特集 PR

松居大悟×石崎ひゅーい×タカハシマイ 生き方は一つだけじゃない

松居大悟×石崎ひゅーい×タカハシマイ 生き方は一つだけじゃない

『みみばしる』
インタビュー・テキスト
川浦慧(CINRA.NET編集部)
撮影:鈴木渉

生き方の選択肢は、無数に広がっている。たとえば、副業や兼業を推奨するなど、働き方を見直す企業が増えたことで、一つの所属先や肩書きにとらわれない、新しいことに挑戦できる環境は浸透しつつある。そんな風に、いろんな顔を持つこと、いろんな居場所があることは、人との出会いを増やし、自分の可能性を広げる。

松居大悟作・演出による舞台『みみばしる』は、ラジオのリスナーとともに舞台を作るという、メディアの境界を越えた前代未聞の新しい挑戦だ。松居がナビゲーターを務めるJ-WAVEのラジオ番組『JUMP OVER』では、リスナーからのアイデアを取り入れたり、オーディションを通して出演者を募るなど、約1年を通してリスナーとともに舞台を作り上げてきた。主演には本仮屋ユイカ、出演には今作が演技初となるタカハシマイも参加。音楽監督は石崎ひゅーいが務める。

演劇や映画を横断して表現し続ける松居大悟と、シンガーソングライターでもありながら、役者としての顔も持つ石崎ひゅーい。そしてバンドCzecho No Republicで音楽活動をしながらモデルとしても活躍するタカハシマイ。肩書きにとらわれない3人は、これまでどんな経験を経て、表現の場所を広げてきたのか? 広げた先には、どんなことが待ち受けていたのか? 3人が表現活動を始めたきっかけを振り返りながら、舞台『みみばしる』に迫った。

「演劇だけを続けていても、限界ありそうだぞ」と思い、自主映画を撮り始めた。(松居)

—表現者には、一つのことを突き詰めるタイプもいれば、いろんな表現を横断する方もいると思います。みなさんは、いろんな顔を持ちながら、領域を超えて表現活動をされていらっしゃいますよね。

松居:たしかに。ひゅーいもマイさんも僕も、音楽だったり役者だったりモデルだったり、いろんなことをしてますね。

—みなさんは、どんなきっかけや経験を経て、いろんなことに挑戦するようになっていったんでしょうか?

松居:僕は、もともとは漫画家になりたかったんです。一つの世界を作りたいと思って、中学生のころから漫画を描いていたんですけど、挫折しちゃって。

それから、誰かと一緒に世界を作りたいと思って、大学で演劇を始めたんですよね。演劇は、人が集まれば世界が作れるから。演劇、映画、ミュージックビデオ(以下、MV)、ドラマ、それぞれアプローチの仕方がちょっとずつ違うので、より別の世界の作り方ができると思って、いろんなものに手を出して広げていった感じでした。

左から:松居大悟、石崎ひゅーい、タカハシマイ
左から:松居大悟、石崎ひゅーい、タカハシマイ

—なぜ、漫画家に挫折したんですか?

松居:一人で漫画を作ることに限界を感じたんです。だから、演劇にいったのは逃げですよね。漫画から逃げたかった。

—松居さんはそこからさらに、映画やMV、ドラマなどにも場所を広げています。

松居:それも、「演劇だけをずっと続けていても、限界ありそうだぞ」って思って、自主映画を撮り始めたんです。逃げるようにいろんなことをやっていたんで、そんなにポジティブな感じじゃなかったですね。結果的に、いろいろやってきたから今帰ってこれた感じもありますけど。

でも、MVを作るきっかけは、人との出会いでした。音楽はもともと大好きだったんですけど、自分ではできないから、ミュージシャンに憧れを抱いていて。それで、クリープハイプの尾崎(世界観)君とか、ひゅーいとかと出会って仲良くなったときに、MVを撮りました。そういう、人との出会いがあって表現の場所が変わっていったのもありましたね。

松居大悟
松居大悟

歌った瞬間に、すっごくモテたんです。(石崎)

—ひゅーいさんは、どんなきっかけでしたか?

石崎:僕は、中学2年のときに演劇をやったんですよ。母親は僕のことを役者にしたかったみたいで、児童劇団に入っていたんです。夏休みの稽古も発表会も、すごく楽しくて。

その後、学園祭のときに友達に「バンドをやるから歌ってくれないか」って誘われて、初めて歌ったんです。母親には「また演劇をやってね」って言われたんですけど、いかんせん、音楽はモテるわけですよ。

松居:あー。

石崎:歌った瞬間に、すっごくモテたんです。でも、演劇はモテないんですよね。中学2年なんて、とくに。

松居:むしろ、ちょっとダサいとされるよね。

石崎:そう、演劇はダサい分野に入っていた。そのことに気付いてから、モテたいって理由だけで音楽にいきました。

石崎ひゅーい
石崎ひゅーい

—でもひゅーいさんは、役者の顔もありますよね。松居さんの『アズミ・ハルコは行方不明』(2016年)にも役者として参加されていますが、それはどんなきっかけだったんですか?

石崎:それは、松居くんが声をかけてくれたのがきっかけでした。お芝居に対する憧れはずっとあったんですよ。中学生のときにやっていたから、観にいくのも好きで。お芝居をやりたい思いはずっとあったので、挑戦するきっかけを松居くんとかが作ってくれたんです。実際にやってみたら、これはまた楽しかったですね。

松居:ひゅーいがすごいのは、撮影の後にめっちゃ曲を作るところなんですよ。役者で得たものを、ちゃんとミュージシャンに返してるんだなと思って。

石崎:そうそう。演劇とか役者をやるのって、僕にとってインプットなんですよね。だから、この『みみばしる』の現場にいるといろいろ溜まっていくので、それを音楽に返すような感じ。松居くんと仕事をやらせてもらうと、いっぱい曲ができるんですよね。

Page 1
次へ

イベント情報

XXXXX
『みみばしる』

2019年2月6日(水)~2月17日(日)
会場:東京都 下北沢 本多劇場

2019年2月23日(土)~24日(日)
会場:福岡県 久留米シティプラザ 久留米座

2019年3月1日(金)~3日(日)
会場:大阪府 近鉄アート館

作・演出:松居大悟
音楽監督:石崎ひゅーい
主演:本仮屋ユイカ

『「アイスと雨音」本多劇場 特別上映&トークイベント』

2019年2月12日(火)
会場:東京都 下北沢 本多劇場

プロフィール

松居大悟(まつい だいご)

1985年11月2日生まれ、福岡県出身。ゴジゲン主宰、全作品の作・演出・出演を担う。12年に「アフロ田中」で長編映画初監督。その後「スイートプールサイド」、「私たちのハァハァ」、「アズミ・ハルコは行方不明」など監督作を発表、枠に捉われない作風は国内外から評価が高い。近年は、テレビ東京ドラマ「バイプレイヤーズ」シリーズ、若者たちの1ヶ月間を74分ワンカットで撮った「アイスと雨音」、「君が君で君だ」など。ナビゲーターを務めるJ-WAVE『JUMP OVER』は毎週日曜23時から放送中。

石崎ひゅーい(いしざき ひゅーい)

本名。母親がDavid Bowieのファンで、その息子がZowie(ゾーイ)という名前だったことから、もじって、Huwie(ひゅーい)と名付けた。2012年7月25日にミニアルバム「第三惑星交響曲」でデビュー。感情のままに歌うまっすぐな声と全てのエネルギーを爆発させるライブパフォーマンス。ソロアーティストとしてのスケールを無視する規格外なシンガーソングライター、石崎ひゅーいが出現した。松居大悟監督・蒼井優主演「アズミハルコは行方不明」(2016年)にてスクリーンデビュー。舞台『みみばしる』では音楽監督を務める。

タカハシマイ

バンド「Czecho No Republic」のギター / シンセサイザー / ボーカル担当。2013年に日本コロムビアよりメジャーデビュー。カラフルでポップでファンタジックなサウンドに、男女のボーカル、多重コーラスが織り成す多幸感溢れる楽曲・ステージは必聴必見。テレビ東京『音流~ONRYU~』MC担当。2019年2月からは、松居大悟作・演出、本仮屋ユイカ主演舞台『みみばしる』に出演する。2019年春にCzecho No Republicの新EPリリース決定!5月からは全国10箇所を回る、ワンマンツアー『ツアーオデッセイ~未知との遭遇2019~』を開催。

関連チケット情報

2019年2月23日(土)〜2月24日(日)
舞台「みみばしる」
会場:久留米シティプラザ 久留米座(福岡県)
2019年3月1日(金)〜3月3日(日)
「みみばしる」
会場:近鉄アート館(大阪府)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

君島大空“遠視のコントラルト”

屈折したイノセンスが爆発するような、君島大空の“遠視のコントラルト”のMV。『The Bends』の頃のRadioheadのようなギターとセンシティブに揺ぐボーカルが描き出す、ピュアでまばゆい楽曲世界にクラっとくる。松永つぐみが手がけた映像も素晴らしく、実験映像的なカットを重ね、儚く消え入りそうな繊細で美しい才能を見事に切り取っている。爆音で凝視してほしい。
(山元)

  1. あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る 1

    あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る

  2. NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも 2

    NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも

  3. 宮本浩次が感情を露わに車を運転する“冬の花”PV公開 監督は児玉裕一 3

    宮本浩次が感情を露わに車を運転する“冬の花”PV公開 監督は児玉裕一

  4. エロか、フェチか。外林健太と青山裕企が、女性ばかりを撮る理由 4

    エロか、フェチか。外林健太と青山裕企が、女性ばかりを撮る理由

  5. 多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM 5

    多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM

  6. 『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組 6

    『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組

  7. Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察 7

    Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察

  8. CHAIは世の中にPUNKを掲げる。皆がなりたい自分になれるように 8

    CHAIは世の中にPUNKを掲げる。皆がなりたい自分になれるように

  9. 椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」 9

    椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」

  10. ビル・エヴァンス生誕90周年 生涯辿る記録映画『タイム・リメンバード』 10

    ビル・エヴァンス生誕90周年 生涯辿る記録映画『タイム・リメンバード』