特集 PR

世武裕子×田中裕介 歌詞とMVで、世武の生きる姿勢を表現する

世武裕子×田中裕介 歌詞とMVで、世武の生きる姿勢を表現する

世武裕子『Raw Scaramanga』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:豊島望 編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)

墜落するロケット、そこに現れた1人の女性、浮かび上がる惑星、超能力テスト……世武裕子の新作『Raw Scaramanga』の1曲目を飾り、クリス・デイヴの参加も話題となっている“Vega”のミュージックビデオ(以下、MV)は、レトロだが古臭くない、SF映画の予告編のような仕上がりとなっている。監督を務めたのは、サカナクションやPerfumeなどのMVやアートワークを多数手がける映像作家の田中裕介。

世武はアーティスト / サポートとしても活動しつつ、2018年は『リバーズ・エッジ』、劇場アニメ『君の膵臓をたべたい』『日日是好日』といった話題作の劇伴を次々に手がけ、「映画音楽作曲家」としての地位を確固たるものとしている。しかし本人は、「MVはあまり見ない」そうで、今回も以前からファンだった田中の存在がなければ、映像を作っていなかったかもしれないという。その背景にあるのは、一音楽家としての真摯な想いだが、それは結果として、MVの存在意義を見つめ直すきっかけにもなるはずだ。世武と田中の2人に話を聞いた。

本気で作った音楽なのに「なんとなくいい感じに、この予算内で」って撮った映像を上げたくはない。(世武)

—世武さんと田中さんが知り合ったのは、サカナクションつながりですか?

田中:そうですね。世武さんのことはGoogleのCMで知ったんですけど、実際に会ったのは『NF』(サカナクションが主催するイベント)が初めてで、山口一郎くん(サカナクション)に紹介してもらって挨拶をしました。

世武裕子が出演したGoogleのCM

—もともと世武さんがサカナクションの“ユリイカ”をカバーしていて、その縁もあって『NF』に出演されたんですよね。

田中:その後に、僕が「オロナミンC」のCMを担当することになって、はっぴいえんどの“風をあつめて”をカバーしたいと思ったときに、一郎くんに「何かやってくれない?」って相談したら、「世武さんにトラック作ってもらって、僕が歌うよ」って言われて、一緒に仕事をしたのはそれが初めてでした。

世武:そもそも私が単純に、(田中)裕介さんのファンだったんです。私あんまりMVって見ないんですけど、「これはいいな」とか「すごいな」って思うと、裕介さんの作品だってことが多くて、「私この人好きだわ」って前から思っていました。

左から:世武裕子、田中裕介
左から:世武裕子、田中裕介

—MVはあんまり見ないんですね。

世武:そもそもYouTubeをあんまり見ないし、MVは映像として惹かれないものが多くて。大体いい感じの光の中で歌ってるじゃないですか?(笑) 照れるんですよ。ミュージシャンがちょっとだけ演技してるのとか、しかもストーリー仕立てで……今回の私のMVもストーリー仕立てではあるんですけど、演技ものだと、ちょっと「うわっ」ってなっちゃうんです。

—YouTubeが音楽を発表する場になって、MVの需要が高まった一方で、テンプレが増えたというのも事実ですよね。

田中:そもそもの企画がないと、ただきれいな映像になりかねないですよね。面白いものができあがるに越したことはないけど、「何かやろうとしてる」というのが感じられれば、まだいいのかなって。

—サカナクションのMVは、アーティストと一緒に企画を考えてるんですか?

田中:サカナクションは結構「お任せで」って感じですね。一郎くんからアイデアが出たのは“新宝島”くらい。

—世武さんは、田中さんの作品のどんな部分に惹かれたのでしょうか?

世武:1枚の画をパッと見て、「これ絶対いいじゃん」っていうのが多かったから、この人のセンスなら、変なものには絶対ならないだろうなって思いました。

私、(ニコラス・ウィンディング・)レフン監督(『ドライヴ』や『ネオン・デーモン』を手がけた映画監督)がめちゃめちゃ好きなんです。「どうなの?」と思う物語の運びも多いんですけど、そういうことを飛び越えて、好き。で、以前『ネオン・デーモン』を観た感想を裕介さんがInstagramに載せてて、その感想を見たときも、「やっぱりこの人なら自分の感覚を分かってくれる!」と思ったんです。実際、今回結構丸投げだったんですけど、いちいち説明する必要がなくて、すごくスムーズでした。

—今回の作品で田中さんに依頼することにしたのは、何かきっかけがあったんですか?

世武:前作『L/GB』(2016年)からシンセに寄っているんですけど、そうなったきっかけは、ピアノの音がきれいに録れないことに絶望したからなんです。でも、だんだんシンセ自体が楽しくなってきて。

レフン作品のようなサントラをやりたいんですけど、日本の映画にはなかなかないんですよね。今年はサントラのお仕事もいろいろやらせてもらえたので、すごくよかったんだけど、アーティストと映画音楽作曲家の顔が、結構分かれてきちゃって。そこをもう少し近づけたいと思ったんですよね。だから、「こういうサントラがやりたいです」っていう音源を、自分で作っちゃおうと。

左から:世武裕子、田中裕介

世武:ただそうなると、余計に中途半端なMVは作りたくないから、何ならそのお金を録音に回したいっていう話も結構してたんです。映像を作るんだったら、めちゃめちゃかっこいいのしか作りたくない。「じゃあ、裕介さんしかいないな」と思って聞いてみたんです。

—今は「曲を発表する=映像を作る」みたいな雰囲気もあるけど、本当にいいものが作れないなら、そもそも意味がないと。

世武:本気で作った「これだ!」っていう音楽なのに、「映像ないよりあった方がいいから、なんとなくいい感じのものをこの予算内で」って撮ったものをYouTubeに上げたくはないじゃないですか? だったら、歌詞だけとか、ライブ映像の方が有意義だと思うんです。自分がリスナーとしてもそんなの見たくないし。めちゃめちゃ好きな曲なのに、「とくにアイデアはなかったんだろうな」みたいなのはいやですからね。

Page 1
次へ

リリース情報

世武裕子『Raw Scaramanga』
世武裕子
『Raw Scaramanga』

2018年10月24日(水)発売
価格:3,240円(税込)
PCCA-04718

1. Vega
2. Do One Thing Everyday That Scares You 」
3. Gardien
4. Secrets
5. スカート
6. Bradford (映画『そらのレストラン』挿入歌)
7. John Doe(feat.Chris Dave)
8. Movie Palace
9. 1/5000 (映画『生きてるだけで、愛。』エンディング・テーマ)
10. The Death of Indifference

イベント情報

世武裕子
『Raw Scaramanga in Tokyo』

2019年1月14日(月・祝)‬‬‬
会場:東京都 青山 WALL & WALL‬‬‬
開場‪18:30 開演‪19:00‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬

世武裕子
『Raw Scaramanga in Kyoto』

2019年2月22日(金)
会場:京都府 CLUB METRO‬‬‬
開場19:00 開演‪19:30‬‬‬‬‬

プロフィール

世武裕子
世武裕子(せぶ ひろこ)

葛飾生まれ、滋賀育ち。シンガーソングライター、映画音楽作曲家。Ecole Normale de Musique de Paris 映画音楽学科を首席で卒業。在仏中には、Acte1やCours Florentといった俳優学校で映画演技も学んだ。パリ、東京にて短編映画制作に携わったのち、『家族X』で長編デビュー。以降、映画やテレビドラマ、数多くのCM音楽を手掛ける。近年、映画では『ストロボ・エッジ』『オオカミ少女と黒王子』『お父さんと伊藤さん』、ドラマでは『好きな人がいること』『べっぴんさん』などの音楽を担当している。シンガーソングライターsébuhiroko名義では第一作「WONDERLAND」に続き、ダーク、踊れる、プログレッシヴ、ミニマルミュージックをテーマにより色濃い世界を描く第二作「L/GB」を発表。2018年公開映画『リバーズ・エッジ』『羊と鋼の森』『生きてるだけで、愛。』などの映画音楽を担当。ピアノ演奏・キーボーディストとしてMr.Children、西野カナ、森山直太朗のレコーディングやライブなどにも参加している。2018年11月19日に、デビュー10周年。

田中裕介(たなか ゆうすけ)

映像ディレクター。1978年生れ、CAVIAR所属。秀逸なデザインセンスと映像制作のスキルに遊び心を加味した独創性を武器に、多くの話題作を手掛け、CMやMusicVideoの映像演出を基軸に、グラフィックデザイン、アートディレクション、舞台演出など、その活動の幅は多岐にわたる。

関連チケット情報

2019年8月19日(月)
世武裕子
会場:UNIT(東京都)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

The Wisely Brothers“テーブル”

The Wisely Brothersの新アルバム『Captain Sad』から、リード曲“テーブル”のMVが公開。監督は新進気鋭のアートチーム「chua」。目の前に座っていても視線は交わされない、ひりつくように愛おしい時間は自分の記憶にも確かに存在していて、なんとも切ない気持ちに。ちょっとドリーミーなのも癖になる。<ふたつが重なることはない どうしてもそれぞれは なくなるコーヒーを見て歌おう>というフレーズ、このアルバムに通して漂う悲哀と希望がぎゅっと詰まっているよう。(石澤)

  1. おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら 1

    おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら

  2. 柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像 2

    柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像

  3. ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い 3

    ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い

  4. 吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る 4

    吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る

  5. 大友良英が『いだてん』に感じた、今の時代に放送される必然性 5

    大友良英が『いだてん』に感じた、今の時代に放送される必然性

  6. 『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表 6

    『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表

  7. 草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真 7

    草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真

  8. 『スター・ウォーズ』の展覧会『STAR WARS Identities』寺田倉庫で開幕 8

    『スター・ウォーズ』の展覧会『STAR WARS Identities』寺田倉庫で開幕

  9. 三浦直之とEMCによるファミレス感漂う「ポップカルチャー」談義 9

    三浦直之とEMCによるファミレス感漂う「ポップカルチャー」談義

  10. 広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演 10

    広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演