特集 PR

徳澤青弦×トウヤマタケオ ルーツも拠点も違う2人が活動する理由

徳澤青弦×トウヤマタケオ ルーツも拠点も違う2人が活動する理由

Throwing a Spoon『Bored to death』
インタビュー・テキスト
三宅正一
撮影:前田立 編集:中田光貴(CINRA.NET編集部)

チェリストの徳澤青弦とピアニストのトウヤマタケオによるデュオ、Throwing a Spoonが、約5年ぶりとなる2ndアルバム『Bored to death』を4月17日にリリースした。

徳澤はくるりやRADWIMPSなど数多くのアーティストの作品やライブでサポートを務め、トウヤマはいくつかのプロジェクトの活動を展開している。それぞれが異端の音楽家であり奏者である、そのことに敬意を持って認め合いながら、この二人だからこそ形象化できる音楽像を描いていく。クラシックではなく、ポストクラシカルでもない、極めてナチュラルで生々しい美しさと緊張感に満ちたインストゥルメンタルがここにある。

二人のバックグラウンドやデュオが結成された経緯、そして「人間ドラマのようなニュアンスを帯びた」今作が生まれるまでの背景を語ってもらった。

(徳澤)青弦くんの作るものに対して「壊れた感」を感じるんです。(トウヤマ)

—『Bored to death』を聴いて、お互いが音楽家、奏者として尊重し合って敬意を持って対峙し、交錯していることが音から感じられました。あらためて、お互いどういうところに惹かれているかについてお聞きしたいです。

トウヤマ(Pf):僕は単純に、合うと思っていますね。ある種、ロックっぽいというか。青弦くんの作るものに対して「壊れた感」を感じるんです。

—ちょっとはみ出ているというか。

トウヤマ:そう。「ざらついた感」というか。

Throwing a Spoon(すろーいんぐ あ すぷーん)<br>左から:トウヤマタケオ、徳澤青弦。チェリストの徳澤青弦と、ピアニストのトウヤマタケオによるデュオ。隙のある曲作りと節度ある即興によって極上の楽曲を構築している。作曲と演奏にボーダーレスな二人だからこそ生まれる独自の室内楽。静かな衝動と美しさと隙。
Throwing a Spoon(すろーいんぐ あ すぷーん)
左から:トウヤマタケオ、徳澤青弦。チェリストの徳澤青弦と、ピアニストのトウヤマタケオによるデュオ。隙のある曲作りと節度ある即興によって極上の楽曲を構築している。作曲と演奏にボーダーレスな二人だからこそ生まれる独自の室内楽。静かな衝動と美しさと隙。

—それはチェリストとして?

トウヤマ:いや、チェリストというよりは作曲者として彼を見てますね。それは僕の好みでもあって。それで言うと今作はちょっとドラマチックになりすぎたのかなとも思うんだけど。

徳澤(Vc):もうちょっと壊せる余裕があったほうがよかったかもしれないですね。そういう余裕もなかったので。

—青弦さんのロック感というのはすごく合点がいく表現です。以前、青弦さんにインタビューしたときに「初めて観たライブはLOUDNESS(日本のへヴィメタルバンド、1981年結成)でした」と言っていて。

徳澤:ああ、そうですね(笑)。

—特に日本だと出自がクラシックにある方はどうしても堅いイメージを持たれやすいと思うんですね。

徳澤:そうですね。

—青弦さんにはそういうパブリックイメージを作曲者としても奏者としても人間としても超越しているものを感じるんですよね。

徳澤:ああ、なんでもありみたいな?(笑)

徳澤青弦
徳澤青弦

—そうですね。ドラムンベースのDJをやっていたことがあるというバックグラウンドも納得できるというか。

徳澤:(笑)。僕とトウヤマさんはルーツが違うんですよね。世代もトウヤマさんが若干上だし。小さいころに聴いていた音楽も違う。幼少期からピアノを習っていたかもしれないけど、僕ほどクラシックな畑ではないし。

それにもかかわらず、アートを見る目線が近いと思うんですよね。好きな映画が共通していたり。あと、トウヤマさんは許容量がすごく大きいんです。トウヤマさんが今まで出された作品も、ビッグバンドがあればソロもあって、音楽の振れ幅がすごく広い。

—ドラマーのワタンベさんと組んでいる8ビートにこだわるデュオ、PATO LOL MAN(読み方は「ぱとろーるまん」)はまさにロックですよね。

徳澤:あれもすごくカッコいい。トウヤマさんはなんでもありな面が大きいので、僕も安心して付き合えるというのはあるかもしれないですね。ほっといてもいい存在というか(笑)。お互いそう感じているかもしれないです。

—最初に音を合わせときからそれを感じられた?

徳澤:元々僕はトウヤマさんのファンでした。繋げてくれたのは、今Throwing a Spoonが所属しているレーベルの方で。その方が「二人でやってみたらどうか?」って提案してくれたんです。

トウヤマ:僕も青弦くんの存在は以前から知っていました。

徳澤:最初にうちの実家で演奏したんですよね。

トウヤマ:そのときはジャズ的なセッションではなく、音合わせ的な演奏をしました。

トウヤマタケオ
トウヤマタケオ

徳澤:リハーサルスタジオではなく、うちの実家でやったというのもよかったですよね。時間に追われることもないし、ディレクターが見張っていることもなく(笑)。

—着地を想定しなくていい。

徳澤:そうそう。

トウヤマ:そのときに僕が好きなミュージシャンとして、ギャヴィン・ブライアーズ(イギリスのコントラバス奏者)の話をしたら「作品、全部持ってます」って青弦くんが言って。

徳澤:共通の好きなものを見つけられて、そこからいろいろ膨らんでいきました。

徳澤青弦
Page 1
次へ

リリース情報

Throwing a Spoon『Bored to death』
Throwing a Spoon
『Bored to death』(CD)

2019年4月17日(水)発売
価格:2,160円(税込)
cote006

1. Rondeau
2. Epitaph
3. Arp
4. Bored to death
5. Pew, Mew, Drink, Brink
6. Quartet

イベント情報

『Bored to death リリース音楽会』

2019年5月10日(金)
会場:岡山県 城下公会堂

2019年5月11日(土)
会場:広島県 なかた美術館

2019年6月14日(金)
会場:石川県 shirasagi / 白鷺美術

2019年6月15日(土)
会場:福井県 ataW

2019年7月5日(金)
会場:東京都 求道会館

2019年7月6日(土)
会場:愛知県 JAZZ茶房 靑猫

2019年7月7日(日)
会場:大阪府 島之内教会

プロフィール

Throwing a Spoon
Throwing a Spoon(すろーいんぐ あ すぷーん)

チェリストの徳澤青弦と、ピアニストのトウヤマタケオによるデュオ。隙のある曲作りと節度ある即興によって極上の楽曲を構築している。作曲と演奏にボーダーレスな二人だからこそ生まれる独自の室内楽。静かな衝動と美しさと隙。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ボカロ文化の歴史を次世代に繋ぐ試み 『プロジェクトセカイ』鼎談 1

    ボカロ文化の歴史を次世代に繋ぐ試み 『プロジェクトセカイ』鼎談

  2. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 2

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  3. 『森、道、市場』第2弾で石野卓球、君島大空、パ音、TENDRE、クラムボンら 3

    『森、道、市場』第2弾で石野卓球、君島大空、パ音、TENDRE、クラムボンら

  4. 歌を絶やさぬように 久保田麻琴が探る「日本のうた」の過去と未来 4

    歌を絶やさぬように 久保田麻琴が探る「日本のうた」の過去と未来

  5. 新垣結衣、H&Mの2021GWキャンペーン「LET'S CHANGE」アンバサダーに就任 5

    新垣結衣、H&Mの2021GWキャンペーン「LET'S CHANGE」アンバサダーに就任

  6. ジョニー・デップ製作・主演の映画『MINAMATA』9月公開 音楽は坂本龍一 6

    ジョニー・デップ製作・主演の映画『MINAMATA』9月公開 音楽は坂本龍一

  7. 米津玄師の新シングル『Pale Blue』6月発売 ドラマ『リコカツ』主題歌収録 7

    米津玄師の新シングル『Pale Blue』6月発売 ドラマ『リコカツ』主題歌収録

  8. ドキュメンタリー『映画:フィッシュマンズ』出演者発表&ティザー予告到着 8

    ドキュメンタリー『映画:フィッシュマンズ』出演者発表&ティザー予告到着

  9. 『アメリカン・ユートピア』にいとうせいこう、オダギリジョーら35組が賛辞 9

    『アメリカン・ユートピア』にいとうせいこう、オダギリジョーら35組が賛辞

  10. カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために 10

    カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために