特集 PR

蓮沼執太が語る「接触」することで生まれる音楽や人間との関係性

蓮沼執太が語る「接触」することで生まれる音楽や人間との関係性

『Park Live』
インタビュー・テキスト
天野史彬
編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)

「偶発的な出会い」をコンセプトに、Ginza Sony Parkにて開催されているライブプログラム『Park Live』。毎回、ジャンル、世代、国境を超えた様々なアーティストが出演するこのイベントに、去る3月8日、蓮沼執太が出演した。

多くの人が見守るなか蓮沼が披露したのは、即興演奏。去年、「資生堂ギャラリー」にて開催した『蓮沼執太: ~ ing』展が『第69回 芸術選奨 文部科学大臣賞』も受賞した蓮沼。多岐に渡る活動のなかで、いま、彼が即興演奏にかける想いとは? 「鳴らしてみないとわからない」と言う様々な楽器で鳴らす偶発的な音楽との出会いを、終演後の本人インタビューと共に振り返っていきたい。

鳴らしてみないとどんな音が出るのかわからないものの方が好きなんです。

会場である「Ginza Sony Park」の地下4階には、ビールや食事を楽しむことができるイートインスペースもあり、演奏が始まる前から、集まった人たちが飲食を楽しみながら大いに賑わっている。そんな、お客さんたちに取り囲まれるような形でセッティングされた機材。ざっくばらんに置かれた楽器は、アナログシンセサイザー、トライアングル、カリンバ、カセットプレイヤー、様々な形状のスティック、ゴングプレートなどなど(「うちわ」や「石」もある)。どんな音が奏でられるのか、一切予測ができないまま開演時間が訪れ、そっと会場に現れた蓮沼。

この日は、ユニット「正直」のメンバーであり、蓮沼執太フィルのリミックスなども手掛けるアーティストの時里充と、蓮沼のイベントのフライヤーなども手掛けるグラフィックデザイナーの石塚俊もステージに参加。音と映像、照明が絡み合う即興演奏。蓮沼は、この空間の空気をじっくりと読んでいるようだった。

ライブ中の様子
ライブ中の様子
この日のライブの音源

—今日の演奏はいかがでしたか?

蓮沼:最近のライブは蓮沼執太フィルであったり、タブラ奏者のU-zhaanと一緒にやったりすることが多いので、ソロの演奏をやることが少なかったんですよね。即興は、去年ニューヨークでU-zhaanとふたりでやって以来、約1年ぶりだったんですよ。即興演奏に向かう姿勢というのは、つねに「生きている」というか、その瞬間瞬間で、音楽に向かい合っている感じがして、やってみて面白かったです。

—今日、音を出すために使われた楽器は、どのように選ばれたのでしょうか?

蓮沼:なんとなくで選んだんですけど(笑)。今日は、木や金物が多かったですね。フィルの印象が強いからかもしれないですけど、僕はピアニストだと思われることも多いんですよ。でも僕自身は、自分がピアニストだっていう感覚はありません。鍵盤は、ドを弾くとドの音が当然のように出るじゃないですか。その予定調和よりも、鳴らしてみないとどんな音が出るのかわからないものの方が好きです。

—今日のライブでは、途中でピアノの音も聴こえてきましたけど、あれはカセットから流していましたよね?

蓮沼:そうですね。「ピアノの音」といっても、フィールドレコーダーを、ピアノを弾いている場所からかなり遠くにおいて録音したものなんです。なので、厳密に「ピアノの音」というよりは、自宅の家電の音とか、それ以外の雑音とか、あのカセットテープにはもっといろんな音が入っているんですよ。

—事前に、時里さんと石塚さんのおふたりと、打ち合わせなどはしたのでしょうか?

蓮沼:いや、まったくしていないです。今日、僕がなにを持ってくるかも他のふたりは知らなかったですし。時里くんなんて、19時20分くらいに来ましたから(開演は20時)。

—すごい……。終わり方も決めないんですか?

蓮沼:はい、なんとなく「これで終わり!」ってなったので、終わりました(笑)。即興って、ずっと音が「続いている」という状態なんです。持続している時間に急に終わりが訪れるニュアンスです。いきなりシャットダウンするように音楽的時間が終わるんです。

蓮沼執太(はすぬま しゅうた)1983年、東京都生まれ。蓮沼執太フィルを組織して国内外でのコンサート公演をはじめ、映画、演劇、ダンス、CM楽曲、音楽プロデュースなど、多数の音楽制作をする。
蓮沼執太(はすぬま しゅうた)
1983年、東京都生まれ。蓮沼執太フィルを組織して国内外でのコンサート公演をはじめ、映画、演劇、ダンス、CM楽曲、音楽プロデュースなど、多数の音楽制作をする。
手前:時里充 奥:石塚俊
手前:時里充 奥:石塚俊

—蓮沼さんにとって即興演奏の面白さとは、どのような部分にあるのでしょう?

蓮沼:あまりルールや制限を設けないのが即興のベーシックな面白さだと思うんですけど、とは言いつつも、僕にとっては家で音楽を作るのも即興的な感覚なんですよね。もちろんロジカルに作曲する場合もありますが、「こういうメロディーで、こういうハーモニーにして……」みたいなことを頭で考えるよりは、パッとレコーダーを回して何か音を入れていくことが多いんです。

なので、今日みたいな即興演奏は、「日々の制作をパフォーマンス化してみた」っていう感覚の方が強いかもしれないです。スタジオでの風景を見せている感覚、というか。

—なるほど。

蓮沼:普通にライブ演奏をしていても、誰かと演奏している場合、相手の出している音を聴いていないっていうことはないですよね。相手の出している音と、自分が出している音の駆け引きは、音楽を作るうえでつねにある。それに、たとえ、ひとりでの演奏であっても、聴いている人が増えたり減ったりする、みたいな環境の変化によって、出す音も変わっていくと思うんですよ。

—音楽を鳴らすというのは、どんな場合においても即興的な側面を持っているんですね。

Page 1
次へ

イベント情報

『Park Live』

2019年1月27日(日)
会場:Ginza Sony Park 地下4階

ライブハウスともクラブとも一味違う、音楽と触れ合う新たな場となる"Park Live"。音楽との偶発的な出会いを演出します。
開催日:毎週 金曜日20:00 - 、不定期

リリース情報

蓮沼執太フィル
『ANTHROPOCENE』

2018年7月18日(水)発売
価格:3,300円(税込)
COCP-40486︎

1. Anthropocene – intro
2. Meeting Place
3. Juxtaposition with Tokyo
4. the unseen
5. 4O
6. off-site
7. centers #1
8. centers #2
9. centers #3
10. TIME
11. Bridge Suites
12. NEW
13. Anthropocene – outro

プロフィール

蓮沼執太
蓮沼執太(はすぬま しゅうた)

1983年、東京都生まれ。蓮沼執太フィルを組織して国内外でのコンサート公演をはじめ、映画、演劇、ダンス、CM楽曲、音楽プロデュースなど、多数の音楽制作をする。また「作曲」という手法を応用し物質的な表現を用いて、彫刻、映像、インスタレーションを発表し、展覧会やプロジェクトを行う。2013年にアジアン・カルチャル・カウンシル(ACC)、2017年に文化庁東アジア文化交流史に指名されるなど、日本国外での活動を展開。主な個展に『Compositions』(ニューヨーク・Pioneer Works 2018)、『 ~ ing』(東京・資生堂ギャラリー 2018)など。最新アルバムに、蓮沼執太フィル『ANTHROPOCENE』(2018)。『 ~ ing』(東京・資生堂ギャラリー 2018)では、『平成30年度芸術選奨文部科学大臣新人賞』を受賞。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録 1

    cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録

  2. 『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘 2

    『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘

  3. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 3

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  4. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得 4

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得

  5. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 5

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  6. 『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら 6

    『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら

  7. 中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る 7

    中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る

  8. 『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演 8

    『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演

  9. 松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送 9

    松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送

  10. GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」 10

    GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」