特集 PR

小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

マテリアルクラブ『マテリアルクラブ』
インタビュー・テキスト
宇野維正
撮影:小田部伶 編集:矢島由佳子

Base Ball Bearの小出祐介が、新レーベル「DGP RECORDS」の立ち上げを発表した一方で、制作パートナーに福岡晃子(元チャットモンチー)を迎えて別プロジェクト「マテリアルクラブ」をスタートさせた。「ソロでもなくバンドでもなくユニットでもなくグループでもない」とのことだが、「だとしたら、これは何なのか?」を探るインタビューを敢行。

ラップやスポークンワードが飛び交う実験的(でもポップ)な1stアルバム『マテリアルクラブ』に込められた、日本語ラップへの長年の片思いや、現在の日本の音楽シーンに対する問題提起について、小出祐介に語ってもらった。

日本だと、母体のバンドや活動がまず尊重されるし、リスナーもそこに主体性を見出して応援する。この構図を柔軟にしたいと思う。

—他のアーティストの作品への客演は別として、Base Ball Bearから離れたところで小出さんが作品を出すのって、このマテリアルクラブが初めてですよね?

小出:初めてです。僕自身は「バンドマンである」という意識がすごく強いんですよ。だから、ソロでやりたいこと、ソロで歌いたいことっていうのは、もともとないんですね。

小出祐介
小出祐介

—あ、そうなんですね。でも、小出さん自身の関心というのは、それこそホラー映画からアイドルポップまで広範囲かつ、それぞれメチャクチャ詳しいじゃないですか。

小出:今回の発端は、去年の夏に、小出祐介個人として「小出祐介本みたいのを出さないか?」って話があったんですよ。いわば、小出祐介解体新書的な。でも、その話にはあまりピンとこなくて。

その時にライターの三宅(正一)さんにちょっと相談したんですけど、三宅さんに「だったら音楽でソロ作品を作ったら? 全部自分で演奏して歌うとかじゃなくて、そこにいろんな人を呼んでも面白いんじゃない?」って言われて、「ああ、そういう方向なら考えられるかもな」と思いはじめて。

小出祐介

—でも、その段階でもそこまで乗り気ではない(笑)。

小出:ところが、去年の9月の末に日比谷野音でBase Ball Bearのライブがあったんですけど、その時にツアーも一緒に回っていた弓木英梨乃さんに加えて、SANABAGUN.からトランペットの高橋紘一さん、サックスの谷本大河さん。あと、キーボーディストにRyu Matsuyamaに入ってもらって。ゲストとしてRyohuとあっこ(福岡晃子)にも出てもらったんですけど。

—福岡晃子さんは今回のマテリアルクラブの制作上のパートナーで、高橋紘一さん、谷本大河さん、Ryohuさんも今回のアルバム『マテリアルクラブ』に参加していますね。

小出:そうです。ただ、その日のライブで感じた「バンドとしての全能感」みたいなものが本当にすごくて。そこで「もう、このバンドで何でもできるぞ!」と思ったので、やっぱりソロみたいな作品は作る必要ないなと。

—あ、断ろうと思ったんだ。

小出:はい。で、事務所のチーフマネージャーに「このあいだのライブの手応えがすごくて、『これから何でもやれるぞ!』という気持ちなので、やっぱりソロはやめます」って言ったら、「じゃあ、もうBase Ball Bearは何でもやるバンドになるのね」って返されて、その時に「はっ」と気づいて。ちょっと、あまりにもライブの充実感がありすぎて舞い上がっていたんですよね。

Base Ball Bearでやりたいことっていうのは、自分の中にはっきりあるんです。ソリッドで、ポップな音楽。でも、そこでソリッドで、ポップなものをやるためには、いろんなアイデアを吟味して、音楽的な可能性を削ぎ落としていくことも必要なんですよ。ただ、その元になるアイデアには、面白いものもいっぱいあって。それをバンドじゃないところで膨らましていくことに意味があるんじゃないかなってようやく気づいて。

—なるほど。Base Ball Bearがバンドとして絶好調だからこそ、そこに持ち込まないものを膨らましていきたいと思ったということですね。なんか、もっと前のめりなところから生まれた企画だと思ってました(笑)。

小出:海外のポップミュージックだと、今はもうこういう感じで発展していってますよね。トラックメイカーやラッパーの相互関係で、そこでワチャワチャやってる中からヤバいものが生まれてくるっていう。

日本だと、母体になってるバンドや活動がまず尊重されるし、リスナーもそこに主体性を見出して応援する。それに対して、別ユニットでの行動や、コラボレーションって、副次的だと捉えられがちじゃないですか。この構図を柔軟にしたいという思いはありますね。

きっと、バンドをやってる人だって、今はロックばかり聴いてるわけではないじゃないですか。なのに、いろんな音楽をやろうっていう人が全然出てこないですよね。活動のフレームが発想を狭めてるのかなと思ったりもするんですけど。

—単純に、日本だと未だにレコード会社や事務所の力がアーティストよりも強いからっていうのもあるんじゃないですか?

小出:そうなのかなあ。少なくとも、自分はそんなことなかった(笑)。

—(笑)。いや、こういう風通しのいい作品を本当に待ってましたよ。

小出:風通しはいいですね(笑)。

小出祐介
Page 1
次へ

リリース情報

マテリアルクラブ『マテリアルクラブ』
マテリアルクラブ
『マテリアルクラブ』(CD)

2018年11月7日(水)発売
価格:3,000円(税込)
VICL-65074

1. Nicogoly
2. 00文法(ver.2.0)
3. 閉めた男
4. Amber Lies
5. 告白の夜
6. Kawaii
7. Material World
8. Curtain
9. WATER
10. New Blues

プロフィール

マテリアルクラブ
マテリアルクラブ

Base Ball Bear 小出祐介主宰の、ソロでもなくバンドでもなくユニットでもなくグループでもなく、新音楽プロジェクト=「マテリアルクラブ」。盟友・福岡晃子(チャットモンチー済)を制作パートナーに迎え、閃きのままに繰り広げられる(ほぼ)はじめてのDTM。作りたいものを、作りたいときに、作りたいだけ作ります。2018年11月7日に、1stアルバム『マテリアルクラブ』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために 1

    カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために

  2. ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る 2

    ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る

  3. 清原果耶初主演のNHKドラマ『透明なゆりかご』が全10話一挙再放送 3

    清原果耶初主演のNHKドラマ『透明なゆりかご』が全10話一挙再放送

  4. cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録 4

    cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録

  5. 高城晶平×折坂悠太 期待を引き受け、裏切りながら大舞台へと進む 5

    高城晶平×折坂悠太 期待を引き受け、裏切りながら大舞台へと進む

  6. 殺人鬼役のセカオワFukaseが描く「巨大油絵」、『キャラクター』シーン画像 6

    殺人鬼役のセカオワFukaseが描く「巨大油絵」、『キャラクター』シーン画像

  7. 俳優・山崎皓司が挑む百姓ライフスタイル。試行錯誤の実践を辿る 7

    俳優・山崎皓司が挑む百姓ライフスタイル。試行錯誤の実践を辿る

  8. NiziUが新曲“I AM”にあわせて「ミストダンス」 コーセー新CMオンエア 8

    NiziUが新曲“I AM”にあわせて「ミストダンス」 コーセー新CMオンエア

  9. 藤井 風のカバー集『HELP EVER HURT COVER』復刻リリース 9

    藤井 風のカバー集『HELP EVER HURT COVER』復刻リリース

  10. 荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは 10

    荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは