特集 PR

スプツニ子!が見たSXSW 2019。AIが作る音楽に人は感動するか?

スプツニ子!が見たSXSW 2019。AIが作る音楽に人は感動するか?

『SXSW 2019』ソニーブース
インタビュー・テキスト
臼井照人
編集:宮原朋之(CINRA.NET編集部)

スマホにはじまり、AIアシスタント機能をもったスピーカーや、音楽や動画配信サービスの思わずグッとくるレコメンド機能まで。私たちが日々テクノロジーから受けている恩恵は、生活に深く溶け込み、もう容易に後戻りができないほどだ。そしてこの進化速度が変わらなければ、近いうちにテクノロジーは私たちに「感動」すら与えることもできてしまうかもしれない。

テキサス州オースティンで3月9日~12日の期間、開催された祭典『SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト) 2019』のインタラクティブ部門では、今年も世界中の最新テクノロジートレンドが集結。ソニーも例年に引き続き出展し、4日間にわたり「テクノロジー×クリエイティビティー」をテーマに、展示や各界の著名人が出演するカンファレンスイベントを展開した。

そんな『SXSW 2019』ソニー・ブースに訪れたのは、テクノロジーと人の関わりをテーマにしたアートを多く世に送り出してきているスプツニ子!。アーティストの視点を持ちながらテクノロジーにも明るく、日頃、音楽の制作もしているという彼女の目に、今年の『SXSW 2019』はどう映ったのだろうか。現地でインタビューを行った。

クリエイティブって、衝動的なエネルギーから生まれることが多い。こだわりがない部分はAIにヒントをもらってもいい。

カンファレンスイベント1日目は、「テクノロジーを通じて人間の本質とは何かを問う」という一貫したテーマでセッションが行われた。なかでも『What is the future of musical creativity?』のセッションでは、音楽における人間とAIの創造性について議論され、AIアシスト作曲技術を搭載した「Flow Machines」というプロジェクトの実演が行われた。

『What is the future of musical creativity?』セッションでのひとコマ
『What is the future of musical creativity?』セッションでのひとコマ(『SXSW 2019』ソニーオフィシャルサイトを見る

「Flow Machines」は、インプットした音声データからAIが様々なメロディーを解析。音楽ルールと最先端技術によって、瞬時にいくつかのメロディーを生成してくれる作曲アシストツールだ。人間にとって「違和感」のあるようなメロディーを意識的にピックアップするようにプログラムされているという。

スプツニ子!(すぷつにこ)<br>1985年東京都生まれ。アーティスト。2013年からマサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボ助教としてデザイン・フィクション研究室を主宰し、2019年より東京藝術大学デザイン科准教授。2017年に世界経済フォーラム「ヤング・グローバル・リーダー」、2019年にTEDフェローに選出される。著書に『はみだす力』など。
スプツニ子!(すぷつにこ)
1985年東京都生まれ。アーティスト。2013年からマサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボ助教としてデザイン・フィクション研究室を主宰し、2019年より東京藝術大学デザイン科准教授。2017年に世界経済フォーラム「ヤング・グローバル・リーダー」、2019年にTEDフェローに選出される。著書に『はみだす力』など。

新しいものには、違和感がつきまとうのが人間の性質だろう。ロックやヒップホップを例に出すまでもなく、新しい音楽ジャンルが生まれる黎明期に、聴衆が手放しでその音楽を歓迎することは稀だった。しかし、その違和感こそがイノベーションの種であり、以降何度も再構築されることで次第に人々に受け入れられ確立されていったことは歴史が証明している。

「Flow Machines」デモの様子
「Flow Machines」デモの様子

「Flow Machines」のデモが実演されていたとき、スプツニ子!は「サビとAメロ作ると、Bメロ作るの面倒になりがちだったわたしには朗報…」とツイートしていた。スプツニ子!が考える「豊かさ」とは、そういった「わだかまり」がテクノロジーによって解消されることなのだろうか。

スプ子:私自身、作曲の勉強をしっかりしたことがないので、テクノロジーが「わだかまり」を解いてくれる、という意味で創作しやすくなります。いつも衝動的にサビやAメロを思いついて作るんですが、この衝動のままBメロも作りたいのに、いいフレーズが出来ないで数時間つまずいてしまうときがあって。

スプツニ子!

そこにはある意味、潔さすら感じる人間の「創造性」についてのはっきりとした捉え方が垣間見えた。

スプ子:サビを思いついた時の衝動を大事にしたいのに、なかなかBメロが前に進まない、そんなときは潔くAIにヒントをもらっていいんじゃないかと思います。LogicやCubaseのような音楽ソフトに内蔵されているピアノやドラムの音源を使って作曲している延長で、「BメロのヒントはAIに聞いてみよう、私は超最高のサビとAメロを作ったし!」みたいな感覚ってアリだと思うんですよね。

AIが人間よりも大衆にウケる作品を作るようになったとしても、人が作品を作ることは無くならない。

テクノロジーは、音楽の制作者側にこのようなサポートを与えていく一方で、音楽の受け手側にも今後、変化をもたらすだろう。例えばAIが作った音楽に、人は感情移入できるのだろうか。スプツニ子!は「人はアーティスト自身のドラマや人生が好きなので、固有の人生を持たないAIに感情移入はしづらい」と前置きした上でこう語る。

スプ子:中国版Twitterと言われているweiboを元に、AIが人々の会話を学習したら、中国共産党を批判するボット(処理を自動化するプログラム)が誕生した、という事例があったんです。そういう人々の秘めた想い、人が社会に対して深層心理で感じている違和感のようなものを学習して歌い出すまでAIが進んだら、それはそれで感情移入してしまいそう。しかもそのAIはネットにある本音や気持ちを集約して歌っているから、政府に批判的な歌を歌っても誰も責任追及できない。ものすごい政治的ミュージシャンですよね。

スプツニ子!

現在の「Flow Machines」は、単発的なメロディーを生成してクリエイターにアイデアの選択肢を与えてくれるが、近い将来、AIがメロディーを根本から再構築し、新たなジャンルを確立させるまでになったとき、作ることと人の関係はどう変わっていくだろうか。

スプ子:今後、AIが人間よりも大衆にウケる、もしくは売れる音楽やアートを作れるようになったとしても、人間が創作すること自体は無くならないと思います。なぜなら、作るという行為そのものが人にとっての楽しみであり、生きる営みだからです。AIの世界って、客観的な視点で過去に売れたものを数字で分析して、より大衆受けするものを良しとするんですけど、自分が作る曲って、そんなこと全然関係ない。

アーティストたちは、日々の想いを表す場だったり、挑発や問題提起の場としても音楽を作っているから、自分の音楽が売れないからといって、彼女たちが創作をやめるわけがないんです。AIが発展した時代に「人にとって創造することとは何か」ということを考えさせられるセッションでした。

aiboの展示スペースにて
aiboの展示スペースにて
Page 1
  • 1
  • 2
次へ

イベント情報

『SXSW 2019
インタラクティブフェスティバル』

2019年3月9日(土)~3月12日(火)

プロフィール

スプツニ子!(すぷつにこ)

1985年東京都生まれ。アーティスト。2013年からマサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボ助教としてデザイン・フィクション研究室を主宰し、2019年より東京藝術大学准教授。2017年に世界経済フォーラム「ヤング・グローバル・リーダー」、2019年にTEDフェローに選出される。著書に『はみだす力』など。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察