特集 PR

ナカコー×Kazumichi Komatsu 「新しい日本の音楽」を談義する

ナカコー×Kazumichi Komatsu 「新しい日本の音楽」を談義する

Koji Nakamura『Epitaph』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:木村篤史 編集:矢島由佳子(CINRA.NET編集部)

Koji Nakamura(以下、ナカコー)が2017年にスタートさせた新プロジェクト『Epitaph』が12曲入りのCDアルバムとしてリリースされる。『Epitaph』はストリーミングサービス上のプレイリストにて1か月に2~3曲がアップロードされ、アレンジや曲順が逐一変わっていくというもの。インターネット上の様々な音楽を聴き漁り、オンラインショップ「Meltinto」を運営したりと、「決められた枠組み」に捉われず、自由な活動を志向し続けてきたナカコーだけに、「DAW+アクセスモデル時代の新しい表現」である『Epitaph』は、辿り着くべくして辿り着いた作品だと言っていいだろう。

そんな『Epitaph』の制作パートナーとして迎えられたのは、京都を拠点に活動するトラックメーカー・Kazumichi Komatsu(Madegg)。ナカコーが「全部お任せした」と語っているように、プロデュース、プログラミング、エディットを担い、ノンビートで様々な音と声が溶け合う作風に多大な貢献を果たしている。作詞を担当したArita shohei、客演のゆるふわギャング・Ryugo Ishida & NENEやabelestも含め、若い世代との共作はナカコーにとって非常に大きな刺激となったようだ。プロジェクトが示唆するものについて、ナカコーとKazumichi Komatsu(以下、Madegg)に語ってもらった。

「CDを出したい」という気持ちよりも、「曲ができたらアップする」という方が自然だと思っている。(Madegg)

―まずは『Epitaph』というプロジェクトのアイデアがどのように生まれたのか、そして、そのパートナーとしてMadeggさんを起用した理由を話していただけますか?

ナカコー:前のアルバム(『Masterpeace』、2014年リリース)を作ってからしばらくは、あんまり自分の音楽を作ることに興味がなかったんです。でも、Spotifyとかを使うことで今までとは違う形式で作品を発表できるという話を聞いて、それは面白いと思って。

Madeggくんのことは以前から知ってて、「次作るんだったら、この人とやりたいな」と思っていました。Madeggくんの音楽や、周辺の状況を見聞きする中で、こういう感覚の人たちが「今」って感じがしたし、「今」と向き合いたい、という気持ちがありましたね。

左から:Koji Nakamura、Kazumichi Komatsu(Madegg)
左から:Koji Nakamura、Kazumichi Komatsu(Madegg)

―ナカコーさんが「今」を感じたポイントとは?

ナカコー:自分が高校生のときは、NIRVANAがいたりして、グランジ、ローファイ、ノイズとか、オルタナティブなカルチャーを「この人たちすごい」と思って聴いてたわけですけど、もし今自分が高校生だったら、Madeggくん、食品(まつり)くん、Metomeくんとかを見て、同じ気持ちになっただろうなって。そこにはもちろんインターネットがあって、今自分が高校生だったら絶対インターネットをやっているだろうし、その中でビビッときただろうなって思う。

―ナカコーさんの音楽の入口がバンドだったのに対して、Madeggさんは16歳からDAWを使って音響作品を作っていたそうで、そこからして感覚は違うでしょうしね。

Madegg:でも、僕は「DAWをやりたい」という目的が最初からあったわけじゃなくて、間違いみたいな始まりなんです。

友達がシンセだと思って買ったらソフトシンセのコントローラーのキーボードで、「鳴らんやん!」って意気消沈してたから、それを僕が持ち返ったところから始まったっていう(笑)。僕は今26歳で、いわゆる「DTMer」という名前が出てきた初期の世代だと思うんですけど、最初は普通にバンドやりたいと思ってました。

ナカコー:そうなんだ(笑)。

Kazumichi Komatsu / Madegg(まっどえっぐ)<br>Kazumichi Komatsu(小松千倫=こまつかずみち)のソロプロジェクト。1992年高知県生まれ。京都市在住。音楽家、美術家。2009年頃よりコンピューターを使った作曲をはじめる。「インターネット・ミーム」によるストーリーの自動生成のリサーチのもと、喪失や紛失、画像風景や人物のプロフィールにフォーカスし、ポスト・ウェブ環境における表現を探る音響・映像作品を展開する。
Kazumichi Komatsu / Madegg(まっどえっぐ)
Kazumichi Komatsu(小松千倫=こまつかずみち)のソロプロジェクト。1992年高知県生まれ。京都市在住。音楽家、美術家。2009年頃よりコンピューターを使った作曲をはじめる。「インターネット・ミーム」によるストーリーの自動生成のリサーチのもと、喪失や紛失、画像風景や人物のプロフィールにフォーカスし、ポスト・ウェブ環境における表現を探る音響・映像作品を展開する。

―Madeggさんは、ナカコーさんの音楽に対してどんな印象を持っていましたか?

Madegg:まず単純に、メロディーがすごく好きです。バンドにしろソロにしろ、ナカコーさんを純粋化したときに残るものにはすごく影響を受けてると思います。シューゲイザーっぽいけど、日本人にしかできない解釈……なのかな? “地図にないルート”がめちゃくちゃ好きで、あの曲にはナカコーさんらしさがすごく表れてる気がするんですよね。

Koji Nakamura(こうじ なかむら)<br>1995年「スーパーカー」を結成。解散後、「iLL」「Nyantora」「LAMA」で活動。その活動はあらゆる音楽ジャンルに精通する可能性を見せメロディーメーカーとして確固たる地位を確立し、CMや映画、ドラマの劇伴制作、アートの世界までに届くボーダレスなコラボレーションを展開。その他remixerとしても様々なアーティトを手がけ遺憾なくその才能を発揮している。
Koji Nakamura(こうじ なかむら)
1995年「スーパーカー」を結成。解散後、「iLL」「Nyantora」「LAMA」で活動。その活動はあらゆる音楽ジャンルに精通する可能性を見せメロディーメーカーとして確固たる地位を確立し、CMや映画、ドラマの劇伴制作、アートの世界までに届くボーダレスなコラボレーションを展開。その他remixerとしても様々なアーティトを手がけ遺憾なくその才能を発揮している。

―“地図にないルート”はこのプロジェクトの起点と言っていいのでしょうか?

ナカコー:あのトラックにはまだMadeggくんは参加してないんですけど、もう「次からはMadeggくんとやる」というのは決まってたから、「なにやってもいいや」みたいな気分はあって。なので、モードとしてはすでにこっちに向かっていたときですね。

―『Epitaph』のプレイリストが最初に公開されたのは2017年4月だったわけですが、音源の発表方法が多様化していく中にあって、なにか特定の出来事にインスパイアされたことがきっかけになっているのでしょうか?

ナカコー:特定のなにかっていうのはなくて……自分はレコード、CD、iTunes、BandcampやSoundCloud、ストリーミングに至る流れをずっと見てきて、「どうなっていくだろう?」と思いながら生きてきたんですけど……プレイリストで出していくことがどういうことなのかって、正直言うと、「わかるけど、よくわからない」というか。なので、Madeggくんの世代がそれをどう思ってるのかは気になっていました。……曲を作る上では、あまり気にせずやってましたけどね。

Madegg:自分の感覚からすると、きちんとフィジカルとしてまとまった作品をリリースするというモデルに対する挑戦というか、紙資料にも書いてあるように「DAW+アクセスモデル時代の新しい表現のトライ」だということは、最初から汲み取れていました。

僕もCDを出してはいますけど、特別に「CDを出したい」みたいな気持ちはそんなにないんですよ。それよりも「曲ができたらアップする」という方が自然だと思っているし、ネットを介しての反応込みで制作していくので、もはや「リリースが制作に入ってる」というか。なので、「どんどん曲がストックされていくし、曲が変わっていく」ということは、違和感なく、自然にやれました。

Page 1
次へ

リリース情報

『Epitaph』(CD)
Koji Nakamura
『Epitaph』(CD)

2019年6月26日(水)発売
価格:2,808円(税込)
KSCL-3149

1. Emo
2. Lotus
3. Wonder feat. Ryugo Ishida & NENE
4. Reaction Curve #2
5. Open Your Eyes
6. Influence
7. Hood
8. Sense
9. Being
10. 1977
11. Night
12. No Face feat. abelest

プロフィール

Koji Nakamura
Koji Nakamura(こうじ なかむら)

ナカコーことKoji Nakamura。1995年「スーパーカー」を結成。解散後、「iLL」「Nyantora」やナカコー、フルカワミキ、田渕ひさ子(NUMBER GIRL/bloodthirsty butchers/toddle)、牛尾憲輔(agraph)からなるバンド「LAMA」で活動。その活動はあらゆる音楽ジャンルに精通する可能性を見せメロディーメーカーとして確固たる地位を確立し、CMや映画、ドラマの劇伴制作、アートの世界までに届くボーダレスなコラボレーションを展開。その他remixerとしても様々なアーティトを手がけ遺憾なくその才能を発揮している。そして、2014年4月には自身の集大成プロジェクトKoji Nakamuraを始動させ『Masterpeace』をリリース。現在は、「NYANTORA」、「LAMA」、ナスノミツルや中村達也と組んだ「MUGAMICHILL」、Merzbow、Duenn、Nyantoraによるノイズユニット「3REASA」で活動しながら、アンビエント、実験音楽といった「レフトフィールドな音世界」を届けるイベント『Hardcore Ambience』を定期的に行っている。また日本作品として初めてフランス・カンヌ国際シリーズフェスティバル コンペティション部門に正式出品されたドラマ『潤一』の劇伴音楽とエンディングテーマ曲、『WOWOWオリジナルドラマ アフロ田中』の劇伴音楽とメインテーマ曲を担当。2017年4月より、音楽は有機的に変化するものをテーマにストリーミングプロジェクトを展開。6月26日、5年ぶりのCD作品『Epitaph』をリリースする。

Kazumichi Komatsu / Madegg
Kazumichi Komatsu / Madegg(まっどえっぐ)

Kazumichi Komatsu(小松千倫=こまつかずみち)のソロプロジェクト。1992年高知県生まれ。京都市在住。音楽家、美術家。2009年頃よりコンピューターを使った作曲をはじめる。これまでにflau、angoisse、REST NOW!、Manila Institute、BUS editions等の様々な国のレーベルやパブリッシャーよりアルバム・EPを多数リリース、オンラインでの作品発表を行なっている。Tim Hecker、Julia Holter、Mark Fell、Arca、Die Reiheなどのアーティストの来日公演をサポート。一方で、「インターネット・ミーム」によるストーリーの自動生成のリサーチのもと、喪失や紛失、画像風景や人物のプロフィールにフォーカスし、ポストウェブ環境における表現を探る音響・映像作品を展開する。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは 1

    荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは

  2. あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催 2

    あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催

  3. 曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか? 3

    曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか?

  4. 山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開 4

    山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開

  5. 『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施 5

    『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施

  6. 星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM 6

    星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM

  7. のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開 7

    のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開

  8. 表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活 8

    表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活

  9. シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔 9

    シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔

  10. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 10

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される