特集 PR

崎山蒼志の歌と言葉の秘密。写真家・石田真澄の目から紐解く

崎山蒼志の歌と言葉の秘密。写真家・石田真澄の目から紐解く

インタビュー・テキスト
天野史彬
編集:山元翔一(CINRA.NET編集部)

3月18日~22日にかけて、フジテレビ系にてドラマ『平成物語~なんでもない、けれどかけがえのない瞬間~』が放送される。メインキャスト、脚本、監督、音楽、カメラマン、照明、美術、プロデューサーが全員「平成生まれ」という布陣で制作され話題になったドラマ『平成物語』の第2弾として制作された本作。このドラマに、主題歌として新曲“泡みたく輝いて”を書き下ろしたのが、卓越した技術と世界観を持った高校生シンガーソングライターとして話題の崎山蒼志。そして、スチール撮影を担当したのが、『GINZA』や『POPEYE』といった雑誌で写真を担当するほか、2018年には「カロリーメイト」の広告クリエイティブに抜擢された写真家・石田真澄。CINRA.NETでは、このふたりの特別対談が実現した。

「瞬間」を掴みにかかり、その1歩先にまでつんのめっていくような速度を持つ、現在17歳の崎山の音楽。「瞬間」を捉え、それを「永遠」にまで引き延ばさんとする、祈りのような美しさを含む現在20歳の、石田の写真。「いま」を懸命に生きるからこそ生み出される両者の作品が持つ強さは、悲しさは、切なさは、どんな場所から生まれているのだろうか。じっくりと語り合ってもらった。

写真って撮る人の「目」そのものだと思うんです。(石田)

—おふたりは、お話するのは初めてですか?

崎山:はじめてです。

石田:今朝調べていたら、誕生日が一緒だったんですよ(笑)。

崎山:そうなんですか!

左から:崎山蒼志、石田真澄 / 撮影:CINRA.NET編集部
左から:崎山蒼志、石田真澄 / 撮影:CINRA.NET編集部

—石田さんは、崎山さんの音楽を聴いた印象はいかがですか?

石田:歌詞がすごく好きです。私は、音楽を聴くときは邦楽が多いんですが、日本語だと語尾や空白のニュアンスもわかるので好きなんです。洋楽だと自分のなかで和訳しなきゃいけないから、本当にその曲が伝えたいことのニュアンスを汲みとりづらいんじゃないかな? と思ってしまって。崎山さんの歌詞は「え、こんなものが書けるんだ!」って、じっくりと読んじゃいます。

崎山:ありがとうございます。

石田:それに、写真ってゼロベースからスタートするのではなくて、「あるもの」を撮るんですよね。「あるもの」を別物に変えるのが写真。どこを綺麗だと思い、どこを切り取るのかも撮影者によって変わると思うので、そういう意味では、写真って撮る人の「目」そのものだと思うんです。

特に私は、「撮りたいもの」が明確にある場合が多いので、それがダイレクトに出ているとは思うんですけど、それに比べて音楽って、根本的にゼロからスタートするものっていうイメージがあって。自分の頭にあるものを音楽にしたり、歌詞にしたりするものだと思うんです。それが、私にはできないことだなぁって、いつも思います。

撮影:石田真澄
撮影:石田真澄

崎山:たしかに、曲作りは、よくわからないとこからはじまることが多いです。家でなんとなくギターを弾いていることも多いので。家族がテレビを見ている横で弾いたりするので、よく「うるさい」って言われます。「いま、テレビ見てるでしょ?」って。

石田:(笑)。……やっぱり、「浮かんでくるから形にしている」っていう感覚が強い?

崎山:はい。でも、たとえば「ハードコアっぽい音楽を作るぞ!」みたいなことを決めて作りはじめることもあります。ふたつ、やり方があるのかもしれないです。

—崎山さんは、写真は意識的にご覧になりますか?

崎山:たまに見ます。Twitterで回ってきた写真が素敵だと、「誰が撮ったんだろう?」って調べたりします。写真って、「一瞬」の捉え方がすごいなと思います。どうしたら、こんなに美しく撮れるんだろう? 描写できるんだろう? って……僕なんか、スマホで写真を撮ってもブレブレで、いつも意味わかんないので……。

石田:ははは(笑)。

—様々な写真家がいるなかで、石田さんは、ご自身をどのような「目」を持った写真家だと思いますか?

石田:私は、「光」の写真がすごく好きで。草にあたっている光や、人の顔にあたっている光がすごく好きなんですよね。なので、その人の顔を撮るというよりは、光を撮ってしまうんですよ。光しか見ていないので、撮ったあとに「ここに、こんなものが映っていたんだ」って気づくこともあるくらいで。今日みたいな光も、すごく好きです。太陽が出ているときが好き。

撮影:石田真澄
撮影:石田真澄

—崎山さんの歌詞にも、よく「光」は出てきますよね。

崎山:あぁ、そうですね。光は、綺麗なものでもあるし、オルゴールみたいな感じもします。僕、家では和室にいることが多いんですけど、光がよく入ってくる部屋で……。上手く言えないんですけど。

Page 1
次へ

番組情報

『平成物語 ~なんでもないけれど、かけがえのない瞬間~』

2019年3月18日(月)~3月22日(金)にフジテレビで5夜連続放送

監督:松本花奈
脚本:加藤拓也
写真:石田真澄
主題歌:崎山蒼志“泡みたく輝いて”
出演:
山崎紘菜
笠松将
清水くるみ
高橋和也
森優作
柳英里紗
橋野純平
諫早幸作
中山求一郎
細井学
岩谷健司
村上淳
岡山天音(特別出演)

リリース情報

崎山蒼志
『泡みたく輝いて / 烈走』

2019年3月15日(金)から配信

プロフィール

崎山蒼志(さきやま そうし)

2002年生まれ静岡県浜松市在住。母親が聞いていたバンドの影響もあり、4歳でギターを弾き、小6で作曲を始める。2018年5月9日にAbemaTV「日村がゆく」の高校生フォークソングGPに出演、独自の世界観が広がる歌詞と楽曲、また15歳とは思えないギタープレイでまたたく間にSNSで話題になる。2018年7月18日に「夏至」と「五月雨」を急きょ配信リリース。その2ヶ月後に新曲「神経」の追加配信、また前述3曲を収録したCDシングルをライヴ会場、オンラインストアにて販売。12月5日には1stアルバム『いつかみた国』をリリース、合わせて地元浜松からスタートする全国5公演の単独ツアーも発表し即日全公演完売となった。また、初となるホール公演「とおとうみの国」が5月6日に浜松市浜北文化センター大ホールで控えている。ある朝、起きたらtwitterのフォロワー数が5,000人以上増えていて、スマホの故障を疑った普通の高校1年生。

石田真澄(いしだ ますみ)

1998年生まれ。2017年5月自身初の個展「GINGER ALE」を開催。2018年2月、初作品集「light years -光年-」をTISSUE PAPERSより刊行。雑誌や広告などでも活躍の幅を広げる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. King Gnu常田が語る、ロマンと人生観 妻夫木聡が「大人」を問う 1

    King Gnu常田が語る、ロマンと人生観 妻夫木聡が「大人」を問う

  2. 血まみれのスタローンが弓矢を構える 『ランボー』最終章の場面写真公開 2

    血まみれのスタローンが弓矢を構える 『ランボー』最終章の場面写真公開

  3. 佐藤健『るろ剣』伊勢谷友介、土屋太鳳ら集合ポスター 主題歌はワンオク 3

    佐藤健『るろ剣』伊勢谷友介、土屋太鳳ら集合ポスター 主題歌はワンオク

  4. テレ東『浦安鉄筋家族』追加キャストに染谷将太、大東駿介、松井玲奈ら 4

    テレ東『浦安鉄筋家族』追加キャストに染谷将太、大東駿介、松井玲奈ら

  5. 『装苑』サステナブル特集で菅田将暉&小松菜奈が共演、綾野剛や玉森裕太も 5

    『装苑』サステナブル特集で菅田将暉&小松菜奈が共演、綾野剛や玉森裕太も

  6. 『スカーレット』が描いた自由と不自由の葛藤、「逸脱」の可能性 6

    『スカーレット』が描いた自由と不自由の葛藤、「逸脱」の可能性

  7. downy、音楽家たちに愛された20年 ミトら同志7人の手紙から辿る 7

    downy、音楽家たちに愛された20年 ミトら同志7人の手紙から辿る

  8. モーサム百々の「つぶやき厳禁&酩酊」イベントに、のんが登場 8

    モーサム百々の「つぶやき厳禁&酩酊」イベントに、のんが登場

  9. Mr.Childrenの新曲“The song of praise”が日テレ『ZIP!』新テーマ曲に 9

    Mr.Childrenの新曲“The song of praise”が日テレ『ZIP!』新テーマ曲に

  10. Foorin“パプリカ”の新ダンス完成、NHK『みんなの卒業式』で披露 10

    Foorin“パプリカ”の新ダンス完成、NHK『みんなの卒業式』で披露