特集 PR

大岩オスカール×宮沢和史 旅での「気づき」が確固たる自分を作る

大岩オスカール×宮沢和史 旅での「気づき」が確固たる自分を作る

金沢21世紀美術館『大岩オスカール 光をめざす旅』
インタビュー・テキスト
杉原環樹
撮影:豊島望 協力:駐日ブラジル大使館 編集:宮原朋之(CINRA.NET編集部)

ブラジルのサンパウロに日系二世として生まれ、東京、ロンドン、ニューヨークと、世界を旅してきたアーティスト、大岩オスカール。日本では会田誠らと結成した「昭和40年会」の一員としても有名だが、その本領が見られるのは何と言っても、独特な色彩と物語性、社会への洞察に溢れる大型の絵画作品だ。そんな彼の過去10年の作品を集めた『大岩オスカール 光をめざす旅』が、4月27日より金沢21世紀美術館にて開催されている。

今回、この展覧会のカタログに文章を寄せているのが、“島唄”“風になりたい”などの曲で知られる音楽家の宮沢和史(GANGA ZUMBA / ex. THE BOOM)だ。大のブラジル通で、やはり異国との出会いを作品に昇華してきた宮沢は、「オスカールさんの絵からは、匂いや気温、湿気まで伝わってくる」と話す。同年代の2人。ブラジルの国と人々のこと、絵画と音楽の違いと共通点、自分の表現を見つけるうえで大切なことまで。穏やかな空気の流れる対談となった。

ブラジルは貧しさや犯罪など負の部分もある国ですけど、それでも躍動的に生きている人たちの姿が刺激的だった。(宮沢)

—オスカールさんはこれまで、各国の都市を移動しながら活動を続けてきました。絵を描くとき、作品と場所の関係をどのように意識していますか?

大岩:作品を作るときは、あまりひとつの場所にいる感覚はないんです。ブラジルも日本もアメリカも「ホーム」という感じで、普段から母国語のポルトガル語と、あとで覚えた日本語と英語を使って生活していますが、そこにも違和感はない。ただ、いろんな場所を巡ってきたという自分のルーツは、積み重なって作品に現れていると思います。

僕はもともと、1950年代にブラジルに渡った日系人の両親のもと、サンパウロに生まれました。家で母親から日本語を習っていたのですが、当時、「日本語なんて一生使わない」と言って、兄弟でクーデターを起こしていました(笑)。でも、いま思うとこれだけ日本語が話せてよかった。

大岩オスカール(おおいわ おすかーる)<br>1965年ブラジル、サンパウロ生まれ。1989年サンパウロ大学建築都市学部卒業。1991年、東京に活動の拠点を移す。1995年デルフィナ・スタジオ・トラストのアーティスト・イン・レジデンスにてロンドンに滞在。2001年アジアン・カルチュラル・カウンシルおよびジョン・サイモン・グッゲンハイム記念財団フェローシップの助成を受け、2002年ニューヨークに拠点を移し、現在ニューヨーク在住。
大岩オスカール(おおいわ おすかーる)
1965年ブラジル、サンパウロ生まれ。1989年サンパウロ大学建築都市学部卒業。1991年、東京に活動の拠点を移す。1995年デルフィナ・スタジオ・トラストのアーティスト・イン・レジデンスにてロンドンに滞在。2001年アジアン・カルチュラル・カウンシルおよびジョン・サイモン・グッゲンハイム記念財団フェローシップの助成を受け、2002年ニューヨークに拠点を移し、現在ニューヨーク在住。

—子供時代を過ごしたサンパウロの街は、どのような環境でしたか?

大岩:当時、ブラジルはとてものんびりしていて、世界からポツンと外れたような環境でした。外国人に触れる機会もほとんどなく、外国の情報も入ってこなかった。過度にアメリカナイズされていない、貴重な環境でした。もちろん、貧富の差が激しいので危ない場所もあったけれど、すごくローカルな環境で育ったんです。

—いっぽうの宮沢さんは、だいたい年に1回はブラジルを訪れるそうですね。

宮沢:1994年に初めて訪れて以来、25回以上は行っていますね。

大岩:何がきっかけだったんですか?

宮沢:最初はやはり音楽の勉強がしたくて、リオデジャネイロに1週間ほど行ったんですね。すると、曲がバンバン生まれた。“風になりたい”や、この曲が収録された『極東サンバ』(1994年)というアルバムはそこで生まれたものです。ただ、何回も訪れる理由はブラジルの人たちなんです。たしかに、貧しさや犯罪など負の部分もある国ですけど、それでもそれぞれの境遇で躍動的に生きている人たちの姿が刺激的だった。

宮沢和史(みやざわ かずふみ)<br>1966年山梨県甲府市生まれ。バンドTHE BOOMのボーカルとして1989年にデビュー。代表曲の“島唄”はアルゼンチンでもヒットし、世界各国のミュージシャンにカバーされている。2006年に世界各国のミュージシャンを集めたバンドGANGA ZUMBAを結成。2014年にTHE BOOMを解散、2016年1月に歌唱活動の休養を発表。現在、音楽活動と共に作家などあらゆるジャンルで活躍中
宮沢和史(みやざわ かずふみ)
1966年山梨県甲府市生まれ。バンドTHE BOOMのボーカルとして1989年にデビュー。代表曲の“島唄”はアルゼンチンでもヒットし、世界各国のミュージシャンにカバーされている。2006年に世界各国のミュージシャンを集めたバンドGANGA ZUMBAを結成。2014年にTHE BOOMを解散、2016年1月に歌唱活動の休養を発表。現在、音楽活動と共に作家などあらゆるジャンルで活躍中
『極東サンバ』を聴く(Apple Musicはこちら

宮沢:それで旅の目的が、だんだんと日系人の人々との交流になっていきました。ブラジルの日系人には111年の歴史があって、オスカールさんのご両親は戦後移民だけど、1908年に笠戸丸(明治時代後期から終戦にかけて移民船や漁業工船などに使われた鋼製貨客船)で移り住んだ最初の移民はどん底の生活を送った。それが、100年でこれだけの地位と信頼を得てきた。そのエネルギーが非常に心地良いんですね。

オスカールさんを「画家」と呼ぶのは窮屈だと思っていて。映画監督や音楽家、建築家の作品のようでもある。(宮沢)

—ブラジルの印象は、オスカールさんの絵の印象ともつながりますか?

宮沢:そうですね。とくに僕が注目したのは緑色。やっぱり幼少期をブラジルで過ごした人の色だと思います。日本の緑とは違いますよね。

大岩:ブラジルの色彩感覚は、自分の身体に深く入っていると思います。日本人の絵を見ると紅葉のような渋い色がよく使われていますが、ブラジルは1年中夏なのでコントラストが強いんですね。僕は作品で光と影の対比をよく扱うのですが、それもブラジルが文化的、経済的にコントラストのある国であることが関係しているのだと思います。

左から:宮沢和史、大岩オスカール
左から:宮沢和史、大岩オスカール

金沢21世紀美術館『大岩オスカール 光をめざす旅』2019年4月27日(土)~8月25日(日)
金沢21世紀美術館『大岩オスカール 光をめざす旅』2019年4月27日(土)~8月25日(日)(サイトはこちらより

宮沢:僕はオスカールさんを「画家」と呼ぶのは窮屈だと思っていて。僕からするとこうした絵は、映画監督や音楽家、建築家の作品のようでもある。1枚の静止画なのにそこからいろんな物語が始まって、決して止まっていない。さらに匂いや気温、湿気みたいなものすら感じます。なかなか1枚の絵でそこまで感じるものはないですよね。

それはやっぱり、オスカールさんがいろんな都市、人間の良い部分も悪い部分も集まる渦みたいな場所で感性を磨いてきたからだと思います。非常にローカルな場所で育った人が、人種や文化の坩堝となる大都市を巡ってたどり着いた手法ではないのかなと。

『ゴースト・シップ』(2014年)作家蔵
『ゴースト・シップ』(2014年)作家蔵

大岩:僕は、見る人が参加できる絵画を描きたいと思ってきました。絵のなかにあまり人物を描かないのもそれが理由で、人物を描くと見る人が外の人になってしまう。だから宮沢さんが絵に入って、そこから始まる何かを感じてくれたのは嬉しいですね。

宮沢さんがさきほどおっしゃった「匂い」ということで言えば、20歳で初めて日本に来たとき、夏だったんですね。日本で飛行機を出て最初に嗅いだムワッとした匂いは、いまも覚えているんです。同じようにブラジルに着いたときも、日本とは異なる土の匂いがする。いろんな場所を旅するなかで感じた匂いや光や水の味といった環境の微妙な違いは、作品にも現れるものだと思います。

左から:宮沢和史、大岩オスカール
Page 1
次へ

イベント情報

『大岩オスカール 光をめざす旅』
『大岩オスカール 光をめざす旅』

2019年4月27日(土)~8月25日(日)
会場:石川県 金沢21世紀美術館
時間:10:00~18:00(金曜、土曜は20:00まで)
休場日:月曜(ただし4月29日、5月6日、7月15日、8月12日は開場)5月7日、7月16日
料金:一般1,200円 大学生800円 小中高生400円 65歳以上1,000円

『大岩オスカール 光をめざす旅』関連プログラム
宮沢和史 ブラジル文化をめぐるトーク、詩の朗読&弾き語りコンサート

2019年6月28日(金)
時間:開演19:00(開場18:30) 約90分
会場:石川県 金沢21世紀美術館 シアター21
定員:160名
料金:全席自由5,000円
※未就学児の入場はご遠慮願います

プロフィール

宮沢和史(みやざわ かずふみ)

1966年山梨県甲府市生まれ。バンドTHE BOOMのボーカルとして1989年にデビュー。代表曲の“島唄”はアルゼンチンでもヒットし、世界各国のミュージシャンにカバーされている。2006年に世界各国のミュージシャンを集めたバンドGANGA ZUMBAを結成。2014年にTHE BOOMを解散、2016年1月に歌唱活動の休養を発表。現在、音楽活動と共に作家などあらゆるジャンルで活躍中。2016年4月より沖縄県立芸術大学音楽学部非常勤講師を勤める。『足跡のない道』『BRASIL-SICK』(ともに2008年)など著作多数。

大岩オスカール(おおいわ おすかーる)

1965年ブラジル、サンパウロ生まれ。1989年サンパウロ大学建築都市学部卒業。1991年、東京に活動の拠点を移す。1995年デルフィナ・スタジオ・トラストのアーティスト・イン・レジデンスにてロンドンに滞在。2001年アジアン・カルチュラル・カウンシルおよびジョン・サイモン・グッゲンハイム記念財団フェローシップの助成を受け、2002年ニューヨークに拠点を移し、現在ニューヨーク在住。主な展覧会に、1991年『第21回サンパウロ国際ビエンナーレ』、1998年『エデンの園』(上野の森美術館EXTRA)、2008年『大岩オスカール 夢みる世界』(東京都現代美術館)、2011年『大岩オスカール』(ブラジル国立美術館)、2018年『終わりのむこうへ:廃墟の美術史』(渋谷区立松濤美術館)等がある。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. 映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣 1

    映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣

  2. SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』 2

    SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』

  3. 山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年 3

    山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年

  4. Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露 4

    Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露

  5. スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA 5

    スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA

  6. 尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催 6

    尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催

  7. 宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」 7

    宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」

  8. 米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA 8

    米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA

  9. 藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に 9

    藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に

  10. 石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送 10

    石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送