特集 PR

一見サイケな集団? 音も絵も画も手がける空中カメラの正体

一見サイケな集団? 音も絵も画も手がける空中カメラの正体

空中カメラ『COMMUNICATIONs』
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:山口こすも 編集:矢島大地(CINRA.NET編集部)

存在そのものから、とても根の深いサイケデリアを感じさせるバンドである。少年期からの幼馴染4人と、その中心人物の兄によって構成される5人組バンド、空中カメラ。音楽制作だけでなく、ミュージックビデオ、イラスト、デザイン、ウェブ制作なども自分たちで手掛けることで独自の世界観を強固に構築している彼らが、情報とカルチャーの海を泳ぎ、玩具すらも楽器に変えながら生み出す作品たち。それは、まるで桃源郷のように、甘く、気持ちよく、そして気だるく、この世界と、ひとりぼっちのベッドルームの狭間をフワフワと漂っている。一見とてもポップだが、その根底には、とても鬱屈とした精神性も感じさせる……そんな音楽だ。一体、この5人は、空中カメラとはなんなのだろう? 聴けば聴くほどに、そんな疑問が頭の中にこびりつく。

そんな彼らが5月29日にリリースした新作アルバムのタイトルは、『COMMUNICATIONs』。タイトルが示すように、このアルバムでは、様々な形態のコミュニケーションが描かれていくが、それは決して、満たされたコミュニケーションではない。ここに描かれているのは、「あなた」や「世界」との届かない距離の中で無力感に襲われ、祈るように手を伸ばしながら、狂おしい思いを抱え続ける主人公たちだ。この5人はこの先、一体どのようなコミュニケーションを、この世界を繰り広げていくのだろうか? 5人全員インタビューで、この弾けるようなポップスの根底にある精神性をのぞき込んでみた。

不登校だったし、前に出たがりはしないんだけど、目立ちたがり屋だった(笑)。(竜)

―「幼馴染の4人+ボーカルの兄」という根の深い関係、ミュージックビデオやデザイン、イラスト、ウェブ制作までも自分たちで完結させる活動スタイルも含めて、非常に強固なコミュニティを形成していますよね。端から見ると、存在自体がサイケデリックにも見える、というか(笑)。

田中(Key,おもちゃ&その他):カルト集団的な(笑)。

寒川(Gt,おもちゃ):ヤバいな(笑)。

―そこまでは言ってないです(笑)。そもそもは、隼さん以外の4人で空中カメラは始まったんですよね。根本的に、空中カメラはどんな感覚を共有している集団なのだと思いますか?

牧野(Ba,Cho):それぞれ別の部活とか別の仲よしグループでバラバラに遊んでいたけど、文化的な話を共通項にしてギュッと集まったっていう感じだと思います。そもそも、全員が最初から仲がよかったわけではなくて、この3人(寒川、田中、牧野)が、それぞれ別ルートで中村(竜、隼)の家に遊びに行っていたんですよね。

竜(Vo,Gt):そうだね。僕は中学校の頃に不登校だったんですよ。その頃に、放課後にみんながうちに遊びに来る感じになっていて、このメンツが集まってきたんですよね。

空中カメラ(くうちゅうかめら)<br>中村竜(Vo,Gt)、田中野歩人(Key,おもちゃ&その他)、牧野岳(Ba,Cho)、寒川響(Gt,おもちゃ)、中村隼(Dr)の5人からなるバンド。幼、小、中、高校の同級生(1992~3年生まれ)とその兄で構成される。宅録ユニットとしてスタートし、徐々にライブ活動を開始。1960~70年代英米ポップ・ロックのフィーリングと、1980年代ニューウェイブのエッジ感と、J−POPのメロディ感覚が絶妙に混ざり合った、大ポップワールドを展開中。ビデオ、デザイン、イラストレーション、ウェブサイト、漫画までメンバーが手掛ける。
空中カメラ(くうちゅうかめら)
中村竜(Vo,Gt)、田中野歩人(Key,おもちゃ&その他)、牧野岳(Ba,Cho)、寒川響(Gt,おもちゃ)、中村隼(Dr)の5人からなるバンド。幼、小、中、高校の同級生(1992~3年生まれ)とその兄で構成される。宅録ユニットとしてスタートし、徐々にライブ活動を開始。1960~70年代英米ポップ・ロックのフィーリングと、1980年代ニューウェイブのエッジ感と、J−POPのメロディ感覚が絶妙に混ざり合った、大ポップワールドを展開中。ビデオ、デザイン、イラストレーション、ウェブサイト、漫画までメンバーが手掛ける。

―不登校だけど家が溜まり場になっているって、不思議な感じもしますね。

田中:不登校とはいっても、なぜか竜はクラスの人気者だったな。文化発表会でギター弾いたりして。

:そうだね。元々、バスケ部に入部したんですけど、そこが合わなくて。それから部活をサボると同時に不登校になっていったんですけど、運動会とか修学旅行みたいな、行事ごとには必ず行く感じだったんですよね。

隼(Dr):竜くんは小学生くらいの頃から、あまり学校が好きそうじゃなかったんですけど。でも、目立ちたがり屋なんですよね(笑)。

田中:その感じは、今もあるよね。

:前に出たがりはしないんだけど、目立ちたがり屋っていう(笑)。

―なるほど(笑)。

寒川:僕も中学校の頃は不登校だったんですよ。みんなで一緒になにかをやるっていうことがひどく苦手で。集団に所属して、なんらかの役割を得るっていうことをイヤだと思ってしまう性格だったんです。だから、どこにも属せないし、友達もできないし。でも、高校で初めてこいつらと友達になって、そのまま空中カメラにつながっていて。自分にとっては、今でもここが一番居心地のいい集団だし、空中カメラ以外の集団に属したら自分がどうなってしまうかわからないくらいです。

左から:牧野岳 上:中村隼、中村竜 下:寒川響、田中野歩人
左から:牧野岳 上:中村隼、中村竜 下:寒川響、田中野歩人

キャッチーだけど禍々しさの残っているものとか、情報量が多いけどポップなものが好きっていうのが、このメンバーの共通点かもしれない。(田中)

―寒川さん的には、何故、空中カメラという集団は居心地よく属せるのだと思います?

寒川:さっき牧野も少し言っていましたけど、やっぱり、共通言語になるカルチャーの話があったのがよかったんだと思います。音楽や漫画の話が通じるっていうのが一番よかったんですよね。

―全員の共通言語となっていたカルチャーっていうのは、どんなものだったんですか?

:奥田民生さんに始まり、漫画だと『AKIRA』とか、松本大洋さんの作品とか。あと、フリッパーズ・ギターに、学校の授業で習っていたThe Beatlesに、たま。ちょうど、僕らが中学生くらいの頃にYouTubeが出回り始めたんです。なので、自分たちで検索して『イカ天』とかを見ることができるようになったのが大きかったです。

たま『犬の約束』を聴く(Apple Musicはこちら

牧野:僕ら1990年代前半生まれって、多感な時期にYouTubeでいろんな文化を横断的に摂取できるようになった、わりと最初の世代だと思うんですよ。そういう中で、いろんな文化を摂取しながら好きな文化を共有できたのが大きかったんだと思います。

田中:その中でも、今竜が言ったような、キャッチーなんだけど禍々しさの残っているものとか、情報量が多いけどポップにまとまっているものが好きっていうのが、このメンバーの共通点になっていったのかもしれない。今の僕らの曲もそうなんですけど、いろんな情報や文脈を詰め込みながらも、最終的にはポップにまとまっているものがいいなと思うんですよね。

空中カメラ
Page 1
次へ

リリース情報

空中カメラ『COMMUNICATIONs』
空中カメラ
『COMMUNICATIONs』

2019年5月29日(水)発売
価格:2,592円(税込)
VMAN-082

イベント情報

『空中カメラ主催「シャッターチャンス」』

2019年6月30日(日)
会場:東京都 渋谷HOME
ゲスト:ayU tokiO

『空中カメラ ワンマンライブ』

2019年8月2日(金)
会場:東京都 渋谷O-nest

プロフィール

空中カメラ(くうちゅうかめら)

中村竜(Vo,Gt)、田中野歩人(Key,おもちゃ&その他)、牧野岳(Ba,Cho)、寒川響(Gt,おもちゃ)、中村隼(Dr)の5人からなるバンド。幼、小、中、高校の同級生(1992~93年生まれ)とその兄で構成される。宅録ユニットとしてスタートし、徐々にライブ活動を開始。1960~1970年代英米ポップ・ロックのフィーリングと、1980年代ニューウェイブのエッジ感と、J−POPのメロディ感覚が絶妙に混ざり合った、大ポップワールドを展開中。ビデオ、デザイン、イラストレーション、ウェブサイト、漫画までメンバーが手掛ける。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ボカロ文化の歴史を次世代に繋ぐ試み 『プロジェクトセカイ』鼎談 1

    ボカロ文化の歴史を次世代に繋ぐ試み 『プロジェクトセカイ』鼎談

  2. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 2

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  3. 『森、道、市場』第2弾で石野卓球、君島大空、パ音、TENDRE、クラムボンら 3

    『森、道、市場』第2弾で石野卓球、君島大空、パ音、TENDRE、クラムボンら

  4. 歌を絶やさぬように 久保田麻琴が探る「日本のうた」の過去と未来 4

    歌を絶やさぬように 久保田麻琴が探る「日本のうた」の過去と未来

  5. 新垣結衣、H&Mの2021GWキャンペーン「LET'S CHANGE」アンバサダーに就任 5

    新垣結衣、H&Mの2021GWキャンペーン「LET'S CHANGE」アンバサダーに就任

  6. ジョニー・デップ製作・主演の映画『MINAMATA』9月公開 音楽は坂本龍一 6

    ジョニー・デップ製作・主演の映画『MINAMATA』9月公開 音楽は坂本龍一

  7. 米津玄師の新シングル『Pale Blue』6月発売 ドラマ『リコカツ』主題歌収録 7

    米津玄師の新シングル『Pale Blue』6月発売 ドラマ『リコカツ』主題歌収録

  8. ドキュメンタリー『映画:フィッシュマンズ』出演者発表&ティザー予告到着 8

    ドキュメンタリー『映画:フィッシュマンズ』出演者発表&ティザー予告到着

  9. 『アメリカン・ユートピア』にいとうせいこう、オダギリジョーら35組が賛辞 9

    『アメリカン・ユートピア』にいとうせいこう、オダギリジョーら35組が賛辞

  10. カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために 10

    カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために