特集 PR

サリンジャー『ライ麦畑』はなぜ伝説に? 曽我部恵一と考える

サリンジャー『ライ麦畑』はなぜ伝説に? 曽我部恵一と考える

『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』
インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:垂水佳菜 編集:久野剛士(CINRA.NET編集部)

アーティストにとっての幸福な創作活動の形とは? 不朽の名作として、いまもなお世界中の若者たちから愛される小説『ライ麦畑でつかまえて』の著者、J.D.サリンジャーは幸福な作家だったと言えるだろうか?

1919年1月1日、ニューヨークのマンハッタンで生まれたサリンジャー。それから100年を経た今年、謎に満ちた彼の半生を描いた映画『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』が1月18日に日本公開される。

ここでは、CINRA主催のイベント『NEWTOWN』で行われた先行試写会の際の、ミュージシャン曽我部恵一によるアフタートークの模様をお届けする。読書家であり、“苺畑でつかまえて”など、サリンジャーを意識した楽曲も作る彼は、この映画をどう見たのだろうか? 『ライ麦畑でつかまえて』を初めて読んだ頃の思い出や、文学はもちろん音楽や映画などジャンルを越え、クリエイティブ全般にとっての理想などを語ってもらった。

まず『ライ麦畑でつかまえて』っていうタイトルが持つ素晴らしさがあったんです。

—まず、映画『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』を見て、曽我部さんは率直にどんな感想を持ちましたか?

曽我部:サリンジャーの恩師ウィット・バーネット役のケヴィン・スペイシーがすごいよかったですね。それと比べると、サリンジャー役には、そんなに入り込めなかった。

なぜなら、アーネスト・ヘミングウェイ(アメリカの小説家、代表作に『老人と海』『武器よさらば』など)とかF・スコット・フィッツジェラルド(アメリカの小説家、代表作に『グレート・ギャツビー』など)だったら、「こういう人だったんだろうな」っていう想像がつくけど、サリンジャーの場合はそれがないから、誰が演じても「はたしてこういう人だったんだろうか?」みたいな思いが残ってしまうというか。それは、この映画の作り手たちもきっと同じだったんじゃないかな。

曽我部恵一
曽我部恵一

—サリンジャーの場合、そもそも本人に関する情報が極めて少ないですからね。

曽我部:少なくとも僕は、彼個人の経歴はこの映画を見るまでほとんど知らなかったです。だから、サリンジャーを描いた映画としてよりも、純粋にひとつの映画として楽しみました。

左からウィット・バーネット役のケヴィン・スペイシー、サリンジャー役のニコラス・ホルト / 『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』 ©2016 REBEL MOVIE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
左からウィット・バーネット役のケヴィン・スペイシー、サリンジャー役のニコラス・ホルト / 『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』 ©2016 REBEL MOVIE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

—ちなみに曽我部さんがサリンジャーの『ライ麦畑でつかまえて』を初めて読んだのは、何歳のときでしたか?

曽我部:1980年代の半ばくらい……中学か高校のときだったと思います。たしかその頃、ちょっとしたブームがあったんですよね。

—小泉今日子さんがラジオ番組で『ライ麦畑でつかまえて』を紹介して、それをきっかけに日本でもブームになったという説もありますが。

曽我部:ああ、ありましたね。そのあと、「実は読んでなかった」って雑誌で発言したっていう(笑)。ただ、『ライ麦畑でつかまえて』のブーム自体はその前からあったような気がするんだよなあ。

『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』場面写真 / 『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』 ©2016 REBEL MOVIE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』場面写真 / 『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』 ©2016 REBEL MOVIE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

—1980年にジョン・レノンを路上で射殺したマーク・チャップマンが犯行時に持っていたという話があって……そこからまた再注目されていったのかもしれないですね。実際読んでみて、曽我部さんはどんな感想を持ちましたか?

曽我部:まずその『ライ麦畑でつかまえて』っていうタイトルが持つ素敵さ、素晴らしさがあったんですよね。そんなタイトルの小説は、もういいに決まっているじゃないかと思って。

—わかります(笑)。

曽我部:ただ、正直なところ、僕は読んでみてなぜこれほど人気なのかよくわかんないなあと思ったんですよね。この小説の、どこがセンセーショナルなんだろうって。『ライ麦畑でつかまえて』って、先ほど言ったマーク・チャップマンの話もあったし、それこそアメリカでは過激な青春小説で反社会的な作品とされているっていう触れ込みで、日本に紹介されていた。あるいは、若者のエバーグリーンな感性を捉えた青春小説の傑作であるとか。でも、そういうものとしては、僕はまったくピンとこなかったんです。

—私も正直、最初はよくわからなかった気がします。

曽我部:ですよね? 当時、僕が好きだったボリス・ヴィアンの『日々の泡』(1947年)とかフィッツジェラルドの短編……あとジャック・ケルアックの『路上』(1951年)とか、わかりやすい時代背景みたいなものが見える小説とはちょっと違うと感じて。だから、当時は読んでも、釈然としない気持ちが残ったんですよね。

—時代背景がはっきりしないんですね。

曽我部:とにかく抽象的な心象風景が延々と続くようで……そういうものって、あんまり成立しなさそうな気がしたんですよね。サリンジャーの短編……たとえば、『バナナフィッシュにうってつけの日』とかは、もうちょっとわかりやすい物語じゃないですか。アメリカ人特有の虚無感があるんですよ。

Page 1
次へ

リリース情報

『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』
『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』

2019年1月18日(金)からTOHOシネマズ シャンテほか全国で公開
監督・脚本:ダニー・ストロング
原作:ケネス・スラウェンスキー『サリンジャー ――生涯91年の真実』(晶文社)
出演:
ニコラス・ホルト
ケヴィン・スペイシー
ゾーイ・ドゥイッチ
ホープ・デイヴィス
サラ・ポールソン
上映時間:109分
配給:ファントム・フィルム

プロフィール

曽我部恵一(そかべ けいいち)

1971年生まれ、香川県出身。1994年、サニーデイ・サービスのボーカリスト・ギタリストとしてメジャーデビュー。2001年よりソロとしての活動をスタート。2004年、メジャーレコード会社から独立し、東京・下北沢に「ローズ・レコーズ」を設立。精力的なライブ活動と作品リリースを続け、執筆、CM・映画音楽制作、プロデュースワーク、DJなど、多岐にわたって活動を展開中。2018年3月、サニーデイ・サービスのニューアルバム『the CITY』をリリースし、そのアルバム全曲を総勢18組のアーティストが解体・再構築していくプロジェクト『the SEA』をSpotifyのプレイリストで公開し話題に。2018年12月、曽我部恵一4年ぶりのソロアルバムで全編ラップの『ヘブン』をリリース。そのわずか2週間後の12月21日に突如、ヒップホップ、ロック、フォーク...すべてを呑み込んだ異形のPOPアルバム『There is no place like Tokyo today!』もリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催