特集 PR

KEN THE 390×砂糖シヲリ ラジオもネットも垣根なく協業する時代

KEN THE 390×砂糖シヲリ ラジオもネットも垣根なく協業する時代

『TOKYO SOUNDS GOOD』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:鈴木渉 編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)

2人がセレクトした『東京を感じる3曲』

番組内では、毎週さまざまなミュージシャンが「東京を感じる」楽曲を紹介する『Play Good With Spotify』という人気のコーナーがあります。今回は番外編として、MCの2人がセレクトした「東京を感じる」3曲をコメントとともに紹介します。

■Play Good With Spotify ~KEN THE 390~ “STRAIGHT FROM THE UNDER GROUND” / NITRO MICROPHONE UNDERGROUND

東京のHIPHOPといえばニトロ。という時代が確実にあって、自分もその時期に直撃していました。(KEN THE 390)
“Life feat bird” / Mondo Grosso

大学生ぐらいのときのアンセムです。クラブが閉店する前によくかかっていましたね。閉店前にかける曲ってとても大事で、その日の締めくくりとしていい感じにしたいし、また遊びにきたいって思ってくれるような曲なんですよね。この曲を聴くと、あの頃の情景を思い出します。(KEN THE 390)
“LONELY NIGHTS” / tofubeats

去年ぐらいから流行っていて今でもクラブでバズっている曲で、これがかかると若いヘッズたちが合唱してます。ちょっと夜っぽいけどね。(KEN THE 390)
■Play Good With Spotify ~砂糖シヲリ~ “丸の内サディスティック” / 椎名林檎

歌詞の要所要所に出てくる「御茶ノ水」「銀座」「後楽園」「池袋」という地名。今思えば丸ノ内線の駅名を盛り込んだ楽曲なのですが、当時、まだ東京メトロの存在すら知らない、福岡に住む中学生の私はその意味もわからず、ただただ歌詞を反芻しながらそれぞれの街の風景を妄想していました。後楽園と税理士の関係は未だ謎のまま……。(シヲリ)
“Kick & Loud” / GEISHA GIRLS

某テレビ番組きっかけで、人気絶頂のダウンタウンが! 世界の坂本教授プロデュースで! 芸者の格好でラップ!? ニューヨークで弾丸レコーディング!? メンバーには若かりしテイ・トウワ!? という幼心に衝撃を受けた1曲。東京のエンタメってマジ半端ねー! とテレビ越しにワクワクしながら8cmシングルをレンタルしていました(1泊2日)。(シヲリ)
“Shangri-La” / 電気グルーヴ

ダンスミュージックといえばTKかSPEEDだよね! と思い込んでいた幼少期の音楽観を完全に変えてしまった1曲。変なおじさんがタオル1枚で歌う異様なミュージックビデオと、同時期に発売されたアルバム『A』の変態っぷりにすっかり中毒となり、クラス中に布教活動をしては友達の親に嫌な顔をされる思春期を過ごしつつ、東京のクラブで卓球さんを初めて観たときは感慨深いものがありました。(シヲリ)
左から、砂糖シヲリ、KEN THE 390。
Page 5
前へ

番組情報

『TOKYO SOUNDS GOOD』
TOKYO FM『TOKYO SOUNDS GOOD』

毎週金曜日 14:00~16:55放送

銀座・数寄屋橋交差点の「TOKYO FM | Ginza Sony Park Studio」から東京の「いい感じ」を公開生放送でお届けする3時間。いい感じな東京のサウンド、アート、カルチャーを発信!

スポット情報

Ginza Sony Park (銀座ソニーパーク)

開園期間 :2018年8月9日(木)~2020年秋
開園時間 :5:00~24:30(予定)
住所 :東京都中央区銀座五丁目3番1号
フロア構成:地上1階、 地下5階
※地下3階~地下1階は吹き抜け構造になっています。
※地下5階は機械室・管理室です。

プロフィール

KEN THE 390
KEN THE 390(けん ざ さんきゅーまる)

1981年6月17日生。読みはケン・ザ・サンキューマル。ラッパー、音楽レーベル”DREAMBOY”主宰。フリースタイルバトルで実績を重ねたのち、2006年にアルバム「プロローグ」をリリース。2011年12月に主宰レーベル・DREAMBOYを設立し、活発なアーティスト活動を続けながら、レーベル運営からイベントプロデュースに至るまで多岐にわたって活躍している。現在はテレビ朝日系で放送中のMCバトル番組「フリースタイルダンジョン」に審査員としてもレギュラー出演中。2018年2月に約2年半ぶりのフルアルバム「リフレイン」をリリース。

砂糖シヲリ
砂糖シヲリ(さとう しをり)

クリエイターごっこ集団、チーム未完成のリーダー。パンと書かれたZINE(冊子)やグッズを製作し、アジア中心に各国のアートブックフェアへの出展や、最近はCHAI、DJみそしるとMCごはんのMV制作、CINRA.NETの兄弟メディアShe isでは連載企画も担当。個人では、ミュージシャンのアートワークやMV制作、パンを使ったDJ、たまにバンドしたりサウナ入ったり、アートやアジアカルチャーイベントの企画制作などなど色々やってま~す。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開