特集 PR

80KIDZが振り返る、Justiceの衝撃。その音は、「発明」だった

80KIDZが振り返る、Justiceの衝撃。その音は、「発明」だった

『SOMEWHERE,』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:豊島望 編集:宮原朋之(CINRA.NET編集部)

4月に渋谷ストリームホールで開催される国際音楽祭『SOMEWHERE,』にJusticeの出演が決定。4月26日と27日の2日間に渡って、DJセットでのライブを披露する。フランスのレーベルEd Bangerの一員として、2000年代後半に頭角を現したJusticeは、フレンチエレクトロのブームを牽引し、後のEDMの世界的なブレイクの礎を築いたと言っても過言ではない。また、“D.A.N.C.E.”のミュージックビデオをはじめ、ビジュアル面での評価も高く、その影響は音楽のみならず、1つのカルチャーとして世界中に広がっている。

そんなJusticeの歩みについて、同じく『SOMEWHERE,』への出演が決定した80KIDZに話を聞いた。「Justiceがいなかったら、ミュージシャンになっていなかった」と語る2人は、国内のエレクトロシーンの発展に大きく寄与するとともに、世界への扉を開いたアーティストでもある。スタジオライブベスト盤とも言うべきJusticeの最新作『Woman Worldwide』が年明けの『グラミー賞』で「最優秀エレクトロニック / ダンス・アルバム賞」を受賞し、絶好のタイミングで行われる両者の共演は、記念すべき夜となるはずだ。

Justiceはアーティストからリスペクトされるアーティストなんだと思いますね。(ALI&)

—『Woman Worldwide』が今年の『グラミー賞』で「最優秀エレクトロニック / ダンス・アルバム賞」を受賞しましたが、どんな感想を持ちましたか?

ALI&:生中継を見てたんですけど、正直獲るとは思ってませんでした。『Woman』(2016年)の曲と過去の曲を混ぜつつ、上手くライブ音源のアレンジがされていて、ベストみたいな内容ですし、それが受賞につながったんじゃないですかね。金色のジャケットっていうのが、気合いを感じますし(笑)。あとは「こういうアレンジの仕方でライブセットをやるんだ」って、参考にしながら、やや仕事目線でも聴いていました。やっぱり、Justiceはアーティストからリスペクトされるアーティストなんだと思います。

JUN:僕は一昨年来日したときにライブを観てるんですけど、すごくよくて、俺らも頑張んなきゃなって思ったんですよね。そのツアーの内容をより純度高い形で盤にして、「これが世界的にはどんな評価を受けるんだろう?」と思っていたら、『グラミー賞』を獲ったので驚きました。ここからまた変化が起きて、エレクトロが再評価されたりしたら面白いですね。

80KIDZ(えいてぃーきっず)<br>2007年1月に結成。オリジナル楽曲やリミックスが SNS を通じて瞬く間に世界中で話題となり、初期作品集の12”シングル『DISDRIVEEP』(2008年)は即完売を記録。以降、フルアルバム4作品、リミックス集やダンストラック集をリリースし、『FUJI ROCK FESTIVAL』『ROCK IN JAPAN』『COUNTDOWN JAPAN』『SUMMER SONIC』 をはじめとするビッグフェスに出演。ロックとダンスの垣根を越えて活躍中。
80KIDZ(えいてぃーきっず)
2007年1月に結成。オリジナル楽曲やリミックスが SNS を通じて瞬く間に世界中で話題となり、初期作品集の12”シングル『DISDRIVEEP』(2008年)は即完売を記録。以降、フルアルバム4作品、リミックス集やダンストラック集をリリースし、『FUJI ROCK FESTIVAL』『ROCK IN JAPAN』『COUNTDOWN JAPAN』『SUMMER SONIC』 をはじめとするビッグフェスに出演。ロックとダンスの垣根を越えて活躍中。

—近年のトレンドが反映された作品ではないだけに、意外な受賞ではありましたよね。

ALI&:でも、今の20歳前後の子たちからしたら、めちゃめちゃ新鮮かもしれないですよ。SkrillexとかEDMが出てきて、歪んだサウンドとか、キックとスネアがダンスミュージックに入ることが、ポップシーンにも浸透し切った今だからこそ、改めて新鮮に聴けるというか。

80KIDZ
Justice『Woman Worldwide』を聴く(Apple Musicはこちら

—SkrillexはJusticeの影響を公言しているわけですからね。

JUN:その辺も評価されての受賞なのかもしれないですね。Daft Punkが初めて獲ったのも結構遅かったし(2009年『ALIVE 2007』で受賞)。『ノーベル賞』のように、20年前にやったことが、今正当に評価されるみたいな、そういうことかなって(笑)。

Justiceは全ジャンル的に新しい音で、すべてをぶち壊すような感じだった。(JUN)

—そもそものJusticeとの出会いを振り返っていただけますか?

ALI&:僕たちは『Waters of Nazareth』(2006年9月)と『†(クロス)』(2007年6月)の間くらいに知り合っているんですよね。この頃何してました?

JUN:僕はその頃、京都のレコード屋さんで働いていたんですけど、FATBOY SLIM“Don’t Let The Man Get You Down”のJusticeリミックスがいきなり出て、周りのみんな「何だこれ? かっこいい!」ってなったんです。全ジャンル的に新しい音で、すべてをぶち壊すような感じだった。

その後に『Waters of Nazareth』が出て、イケてる友達のDJはみんな買ってました。あの衝撃がすごくて、自分でも曲を作りたいっていう気持ちが高まったんですよね。

ALI&:この前くらいって、ロックのリミックスがたくさん出回って、フロアアンセム的にクラブでかけるDJが増えてきたんですよね。そういう中で、“Waters of Nazareth”とか、Justice vs. Simianの“We Are Your Friends”が出てきたんですよ。

それまでは「ロックをクラブでどうかけるか?」みたいな感じだったけど、それとは完全に切り離して、ヒップホップとかいろんな要素も入れつつ、新しいジャンルを作っていこうぜっていう、そのターニングポイントだったと思うんです。で、当時の自分の年齢的にも「わかるー!」ってなった(笑)。

Justice vs. Simian“We Are Your Friends”を聴く(Apple Musicはこちら

Page 1
次へ

イベント情報

『SOMEWHERE,』
『SOMEWHERE,』

2019年4月19日(金)、4月20日(土)、4月22日(月)~4月24日(水)
会場:東京都 渋谷ストリームホール

出演:
PHOENIX
CHAI(4月24日のみ出演)
料金:12,900円(5Fパーティーエリアでのウェルカムシャンパン付)

2019年4月21日(日)
会場:東京都 渋谷 セルリアンタワー東急ホテル バー
出演:
アラン・マッギー、アレックス・メトリック、80KIDZ
and more
料金:9,800円(フリードリンク付)

2019年4月26日(金)、4月27日(土)
会場:東京都 渋谷ストリームホール
出演:
カール・バラー
80KIDZ
料金:12,900円(5Fパーティーエリアでのウェルカムシャンパン付)

2019年4月26日(金)、4月27日(土)
会場:東京都 渋谷ストリームホール
出演:
Justice(DJ SET)
秋赤音
水原佑果(4月26日のみ出演)
料金:10,000円(5Fパーティーエリアでのウェルカムスパークリングサケ付)

2019年4月28日(日)、4月29日(月・祝)
会場:東京都 渋谷ストリームホール
出演:Friendly Fires
料金:9,900円(5Fパーティーエリアでのウェルカムスパークリングサケ付)

2019年6月5日(水)~6月7日(木)
会場:東京都 渋谷ストリームホール
出演:
Basement Jaxx(DJ SET)
CHAI(6月6日のみ出演)
料金:9,900円(5Fパーティーエリアでのウェルカムスパークリングサケ付)

プロフィール

80KIDZ
80KIDZ(えいてぃーきっず)

2007年1月に結成、エレクトロ・ユニット。自主制作で2枚のMIX CDをリリース後、様々な国内外アーティストとの共演を経て楽曲制作を開始。オリジナル楽曲やリミックスがSNSを通じて瞬く間に世界中で話題となり、初期作品集の12”シングル『DISDRIVE EP』(2008年4月)は即完売を記録。以後、フル・アルバム5作品、リミックス集やダンス・トラック集をリリースし、『FUJI ROCK FESTIVAL』『ROCK IN JAPAN』『』COUNTDOWN JAPAN』『』SUMMER SONIC』をはじめとするビッグフェスに出演。ロックとダンスの垣根を越えて活躍中。2018年春にデビュー10周年を迎え、初のベストアルバム『BEST KIDZ – The Best of 80KIDZ 2008-2017』をリリースした。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 佐藤健がYouTubeチャンネルを開設、第1回目は生配信&ゲストに上白石萌音 1

    佐藤健がYouTubeチャンネルを開設、第1回目は生配信&ゲストに上白石萌音

  2. 『バチェラー』男女逆転版『バチェロレッテ・ジャパン』男性参加者17人発表 2

    『バチェラー』男女逆転版『バチェロレッテ・ジャパン』男性参加者17人発表

  3. マツコ・デラックスが直筆手紙で新社会人を応援、資生堂広告が都内駅に掲出 3

    マツコ・デラックスが直筆手紙で新社会人を応援、資生堂広告が都内駅に掲出

  4. 『るろうに剣心 最終章』雪代巴役は有村架純 佐藤健演じる剣心の妻 4

    『るろうに剣心 最終章』雪代巴役は有村架純 佐藤健演じる剣心の妻

  5. いきものがかり×『100日後に死ぬワニ』コラボ動画公開&テーマ曲配信 5

    いきものがかり×『100日後に死ぬワニ』コラボ動画公開&テーマ曲配信

  6. CHAIが語る、海外のステージに立つ中で感じる緊張、課題、自信 6

    CHAIが語る、海外のステージに立つ中で感じる緊張、課題、自信

  7. CHAI、学生時代を振り返る。軽音部時代を語り、日本の就活を斬る 7

    CHAI、学生時代を振り返る。軽音部時代を語り、日本の就活を斬る

  8. 「スチャダラパーからのライムスター」の楽曲“Forever Young”配信 8

    「スチャダラパーからのライムスター」の楽曲“Forever Young”配信

  9. ディズニー映画『ムーラン』吹替声優に明日海りお&小池栄子 予告編も公開 9

    ディズニー映画『ムーラン』吹替声優に明日海りお&小池栄子 予告編も公開

  10. 山崎賢人を見つめる松岡茉優 又吉直樹原作の映画『劇場』新場面写真公開 10

    山崎賢人を見つめる松岡茉優 又吉直樹原作の映画『劇場』新場面写真公開