特集 PR

Licaxxxが語る自らの強い信念。リスクを背負っても音楽を求める

Licaxxxが語る自らの強い信念。リスクを背負っても音楽を求める

『BONE MUSIC展』
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:豊島望 編集:宮原朋之(CINRA.NET編集部)

ソビエト政権下の冷戦時代。要らなくなったレントゲン写真に自作のカッティングマシーンで音楽を記録し、当時聴くことを強く禁止されていたエルヴィス・プレスリーやThe Beatlesなどの音楽を隠れて楽しんでいた時代があった。肋骨や頭蓋骨、手の骨などが映ったピクチャー盤のようなレコードは、「ボーンレコード」と呼ばれ、国家の弾圧に抵抗するソビエトのアンダーグラウンドカルチャーを象徴するものとして知られている。

そんなボーンレコードを紹介する企画展『BONE MUSIC展』の開催にあわせて、DJとして活動し、同展にコメントを寄せているLicaxxxにインタビューを行った。奇しくも先日のDOMMUNEで大反響を呼んだ『DJ Plays “電気グルーヴ” ONLY!!』にも出演した彼女が、時代を隔ててもなお共通する「音楽を聴く自由」についての思いを語る。

音楽との出会いは、「アナログ」の方が思い入れ深くなる。

—Licaxxxさんがアナログレコードに興味を持つようになったのは、どんなキッカケからだったんでしょうか?

Licaxxx:アナログしか出ていない音源があったんです。Sauce81(プロデューサー / DJ)の12インチで、後からデータでもリリースされるんですが最初はアナログ限定だった。その時はまだプレーヤーを持っていなかったんですけど、とりあえずほしいと思って買ったのが最初のレコードです(笑)。

今、DJをする時はレコードが8割くらいの時もあります。単純にレコードを買っている割合が多いのと、繋いだ時の感じもデジタルとアナログとでは、感覚的に違うんです。やっぱりロングセットを任された時は、レコードを使うことが多いですね。

Licaxxx(りかっくす)<br>東京を拠点に活動するDJ、ビートメイカー、編集者、ラジオパーソナリティ。2010年にDJをスタート。マシーンテクノハウスを基調にしながら、ユースカルチャーの影響を感じさせるテンションを操り、大胆にフロアをまとめ上げる。『FUJIROCK』など多数の日本国内の大型音楽フェスや、『CIRCOLOCO』などヨーロッパを代表するクラブイベントに出演。
Licaxxx(りかっくす)
東京を拠点に活動するDJ、ビートメイカー、編集者、ラジオパーソナリティ。2010年にDJをスタート。マシーンテクノハウスを基調にしながら、ユースカルチャーの影響を感じさせるテンションを操り、大胆にフロアをまとめ上げる。『FUJIROCK』など多数の日本国内の大型音楽フェスや、『CIRCOLOCO』などヨーロッパを代表するクラブイベントに出演。

—アナログレコードにはどんな魅力がありますか?

Licaxxx:まずは実際に手にすることの気持ちよさがありますよね。ジャケットが大きいところもCDとはまた違った魅力があって「コレクター欲」をくすぐります(笑)。

サウンドに関しては、デジタルと比較して単純によしあしを判断できないし、相性のよい音楽とそうでない音楽があると思います。ただ、ちゃんとしたモニター環境でレコードを聴くと、特に生楽器の音には温かみを感じることが多いかな。あとは音の豊かさやレンジの広さを感じる事もあります。それと、レコードに「針を落とす」という行為は、レコードを「愛でる」気持ちに繋がる。普段とは違う特別な体験を味わえる気がします。

Licaxxx

—サブスクリプション(以下、サブスク)の普及やYouTube上で音楽が溢れ返る中、自分で発掘しに行く楽しさもレコードにはありますよね。

Licaxxx:そうですね。わざわざレコード屋さんまで足を運んで、好きなジャンルを片っ端から掘ったり、偶然そこで出会った音楽のおかげで新しい扉が開いたり。レコード屋さんって、すごく特別な場所ですね。

音楽との出会いは、「アナログ」の方が思い入れ深くなるように思います。「中1の頃、TSUTAYAでジャケだけみて借りたあのコンピにいい曲が入ってたんだよね」みたいな(笑)。そういうのって、サブスクから勝手に流れてくるプレイリストでは曲数が多い分、ちょっと印象が薄いかもなと思います。

音楽は、生命活動として「ないと生きていけない」わけではないけど、やっぱり必要なもの。

—『BONE MUSIC展』についてもお聞きしていきたいのですが、レントゲン写真に溝を掘ってレコードを作るということが、冷戦時代のソビエトで行われていたのをLicaxxxさんはご存知でしたか?

Licaxxx:いや、知らなかったんです。今回の展覧会で、初めてその存在を知りました。

ボーン・レコード ©Photography:Xray Audio Project / Paul Heartfield
ボーン・レコード ©Photography:Xray Audio Project / Paul Heartfield(『BONE MUSIC展』特設サイトはこちら

—どのように感じましたか?

Licaxxx:まず、マテリアルとして純粋に面白いと思いました。以前から社会主義のアートなどに興味を持っていたのですが、抑圧された社会の方が突飛なアイデアが出てくるものなのだなと改めて感じましたね。

西側諸国の音楽を聴いただけで逮捕されるという、とてもシリアスな状況下でも、人はこんなにポジティブなものを生み出せる。そのアイデアや知恵に感銘を受けました。

Licaxxx:私はいつもアートの展覧会に行く時、その作品が生まれた背景や、作者の経歴を事前に調べることが多いんですけど、その上で今の自分の環境や生活に落とし込んで考えてみると、色々と発見があって面白いんです。

Licaxxx

—逮捕されるリスクも顧みず「音楽」を求める当時の人たちに思いを馳せると、音楽やアートは、生きていく上でなくてはならないものなのかと思いました。

Licaxxx:音楽やアートは生命活動として「ないと生きていけない」わけではないけれど、やっぱり必要なものだと思います。もし、自分が彼らと同じ立場に置かれたらどうするかを考えると、やっぱり同じようにリスクを背負ってでも「音楽」を求めようとするかも知れない。

—今のお話は、先日配信されたDOMMUNEでの『DJ Plays ”電気グルーヴ” ONLY!!』(2019年3月26日配信)での出来事にも通じると思います。LicaxxxさんもDJとして参加されたこのイベントは、賛否両論さまざまな反応があったとはいえ、一連の騒動の中でひとつの選択肢を提示していたと思います。

Licaxxx:そうですね、私も今まさに話しながら考えていました。例の騒動があって、電気グルーヴの楽曲を「聴くな」とまでは言われていないですが、耳にする機会がどんどん失われていくんじゃないか? という懸念が広がっている。そんな中、彼らの音楽を聴きたいと思っている人があんなに沢山いること、彼らの音楽がこんなにも愛されているということを、DOMMUNEの宇川さんに賛同するという形で示すことができたのは、関係値や文脈的にも、音楽に関わる者としても自分の取るべき態度として一番納得ができたし、純粋に愛が溢れていたのも幸せだったし、よかったなと思います。

Licaxxx
Page 1
次へ

イベント情報

『BONE MUSIC 展 ~僕らはレコードを聴きたかった~』
『BONE MUSIC 展 ~僕らはレコードを聴きたかった~』

2019年4月27日(土)~5月12日(日)
会場:東京都 表参道 BA-TSU ART GALLERY
時間:11:00~20:00(入館は閉館の30分前まで)
料金:前売1,200円 当日1,400円 プレミアムチケット2,400円

プロフィール

Licaxxx(りかっくす)

東京を拠点に活動するDJ、ビートメイカー、編集者、ラジオパーソナリティ。2010年にDJをスタート。マシーンテクノ・ハウスを基調にしながら、ユースカルチャーの影響を感じさせるテンションを操り、大胆にフロアをまとめ上げる。2016年にBoiler Room Tokyoに出演した際の動画は40万回近く再生されており、Fuji Rockなど多数の日本国内の大型音楽フェスや、CIRCOLOCO@DC10などヨーロッパを代表するクラブイベントに出演。日本国内ではPeggy Gou、Randomer、Mall Grab、DJ HAUS、Anthony Naples、Max Greaf、Lapaluxらの来日をサポートし、共演している。さらに、NTS RadioやRince Franceなどのローカルなラジオにミックスを提供するなど幅広い活動を行っている。さらにジャイルス・ピーターソンにインスパイアされたビデオストリームラジオ「Tokyo Community Radio」の主催。若い才能に焦点を当て、日本のローカルDJのレギュラー放送に加え、東京を訪れた世界中のローカルDJとの交流の場を目指している。また、アンビエントを基本としたファッションショーの音楽などを多数制作しており、Chika Kisadaのミラノコレクションや、dressedundressdの東京コレクションに使用された。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間 1

    BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間

  2. VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら 2

    VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら

  3. YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行 3

    YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行

  4. 著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送 4

    著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送

  5. 芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役 5

    芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役

  6. 星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア 6

    星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア

  7. 森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース 7

    森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース

  8. 田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催 8

    田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催

  9. のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』 9

    のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』

  10. もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー 10

    もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー