特集 PR

80KIDZが振り返る、Justiceの衝撃。その音は、「発明」だった

80KIDZが振り返る、Justiceの衝撃。その音は、「発明」だった

『SOMEWHERE,』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:豊島望 編集:宮原朋之(CINRA.NET編集部)

4月に渋谷ストリームホールで開催される国際音楽祭『SOMEWHERE,』にJusticeの出演が決定。4月26日と27日の2日間に渡って、DJセットでのライブを披露する。フランスのレーベルEd Bangerの一員として、2000年代後半に頭角を現したJusticeは、フレンチエレクトロのブームを牽引し、後のEDMの世界的なブレイクの礎を築いたと言っても過言ではない。また、“D.A.N.C.E.”のミュージックビデオをはじめ、ビジュアル面での評価も高く、その影響は音楽のみならず、1つのカルチャーとして世界中に広がっている。

そんなJusticeの歩みについて、同じく『SOMEWHERE,』への出演が決定した80KIDZに話を聞いた。「Justiceがいなかったら、ミュージシャンになっていなかった」と語る2人は、国内のエレクトロシーンの発展に大きく寄与するとともに、世界への扉を開いたアーティストでもある。スタジオライブベスト盤とも言うべきJusticeの最新作『Woman Worldwide』が年明けの『グラミー賞』で「最優秀エレクトロニック / ダンス・アルバム賞」を受賞し、絶好のタイミングで行われる両者の共演は、記念すべき夜となるはずだ。

Justiceはアーティストからリスペクトされるアーティストなんだと思いますね。(ALI&)

—『Woman Worldwide』が今年の『グラミー賞』で「最優秀エレクトロニック / ダンス・アルバム賞」を受賞しましたが、どんな感想を持ちましたか?

ALI&:生中継を見てたんですけど、正直獲るとは思ってませんでした。『Woman』(2016年)の曲と過去の曲を混ぜつつ、上手くライブ音源のアレンジがされていて、ベストみたいな内容ですし、それが受賞につながったんじゃないですかね。金色のジャケットっていうのが、気合いを感じますし(笑)。あとは「こういうアレンジの仕方でライブセットをやるんだ」って、参考にしながら、やや仕事目線でも聴いていました。やっぱり、Justiceはアーティストからリスペクトされるアーティストなんだと思います。

JUN:僕は一昨年来日したときにライブを観てるんですけど、すごくよくて、俺らも頑張んなきゃなって思ったんですよね。そのツアーの内容をより純度高い形で盤にして、「これが世界的にはどんな評価を受けるんだろう?」と思っていたら、『グラミー賞』を獲ったので驚きました。ここからまた変化が起きて、エレクトロが再評価されたりしたら面白いですね。

80KIDZ(えいてぃーきっず)<br>2007年1月に結成。オリジナル楽曲やリミックスが SNS を通じて瞬く間に世界中で話題となり、初期作品集の12”シングル『DISDRIVEEP』(2008年)は即完売を記録。以降、フルアルバム4作品、リミックス集やダンストラック集をリリースし、『FUJI ROCK FESTIVAL』『ROCK IN JAPAN』『COUNTDOWN JAPAN』『SUMMER SONIC』 をはじめとするビッグフェスに出演。ロックとダンスの垣根を越えて活躍中。
80KIDZ(えいてぃーきっず)
2007年1月に結成。オリジナル楽曲やリミックスが SNS を通じて瞬く間に世界中で話題となり、初期作品集の12”シングル『DISDRIVEEP』(2008年)は即完売を記録。以降、フルアルバム4作品、リミックス集やダンストラック集をリリースし、『FUJI ROCK FESTIVAL』『ROCK IN JAPAN』『COUNTDOWN JAPAN』『SUMMER SONIC』 をはじめとするビッグフェスに出演。ロックとダンスの垣根を越えて活躍中。

—近年のトレンドが反映された作品ではないだけに、意外な受賞ではありましたよね。

ALI&:でも、今の20歳前後の子たちからしたら、めちゃめちゃ新鮮かもしれないですよ。SkrillexとかEDMが出てきて、歪んだサウンドとか、キックとスネアがダンスミュージックに入ることが、ポップシーンにも浸透し切った今だからこそ、改めて新鮮に聴けるというか。

80KIDZ
Justice『Woman Worldwide』を聴く(Apple Musicはこちら

—SkrillexはJusticeの影響を公言しているわけですからね。

JUN:その辺も評価されての受賞なのかもしれないですね。Daft Punkが初めて獲ったのも結構遅かったし(2009年『ALIVE 2007』で受賞)。『ノーベル賞』のように、20年前にやったことが、今正当に評価されるみたいな、そういうことかなって(笑)。

Justiceは全ジャンル的に新しい音で、すべてをぶち壊すような感じだった。(JUN)

—そもそものJusticeとの出会いを振り返っていただけますか?

ALI&:僕たちは『Waters of Nazareth』(2006年9月)と『†(クロス)』(2007年6月)の間くらいに知り合っているんですよね。この頃何してました?

JUN:僕はその頃、京都のレコード屋さんで働いていたんですけど、FATBOY SLIM“Don’t Let The Man Get You Down”のJusticeリミックスがいきなり出て、周りのみんな「何だこれ? かっこいい!」ってなったんです。全ジャンル的に新しい音で、すべてをぶち壊すような感じだった。

その後に『Waters of Nazareth』が出て、イケてる友達のDJはみんな買ってました。あの衝撃がすごくて、自分でも曲を作りたいっていう気持ちが高まったんですよね。

ALI&:この前くらいって、ロックのリミックスがたくさん出回って、フロアアンセム的にクラブでかけるDJが増えてきたんですよね。そういう中で、“Waters of Nazareth”とか、Justice vs. Simianの“We Are Your Friends”が出てきたんですよ。

それまでは「ロックをクラブでどうかけるか?」みたいな感じだったけど、それとは完全に切り離して、ヒップホップとかいろんな要素も入れつつ、新しいジャンルを作っていこうぜっていう、そのターニングポイントだったと思うんです。で、当時の自分の年齢的にも「わかるー!」ってなった(笑)。

Justice vs. Simian“We Are Your Friends”を聴く(Apple Musicはこちら

Page 1
次へ

イベント情報

『SOMEWHERE,』
『SOMEWHERE,』

2019年4月19日(金)、4月20日(土)、4月22日(月)~4月24日(水)
会場:東京都 渋谷ストリームホール

出演:
PHOENIX
CHAI(4月24日のみ出演)
料金:12,900円(5Fパーティーエリアでのウェルカムシャンパン付)

2019年4月21日(日)
会場:東京都 渋谷 セルリアンタワー東急ホテル バー
出演:
アラン・マッギー、アレックス・メトリック、80KIDZ
and more
料金:9,800円(フリードリンク付)

2019年4月26日(金)、4月27日(土)
会場:東京都 渋谷ストリームホール
出演:
カール・バラー
80KIDZ
料金:12,900円(5Fパーティーエリアでのウェルカムシャンパン付)

2019年4月26日(金)、4月27日(土)
会場:東京都 渋谷ストリームホール
出演:
Justice(DJ SET)
秋赤音
水原佑果(4月26日のみ出演)
料金:10,000円(5Fパーティーエリアでのウェルカムスパークリングサケ付)

2019年4月28日(日)、4月29日(月・祝)
会場:東京都 渋谷ストリームホール
出演:Friendly Fires
料金:9,900円(5Fパーティーエリアでのウェルカムスパークリングサケ付)

2019年6月5日(水)~6月7日(木)
会場:東京都 渋谷ストリームホール
出演:
Basement Jaxx(DJ SET)
CHAI(6月6日のみ出演)
料金:9,900円(5Fパーティーエリアでのウェルカムスパークリングサケ付)

プロフィール

80KIDZ
80KIDZ(えいてぃーきっず)

2007年1月に結成、エレクトロ・ユニット。自主制作で2枚のMIX CDをリリース後、様々な国内外アーティストとの共演を経て楽曲制作を開始。オリジナル楽曲やリミックスがSNSを通じて瞬く間に世界中で話題となり、初期作品集の12”シングル『DISDRIVE EP』(2008年4月)は即完売を記録。以後、フル・アルバム5作品、リミックス集やダンス・トラック集をリリースし、『FUJI ROCK FESTIVAL』『ROCK IN JAPAN』『』COUNTDOWN JAPAN』『』SUMMER SONIC』をはじめとするビッグフェスに出演。ロックとダンスの垣根を越えて活躍中。2018年春にデビュー10周年を迎え、初のベストアルバム『BEST KIDZ – The Best of 80KIDZ 2008-2017』をリリースした。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

突然少年“火ヲ灯ス”

教室でも放課後でも負け続けたこと、弱さ故に大事な友達も傷つけてきたことーー振り返るほど情けなさでズタズタになってきた自分達の青春を全部吐き出しながら、だからこそ今まで裏切らず側にいてくれた人を離さず抱き締めて生きていきたいのだと表明する1stアルバムが『サンキュー・マイ・フレンド・アンド・マイ・ファミリー』だ。ブッチャーズ、eastern youth、NUMBER GIRLを抱き締めて離さない号泣ファズは変わらぬまま、アルバムタイトルの通り「誰に何を歌いたいのか」に重心を置いた結果としてバンドサウンドが撚られ、歌がグッと前に出た。汗と唾を撒き散らす激情の成分はやや減ったが、あなたと友達になりたい、友達との絆を目一杯歌いたい、だからまずは自分達が素っ裸になってあなたと向き合いたいという意志がスウィートなメロディに乗って突き抜けている。「たったそれだけ」をたったひとりに伝えるためにもんどり打つ、バンドの核心がそのまま映し出されたMV。端からライブの中核を担ってきた名曲がさらに躍動している。(矢島大地)

  1. 菅田将暉が暴君 舞台『カリギュラ』に秋山菜津子、谷田歩、橋本淳 1

    菅田将暉が暴君 舞台『カリギュラ』に秋山菜津子、谷田歩、橋本淳

  2. 川栄李奈が年内出産予定、廣瀬智紀と入籍へ 舞台で共演し交際スタート 2

    川栄李奈が年内出産予定、廣瀬智紀と入籍へ 舞台で共演し交際スタート

  3. 清志郎の4時間超NHK BS番組『今夜は朝まで忌野清志郎』、奥田民生らも登場 3

    清志郎の4時間超NHK BS番組『今夜は朝まで忌野清志郎』、奥田民生らも登場

  4. Sexy Zone菊池風磨の単独初主演舞台『ハムレット』9月から東京&大阪で上演 4

    Sexy Zone菊池風磨の単独初主演舞台『ハムレット』9月から東京&大阪で上演

  5. アニメ映画『鉄コン筋クリート』地上波放送 シロ役・蒼井優のコメントも 5

    アニメ映画『鉄コン筋クリート』地上波放送 シロ役・蒼井優のコメントも

  6. 『SWITCH』で平野歩夢の50ページ特集 若木信吾による撮り下ろし写真も掲載 6

    『SWITCH』で平野歩夢の50ページ特集 若木信吾による撮り下ろし写真も掲載

  7. 大岩オスカール×宮沢和史 旅での「気づき」が確固たる自分を作る 7

    大岩オスカール×宮沢和史 旅での「気づき」が確固たる自分を作る

  8. ONE OK ROCKの全国アリーナツアーが9月から開催、全30公演 8

    ONE OK ROCKの全国アリーナツアーが9月から開催、全30公演

  9. アラバマ州の中絶禁止法にガガ、リアーナら怒り表明 「#youknowme」運動も 9

    アラバマ州の中絶禁止法にガガ、リアーナら怒り表明 「#youknowme」運動も

  10. 『テラスハウス』新シリーズのメンバー6人発表、OP曲はCHVRCHES“Graves” 10

    『テラスハウス』新シリーズのメンバー6人発表、OP曲はCHVRCHES“Graves”