特集 PR

奥山大史監督って?インディーズ映画でシネコン上映の快挙

奥山大史監督って?インディーズ映画でシネコン上映の快挙

『僕はイエス様が嫌い』
インタビュー・テキスト
長嶋太陽
撮影:豊島望 編集:久野剛士(CINRA.NET編集部)

「死後の世界は、どうなるのか?」という問いを、誰もが一度は思い浮かべたことがあるだろう。そんな大きなテーマを突きつけるのは映画『僕はイエス様が嫌い』の監督、奥山大史。

ミッション系の小学校に転入してきた主人公のユラは同級生のカズマと交流し、新しい生活にゆっくりと馴染んでいく。そのかたわらには、小さくて寡黙な「イエス様」の存在があった。人びとの暮らしを覗き見しているかのようにリアルで美しい映像と、独特の存在感のイエス様との調和は、懐かしさや切なさ、ときにシュールな笑いをもたらしながら、物語はカタルシスを迎える。

そうした本作は、学生時代の奥山が作ったインディペンデント映画でありながら、海外の映画祭で高い評価を受け、国内でも異例のTOHOシネマズ 日比谷で5月31日より上映されることになった。国内外から注目を集める奥山監督が作品に込めた自身の記憶、そして彼の死生観について語ってもらった。

神様って、数多くある概念のうちのひとつなのかな。

―『僕はイエス様が嫌い』というタイトルが示すとおり、この映画は「信仰」をひとつの大きなテーマとして扱っています。普段はなかなかメディアで語られない領域だからこそ、まずは奥山監督自身の宗教観について教えてください。

奥山:海外の映画祭でも「結局あなたは神様を信じているんですか?」と聞かれることが何度もありましたが、毎回「信じています」と答えてきました。僕自身が幼稚園から大学までミッション系のスクールに通い続けたので、それが大きく影響していますね。キリスト教の洗礼を受けている信者ではありませんし、狭い意味での宗教を深く信仰しているわけではないけれど、自分たちの常識を超越するなにかがあるとは思ってるんです。

ただ、映画にそういう感覚をストレートに投影したというわけではなく、多くの人がさまざまな形で神様をなんとなく信じているけれど、「それって本当はなんだっけ?」と考えるきっかけになったらいいな、と思って作りました。

奥山大史(おくやま ひろし)<br>1996年東京生まれ。初監督長編映画『僕はイエス様が嫌い』が、第66回サンセバスチャン国際映画祭の最優秀新人監督賞を史上最年少で受賞。学生時代に監督した短編映画『Tokyo 2001/10/21 22:32~22:41』(主演:大竹しのぶ)は、第23回釜山国際映画祭に正式出品された。
奥山大史(おくやま ひろし)
1996年東京生まれ。初監督長編映画『僕はイエス様が嫌い』が、第66回サンセバスチャン国際映画祭の最優秀新人監督賞を史上最年少で受賞。学生時代に監督した短編映画『Tokyo 2001/10/21 22:32~22:41』(主演:大竹しのぶ)は、第23回釜山国際映画祭に正式出品された。

―自分のことを仏教徒と自覚していなくても、お葬式では仏教徒的な慣習を行ったりもしますよね。

奥山:そうですね。宗教とか神様とかって、数多くある概念や哲学のうちのひとつなのかな、と。

僕は実際にキリスト教のスクールモットーに影響を受けながら小学校に通い続けていたのですが、とある出来事があって、「神様って本当にいるのかな?」と考えるようになりましたね。

―どういった出来事があったのでしょうか?

奥山:小学校5年生の頃、仲のよかった友達が亡くなってしまったんです。それは本当に悲しかったし、いろいろなことを考えざるをえなかった。

―そのとき考えたことについて、話せる範囲で教えていただけますか?

奥山:それまで、身近な人が亡くなるという経験がなかったんです。おじいちゃんもおばあちゃんも元気だったからこそ、人が死んでしまうということがすごく衝撃的で。なのに、友達がいなくなって1か月、2か月と経てば日常が戻ってくるんですよ。

出来事が起きた直後はみんなナーバスになって、たとえば小学生が気軽に使う「死ね」っていう言葉を口にしなくなったんです。けれどそれは一時的なもので、時間が経つとすぐに戻りました。そのとき、「自分が死んだあとの世界はどうなるんだろう?」っていうのをずっと考えていました。

―それから、「死」というものについて考えるようになったんですね。

奥山:死後の世界にすごく興味を持って、よく調べていました。宗教や宗派によって「死後の世界のあり方」が大きく異なるんです。天国と地獄だけじゃなくて、「無になる」という考え方もある。大学生になって、改めてこの映画を作ろうと思ったときに、信仰を題材として扱うからには死後の世界というものに対する自分なりの捉え方を改めて明確にしておきたい、と思いましたね。そういった問いかけを映画の中に込めています。

Page 1
次へ

作品情報

『僕はイエス様が嫌い』
『僕はイエス様が嫌い』

2019年5月31日(金)からTOHO シネマズ日比谷で公開
監督・脚本:奥山大史
出演:
佐藤結良
大熊理樹
チャド・マレーン
佐伯日菜子
北山雅康
上映時間:76分
配給:ショウゲート

プロフィール

奥山大史(おくやま ひろし)

1996年東京生まれ。初監督長編映画「僕はイエス様が嫌い」が、第66回サン・セバスティアン国際映画祭の最優秀新人監督賞を史上最年少で受賞。学生時代に監督した短編映画「Tokyo 2001/10/21 22:32~22:41」(主演:大竹しのぶ)は、第23回釜山国際映画祭に正式出品された。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『永遠に僕のもの』本予告

8月16日に公開される映画『永遠に僕のもの』の予告編が公開された。アルゼンチン犯罪歴史の中で最も有名な連続殺人犯でありながらも、その美しさから「ブラック・エンジェル」「死の天使」と称された少年・カルリートスの美しくも儚い青春を描いた実話。美、孤独、愛、欲望、青春、犯罪……。これらが渾然一体となっているような少年の衝動がポップに描かれ、疾走感のあるエッジの効いた映像となっている。(野々村)

  1. 実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素 1

    実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素

  2. 『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント 2

    『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント

  3. 燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する 3

    燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する

  4. 『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち 4

    『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち

  5. なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る 5

    なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る

  6. ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない 6

    ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない

  7. 杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに 7

    杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに

  8. 大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾 8

    大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾

  9. みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに 9

    みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに

  10. 相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告 10

    相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告