特集 PR

徳澤青弦×トウヤマタケオ ルーツも拠点も違う2人が活動する理由

徳澤青弦×トウヤマタケオ ルーツも拠点も違う2人が活動する理由

Throwing a Spoon『Bored to death』
インタビュー・テキスト
三宅正一
撮影:前田立 編集:中田光貴(CINRA.NET編集部)

チェリストの徳澤青弦とピアニストのトウヤマタケオによるデュオ、Throwing a Spoonが、約5年ぶりとなる2ndアルバム『Bored to death』を4月17日にリリースした。

徳澤はくるりやRADWIMPSなど数多くのアーティストの作品やライブでサポートを務め、トウヤマはいくつかのプロジェクトの活動を展開している。それぞれが異端の音楽家であり奏者である、そのことに敬意を持って認め合いながら、この二人だからこそ形象化できる音楽像を描いていく。クラシックではなく、ポストクラシカルでもない、極めてナチュラルで生々しい美しさと緊張感に満ちたインストゥルメンタルがここにある。

二人のバックグラウンドやデュオが結成された経緯、そして「人間ドラマのようなニュアンスを帯びた」今作が生まれるまでの背景を語ってもらった。

(徳澤)青弦くんの作るものに対して「壊れた感」を感じるんです。(トウヤマ)

—『Bored to death』を聴いて、お互いが音楽家、奏者として尊重し合って敬意を持って対峙し、交錯していることが音から感じられました。あらためて、お互いどういうところに惹かれているかについてお聞きしたいです。

トウヤマ(Pf):僕は単純に、合うと思っていますね。ある種、ロックっぽいというか。青弦くんの作るものに対して「壊れた感」を感じるんです。

—ちょっとはみ出ているというか。

トウヤマ:そう。「ざらついた感」というか。

Throwing a Spoon(すろーいんぐ あ すぷーん)<br>左から:トウヤマタケオ、徳澤青弦。チェリストの徳澤青弦と、ピアニストのトウヤマタケオによるデュオ。隙のある曲作りと節度ある即興によって極上の楽曲を構築している。作曲と演奏にボーダーレスな二人だからこそ生まれる独自の室内楽。静かな衝動と美しさと隙。
Throwing a Spoon(すろーいんぐ あ すぷーん)
左から:トウヤマタケオ、徳澤青弦。チェリストの徳澤青弦と、ピアニストのトウヤマタケオによるデュオ。隙のある曲作りと節度ある即興によって極上の楽曲を構築している。作曲と演奏にボーダーレスな二人だからこそ生まれる独自の室内楽。静かな衝動と美しさと隙。

—それはチェリストとして?

トウヤマ:いや、チェリストというよりは作曲者として彼を見てますね。それは僕の好みでもあって。それで言うと今作はちょっとドラマチックになりすぎたのかなとも思うんだけど。

徳澤(Vc):もうちょっと壊せる余裕があったほうがよかったかもしれないですね。そういう余裕もなかったので。

—青弦さんのロック感というのはすごく合点がいく表現です。以前、青弦さんにインタビューしたときに「初めて観たライブはLOUDNESS(日本のへヴィメタルバンド、1981年結成)でした」と言っていて。

徳澤:ああ、そうですね(笑)。

—特に日本だと出自がクラシックにある方はどうしても堅いイメージを持たれやすいと思うんですね。

徳澤:そうですね。

—青弦さんにはそういうパブリックイメージを作曲者としても奏者としても人間としても超越しているものを感じるんですよね。

徳澤:ああ、なんでもありみたいな?(笑)

徳澤青弦
徳澤青弦

—そうですね。ドラムンベースのDJをやっていたことがあるというバックグラウンドも納得できるというか。

徳澤:(笑)。僕とトウヤマさんはルーツが違うんですよね。世代もトウヤマさんが若干上だし。小さいころに聴いていた音楽も違う。幼少期からピアノを習っていたかもしれないけど、僕ほどクラシックな畑ではないし。

それにもかかわらず、アートを見る目線が近いと思うんですよね。好きな映画が共通していたり。あと、トウヤマさんは許容量がすごく大きいんです。トウヤマさんが今まで出された作品も、ビッグバンドがあればソロもあって、音楽の振れ幅がすごく広い。

—ドラマーのワタンベさんと組んでいる8ビートにこだわるデュオ、PATO LOL MAN(読み方は「ぱとろーるまん」)はまさにロックですよね。

徳澤:あれもすごくカッコいい。トウヤマさんはなんでもありな面が大きいので、僕も安心して付き合えるというのはあるかもしれないですね。ほっといてもいい存在というか(笑)。お互いそう感じているかもしれないです。

—最初に音を合わせときからそれを感じられた?

徳澤:元々僕はトウヤマさんのファンでした。繋げてくれたのは、今Throwing a Spoonが所属しているレーベルの方で。その方が「二人でやってみたらどうか?」って提案してくれたんです。

トウヤマ:僕も青弦くんの存在は以前から知っていました。

徳澤:最初にうちの実家で演奏したんですよね。

トウヤマ:そのときはジャズ的なセッションではなく、音合わせ的な演奏をしました。

トウヤマタケオ
トウヤマタケオ

徳澤:リハーサルスタジオではなく、うちの実家でやったというのもよかったですよね。時間に追われることもないし、ディレクターが見張っていることもなく(笑)。

—着地を想定しなくていい。

徳澤:そうそう。

トウヤマ:そのときに僕が好きなミュージシャンとして、ギャヴィン・ブライアーズ(イギリスのコントラバス奏者)の話をしたら「作品、全部持ってます」って青弦くんが言って。

徳澤:共通の好きなものを見つけられて、そこからいろいろ膨らんでいきました。

徳澤青弦
Page 1
次へ

リリース情報

Throwing a Spoon『Bored to death』
Throwing a Spoon
『Bored to death』(CD)

2019年4月17日(水)発売
価格:2,160円(税込)
cote006

1. Rondeau
2. Epitaph
3. Arp
4. Bored to death
5. Pew, Mew, Drink, Brink
6. Quartet

イベント情報

『Bored to death リリース音楽会』

2019年5月10日(金)
会場:岡山県 城下公会堂

2019年5月11日(土)
会場:広島県 なかた美術館

2019年6月14日(金)
会場:石川県 shirasagi / 白鷺美術

2019年6月15日(土)
会場:福井県 ataW

2019年7月5日(金)
会場:東京都 求道会館

2019年7月6日(土)
会場:愛知県 JAZZ茶房 靑猫

2019年7月7日(日)
会場:大阪府 島之内教会

プロフィール

Throwing a Spoon
Throwing a Spoon(すろーいんぐ あ すぷーん)

チェリストの徳澤青弦と、ピアニストのトウヤマタケオによるデュオ。隙のある曲作りと節度ある即興によって極上の楽曲を構築している。作曲と演奏にボーダーレスな二人だからこそ生まれる独自の室内楽。静かな衝動と美しさと隙。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢 1

    KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢

  2. 木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM 2

    木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM

  3. Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る 3

    Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る

  4. 山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里 4

    山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里

  5. 綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像 5

    綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像

  6. キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM 6

    キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM

  7. 『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録 7

    『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録

  8. 吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに 8

    吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに

  9. 緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表 9

    緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表

  10. ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材 10

    ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材