特集 PR

SIRUPが持つ深みの正体を笠井裕輔が語る。絶望から抜け出す発想

SIRUPが持つ深みの正体を笠井裕輔が語る。絶望から抜け出す発想

DAIV『CASE STUDY』
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:豊島望 編集:宮原朋之(CINRA.NET編集部)

いま、飛ぶ鳥を落とす勢いで認知を広げているSIRUPは、楽曲だけでなくミュージックビデオも面白い。常に独特な質感を持って届けられる映像たちは、他にはないような世界観で演出されており、SIRUPの音楽世界をより深く、特別なものとすることに一役買っている。

そんなSIRUPのミュージックビデオの多くを手掛けるのが、クリエイティブスタジオ「YAR」に所属する映像ディレクターの笠井裕輔だ。マウスコンピューターのサポートのもと作られた“Evergreen”のミュージックビデオでも、笠井はその手腕を発揮していた。彼は一体、どんな眼差しでSIRUPを見つめ、今回のミュージックビデオを作り上げたのだろう? 彼の作るミュージックビデオが何故、特別な存在感を持って私たちの目に飛び込んでくるのか。その理由がきっと、このインタビューを読めばわかるだろう。

とにかく、嘘がないSIRUPくんを撮りたかった。

―笠井さんはこれまで、多くのSIRUP楽曲のミュージックビデオ(以下、MV)を撮影されてきましたが、“Evergreen”は、どのような曲として受け取りましたか?

笠井:別れのことを歌っているけど、決して悲しい別れではないな、と思いました。「恋人との別れ」みたいなものとは違う……、僕の頭の中にはなんとなく、自分の同級生のことが浮かんだんです。離れてはいるけど、それぞれ頑張っている、みたいな距離感。なので、同窓会みたいなMVにしたいと思ったんです。

笠井裕輔(かさい ゆうすけ)<br>アートディレクション、グラフィックデザイン、映像の企画・制作などを行うクリエイティブ・スタジオYARに所属する映像ディレクター。今回制作した“Evergreen”の他、手がけたMVには1stシングルである“Synapse”やYouTubeの再生回数が300万回を越えている“Do Well”などがある。
笠井裕輔(かさい ゆうすけ)
アートディレクション、グラフィックデザイン、映像の企画・制作などを行うクリエイティブ・スタジオYARに所属する映像ディレクター。今回制作した“Evergreen”の他、手がけたMVには1stシングルである“Synapse”やYouTubeの再生回数が300万回を越えている“Do Well”などがある。

笠井:イメージとして、冒頭はSIRUPくんが久々に地元に帰ってきて、同窓会が始まる前に懐かしい校舎で友人と待ち合わせしている。中盤では、同窓会が始まって、いろんな人たちと再会し、メッセージを送り合っている。そして終盤は、それぞれの生活に戻ったあと、MVの中のSIRUPくんの姿をYouTubeなんかを通して、みんなが目撃している……そんな視覚的なイメージにできればいいな、と。

―撮影場所は、国の重要文化財にも指定されている大阪市中央公会堂ですよね。この場所を選んだ理由は?

笠井:草原やスタジオ、教会とかも考えたんですけど、この曲に関しては、かっこいい場所とか、曲に合ったロケーションを当てはめるだけじゃ嫌だったんです。彼のルーツに根差した場所がいいなと思った。SIRUPくんと話をする中で、大阪市中央公会堂が候補に上がったんです。実際ライブをしたことがある場所でもあって。

実際のプロジェクトファイルを開いて、その編集意図を解説してくれた / 撮影:藤田勇人
実際のプロジェクトファイルを開いて、その編集意図を解説してくれた / 撮影:藤田勇人

―撮影されているのも、笠井さんだけではないんですよね?

笠井:そうですね。今回は、映像の中に出てくるSIRUPくんが等身大の存在感であってほしかった欲かった。その裏づけとして、「こういう場所だから」「こういう人たちが撮影しているから」っていうものが欲しかったんですよね。

仕事相手に向けた笑顔ではなくて、本当に顔が緩んじゃうような瞬間を撮りたかったけど、僕が撮っても、かっこつけた顔になっちゃう。なので、SIRUPくんに近しい人たちにも撮ってもらうのはどうだろう? って考えたんです。実際に、SIRUPくんの実際のお母さんとお兄ちゃん、あと、曲を作っているMori Zentaroくんにもカメラを持って撮影してもらっています。

笠井:使うカメラも、全部をプロカメラで撮るのではなく、プロカメラ、Hi8(家庭用ビデオの規格)、iPhoneと、質感の違うカメラをスイッチングしていく。そうすることで、全部のカメラに違う関係性が映りこむだろうし、そこから「SIRUPとはなんぞや?」っていうものが見えてくればいいなっていう試みでした。

―なるほど。多角的な視点から、様々な表情のKYOtaroを映し出そうと。

笠井:僕らが笑わせているわけじゃなくて、親しい人たちがいるから自然と笑っている……そんな画の出どころに、心温まるものがあるのがいいなと思ったんです。真面目にしているように見えても、実は堪えているかもしれないって思えば、面白いとも思うし(笑)。

SIRUP“Evergreen”MV撮影風景
SIRUP“Evergreen”MV撮影風景

笠井:映像自体は、特別変わったものではないんですけど、あの場所で、あのメンツで撮影することが、この“Evergreen”という曲のMVにとっては正解だと思ったんですよね。とにかく、嘘がないSIRUPくんを撮りたかった。なので、どのカットでも、SIRUPくんが慣れすぎてしまう前の、最初のテイクを使っていますね。

2019年5月18日(土)開催『CROSSING CARNIVAL19』でのSIRUP出演の様子。パフォーマンスの最後には“Evergreen”のMVを先行して上映した
2019年5月18日(土)開催『CROSSING CARNIVAL19』でのSIRUP出演の様子。パフォーマンスの最後には“Evergreen”のMVを先行して上映した
Page 1
次へ

サイト情報

DAIV『CASE STUDY』特設ページ
DAIV『CASE STUDY』特設ページ

SIRUPの新曲“Evergreen”のMV制作に密着したメイキングムービーが公開中。MVのねらいやマシンに求めるスペックを語ったインタビューも掲載。

商品情報

XXX
デスクトップPC DAIV-DGZ530シリーズ(DAIV-DGZ530U2-M2SH5)

画像 / 動画 / 写真 / イラストなど全てのクリエイティブ制作に。

リリース情報

SIRUP『FEEL GOOD』
SIRUP
『FEEL GOOD』

2019年5月29日(水)発売
価格:3,024円(税込)
RZCB-87001

1. Pool
2. Do Well
3. Why
4. Rain
5. Evergreen
6. Slow Dance feat.BIM
7. Synapse
8. CRAZY
9. PRAYER
10. SWIM
11. PLAY feat.TENDRE
12. LOOP

プロフィール

笠井裕輔(かさい ゆうすけ)

アートディレクション、グラフィックデザイン、映像の企画・制作などを行うクリエイティブ・スタジオYARに所属する映像ディレクター。今回制作した“Evergreen”の他、手がけたMVには1stシングルである“Synapse”やYouTubeの再生回数が300万回を越えている“Do Well”などがある。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. サニーデイ・サービス曽我部の純情と歌。成熟を拒み、走り出せ 1

    サニーデイ・サービス曽我部の純情と歌。成熟を拒み、走り出せ

  2. キンプリ平野紫耀が体当たりで「問題」に挑む、ビタミン炭酸MATCH新CM 2

    キンプリ平野紫耀が体当たりで「問題」に挑む、ビタミン炭酸MATCH新CM

  3. 殺人鬼の異常な心情を描く R15+映画『アングスト/不安』予告&場面写真 3

    殺人鬼の異常な心情を描く R15+映画『アングスト/不安』予告&場面写真

  4. 『きのう何食べた?』西島秀俊が演じるシロさんの料理レシピ動画を公開 4

    『きのう何食べた?』西島秀俊が演じるシロさんの料理レシピ動画を公開

  5. 映画『キングダム』続編製作決定 山崎賢人、吉沢亮、橋本環奈が続投 5

    映画『キングダム』続編製作決定 山崎賢人、吉沢亮、橋本環奈が続投

  6. ゴッホ『ひまわり』が下着に 「巨匠のブラ」新デザイン登場 6

    ゴッホ『ひまわり』が下着に 「巨匠のブラ」新デザイン登場

  7. 広瀬アリス&すず、永山瑛太&絢斗がコメント 坂元裕二作ドラマ『Living』 7

    広瀬アリス&すず、永山瑛太&絢斗がコメント 坂元裕二作ドラマ『Living』

  8. 草彅剛主演『ミッドナイトスワン』に服部樹咲、水川あさみ、田口トモロヲら 8

    草彅剛主演『ミッドナイトスワン』に服部樹咲、水川あさみ、田口トモロヲら

  9. 『あつまれ どうぶつの森』コミュニケーションの代替だけでない魅力 9

    『あつまれ どうぶつの森』コミュニケーションの代替だけでない魅力

  10. 「唄う」ためにEXILEを脱退した清木場俊介。ソロ活動11年目だから唄えた、自身の軌跡 10

    「唄う」ためにEXILEを脱退した清木場俊介。ソロ活動11年目だから唄えた、自身の軌跡