特集 PR

映画主題歌に抜擢されたNo titleが、デビューからの1年を振り返る

映画主題歌に抜擢されたNo titleが、デビューからの1年を振り返る

LINE RECORDS
インタビュー・テキスト
飯嶋藍子
撮影:鈴木渉 編集:川浦慧

今年1月にデビューした現役高校生バンドNo title。ストリーミングサービスを使った観客参加型の新たなオーディション『LINEオーディション2017』で見事総合グランプリに輝いてから、1年弱が経過した。(参考記事:高校生バンドNo titleのシンデレラストーリーが始まった

地元青森と東京を行き来し、高校生とプロミュージシャンという二足のわらじを履く彼らが、11月14日に3rdシングル『ねがいごと』を発表した。デビューを境に、音楽は「自分たちが楽しむため」のものから、「人々を喜ばせるため」のものに変わり、関わる大人も増えるなど、高校生にとってはとてつもなく大きな変化を経験した。3人にとって、この1年はどんな年だったのか? 来年公開のGReeeeNの名曲“愛唄”を映画化した『愛唄 -約束のナクヒト-』では主題歌に抜擢されるなど、今後の飛躍も楽しみな3人と、この1年の歩みを振り返ってみた。

この間初めて、私とポチで大きな仲違いをしたんですよ。(ほのか)

—今年1月にデビューしてから、1年弱が経ちました。振り返ってみて、どんな1年でしたか?

ほのか(Vo,Gt):私は、2人の成長が早かったなぁと。技術もそうなんですけど、ちょっと大人っぽくなって、立ち振る舞いがちゃんとしてきた感じがします。

No title(左から:あんべ、ほのか、ポチ)
No title(左から:あんべ、ほのか、ポチ)

ポチ(Pf):成長かぁ……。どうだろう。

あんべ(Gt):この1年は、こうした取材も含めてたくさんの方々と関わるようになりました。音楽面でも、レコーディングや、アドバイスをいただける機会が増えたりして、とにかくいろいろな活動ができた1年だったので、それを通して技術も向上しているかなと思います。

あんべ
あんべ

ポチ:技術はまだまだですけど、楽曲制作については周りのスタッフの方々からたくさん学びました。これまではピアノだけで作曲していたんですけど、最近は作曲ソフトを使うことが定着してきて。だから、曲の作り方自体が大きく変わりました。

—それぞれいろいろな方法を学んで、やれることが広がったんですね。

ポチ:そうですね。前は、メンバー個人個人で曲を作っていたんですけど、最近はみんなで集まってデモを作ったりしていて。

ポチ
ポチ

ほのか:ポチとあんべがそれぞれ作ったアイデアの中から相談してひとつを選んで、デモ作りを進めていくようになりました。

—そうやって全員の意見を取り込んで曲を磨いていくことで、今までとは完成するものが違ってきそうですね。デビューしてからの1年で、バンドや音楽に対しての意識に変化はありましたか?

あんべ:デビューするまではずっと趣味でバンドをやってきていて。でも、仕事という意識が大きくなるにつれて、音楽がより自分の生活の一部になってきました。

デビューするまでずっとやっていた部活の時間を音楽に充てるようになって、前より練習する時間も増えて。今では自分たちで曲を作って、プロの方と協力してひとつの曲になっていくという過程がすごく楽しいです。

ほのか:前まで私たちだけではできなかったことができるようになって、上を目指せるようになりました。ゼロから自分たちで音楽を作り出す身になって、プロの自覚が出てきたからこそ、今まで以上にやりたいことが増えてきて。そこで衝突もするんですけど、乗り越えていける力がついてきたことを誇らしく思います。

ほのか
ほのか

—一人ひとりのやりたいことや思いが強くなっていくと、やっぱり衝突は増えました?

ほのか:この間初めて、私とポチで大きな仲違いをしたんですよ。デモ作りの時に、「私はこうしたい」「俺はやりたくない」みたいな意見のぶつかりがあったんです。

だけど、私たちはそれぞれができないことを3人で補い合ってひとつの曲を作っている。だから、みんなの意見を聞き入れたり、しっかり言葉にして伝えていこうって決めて、仲直りしました。

—ちなみに、それはいつ頃のこと?

ほのか:かなり最近です(笑)。小さい仲違いはこれまでもあったんですけど、今回はすっごく長かった(笑)。

リーダーっていうこともあって、あんべが緩衝材になってくれて。私もポチもそれぞれあんべに相談して、あんべがそれをまとめてくれて、3人で集まって話し合う、みたいな。前までは時間が解決してくれると思って、ほとぼりが冷めるのを待っていたりもしたんですけど、それじゃだめだなって思い始めて。

あんべ:僕だけ学校が違うので、2人の普段の生活の様子がわからないんですけど、会った時に雰囲気を感じ取りました(笑)。

ほのか:毎日会うわけじゃないから、適切な距離感で客観的に見てくれているよね。

左から:あんべ、ほのか、ポチ
Page 1
次へ

リリース情報

No title『ねがいごと』
No title
『ねがいごと』

2018年11月14日(水)配信

作品情報

『愛唄 ―約束のナクヒト―』

2019年1月25日(金)から全国公開

監督:川村泰祐
脚本:GReeeeNと清水匡
主題歌:GReeeeN“約束 × No title”
出演:
横浜流星
清原果耶
飯島寛騎
成海璃子
財前直見
富田靖子
中山美穂
中村ゆり
野間口徹
西銘駿
奥野瑛太
配給:東映

プロフィール

No title
No title(のー たいとる)

リーダーのあんべ(Gt)、ほのか(Vo&Gt)、ポチ(Piano)の3人からなる、青森県三沢市出身の現役高校生バンド。2017年、LINE社主催の「LINEオーディション2017」で「総合グランプリ」を獲得。2018年1月、LINEの音楽レーベル「LINE RECORDS」より「rain stops, good-bye」でデビューし、LINE MUSIC最高6位を獲得。同MVはYouTubeで120万回再生突破。また6月リリースの初となるオリジナル曲「超えて」は、自身で作詞作曲を行い、LINE MUSIC最高9位を獲得、MVはYouTubeで115万回再生突破。また同曲は、青森出身のメンバーとゆかりのある、青森朝日放送「めざせ甲子園2018」のテーマソングになり、ほのかは「5代目ABA高校野球イメージガール」にも就任。2曲共に、プロデュースはGReeeeN等を手がける音楽プロデューサーJINが担当。2019年1月25日公開の映画『愛唄 ー約束のナクヒトー』では、GReeeeNが歌う主題歌「約束 × No title」にも抜擢! GReeeeNが初の脚本となる本作では、楽曲制作過程において、必要不可欠だったのが歌い出しの女性ボーカル。透明感のある「声」を探し求め、No titleの起用を決定。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』予告編

12月15、16日に座・高円寺2で開催される、Gucchi's Free School主宰の『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』。上映される7本のうち、なんと4本が日本初上映作品(!)。予告だけでもパンチの強さが伝わってくるが、さらに各日トークショー付きという内容の濃さ。このイベントでひと笑いしてから2018年ラストスパートを迎えよう。(野々村)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと