

[Side A]
1. Heart of Gold
[Side B]
1. ごみ溜めのバラード

イベント情報

『NEWTOWNジャム・コンサート』
『NEWTOWNジャム・コンサート』

日程:2018年11月10日(土)、11月11日(日)
会場:東京都 多摩センター デジタルハリウッド大学 八王子制作スタジオ(旧 八王子市立三本松小学校)
出演(五十音順):
[10日]
阿部芙蓉美
おとぎ話
キイチビール&ザ・ホーリーティッツ
クレモンティーヌ
柴田聡子
寺尾紗穂
七尾旅人
ロロ×EMC
[11日]
カネコアヤノ
折坂悠太(合奏)
曽我部恵一
betcover!!
Homecomings
眉村ちあき
ROTH BART BARON

プロフィール

阿部芙蓉美
阿部芙蓉美(あべ ふゆみ)

シンガーソングライター。2007年にメジャーデビュー以降、発表する作品が数多くのCMソングや映画の主題歌に起用される。近年は都内を中心とするライブ活動、CMや他アーティストへの楽曲提供、ナレーションなども行なっている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー