特集 PR

ネットと現実は何がどう違う? 光るグラフィック展2から考える

ネットと現実は何がどう違う? 光るグラフィック展2から考える

光るグラフィック展2
インタビュー・テキスト
内田伸一
撮影:豊島望 編集:宮原朋之(CINRA.NET編集部)

映画体験などにも広がるVR(仮想現実)や、『ポケモンGO』で身近になったAR(拡張現実)などのテクノロジーが話題を集める今日このごろ。未来を待つまでもなく、私たちはすでに現実空間と仮想空間の境が曖昧な世界を生きている。情報収集もコミュニケーションも、手元のスマホから実現する時間が圧倒的に多くなった。インターネットについては、今や人間そのものが「常時接続」しているといえそうだ。

そんな現状にふみ込んだ、ちょっと変わった展覧会が『光るグラフィック展2』。デザイナー、画家、イラストレーター、メディアアーティストなど、世代も様々な10数組の作品展示をめぐるだけでも楽しいが、最後の部屋ではこれまで巡ってきた展示を3DCGで再現した(でも奇妙なズレも感じる)仮想空間を歩き回れる。

仕掛け人は、クリエイティブ集団「セミトランスペアレント・デザイン」を率いる田中良治と、自らのアバターが仮想空間をさまよう作品で知られるメディアアーティストの谷口暁彦、そして『インターネットヤミ市』などフィジカルとバーチャルを再接続するイベントにも関わるウェブディレクターの萩原俊矢。彼らに、日常に浸透したネットやデジタル世界の功罪から、フィジカルとバーチャルが溶け合う先の可能性までを語ってもらった。

今、個人情報がパブリックな空間にどんどん放出されているのが気になります。便利さと背中合わせの不気味さもありますよね。(萩原)

—「現実と仮想の境界が溶け合っていく世界」。これが『光るグラフィック展2』の背景にあるのかと感じます。そこでまずは、皆さんが普段感じている、現実とネットの関係について伺えますか?

田中:振り返ると、2007年にTwitterが注目され始めたときはやっぱり衝撃を受けました。最初のころは「今、自分のすぐ近くにセレブがいる!」という誰かのつぶやきで現地に人が押しかける騒ぎがあって、今や懐かしいですが、やがて社会が動くほどのプラットフォームになっていきました。最初から壮大な構造を考えるのとは違って、むしろシンプルな設計のものが、社会を大きく変えることがある。僕にとってSNSというのは、そういうことを気づかせてくれたものでしたね。

左から:田中良治、谷口暁彦、萩原俊矢
左から:田中良治、谷口暁彦、萩原俊矢

—逆に、そうした変化で消えていってしまったものは感じますか?

田中:例えば昔の僕は、音楽雑誌の新譜レビューを読んで、まだ聴けないその曲を頭の中でめっちゃ想像していました(笑)。今だとレビューより先にYouTubeなどで誰もが最新音源にふれられる、便利な世界です。そこにまた別の面白さがあるけれど、当然、変わったもの、失われていったものもあるとは感じます。

谷口:昔のインターネットは、ダイヤルアップで接続して、オルタナティブな世界に「ログイン」する感覚が強かったですよね。そして、多くの人が匿名で参加していた。でも今はスマホなどの常時接続されたデバイスがいつもポケットの中にあり、いろんな通知がやってきて、そのたびに自分の身体がブルっとするみたいな毎日がある。

僕にとって一番強烈だったのは、Googleマップやストリートビューの登場でした。それまでインターネットは現実とは違う場所にあったはずが、ネットの側から「あなたは今ここにいますよ」と教えられることになった。これは、ネットと現実の情報がどんどん接近して重なり合った先に生まれた、逆転現象にも思えました。

谷口暁彦
谷口暁彦

—ネットにおける匿名性をどう考えるかも、今はだいぶ変わりましたね。

谷口:かつては「ネチケット」って言葉があって。本名や素性を公開するとトラブルの元だからやめよう、という共通認識があった。でも今はFacebookのように、本名や生年、出身地などを公開することで色んな人とつながれますよという利便性が強調されていて、真逆と言える状態になっています。

自撮り写真をアップし続ける行為やSNSを通じたコミュニケーションもまた、「あなたは今ここにいますよ」というネットの側からの名指しや承認ですよね。物理的な場所に限らず、承認欲求にもつながる「位置」というか。それがさらに、現実とネットは一緒なんだという状態をどんどん強化しているように思えます。

萩原:今の話につなげて言うと、僕は今、ネットを通して個人情報がパブリックな空間にどんどん放出されているのが気になります。普通にネットを眺めているだけで、企業側にさまざまなことがほとんど勝手に解析されている、便利さと背中合わせの不気味さもありますよね。ソーシャルメディアやソシャゲが浸透する一方、ユーザはかつてのように「管理人さん」が何者で何をしているのか、誰も気にしなくなってきています。これに対してヨーロッパのEU一般データ保護規則(GDPR)など、個人情報を企業から取り戻そうという新しい動きも起こっていて注目しています。

萩原俊矢
萩原俊矢

—どんどん進む変化をただ受け入れるのではない、カウンター的な動きとも言えそうですね。萩原さんも関わってきたイベント『インターネット ヤミ市』などは、大手が確立したアプリや電子書籍などの流通プラットフォームに対し、より自由な流通を求める人たちがオルタナティブな場を探る動きとも言えそうです。

萩原:ちょっと視点を変えてグラフィックやデザインの話をすると、初代iPhoneって画面のボタン類がすごく本物ぽかったですよね。でも今は画面上での動きを前提にしたフラットなデザインが主流になっている。

他方、2010年代前後から、ファッション界ではシューズブランドのUNITEDNUDEがローポリゴンを現実に出力したようなハイヒールを出し、ANREALAGEによるピクセル画っぽいコレクションが登場してきた。そうして、UIデザイン側は「正しく」バーチャルっぽくなっていき、逆にバーチャルと感じていた質感が現実になる。そういうミックス具合は面白いし、今も進んでいると感じます。

左から:田中良治、谷口暁彦、萩原俊矢
Page 1
次へ

イベント情報

『光るグラフィック展2』
『光るグラフィック展2』

2019年2月22日(金)~3月28日(木)
会場:東京都 銀座 クリエイションギャラリーG8

時間:11:00~19:00
参加作家:
藍嘉比沙耶
エキソニモ
大島智子
葛西薫
亀倉雄策
カワイハルナ
北川一成
groovisions
小山泰介
佐藤晃一
ジョー・ハミルトン
鈴木哲生
谷口暁彦
永井一正
永田康祐
ネイツ・プラー
長谷川踏太
原田郁
UCNV
休館日:日曜、祝日
料金:無料

プロフィール

田中良治(たなか りょうじ)

ウェブデザイナー / セミトランスペアレント・デザイン代表。同志社大学工学部 / 岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー卒業。企業ブランディング、広告の企画・制作から国内外の美術館・ギャラリーでの作品展示までウェブメディアを核としながら様々なメディアで活動。近年ではG8での『光るグラフィック』展の企画、gggでの『セミトランスペアレント・デザイン退屈』展などがある。

萩原俊矢(はぎわら しゅんや)

1984年神奈川生まれ。プログラムとデザインの領域を横断的に活動しているウェブデザイナー / プログラマ。2012年、セミトランスペアレント・デザインを経て独立。ウェブデザインやネットアートの分野を中心に企画・設計・ディレクション・実装・デザイン・運用など、制作にかかわる仕事を包括的におこなう。2015年より多摩美術大学統合デザイン学科非常勤講師。IDPW.org正会員として文化庁メディア芸術祭新人賞を受賞。

谷口暁彦(たにぐち あきひこ)

メディア・アーティスト。多摩美術大学情報デザイン学科メディア芸術コース講師。メディア・アート、ネット・アート、映像、彫刻など、さまざまな形態で作品を発表している。主な展覧会に『[インターネット アート これから]——ポスト・インターネットのリアリティ』(ICC、2012年)、『』SeMA Biennale Mediacity Seoul 2016』(ソウル市立美術館、2016年)、個展に『滲み出る板』(GALLERY MIDORI。SO、東京、2015年)、『超・いま・ここ』(CALM & PUNK GALLERY、東京、2017年)など。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“完熟宣言”

<もしも願いが叶うならば はぐれた仲間の分まで 幸せな未来をちょうだい>。円陣を組んでシャムキャッツの4人が歌っている。大切な人との別れ、当たり前だった日常が失われていくことも横目に、ステップは絶えず前に。無邪気に笑顔を振りまく姿に、大人になるのは哀しくも楽しく、なんてことを思う。(山元)

  1. 香取慎吾の日本初個展『BOUM! BOUM! BOUM!』レポ 「僕の全部を見て」 1

    香取慎吾の日本初個展『BOUM! BOUM! BOUM!』レポ 「僕の全部を見て」

  2. 星野源のNHK特番、『POP VIRUS』&ドームツアー回顧&最新ライブ映像も 2

    星野源のNHK特番、『POP VIRUS』&ドームツアー回顧&最新ライブ映像も

  3. 小山田圭吾×大野由美子対談 「音に触れる」空間音響がすごい 3

    小山田圭吾×大野由美子対談 「音に触れる」空間音響がすごい

  4. 箕輪厚介×國光宏尚対談 終わりが見える「SNS社会」の次を語る 4

    箕輪厚介×國光宏尚対談 終わりが見える「SNS社会」の次を語る

  5. 平手友梨奈が真紅のCDGを纏う&市川染五郎と“黒い羊”語る雑誌『SWITCH』 5

    平手友梨奈が真紅のCDGを纏う&市川染五郎と“黒い羊”語る雑誌『SWITCH』

  6. なぜ今ライブハウスを? 吉祥寺NEPOが語るこれからの場所作り 6

    なぜ今ライブハウスを? 吉祥寺NEPOが語るこれからの場所作り

  7. 知英がセクシーな喰種・イトリ役 窪田正孝主演『東京喰種2』に出演 7

    知英がセクシーな喰種・イトリ役 窪田正孝主演『東京喰種2』に出演

  8. フィッシュマンズの歴史が更新された夜。ceroとの時を超えた邂逅 8

    フィッシュマンズの歴史が更新された夜。ceroとの時を超えた邂逅

  9. 上白石萌音が杉野遥亮&横浜流星の間で心揺れる 『L♡DK』新映像3種公開 9

    上白石萌音が杉野遥亮&横浜流星の間で心揺れる 『L♡DK』新映像3種公開

  10. 映像作家・山田智和の時代を切り取る眼差し。映像と表現を語る 10

    映像作家・山田智和の時代を切り取る眼差し。映像と表現を語る