特集 PR

Dizzy Sunfistの、夢を貫く力。「仲間に頼れることが強さ」

Dizzy Sunfistの、夢を貫く力。「仲間に頼れることが強さ」

Dizzy Sunfist『STRONGER』
インタビュー・テキスト・編集
矢島大地(CINRA.NET)
撮影:関信行
2019/06/06

「夢は死なへん」。Dizzy Sunfist・あやぺた(Vo,Gt)が繰り返し叫んできた、いわば彼女らの「心臓」のような言葉である。日々不安に駆られても、時に弱気な自分が顔を出しても、夢は死なない。夢は叶うなんて無責任なことは吐かず、ただただ夢は心の中に生き続けるのだと伝えて聴く人と並走する。さらに、日々の鬱屈も花火のように打ち上げていくポジティビティを宿らせ疾走する楽曲と、一聴必殺のメロディセンス。これまで男女混声を武器にするバンドこそいたものの、どうしても汗臭さと硬質な疾走感が重視され、「刷り込まれた男らしさ」に偏っていた「メロディックパンク」のイメージ。それを、あやぺたのメロディとポップネス、真っ向勝負の音だけでひっくり返してきたのがDizzy Sunfistというバンドである。

そうして駆け上がってきた自信とプライドを音楽のバネにして、よりソリッドなサウンドと直情的な歌が叩き込まれているのが、6月5日にリリースされるシングル『STRONGER』だ。弱さを隠すことはない、仲間がついているからキミは最強になれる――目の前の人と支え合うからこそ叶えられるものがあるのだと、Dizzy Sunfistの精神性をそのまま人へのメッセージにして放つ作品は、このバンドの進化と真価を同時に響かせる。キラキラの笑顔を支えるもの、その裏にある弱さ。全部全部、思い切り語ってきた。

今までDizzy Sunfistを好きと言ってくれる人は「メロディックパンク最高」みたいな感じやったと思う。今は、それだけではない人も好きになってくれてる実感がある。

Dizzy Sunfist(でぃじー さんふぃすと)<br>2009年、あやぺた(Vo,Gt)、いやま(Ba,Cho)を中心に結成。Hi-STANDARD、ELLEGARDENのコピーバンドとしてスタート。2012年にmoAi(Dr,Cho)が加入し、現在の布陣に。2016年3月に1stフルアルバム『Dizzy Beats』をリリース、2018年1月にリリースした2ndフルアルバム『DREAMS NEVER END』のツアーでは47都道府県でライブを開催。2019年にはバンド結成10周年ワンマンライブを大阪・なんばハッチと東京・新木場スタジオコーストで行った。
Dizzy Sunfist(でぃじー さんふぃすと)
2009年、あやぺた(Vo,Gt)、いやま(Ba,Cho)を中心に結成。Hi-STANDARD、ELLEGARDENのコピーバンドとしてスタート。2012年にmoAi(Dr,Cho)が加入し、現在の布陣に。2016年3月に1stフルアルバム『Dizzy Beats』をリリース、2018年1月にリリースした2ndフルアルバム『DREAMS NEVER END』のツアーでは47都道府県でライブを開催。2019年にはバンド結成10周年ワンマンライブを大阪・なんばハッチと東京・新木場スタジオコーストで行った。

―2018年1月のアルバム『DREAMS NEVER END』以降、ライブがさらに堂々としたストロングスタイルなものになっていて。状況的にもかなりの追い風を実感されているところだと思うんですが。

あやぺた:とりあえず、(ライブハウスで)Dizzy Sunfistのタオルはかなり増えましたね(笑)。

―はははは。それはわかりやすい状況変化ですね。その光景以上に、ご自身でなにか手応えは感じているんですか。

あやぺた:『DREAMS NEVER END』を出してからアジアツアーもやって、今年3月にワンマンライブ(大阪・なんばハッチと東京・新木場スタジオコーストで開催)を終えた時に初めて手応えを感じましたね。たとえば会場の一番後ろまで手が挙がった瞬間に、『DREAMS NEVER END』の曲の力がわかったんですよ。

Dizzy Sunfist『DREAMS NEVER END』を聴く(Apple Musicはこちら

―『DREAMS NEVER END』の曲の力は、どういうものだと感じられたんですか。

あやぺた:『DREAMS NEVER END』って、今までで一番曲の幅が広い作品やったんです。だから、人によって曲の好みが分かれやすいと思っていて。だからこそ、いろんな層のお客さんを取り込むことができた作品なのかなって。

今までDizzy Sunfistを好きやと言ってくれる人は「メロディックパンク最高!」みたいな感じやったと思うんですよ。でも今は、それだけではない人も好きになってくれてる実感があって。もちろん、私達自身はメロディックパンクバンドっていう軸をどんどん強くしていきたいと思ってるんですけど。

あやぺた
2019年3月に行われたワンマンライブ

―まさに『DREAMS NEVER END』は曲の幅が広がったと同時に、真顔でストレートパンチを叩き込むようなストロングスタイルのメロディックパンクが輝く作品だったと思うんですよ。

あやぺた:確かに、今まではずっと笑顔だけやったのが、真顔でストレートパンチを打った感じはあったかも。プロデューサーをmasasucks(the HIATUS、RADIOTS、FULLSCRATCH)にお願いしたことで、楽曲にも歌にも、自分以外のジャッジが入るようになったのは大きくて。

それによって、曲のバリエーションも、軸であるメロディックパンクの部分も振り切れた気がしていて。元々私自身も、暴れたい人もじっくり見るタイプの人も楽しませたいと思ってきたし、実際にそういうバンドになれた気はしますね。

「骨太になったね」って言われることが嬉しかったし、思い描いてたDizzy Sunfistになれた気がしていて。

―あやぺたさんの場合、暴れたい人もじっくり聴きたい人も同じように楽しませたいのはどうしてなんですか。

あやぺた:私は、前も後ろも、大人も子供も、男も女も、その場にいるのがどんな人であっても、絶対に全員が笑顔になるライブがしたいんですよ。そこにいる人が笑顔になれば、笑顔の連鎖でなにより私自身が元気になれるから。

あやぺた

―そこがDizzyの音楽のいいところですよね。ご自身の明るいキャラクターが確かに曲に宿って、人をポジティブに引っ張り上げる力がストレートに聴こえてくる。メロディックパンクって、どうしても「男らしさ」の刷り込みやソリッドさに縛られてきたところがあるけど、そういう偏向を飛び越えて、そもそも男も女も関係ないものだと、当然のことに気づかせてくれる。

あやぺた:バンドをやる上では、女だからって困ったことはないんですよ。でもメロディックパンクとしては「女かあ」って思う人がいるのもわかってて。で、私はそう思われるほどアガるんです。「ナメんなよ」って。

で、『DREAMS NEVER END』のツアーでいろんなバンドとライブをする中で、「骨太になったね」って言われることが確かに多かったんですよ。それが嬉しかったし、思い描いてたDizzy Sunfistになれた気がしていて。メロディックパンク――というか、音楽に男も女も関係ないと思ってきたし、そういうバンドになれたのかなって。

あやぺた
Page 1
次へ

リリース情報

Dizzy Sunfist『STRONGER』
Dizzy Sunfist
『STRONGER』(CD)

2019年6月5日(水)発売
価格:1,296円(税込)
CBR-98

1. STRONGER
2. I am In The Mood For Dancing
3. Red Box
4. Not A Little Girl

イベント情報

『STRONGER Tour 2019』

2019年6月8日(土)
会場:神奈川県 Yokohama Bay Hall

2019年6月10日(月)
会場:宮城県 仙台MACANA

2019年6月27日(木)
会場:埼玉県 HEAVEN'S ROCK さいたま新都心VJ-3

2019年7月9日(火)
会場:大阪府 十三FANDANGO

2019年7月17日(水)
会場:神奈川県 町田 CLASSIX

2019年7月18日(木)
会場:岐阜県 柳ヶ瀬 Ants

2019年7月23日(火)
会場:香川県 高松DIME

2019年7月24日(水)
会場:兵庫県 神戸太陽と虎

2019年8月1日(木)
会場:山口県 周南RISE

2019年8月3日(土)
会場:熊本県 Drum B.9 V2

2019年8月4日(日)
会場:鹿児島県 SR HALL

2019年8月6日(火)
会場:京都府 京都MUSE

2019年8月7日(水)
会場:静岡県 浜松窓枠

2019年8月9日(金)
会場:千葉県 柏PALOOZA

2019年8月14日(水)
会場:石川県 金沢EIGHT HALL

※2019年9月以降の公演は延期

プロフィール

Dizzy Sunfist(でぃじー さんふぃすと)

2009年、あやぺた(Vo,Gt)、いやま(Ba,Cho)を中心に結成。Hi-STANDARD、ELLEGARDENのコピーバンドとしてスタート。2012年にmoAi(Dr,Cho)が加入し、現在の布陣に。2016年3月に1stフルアルバム『Dizzy Beats』をリリース、2018年1月にリリースした2ndフルアルバム『DREAMS NEVER END』のツアーでは47都道府県でライブを開催。2019年にはバンド結成10周年ワンマンライブを大阪・なんばハッチと東京・新木場スタジオコーストで行った。

関連チケット情報

2020年11月12日(木)〜11月12日(木)
Dizzy Sunfist
会場:千葉LOOK(千葉県)
  • POPULAR TAG 人気のタグ

  • POPULAR IMAGES 人気の画像

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催