特集 PR

光を撮るためには闇が必要。武居詩織×ab initio×MV監督が鼎談

光を撮るためには闇が必要。武居詩織×ab initio×MV監督が鼎談

LINE RECORDS
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:垂水佳菜 撮影協力:SNOW SHOVELING 編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)

去年、オーディション企画『BANDWARS』でグランプリを受賞し、LINE RECORDSより配信シングル『歓喜』をリリースしたバンド、ab initio(アブイニシオ)。その“歓喜”のミュージックビデオが公開されているのだが、さりげなく聴く人の心に浸透してくようなこの曲に見事にマッチした、優しくて、幸せで、なのにどこか切ない、素晴らしい映像作品に仕上がっている。

本作の監督を務めたのは、これまで家入レオやUru、MONKEY MAJIKのミュージックビデオやテレビCMも手掛けてきた映像ディレクター、稲垣理美。そして、モデルのJuan演じる書店員と共に物語を紡ぐ女性を演じたのが、My Hair is Bad“真赤”をはじめ様々なミュージックビデオ出演でも知られるモデルの武居詩織。

今回、CINRA.NETではab initioのフロントマンであり“歓喜”の作者である宮崎優人、そして稲垣と武居の鼎談を実施。このミュージックビデオ誕生の裏側から、それぞれの表現論に至るまで、じっくりと語り合ってもらった。

「音楽って、人の記憶につながるものなんじゃないかな」って思い至って、MVのテーマを「記憶」に決めました。(稲垣)

—今日は、ab initio“歓喜”のミュージックビデオ(以下、MV)について語り合っていただくべく、ab initioの宮崎さん、監督の稲垣理美さん、そして主演の武居詩織さんに集まっていただきました。まず、宮崎さんから、“歓喜”がバンドにとってどのような曲なのか、解説していただけますか?

宮崎:自分で言うのもなんですけど、この曲は「自分たちの気持ちだけを歌う曲にはしたくない」っていう気持ちがあったんですよね。

この曲は、僕らが去年『BANDWARS』でグランプリを獲ったことで生まれた曲で。正直、僕らは今年結成10年目で、去年の時点で「この先、バンド活動を続けていくのは厳しいかもしれない」と思っていたんです。最後のチャンスのつもりで『BANDWARS』に出場して、グランプリを獲ることができた。そうやって生まれた曲だからこそ、なおさら、僕らが提示したストーリーをみんなが見るんじゃなくて、この曲を聴いた人の、それぞれの心のなかでストーリーができ上がるような曲にしたいなと思って。

なので、明確なメッセージやストーリーが描かれていないぶん、MVのプロットを考えるのも、もしかしたら難しかったんじゃないかと思っていて。(参考記事:『BANDWARS』優勝のab initio 苦労の9年と喜びの瞬間を語る

—実際、いかがでしたか?

稲垣:MVを作るとき、その曲を何度も聴く、というところから始めるんですけど、“歓喜”を聴いて最初に感じたことは、友人のように、隣に座っている人が弾き語りで歌ってくれているような雰囲気があり、聴き手との距離が「近い」曲だと思いました。それから何度も聴いていくうちに、なぜかお母さんのことを思い出したんですよね。「不思議だなぁ……」と思っていたんですけど、だんだんと「音楽って、人の記憶につながるものなんじゃないかな」って思い至り、今回のMVのテーマを「記憶」に決めました。

宮崎:打ち合わせで、「記憶」というテーマを聞かせていただいたとき、「なんて素敵なんだろう」と思いました。音楽って、基本的には耳からの情報じゃないですか。でも、「記憶」というのは、それ以外の情報も膨らませてくれるテーマだなと。

左から:稲垣理美、武居詩織、宮崎優人(ab initio)。“歓喜”のMVで撮影した書店SNOW SHOVELINGにて
左から:稲垣理美、武居詩織、宮崎優人(ab initio)。“歓喜”のMVで撮影した書店SNOW SHOVELINGにて

—武居さんは、“歓喜”をどのように受け止めましたか?

武居:日常に寄り添ってくれるような曲だなと思いました。さっき監督もおっしゃっていたように、ステージの上から鳴らされているものというよりも、日常のふとした瞬間に沁みわたってくるような、優しい曲だなっていう第一印象があって。MVのお話をいただいたときも、監督のイメージを資料で見せていただいて、「素敵な作品になりそうだな」と思って、お引き受けさせていただきました。

—武居さんはバンド系のMVにたくさん出演されていますけど、やはり感じる空気は各現場で違うものですか?

武居:違いますね。まったく曲を聴かない状態で撮影して、仕上がったものを見て「こういう曲だったんだ」って知るものもありますし。映像を撮るなかでも、MVって、また特殊な世界だと思うんです。曲の世界観に合わせていくのか、それとも、作り手がまったく別の解釈を加えていくのか……。

そういう部分でも、監督やアーティストによって考え方は違うと思いますが、今回のMVって、曲自体もそうですけど、「これが正解です」っていうものがあるわけではないですよね。見た人の心が入っていける余白があるし、終わったあとの余韻を楽しめる作品だなって思います。「この先、どうなったんだろう?」って考えさせるような……それこそ、さっき宮崎さんがおっしゃっていたように、見た人がそれぞれの物語を作っていけるような作品だなって。

武居詩織
武居詩織

宮崎:このMVは、終わり方もすごくいいですよね。

稲垣:そうですね(笑)。武居さんが仰っていた通りで、決めつけたくないですよね。感じ方も解釈も人それぞれだと思うので。

Page 1
次へ

リリース情報

ab initio『歓喜』
ab initio
『歓喜』

2018年11月28日(水)配信

  • LINE MUSICで聴く
  • プロフィール

    ab initio(あぶいにしお)

    高校の同級生でもある、宮崎優人(Vo&Gt)、ナガハタショウタ(Ba)を中心に、乃村Nolan(Gt&Key)、中村勇介(Dr)の4人からなるバンド。2009年3月結成。2015年1st mini album「もしもし、奇跡ですか」でインディーズデビュー。2018年1月から始まったオーディション「BANDWARS」にて、見事グランプリを獲得した。2018年11月28日、LINEの音楽レーベル「LINE RECORDS」よりデビュー。

    武居詩織(たけすえ しおり)

    ファッション誌、ビューティー誌に定評があるモデル。Aimer『カタオモイ』やKANA-BOON『ランアンドラン』My Hair is Bad『真赤』など、話題のMVに出演。雑誌・SPRiNGでは専属のスプリングラマーとしても活躍。趣味は音楽鑑賞で、FUJI ROCKなど国内のフェスに毎年参加するほどの音楽フリーク。

    稲垣理美(いながき さとみ)

    映像ディレクター。2010年柿本ケンサク氏に師事し、2017年に独立。コマーシャルフィルム、ミュージックビデオ、ドキュメンタリーなどを中心に映像演出を手がける。映像作品の多くに、日常の風景に潜んでいる微かな光や、人が本来もっている素朴さがちりばめられている。2016年ACCグランプリ、Epic Awards、Spikes Asia、PRアワードグランプリ受賞。

    SPECIAL PR 特集

    もっと見る

    BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

    もっと見る

    PICKUP VIDEO 動画これだけは

    あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

    何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

    1. カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために 1

      カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために

    2. ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る 2

      ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る

    3. 清原果耶初主演のNHKドラマ『透明なゆりかご』が全10話一挙再放送 3

      清原果耶初主演のNHKドラマ『透明なゆりかご』が全10話一挙再放送

    4. cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録 4

      cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録

    5. 高城晶平×折坂悠太 期待を引き受け、裏切りながら大舞台へと進む 5

      高城晶平×折坂悠太 期待を引き受け、裏切りながら大舞台へと進む

    6. 殺人鬼役のセカオワFukaseが描く「巨大油絵」、『キャラクター』シーン画像 6

      殺人鬼役のセカオワFukaseが描く「巨大油絵」、『キャラクター』シーン画像

    7. 俳優・山崎皓司が挑む百姓ライフスタイル。試行錯誤の実践を辿る 7

      俳優・山崎皓司が挑む百姓ライフスタイル。試行錯誤の実践を辿る

    8. NiziUが新曲“I AM”にあわせて「ミストダンス」 コーセー新CMオンエア 8

      NiziUが新曲“I AM”にあわせて「ミストダンス」 コーセー新CMオンエア

    9. 藤井 風のカバー集『HELP EVER HURT COVER』復刻リリース 9

      藤井 風のカバー集『HELP EVER HURT COVER』復刻リリース

    10. 荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは 10

      荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは