特集 PR

Maison book girlの変化。暗がりの語り部から、物語の主人公へ

Maison book girlの変化。暗がりの語り部から、物語の主人公へ

Maison book girl『SOUP』
インタビュー・テキスト・編集
矢島大地(CINRA.NET編集部)
撮影:垂水佳菜

「無表情なのがいいよね」と言われることも多かった。だけど今は、外のイメージのことを考えなくなってきましたね。(コショージ)

 

—(笑)。コショージさんは、歌への意識の変化を実感することはありましたか。

コショージ:そう言われてみると……私は“長い夜が明けて”の自分のボーカルに満足できていないんですよ。この曲を貶しているんじゃなくて、これまでの私は自分の歌に満足するとか満足できないとか、そういうことすら考えてなかったんです。だから今ようやく、自分の思い描く歌を歌いたいっていう意識が芽生えてきたんでしょうね。そういう歌への感情が芽生えたっていうことはつまり、自分を表現することへの意識が変わってきたっていうことなんだと思います。

—ちなみに、歌の改善ポイントはどこだと思ったんですか。

コショージ:なんていうか……自分の歌を聴いて、「樹」っぽい声だなって思ったんですよ!

—ははははは。「樹」ってどういうことなのか、そして本来はどう歌いたかったのかを教えてもらえますか(笑)。

コショージ:本当は、「鉄」まではいかなくとも圧縮された強い感じで歌いたかったんですよ。私の声には強さがないとわかってるからこそ、グッと強さを感じられるように、自分の感情が表れるように歌いたいなって。そういう意識が自分の中に生まれてきたんだなって、今話していて思いましたね。

昔のブクガに遡れば、「無表情なのがいいよね」とか、「無機質なのがいいよね」って言われることも多かったんです。だから私たち自身も、そういうイメージでブクガのことを捉えていたかもしれない。だけど今は、まったく外のイメージのことを考えなくなってきましたね。人がどう言うからじゃなくて、自分たちはこう歌いたいっていうのが生まれてる。

コショージメグミ
コショージメグミ

—そうですよね。

コショージ:だから、『bath room』の頃の歌で主人公になっていた人とはまったく違う人の物語になってきているのが今な気がして。

今までは、ステージやライブや楽曲の中心に私たちがいたとはいえ、私たち自身が主人公になっている歌はなかったんですよ。ただ「こういう物語がありました」っていうことを私たちが伝えていただけだったから。だけど今回初めて、気持ちの面も内容の面も自分たちの歌になったんだろうなって。今日話していて思いましたね。

私自身も、ブクガを通して変えてもらったんです。悔しいとか、もっと頑張ろうとか……人間らしくなってこられた。(矢川)

—語り部から主人公になれた歌。そこがこれまでと最も違うところですよね。だからこそ力強く聴こえてくる。

コショージ:だから今回の歌は、今までの歌の主人公たちに歌ってあげている感覚もあるのかなって思いましたね。さっきも言ったみたいに、これまでの私たちの歌に出てくる主人公って、そんなに幸せそうではなかったし、どちらかと言えば世の中から距離をおいて自分を守っているような世界観だったと思うんですよ。

だけど今回はブクガ自身そのものを表す歌になったことで、ようやく人に「外の世界に出て行こうとする気持ち」を投げかけてあげられるような気がしているんです。

和田:歌詞にもよく出てくる<部屋>とか<カーテン>っていうのは、自分のパーソナルスペースとその他の場所を隔てるもので。そういうものを描いて内部に篭る物語を歌ってきたこと自体が、外部を強く意識していることとイコールだったと思うんです。なら、私たち自身が外に出ていくことで、今どこかに逃げ込んで篭ってしまいそうな人に伝えられることはあるんだろうなって思いますね。

—狭い部屋に逃げ込んで、カーテンを閉め切って、だけどその孤独に耐え切れなくなって、結局は勇気を持って外に飛び出していくっていう。そういう物語を音と歌にしているのがブクガと思うんです。で、それはやっぱり人間らしい心の動きを描いたものだし、人間を通すことでしか伝えられないもので。そういう表現をされているのがこの4人なのかもしれないですね。

コショージ:うん、うん。そうかもしれない。

矢川:まさに私自身も、ブクガを通して変えてもらったんです。それこそ人間らしくなってこられた。これまで、なにかを頑張ってきたことがなかったんですよ。だけどブクガをやることによって、上手くいかなくて悔しいとか、もっと頑張ろうとか、そういう気持ちが生まれてきたので。友達や周囲の人からも「成長したね」って言ってもらえる場所に来られたし……そういう時に「やってきてよかったな」って思えるんです。

コショージ:普段はそんなに音楽を聴かない友達にも褒めてもらえるのって嬉しいよね。いつもの友達がブクガのライブに来てくれて「コショージが真面目にやってる!」って驚いて帰っていくのを見るのも嬉しかったり(笑)。まあ、それくらい普段はちゃらんぽらんだってことなんですけど。

そう考えると私も、ブクガがあるおかげで、ちゃらんぽらんで終わりそうだった自分のバランスがとれてるというか。自分たちがようやく主人公になれた曲だって言いましたけど、ここまでクールにやってきた自分も、普段のキャラクターも、より幅広く表現していけるのがこれからなのかなっていう気がしてますね。

 

—音楽的かつ実験的だったブクガの表現にそれぞれのキャラクターが色濃く乗っかるようになったら、どんなものが生まれるのか。それを楽しみにしてます。

コショージ:ありがとうございます。ここから第二章だなって思いますし、私自身も楽しみですね。

井上:……でもさ、さっき言ってた「ちゃらんぽらん」がそのまま出ちゃって、<昼に起きる>みたいな歌になったらどうする?

和田:えー! それは嫌だなあ。

矢川:うん、私もそれは歌いたくない!

井上:もちろん私も嫌だよ!

コショージ:……………。

Page 3
前へ

リリース情報

Maison book girl
『SOUP』初回限定盤
Maison book girl
『SOUP』初回限定盤(CD+Blu-ray)

2019年4月3日(水)発売
価格:4,000円(税込)
PCCA-04771

[CD]
1. 鯨工場
2. 長い夜が明けて
3. まんげつのよるに
4. 鯨工場(instrumental)
5. 長い夜が明けて(instrumental)
6. まんげつのよるに(instrumental)

[Blu-ray]
2018年12月16日開催
「Solitude HOTEL 6F yume」@ヒューリックホール東京 全編収録

  • Apple Musicで聴く
  • Maison book girl 『SOUP』通常盤(CD)

    2019年4月3日(水)発売
    価格:1,300円(税込)
    PCCA-04772

    1. 鯨工場
    2. 長い夜が明けて
    3. まんげつのよるに
    4. 鯨工場(instrumental)
    5. 長い夜が明けて(instrumental)
    6. まんげつのよるに(instrumental)

    ライブ情報

    『Maison book girl tour 2019 spring』Final
    『Solitude HOTEL 7F』

    2019年4月14日(日)
    会場:東京都 昭和女子大学・人見記念講堂

    プロフィール

    Maison book girl(めぞん ぶっく がーる)

    矢川葵、井上唯、和田輪、コショージメグミによるポップユニット。音楽家サクライケンタが楽曲から世界観の構築までを手がける。2016年11月にメジャーデビュー。2018年11月にはセカンドフルアルバム『yume』をリリースし、『Solitude HOTEL 6F hiru / yoru /yume』と冠したワンマンライブ3公演を行った。2019年4月14には、昭和女子大学・人見記念講堂にて『Solitude HOTEL 7F』を開催する。

    SPECIAL PR 特集

    もっと見る

    BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

    もっと見る

    PICKUP VIDEO 動画これだけは

    岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

    ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

    1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

      映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

    2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

      横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

    3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

      ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

    4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

      木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

    5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

      King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

    6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

      高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

    7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

      カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

    8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

      大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

    9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

      YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

    10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

      スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催