特集 PR

Dizzy Sunfistの、夢を貫く力。「仲間に頼れることが強さ」

Dizzy Sunfistの、夢を貫く力。「仲間に頼れることが強さ」

Dizzy Sunfist『STRONGER』
インタビュー・テキスト・編集
矢島大地(CINRA.NET)
撮影:関信行
2019/06/06

「夢は死なへん」。Dizzy Sunfist・あやぺた(Vo,Gt)が繰り返し叫んできた、いわば彼女らの「心臓」のような言葉である。日々不安に駆られても、時に弱気な自分が顔を出しても、夢は死なない。夢は叶うなんて無責任なことは吐かず、ただただ夢は心の中に生き続けるのだと伝えて聴く人と並走する。さらに、日々の鬱屈も花火のように打ち上げていくポジティビティを宿らせ疾走する楽曲と、一聴必殺のメロディセンス。これまで男女混声を武器にするバンドこそいたものの、どうしても汗臭さと硬質な疾走感が重視され、「刷り込まれた男らしさ」に偏っていた「メロディックパンク」のイメージ。それを、あやぺたのメロディとポップネス、真っ向勝負の音だけでひっくり返してきたのがDizzy Sunfistというバンドである。

そうして駆け上がってきた自信とプライドを音楽のバネにして、よりソリッドなサウンドと直情的な歌が叩き込まれているのが、6月5日にリリースされるシングル『STRONGER』だ。弱さを隠すことはない、仲間がついているからキミは最強になれる――目の前の人と支え合うからこそ叶えられるものがあるのだと、Dizzy Sunfistの精神性をそのまま人へのメッセージにして放つ作品は、このバンドの進化と真価を同時に響かせる。キラキラの笑顔を支えるもの、その裏にある弱さ。全部全部、思い切り語ってきた。

今までDizzy Sunfistを好きと言ってくれる人は「メロディックパンク最高」みたいな感じやったと思う。今は、それだけではない人も好きになってくれてる実感がある。

Dizzy Sunfist(でぃじー さんふぃすと)<br>2009年、あやぺた(Vo,Gt)、いやま(Ba,Cho)を中心に結成。Hi-STANDARD、ELLEGARDENのコピーバンドとしてスタート。2012年にmoAi(Dr,Cho)が加入し、現在の布陣に。2016年3月に1stフルアルバム『Dizzy Beats』をリリース、2018年1月にリリースした2ndフルアルバム『DREAMS NEVER END』のツアーでは47都道府県でライブを開催。2019年にはバンド結成10周年ワンマンライブを大阪・なんばハッチと東京・新木場スタジオコーストで行った。
Dizzy Sunfist(でぃじー さんふぃすと)
2009年、あやぺた(Vo,Gt)、いやま(Ba,Cho)を中心に結成。Hi-STANDARD、ELLEGARDENのコピーバンドとしてスタート。2012年にmoAi(Dr,Cho)が加入し、現在の布陣に。2016年3月に1stフルアルバム『Dizzy Beats』をリリース、2018年1月にリリースした2ndフルアルバム『DREAMS NEVER END』のツアーでは47都道府県でライブを開催。2019年にはバンド結成10周年ワンマンライブを大阪・なんばハッチと東京・新木場スタジオコーストで行った。

―2018年1月のアルバム『DREAMS NEVER END』以降、ライブがさらに堂々としたストロングスタイルなものになっていて。状況的にもかなりの追い風を実感されているところだと思うんですが。

あやぺた:とりあえず、(ライブハウスで)Dizzy Sunfistのタオルはかなり増えましたね(笑)。

―はははは。それはわかりやすい状況変化ですね。その光景以上に、ご自身でなにか手応えは感じているんですか。

あやぺた:『DREAMS NEVER END』を出してからアジアツアーもやって、今年3月にワンマンライブ(大阪・なんばハッチと東京・新木場スタジオコーストで開催)を終えた時に初めて手応えを感じましたね。たとえば会場の一番後ろまで手が挙がった瞬間に、『DREAMS NEVER END』の曲の力がわかったんですよ。

Dizzy Sunfist『DREAMS NEVER END』を聴く(Apple Musicはこちら

―『DREAMS NEVER END』の曲の力は、どういうものだと感じられたんですか。

あやぺた:『DREAMS NEVER END』って、今までで一番曲の幅が広い作品やったんです。だから、人によって曲の好みが分かれやすいと思っていて。だからこそ、いろんな層のお客さんを取り込むことができた作品なのかなって。

今までDizzy Sunfistを好きやと言ってくれる人は「メロディックパンク最高!」みたいな感じやったと思うんですよ。でも今は、それだけではない人も好きになってくれてる実感があって。もちろん、私達自身はメロディックパンクバンドっていう軸をどんどん強くしていきたいと思ってるんですけど。

あやぺた
2019年3月に行われたワンマンライブ

―まさに『DREAMS NEVER END』は曲の幅が広がったと同時に、真顔でストレートパンチを叩き込むようなストロングスタイルのメロディックパンクが輝く作品だったと思うんですよ。

あやぺた:確かに、今まではずっと笑顔だけやったのが、真顔でストレートパンチを打った感じはあったかも。プロデューサーをmasasucks(the HIATUS、RADIOTS、FULLSCRATCH)にお願いしたことで、楽曲にも歌にも、自分以外のジャッジが入るようになったのは大きくて。

それによって、曲のバリエーションも、軸であるメロディックパンクの部分も振り切れた気がしていて。元々私自身も、暴れたい人もじっくり見るタイプの人も楽しませたいと思ってきたし、実際にそういうバンドになれた気はしますね。

「骨太になったね」って言われることが嬉しかったし、思い描いてたDizzy Sunfistになれた気がしていて。

―あやぺたさんの場合、暴れたい人もじっくり聴きたい人も同じように楽しませたいのはどうしてなんですか。

あやぺた:私は、前も後ろも、大人も子供も、男も女も、その場にいるのがどんな人であっても、絶対に全員が笑顔になるライブがしたいんですよ。そこにいる人が笑顔になれば、笑顔の連鎖でなにより私自身が元気になれるから。

あやぺた

―そこがDizzyの音楽のいいところですよね。ご自身の明るいキャラクターが確かに曲に宿って、人をポジティブに引っ張り上げる力がストレートに聴こえてくる。メロディックパンクって、どうしても「男らしさ」の刷り込みやソリッドさに縛られてきたところがあるけど、そういう偏向を飛び越えて、そもそも男も女も関係ないものだと、当然のことに気づかせてくれる。

あやぺた:バンドをやる上では、女だからって困ったことはないんですよ。でもメロディックパンクとしては「女かあ」って思う人がいるのもわかってて。で、私はそう思われるほどアガるんです。「ナメんなよ」って。

で、『DREAMS NEVER END』のツアーでいろんなバンドとライブをする中で、「骨太になったね」って言われることが確かに多かったんですよ。それが嬉しかったし、思い描いてたDizzy Sunfistになれた気がしていて。メロディックパンク――というか、音楽に男も女も関係ないと思ってきたし、そういうバンドになれたのかなって。

あやぺた
Page 1
次へ

リリース情報

Dizzy Sunfist『STRONGER』
Dizzy Sunfist
『STRONGER』(CD)

2019年6月5日(水)発売
価格:1,296円(税込)
CBR-98

1. STRONGER
2. I am In The Mood For Dancing
3. Red Box
4. Not A Little Girl

イベント情報

『STRONGER Tour 2019』

2019年6月8日(土)
会場:神奈川県 Yokohama Bay Hall

2019年6月10日(月)
会場:宮城県 仙台MACANA

2019年6月27日(木)
会場:埼玉県 HEAVEN'S ROCK さいたま新都心VJ-3

2019年7月9日(火)
会場:大阪府 十三FANDANGO

2019年7月17日(水)
会場:神奈川県 町田 CLASSIX

2019年7月18日(木)
会場:岐阜県 柳ヶ瀬 Ants

2019年7月23日(火)
会場:香川県 高松DIME

2019年7月24日(水)
会場:兵庫県 神戸太陽と虎

2019年8月1日(木)
会場:山口県 周南RISE

2019年8月3日(土)
会場:熊本県 Drum B.9 V2

2019年8月4日(日)
会場:鹿児島県 SR HALL

2019年8月6日(火)
会場:京都府 京都MUSE

2019年8月7日(水)
会場:静岡県 浜松窓枠

2019年8月9日(金)
会場:千葉県 柏PALOOZA

2019年8月14日(水)
会場:石川県 金沢EIGHT HALL

※2019年9月以降の公演は延期

プロフィール

Dizzy Sunfist(でぃじー さんふぃすと)

2009年、あやぺた(Vo,Gt)、いやま(Ba,Cho)を中心に結成。Hi-STANDARD、ELLEGARDENのコピーバンドとしてスタート。2012年にmoAi(Dr,Cho)が加入し、現在の布陣に。2016年3月に1stフルアルバム『Dizzy Beats』をリリース、2018年1月にリリースした2ndフルアルバム『DREAMS NEVER END』のツアーでは47都道府県でライブを開催。2019年にはバンド結成10周年ワンマンライブを大阪・なんばハッチと東京・新木場スタジオコーストで行った。

関連チケット情報

2021年10月11日(月)
Dizzy Sunfist
会場:梅田クラブクアトロ(大阪府)
2021年10月12日(火)
Dizzy Sunfist
会場:名古屋クラブクアトロ(愛知県)
2021年10月15日(金)
Dizzy Sunfist
会場:渋谷CLUB QUATTRO(東京都)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察