特集 PR

Hei Tanakaと劇団はえぎわが求める、無茶振りに応えた先にある物

Hei Tanakaと劇団はえぎわが求める、無茶振りに応えた先にある物

『ぼ〜ん』
インタビュー・テキスト
宮田文久
撮影:鈴木渉 編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)

自分以外の誰かと一緒に、何かものを作るということ。それは私たちの身の回りに溢れている営みだ。でも、ちょっと立ち止まって考えてみたい。どうして人は、他の人と共に、ものを作るのだろう。どうやったら、手を取り合い、同時に刺激を与え合いながら、まだ見たことのない地平を目指すことができるのだろう。

元SAKEROCKのベーシストである田中馨のバンドHei Tanakaが、1stアルバム『ぼ~ん』を4月3日にリリースした。生きる、ということをエネルギッシュに、6人編成のバンドで表現する楽曲たちを聴いていると、そんな問いが頭に浮かんでくるのだ。

そして記念すべき1stアルバムの大団円となる1曲“アイムジャクソン”は、田中と親交の深い劇作家・演出家・俳優であるノゾエ征爾が作詞を手がけた。あの世へ旅立ったマイケル・ジャクソンを引き合いに出しながら、これからこの世に生まれ来る赤ん坊を言祝(ことほ)ぐ、祝祭的なナンバー。バンドとして新たな一歩を踏み出した田中と、主宰する劇団「はえぎわ」結成20周年を迎えたノゾエが、ものを作る「共同体」について語り合った。

録音しても面白いものができるんじゃないかと感じたので、今回アルバムを制作しました。(田中)

—Hei Tanakaは「オルタナティブ・アバンギャルド・パンクロックバンド」だとプレスリリースにもありますが、アルバム『ぼ~ん』全体も、リードナンバーである“やみよのさくせい”も、今まさにこの世界に生まれること、生まれ直すことへのエネルギーに満ちていますね。そもそも、どんなバンドなのですか。

田中:7年前にはじめたバンドで、最初はベーシストの僕とドラム2人でした。一時期の活動休止を経て、2016年に、ベース、ドラム、ギター、サックス3人という今の形になって再始動しました。

当初から「CDとして音源を録音する」という音楽の作りかたとはまったく違う方向に進んでいったバンドなんです。音源のことは考えずにライブだけを集中してやってきて、それでどこまでいけるんだろう、どんなことが生まれるのだろう、という個人的な興味があって。

それから、今の6人の編成になって改めて動きはじめる中で、「僕がやりたいこと」だけではなく、バンドとして「一緒に作っていく」というように、6人の気持ちの矢印が集まっていって。これなら、録音しても面白いものができるんじゃないか、と感じたので、今回アルバムを制作しました。

田中馨(Hei Tanaka)
田中馨(Hei Tanaka)

—アバンギャルドかつポップな音は、ジャンルというよりは、「みんなで一緒に作る」という音楽のありようを表現しているということなのでしょうか?

田中:そうですね。このメンバーで、それぞれミュージシャンとして活躍してきた経験値とか、音楽的な考え方を、どうしたらひとつの机に一緒に並べられるかな、と考えたんです。まず僕たちが音楽に対しての固定概念を取っ払って一緒になれないと、ライブでお客さんにも伝わらないし、場を共有できないよなって。そんなことを考えていたら、こういう音楽になっていきました。

—記念すべき1stアルバムに、田中さんが舞台音楽の制作でこれまで何度も共にしてきたノゾエ征爾さんが、“アイムジャクソン”の歌詞を書いた、と。

Hei Tanaka『ぼ~ん』
Hei Tanaka『ぼ~ん』(Amazonで見る
Hei Tanaka“アイムジャクソン”を聴く(Apple Musicはこちら

ノゾエ:去年も、僕が手がけていた演劇作品の音楽担当として馨くんに入ってもらったんですけど、その現場で、いきなり依頼されたんです。本当にフラッと、「ちょっと歌詞を書いてもらいたいんだけど?」って。

田中:「お昼食べにいかない?」みたいな感じで……(笑)。

ノゾエ:「えええっ!?」ってビックリして(笑)。僕の演劇作品には馨くんに入ってもらいたいんだけど、僕が馨くんの作品に入っていくのはちょっとおこがましいような気もして、恐れ多いなあと。

僕は言葉を扱う仕事をしていますし、学生の頃は友人とバンドを組むこともあって、音楽作りも歌詞を書くことも、趣味としてはやっていたんですけど……お願いされた時は、(ファイティングポーズをとりながら)脳みそも体もガッチガチになって、「ああ、どうしよう」と思いながらも、引き受けたんです(笑)。

ノゾエ征爾(劇団はえぎわ)
ノゾエ征爾(劇団はえぎわ)
Page 1
次へ

リリース情報

Hei Tanaka『ぼ~ん』
Hei Tanaka
『ぼ~ん』

2019年4月3日(水)発売
価格:3,024円(税込)
DDCK-1060

1.やみよのさくせい
2.ぼ~ん
3.南洋キハ164系
4.意味はない
5.富士山
6.goodfriend
7.ミツバチ
8.Sprite
9.愛のスコール
10.SORANOKOTOZUTE
11.淡い記憶の中
12.アイムジャクソン

  • Apple Musicで聴く
  • イベント情報

    『ぼ~んツアーだい!』

    2019年10月19日(土)
    会場:愛知県 名古屋 TOKUZO

    2019年10月20日(日)
    会場:大阪府 梅田シャングリラ

    2019年10月22日(火・祝)
    会場:東京都 渋谷WWW

    プロフィール

    Hei Tanaka
    Hei Tanaka(へい たなか)

    元SAKEROCKの田中馨がリーダーの唯一無二のオルタナティブ・アバンギャルド・パンクロックバンド。2012年に、2ドラム、1ベースの編成で初ライブ。2014年1月のライブ後、一時活動を休止。2016年に、ベース、ドラム、ギターにサックス3人という現在の編成で再始動。2018年にカクバリズムから7インチシングル「やみよのさくせい」をリリース。遂にリリースされる1stアルバム「ぼ~ん」は、歌ものあり、インストありの、エネルギーの塊のような楽曲をそのままパッケージした、大傑作です。

    ノゾエ征爾(のぞえ せいじ)

    俳優、脚本家、演出家。劇団「はえぎわ」主宰。99年にはえぎわを始動以降、全作品の作、演出を手掛ける。12年、『◯◯トアル風景』にて第56回岸田國士戯曲賞受賞。5月18日(土)〜6月2日(日)KAAT神奈川芸術劇場プロデュース舞台『恐るべき子供たち』(ジャン・コクトー原作/白井晃演出)の上演台本を執筆。4月13日(土)より毎週土曜23:15〜放送スタートのテレビ朝日土曜ナイトドラマ「東京独身男子」に出演

    SPECIAL PR 特集

    もっと見る

    BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

    もっと見る

    PICKUP VIDEO 動画これだけは

    あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

    何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

    1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

      オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

    2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

      稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

    3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

      クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

    4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

      『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

    5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

      ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

    6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

      杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

    7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

      Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

    8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

      ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

    9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

      『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

    10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

      ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性