特集 PR

HEY-SMITH・猪狩が語る、人を動かすために「パンク」を選んだ訳

HEY-SMITH・猪狩が語る、人を動かすために「パンク」を選んだ訳

HEY-SMITH『Life In The Sun』
インタビュー・テキスト
矢島大地
撮影:小田部伶 編集:矢島由佳子
2018/11/13

HEY-SMITHが11月7日にリリースした『Life In The Sun』。その名がすべてを表していると言い切れるほど、晴れやかなメロディとアップリフティングなリズムが誘爆し合いながら駆け抜けていく、痛快なパンクアルバムである。

メンバー交代を経たからこそパンクバンドとしての根底の思想を改めて提示し、『STOP THE WAR』という血眼のメッセージをヘビーなサウンドでぶっ放した前作とは一見真逆の作品。しかし、このシリアスさとハッピーさが「矛盾」としてではなく同じ箱の中に収まっているのがHEY-SMITHの面白さと本質であることは、ソリッドなパンクにポジティビティー増強剤としてホーンを導入しているそのバンド構造からも一目瞭然である。

前作から今作に至るまでの一連を紐解きながら、猪狩秀平(Gt,Vo)がバンドに心惹かれる理由、そして一切変わらぬパンク観にまで迫るインタビューになった。

パンクをやろうと思った前って、実は学校の先生になりたかったんですよ。

—『Life In The Sun』というタイトルからしても、メロディの晴れやかさにしても、陽性のエネルギーが突き抜けている痛快なパンクアルバムだと感じました。猪狩さんご自身はどういう手応えを持っている作品ですか?

猪狩:率直な感想としては、「俺めっちゃ歌ってんなあ」って感じるアルバムですね(笑)。

—なぜ、猪狩さんが多く歌う作品になったんだと思います?

猪狩:ほとんどの曲を俺の弾き語りで作っていったからかも。今回はスタジオ作業じゃなくて、公園とか海とか、自然のある場所で弾き語りして歌いながら作った曲が多いんです。そうなると、YUJI(Vo,Ba)のキーを考えずに作っちゃって、結局俺が歌う曲が多くなりましたね。

猪狩秀平
猪狩秀平

—広い場所での弾き語りで作ったというのは、まさにアルバム全体の晴れやかさと風通しのよさに直結していると感じるんですけど。そもそも、そういう曲の作り方にしたのはどうしてだったんですか?

猪狩:振り返ると、前回の『STOP THE WAR』(2016年5月発売)って、割とシリアスな作品やったと思うんですよ。

—はい。タイトルも音も、圧の強いヘビーなアルバムでした。

猪狩:作業的にもスタジオにこもってギューっと詰めていく制作だったので、どうしてもシリアスにならざるを得ないアルバムやったんです。それに『STOP THE WAR』の当時はテロがたくさん起こっていたし、それに対する気持ちがアルバムタイトルにもなったんですけど。ただ、今自分で『STOP THE WAR』を聴いてるとちょっとシリアス過ぎて凹むんですよ(笑)。

—そこまで言いますか(笑)。

猪狩:もちろん好きな作品ですけど、でもやっぱり、自分の思うHEY-SMITHはもっと明るくて楽しい側面を持っているはずやってむしろ実感することになったんですよね。だから前作を作った直後にはすでに、次は明るくて楽しい作品にしたいと思ってて(笑)。それで海で曲を作ってみたら、案の定明るい曲がポンポンとできていって。

—『STOP THE WAR』からの反動でHEY-SMITHの陽性の部分に振れたと。でも見方を変えてみると、前回はメンバー交代を経てリスタートを切ったタイミングだったからこそ、楽しく自由に生きるために闘うべきものがあるというHEY-SMITHの本質的なメッセージと、それに見合うスケール感の曲を作ろうという明確な意図があったと思うんですね。そういうビルドアップを経て、HEY-SMITHの位置づけはどういうものになったと思います?

猪狩:正直な話『STOP THE WAR』はそこそこ売れたので、バンドにシリアスなイメージがついちゃった気がしたんですよ。でも、もちろんパンクの根底にはアゲインストな気持ちや真面目なメッセージがあるのもわかった上で、パンクの自由で楽しい側面も俺は大好きなんです。で、ああいうシリアスなアルバムを作ったからこそ、俺がもっとやりたいのは、現実もわかった上でハッピーな気持ちを爆発させる曲やとより実感できたというか。

猪狩秀平

—なるほど。それこそ今回はボブ・マーリーの“Buffalo Soldier”をカバーされてますけど、南北戦争に駆り出された黒人部隊のことを綴った切実な歌を、リラクシングなスカにしている。HEY-SMITHはシリアスとハッピーが同じ箱に収まっている表現をずっとされていると思うし、それはパンクが内包してきた精神性そのままだと思うんですね。自分らしく自由かつハッピーに生きたいからこそ、真顔で必死に闘わなくちゃいけない敵も見えてくる。

猪狩:そういう意味では、『STOP THE WAR』ではパンクの根底にあるうちのアゲインストな部分を表現したつもりやったんですね。で、俺が思うパンクっていう部分で言うと……俺がバンドマンになってパンクをやろうと思った前って、実は学校の先生になりたかったんですよ。

—そうなんですか。それはどうして?

猪狩:学校の先生になれば、俺と同じ精神性——自由に自分の意志で生きて、俺と同じ意志で選挙に行く人間が増えると思ったから。

Page 1
次へ

リリース情報

『Life In The Sun』初回限定スペシャル盤
HEY-SMITH
『Life In The Sun』初回限定スペシャル盤(CD+DVD)

2018年11月7日(水)発売
価格:3,078円(税込)
CBO-4

[CD]
1.Soundtrack
2.Not A TV Show
3.Buffalo Soldier
4.No Mates
5.Sunday Morning
6.Let It Punk
7.Fog And Clouds
8.California
9.Don' t Try So Hard
10.Love Summer
11.I Will Follow Him
12.Skate Today
13.Thank You For Being My Friend
[DVD]
Music Videoメイキング映像

『Life In The Sun』通常盤
HEY-SMITH
『Life In The Sun』通常盤(CD)

2018年11月7日(水)発売
価格:2,668円(税込)
CBR-91

1.Soundtrack
2.Not A TV Show
3.Buffalo Soldier
4.No Mates
5.Sunday Morning
6.Let It Punk
7.Fog And Clouds
8.California
9.Don' t Try So Hard
10.Love Summer
11.I Will Follow Him
12.Skate Today
13.Thank You For Being My Friend

イベント情報

『Life In The Sun TOUR』

2018年11月19日(月)
会場:大阪府 梅田CLUB QUATTRO

2018年11月20日(火)
会場:東京都 渋谷 TSUTAYA O-EAST

2018年11月22日(木)
会場:愛知県 名古屋 Electric Lady Land

2018年11月24日(土)
会場:長野県 CLUB JUNK BOX

2018年11月26日(月)
会場:埼玉県 熊谷 HEAVEN' S ROCK VJ-1

2018年11月27日(火)
会場:群馬県 高崎 club FLEEZ

2018年11月29日(木)
会場:千葉県 LOOK

2018年12月16日(日)
会場:岐阜県 club-G

2019年1月10日(木)
会場:長崎県 DRUM Be-7

2019年1月12日(土)
会場:鹿児島県 CAPARVO HALL

2019年1月13日(日)
会場:熊本県 B.9 V1

2019年1月15日(火)
会場:福岡県 北九州 小倉FUSE

2019年1月16日(水)
会場:佐賀県 GEILS

2019年1月18日(金)
会場:兵庫県 神戸 太陽と虎

2019年1月26日(土)
会場:沖縄県 那覇 桜坂セントラル

2019年1月31日(木)
会場:大阪府 心斎橋 FANJ twice

2019年2月2日(土)
会場:和歌山県 SHELTER

2019年2月4日(月)
会場:神奈川県 川崎 CLUB CITTA'

2019年2月7日(木)
会場:滋賀県 大津 U☆STONE

2019年2月9日(土)
会場:香川県 高松オリーブホール

2019年2月10日(日)
会場:高知県 X-pt.

2019年2月12日(火)
会場:岡山県 YEBISU YA PRO

2019年2月14日(木)
会場:京都府 MUSE

2019年2月16日(土)
会場:石川県 金沢 EIGHT HALL

2019年2月17日(日)
会場:富山県 MAIRO

2019年2月23日(土)
会場:山口県 RISING HALL

2019年2月24日(日)
会場:鳥取県 米子 AZTiC laughs

2019年2月28日(木)
会場:茨城県 水戸 LIGHT HOUSE

2019年3月2日(土)
会場:青森県 Quarter

2019年3月3日(日)
会場:秋田県 Club SWINDLE

2019年3月9日(土)
会場:山形県 ミュージック昭和 Session

2019年3月10日(日)
会場:岩手県 盛岡 CLUB CHANGE WAVE

2019年3月14日(木)
会場:北海道 小樽 GOLD STONE

2019年3月16日(土)
会場:北海道 函館 CLUB Cocoa

2019年3月22日(金)
会場:静岡県 浜松 窓枠

2019年3月31日(日)
会場:新潟県 LOTS

2019年4月11日(木)
会場:三重県 松阪 M'AXA

2019年4月13日(土)
会場:愛媛県 松山 WStudioRED

2019年4月14日(日)
会場:広島県 広島CLUB QUATTRO

プロフィール

HEY-SMITH
HEY-SMITH(へいすみす)

2006年結成。メンバーは、猪狩秀平(Gt,Vo)、YUJI(Vo,Ba)、満(Sax)、Task-n(Dr)、かなす(Tb)、イイカワケン(Tp)。2018年11月7日、ニューアルバム『Life In The Sun』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 4

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  5. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 5

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  6. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 6

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  7. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 7

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  8. KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る 8

    KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る

  9. 韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感 9

    韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感

  10. 橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら 10

    橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら