特集 PR

betcover!!の苛立ち ロックシーンへの愛憎入り交じる想いを語る

betcover!!の苛立ち ロックシーンへの愛憎入り交じる想いを語る

『NEWTOWN 2018』
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:前田立 編集:山元翔一

「カテゴライズされずに売れることなんて可能なのか?」って不安になってしまうくらいに、カテゴライズは悪魔のように憑りついてくる。

—僕は新作『サンダーボルトチェーンソー』を聴いて、ヤナセさんの「攻撃」の仕方が面白いなと思ったんです。このアルバムって、決してわかりやすく「怒り」が伝わる作品ではないと思うんですよ。たとえばリード曲の“平和の大使”なんて、曲調的には、すごく穏やかで牧歌的な曲なわけで。でも、おそらく表現されている感情は、決して穏やかなだけのものではないですよね。

ヤナセ:そうなんですよね。“平和の大使”を聴いて、「日曜日の午後に聴きたい」とか言ってくれる人もいるんだけど、「違うんだよなぁ」って思っちゃう。「シティポップ」とか言われることも多いし。でも、ライブに来てもらえばわかるけど、音源とは全然違いますからね。ライブでは、“平和の大使”で叫んでるから。だから、ライブのほうがわかりやすいとは思うんだけど。

—でも、それをわかりやすく伝えない。怒りを屈折させて聴かせるのが、このアルバムでのヤナセさんのやり方なわけですよね。なぜ、こういう形になるのだと思いますか?

ヤナセ:それはやっぱり、フィッシュマンズが大好きだから(笑)。

—(笑)。さっき挙げてくださったフィッシュマンズにしろ、町田町蔵にしろ、じゃがたらにしろ、みんな表現のなかに毒気をはらんだユーモアがありますよね。ユーモアというか、町田町蔵やじゃがたらは「笑い」という言葉のほうがしっくりくるけど。

ヤナセ:そうですよね。やっぱり僕も面白いもの、コメディー、ブラックユーモアが好きなので。世の中、そういうものがもっとあってもいいと思うんですけどね。ちょっとバカにされるぐらいがちょうどいい気がする。周りから「かっこいい」って言われるタイプでもないし、そう言われたいわけでもないし。

僕のやっていることって、わからない人からしたらナンセンスなんですよ。今回のジャケットも、髪ボサボサで、ファッション性の全くないパーカーを着て木に上って、タイトルも「サンダーボルトチェーンソー」ってカタカナで……ナンセンスの固まりなんだけど(笑)。今の時代、こんなにもインスタ映えしないジャケ、他にないですよ(笑)。

betcover!!『サンダーボルトチェーンソー』ジャケット
betcover!!『サンダーボルトチェーンソー』ジャケット(Amazonで見る

ヤナセ:でも僕は、これを100%のユーモアでやっている。歌詞もそう。詳しく説明する気はないですけど、今回のアルバムには全曲通してストーリーがあって。それぞれの曲の裏にもテーマがあるんです。そのテーマはかなり酷いものなんだけど、それをあえて子どもっぽい、語彙力のない感じで書いていて。

1曲目“新しい家”のサビから<シンプルライフ>とか言っているけど、こういうのも全部、自分のなかではブラックユーモアとして成立しているんですよね。だって「シンプルライフ」って言葉、面白くないですか? ミニマルなファッションで固めた、自称「クリエイター」のおじさん、みたいなイメージ(笑)。

—あはははは(笑)。

ヤナセ:この面白さをわかってくれる人に向けて作っているんだけど、なかなかいない。でも、わかりますよね? いわゆるシティポップとは違うって。

betcover!!『サンダーボルトチェーンソー』を聴く(Apple Musicはこちら

—そうですね。でも、ともすると誤解されやすい、そのアンビバレントな佇まいが、この作品の魅力でもあるんですよね。ちょっと極端な言い方をすると、人懐っこい笑顔を浮かべながら、敵と隣り合わせにいる感じ、というか。

ヤナセ:うん……でも本当に、「カテゴライズ」の怖さはすごく感じるんですよ。もはや「シティポップ」なんて、ちょっと前の「ロキノン系」みたいなワードになっているじゃないですか。それでも、みんなそこに当てはめたがる。「カテゴライズされずに売れることなんて可能なのか?」って不安になってしまうくらいに、カテゴライズは悪魔のように憑りついてくる。

集団生活をやっていくうえでの取っかかりを見つけたいのか、自分の知っているなにかに当てはめることでしか、新しいなにかを受けつけられないのか……。そうじゃなくて、みんなもっと「ひとり」を尊重したほうがいい。やる側も、もっと「ひとり」で頑張れよって思う。

Page 3
前へ 次へ

リリース情報

『平和の大使 / セブンティーン』
betcover!!
『平和の大使 / セブンティーン』(7inch)

2018年11月10日(土)、11月11日(日)よりNEWTOWN先行販売
価格:1,620円(税込)
TYO7S1009

[Side A]
1. 平和の大使
[Side B]
1. セブンティーン

イベント情報

『NEWTOWNジャム・コンサート』
『NEWTOWNジャム・コンサート』

日程:2018年11月10日(土)、11月11日(日)
会場:東京都 多摩センター デジタルハリウッド大学 八王子制作スタジオ(旧 八王子市立三本松小学校)
出演(五十音順):
[10日]
阿部芙蓉美
おとぎ話
キイチビール&ザ・ホーリーティッツ
クレモンティーヌ
柴田聡子
寺尾紗穂
七尾旅人
ロロ×EMC
[11日]
カネコアヤノ
折坂悠太(合奏)
曽我部恵一
betcover!!
Homecomings
眉村ちあき
ROTH BART BARON

プロフィール

betcover!!
betcover!!(べっとかばー)

betcover!!こと1999年生まれ多摩育ちのヤナセジロウのプロジェクト。幼い頃からアースウィンドアンドファイアなどブラックミュージックを聞いて育ち小学5年生でギター、中学生のときに作曲を始め2016年夏に本格的に活動を開始。2017年12月に10曲入り1st ep「high school !! ep.」を発売。収録楽曲「COSMO」がスペースシャワーTVの「it!」に決定。2018年5月にはサニーデイ・サービスの新作リミックスアルバム<the SEA>のリミックスを1曲手掛ける。同年8月に2nd ep「サンダーボルトチェーンソー」を発売、Apple Musicが選ぶ今最も注目すべき新人アーティストを毎週1組ピックアップし紹介する企画「今週のNEW ARTIST」に選出されるなど注目を集める。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. 曽我部恵一×後藤まりこ 歌も人生も、原始的な欲望に従うままに 1

    曽我部恵一×後藤まりこ 歌も人生も、原始的な欲望に従うままに

  2. 電気グルーヴから「鬼日」のお知らせが到着、今年で30年目 2

    電気グルーヴから「鬼日」のお知らせが到着、今年で30年目

  3. 一発撮りYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」 初回はadieuこと上白石萌歌 3

    一発撮りYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」 初回はadieuこと上白石萌歌

  4. やなぎみわが後世に説く「死んだ人に聞きなさい」その真意は? 4

    やなぎみわが後世に説く「死んだ人に聞きなさい」その真意は?

  5. 渋谷PARCO屋上で『シブカル祭。』無料ライブ 佐藤千亜妃、TAMTAMら出演 5

    渋谷PARCO屋上で『シブカル祭。』無料ライブ 佐藤千亜妃、TAMTAMら出演

  6. カネコアヤノ×松本穂香 器用に生きられない二人のもがき方 6

    カネコアヤノ×松本穂香 器用に生きられない二人のもがき方

  7. 『石野卓球の地獄温泉』今年も開催 入場者に1ネジ配布 7

    『石野卓球の地獄温泉』今年も開催 入場者に1ネジ配布

  8. グザヴィエ・ドラン監督作『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』3月に日本公開 8

    グザヴィエ・ドラン監督作『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』3月に日本公開

  9. NICO Touches the Wallsが「終了」を発表 9

    NICO Touches the Wallsが「終了」を発表

  10. 京極尚彦監督『映画クレヨンしんちゃん』来年4月公開 予告編&ビジュアル 10

    京極尚彦監督『映画クレヨンしんちゃん』来年4月公開 予告編&ビジュアル