特集 PR

みんなのこどもちゃんが見据えるアイドルの形。神対応はできない

みんなのこどもちゃんが見据えるアイドルの形。神対応はできない

Eggs
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:垂水佳菜 編集:中田光貴(CINRA.NET編集部)

引きこもりやいじめ、不登校、あるいはそれに関連するニュースは、元号が「令和」に変わった今も途切れる気配を見せない。否、それどころかむしろ増加し、深刻化する一方のようにさえ思う。インターネットやSNSが普及し、物心ついたときからそれらに囲まれ育った子供たちは、常に自分が「どう思われているか?」を伺いながら、世間との距離を測りながら生きているようにも見える。

「壁」を背負った異色のアイドル・みんなのこどもちゃんは、もはや後戻りできないそんなディストピアの中で、生きる意味を模索し続けている。今年5月よりスタートした、5か月連続デジタルリリースの第1弾シングル『壁』は、引きこもり〜不登校だったほのかとしなもんが、いかにして壁を背負うに至ったのかを赤裸々に綴ったヘビーなメッセージソングに仕上がっている。

サウンドプロデュースを務めるJin Tanaka(BACK DROP BOMB)に、「40代の自分にもリアルに響く」と言わしめた、ほのかの書く歌詞世界は、一体どのような経験から生まれてきたものなのだろうか。「誰にも媚びない」生き方を貫くほのかと、彼女に会うため引きこもりを脱したしなもんに話を聞いた。

今の私たちにとって「壁」は必要なものというか、守ってくれる存在だと思う。(ほのか)

─取材中にも「壁」を背負っているんですね。そもそもなぜお2人は「壁」を背負うことになったんですか?

ほのか:打ち合わせのときにスタイリストさんが、私たちになにかを背負わせたいとおっしゃって……(笑)。2人とも引きこもりで、心に壁を持っていたという話をしたら「じゃあ、壁を背負うのはどう?」みたいな話になったのがきっかけでした。

みんなのこどもちゃん<br>左から:ほのか、しなもん。人と関わりをうまく持てない「壁」を持つ少女ふたりが生きにくい今を生きる子供たちのリアルな心の叫びを歌にする。
みんなのこどもちゃん
左から:ほのか、しなもん。人と関わりをうまく持てない「壁」を持つ少女ふたりが生きにくい今を生きる子供たちのリアルな心の叫びを歌にする。
2人とも取材中も「壁」を背負っていた
2人とも取材中も「壁」を背負っていた

─今回、5月から5か月連続でリリースされるシングルの第1弾もタイトルが『壁』です。みんなのこどもちゃん(以下、こどもちゃん)にとって、「壁」というのは重要なキーワードなのですね。

ほのか:はい。この曲の中で<おとうさん / おかあさん / ふたつの黒い壁が / わたしを孤立させる>と歌っているように、自分にとって最初の「壁」は両親でした。それがずっと嫌だったというか、自分を孤立させる煩わしいものというふうに感じていたんです。

でも、小学生になってインターネットという「壁のない世界」の中に飛び込んでいったときに、たくさんの中傷を受けて。やっぱり「壁」って必要なんだということに気づいて、今度は自分で壁を作ってその中に逃げ込んだんですよね。だから、今の私たちにとって「壁」は必要なものというか、守ってくれる存在だと思っています。

─「ネットでの中傷」というのは、ブログをやっていたときの出来事ですか?

ほのか:そうです。ブログを始めたのは小学校6年生の頃だったんですけど、当時自分が抱えていた気持ちのモヤモヤを、吐き出す場所を求めていたんですよね。学校がどれだけ嫌か? とか思ったことを赤裸々に書いていたのを、クラスメートに見つかってしまって。

それまでは、ブログを通じて知り合う人も増えてきて「なんて生きやすい世界なんだろう」と思っていたのが、だんだん「ネットって怖い」と思うようになっていって。中傷を受けるようになってからは「なんでこんなこと始めちゃったんだろう……」となってしまいました。

ブログを閉鎖してもスクショを取られたりして、ずっと残ってしまうじゃないですか。そんなことも全く考えずに始めてしまったのを、後悔したこともありました。「もし、ネットをやってなかったら今頃普通に生活していたかもしれない」って。5年生の頃から不登校気味だったんですが、ブログがバレてからはなおさら行きにくくなってしまいましたね。

─その当時は、セキュリティのことなどあまり考えていなったんですかね?

ほのか:全然考えていませんでした。本名でやっていたし(笑)。軽い感じで始めたブログだったけど、割とランキング上位になってしまったことも、(クラスメートに見つかった)理由の1つだったのかな。実際、ブログ経由でデビューのお話もいただいたし。こどもちゃん結成の前に、そのアイドルグループで活動を始めたことも、より学校へ行きにくくしていました。

ほのか
ほのか

─しなもんさんがほのかさんを知ったのも、ブログがきっかけだったとか。

しなもん:はい。見始めてすぐに閉鎖しちゃったので、主にTwitterを見ていました。

─それで「会いに行こう」と。その頃、しなもんさんも不登校気味だったんですよね?

しなもん:外にもほとんど出てない状況でした。というのも、小4の終わりくらいに、体調不良で2週間くらい欠席したんです。それで「もうダメだ」って。勉強にもクラスの雰囲気にも「ついていけない」と思っちゃったんです。

─その状態で、面識のないほのかさんにわざわざ会いに行くって相当なモチベーションだと思います。

しなもん:あははは、確かに。私はもともとアイドルに興味がなくて、会いに行ったこともないし、メールを送ったこともなかったんですけど、なぜかほのかのことは「面白い人だなあ」「会いたいなあ」って思ったんですよね。

しなもん
しなもん

ほのか:4歳も下の子に「面白い」とか言われるの嫌だなあ(笑)。

─その頃のほのかさんは、さっきおっしゃっていたアイドルグループを辞め、歌舞伎町のカフェで働いていたんですよね。Twitterにどんなことを書いていたんですか?

ほのか:リプしてくる人たちに、ガンガン喧嘩売ってました。なにか言われたら、とりあえず上から返したりして(笑)。そのくせネットしか居場所がなかったから、1分おきくらいにツイートしていた時期もありましたね。「今電車に乗ってる」「電車降りた」みたいな。今日はなにを食べて、どこへ行って、いつ寝るかまで行動を全部報告してたんですよ。

Page 1
次へ

アプリ情報

『Eggs』
『Eggs』

アーティストが自身の楽曲やプロフィール、活動情報、ライブ映像などを自由に登録・公開し、また、リスナーも登録された楽曲を聴き、プレビューや「いいね」等を行うことができる、アーティストとリスナーをつなぐ新しい音楽の無料プラットフォーム。登録アーティストの楽曲視聴や情報は、「Eggsアプリ」(無料)をダウンロードすると、いつでもお手もとでお楽しみいただけます。

料金:無料

リリース情報

みんなのこどもちゃん『壁』
みんなのこどもちゃん
『壁』

2019年5月1日配信

みんなのこどもちゃん『ひとりごと』
みんなのこどもちゃん
『ひとりごと』

2019年6月1日配信

みんなのこどもちゃん
『死んだうた』

2019年7月1日配信予定

イベント情報

『-死んだうた-Release event』

2019年7月1日(月)
会場:東京都 チェルシーホテル

『みんなのこどもちゃん TOUR 2019 ほのかとしなもん』

2019年8月3日(土)
会場:神奈川県 F.A.D YOKOHAMA
出演:みんなのこどもちゃん
and more

2019年8月4日(日)
会場:千葉県 LOOK
出演:みんなのこどもちゃん
and more

2019年8月10日(土)
会場:新潟県 GOLDEN PIGS RED STAGE
出演:みんなのこどもちゃん
and more

2019年8月11日(日)
会場:山形県 Live-ARB
出演:みんなのこどもちゃん
and more

2019年8月12日(月)
会場:秋田県 LIVESPOT2000
出演:みんなのこどもちゃん
and more

2019年8月14日(水)
会場:北海道 Bessie Hall
出演:みんなのこどもちゃん
and more

2019年8月16日(金)
会場:静岡県 Sunash
出演:みんなのこどもちゃん
and more

2019年8月17日(土)
会場:岐阜県 柳ヶ瀬ants
出演:みんなのこどもちゃん
and more

2019年8月18日(日)
会場:京都府 GROWLY
出演:みんなのこどもちゃん
and more

2019年8月19日(月)
会場:徳島県 Crowbar
出演:みんなのこどもちゃん
and more

2019年8月21日(水)
会場:広島県 Bad Lands
出演:みんなのこどもちゃん
and more

2019年8月22日(木)
会場:福岡県 Queblick
出演:みんなのこどもちゃん
and more

2019年8月24日(土)
会場:大阪府 ROCKTOWN
出演:みんなのこどもちゃん
and more

2019年8月25日(日)
会場:愛知県 HUCK FINN
出演:みんなのこどもちゃん
and more

2019年8月29日(木)
会場:東京都 LIQUIDROOM
出演:みんなのこどもちゃん
and more

プロフィール

KREVA
みんなのこどもちゃん

人と関わりをうまく持てない『壁』を持つ少女ふたりが生きにくい今を生きる子供たちのリアルな心の叫びを歌にする。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

東京ゲゲゲイ“KIRAKIRA 1PAGE”

ダンスのみならず多角的な活躍を見せる東京ゲゲゲイが“KIRAKIRA 1PAGE”のMVを公開。作詞作曲はリーダーのMIKEYが担当した他、作曲には新進気鋭のトラックメイカー・MATZも参加。これまでのキテレツさや妖艶さを押し出された作品とは打って変わって、爽やかで切なさを感じさせるMVとなっている。5人が勢ぞろいして一糸乱れぬダンスを見せる終盤の展開は圧巻。是非、最後の最後まで鑑賞してほしいMVだ。(中田)

  1. 菅田将暉が語る、芸術文化への問題意識。米津らと共有する価値観 1

    菅田将暉が語る、芸術文化への問題意識。米津らと共有する価値観

  2. BTSの映画『BRING THE SOUL: THE MOVIE』予告編公開 上映館や前売情報も 2

    BTSの映画『BRING THE SOUL: THE MOVIE』予告編公開 上映館や前売情報も

  3. 『音楽の日』に三浦大知、嵐、IZ*ONE、欅坂46、椎名林檎、WANIMAら登場 3

    『音楽の日』に三浦大知、嵐、IZ*ONE、欅坂46、椎名林檎、WANIMAら登場

  4. 山田孝之「踏んづけて!」 AV監督村西とおるの半生描く『全裸監督』予告編 4

    山田孝之「踏んづけて!」 AV監督村西とおるの半生描く『全裸監督』予告編

  5. 米津玄師やあいみょんの映像を手掛ける山田智和、初個展『都市の記憶』開催 5

    米津玄師やあいみょんの映像を手掛ける山田智和、初個展『都市の記憶』開催

  6. ハイバイ岩井秀人が語る演劇と小金井 23区外が持つオルタナ精神 6

    ハイバイ岩井秀人が語る演劇と小金井 23区外が持つオルタナ精神

  7. 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』場面カット公開、新キャラ登場 7

    『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』場面カット公開、新キャラ登場

  8. サカナクション“モス”PV公開、深田恭子主演ドラマ『ルパンの娘』主題歌 8

    サカナクション“モス”PV公開、深田恭子主演ドラマ『ルパンの娘』主題歌

  9. 「うんこミュージアム TOKYO」お台場に8月オープン、テーマ曲はtofubeats 9

    「うんこミュージアム TOKYO」お台場に8月オープン、テーマ曲はtofubeats

  10. 松岡茉優×松坂桃李×森崎ウィン×鈴鹿央士 映画『蜜蜂と遠雷』予告編公開 10

    松岡茉優×松坂桃李×森崎ウィン×鈴鹿央士 映画『蜜蜂と遠雷』予告編公開