特集 PR

NABOWAが語る、結成15年の境地 誰にも媚びない揺るぎない自信

NABOWAが語る、結成15年の境地 誰にも媚びない揺るぎない自信

『Park Live』
インタビュー・テキスト
峯大貴
撮影:工藤ちひろ 編集:山元翔一(CINRA.NET編集部)

Ginza Sony Parkで毎週金曜日の夜をはじめ、不定期に行われている入場無料のライブプログラムが『Park Live』だ。「音楽との偶発的な出会い」をコンセプトにした同プログラムに前日、東京・代官山UNITでのワンマンライブを終えたばかりのNABOWAが出演。Sawagiのコイチ(Key)を迎えた5人編成で登場した彼らは、4月24日にリリースされたばかりの新作『DUSK』からの楽曲を中心に1時間ほどの演奏を行った。

NABOWAの音楽において、テクニカルなフレーズや複雑なアンサンブルが肝となっていることはたしかだ。しかし、各パートが混然一体となってまっすぐ胸に飛び込み、広大な景色が眼前に広がっていく今の彼らのサウンドを「ポストロック」と言い表すことには、どうしても躊躇いがある。「普遍性、大衆性はポップであることに依存しない」としたインストゥルメンタル――それは、今でも拠点とする京都のストリートでのライブ活動をバンドの出発点とし、今年15周年となる年月を経てNABOWAがようやくたどり着いた理想郷のようだ。この日のステージを終えたばかりの4人に、今のNABOWAを形成する重要な「出会い」と新作について伺った。

NABOWAは、路上ライブをしていたのがはじまりなんですけど、今日はその感覚に近いものがありました。(景山)

―代官山UNITでのワンマン公演と2日連続のライブでしたが、今日の『Park Live』の演奏はいかがでしたか? 当日開催発表の無料ライブということもあり、たまたま通りかかったようなお客さんもいたでしょうし、客席と同じ高さのステージなど普通のライブハウスとは違った環境だと思いますが。

景山(Gt):もともとNABOWAは、京都の四条通りのデパート前とかで路上ライブをしていたのがはじまりなんですけど、今日はその感覚に近いものがありましたね。当時は歩いている人たちに向けて、期待されてないなかでいかにして「もっと観たい」と思ってもらえるか、ということを考えたライブをやっていたので、改めてこういう環境も実は得意なんじゃないかなと感じました。

川上(Dr):たしかにストリートライブに近いかも。

山本(Violin):路上でやっていた当時は、大前提として耳障りにならないように気をつけていた部分があるんですけど、そこだけ今回は違いますね。偶然観てもらうという気負いがない路上ライブ的な要素はありつつ、自分たちが表現するものをしっかり受け取ってほしいという意識もあった。だから原点に回帰しつつ、15年の蓄積してきたものも乗ったライブができる環境で、すごくいい機会でした。

NABOWA(なぼわ / 左から:山本啓、川上優、景山奏、堀川達)<br>京都を拠点に活動している4人組インストゥルメンタル・バンド。2019年4月に発売した『DUSK』を含め、現在までに6枚のアルバムをリリース。国内外大型フェスへの出演や、近年は、台湾3都市ツアー、香港ワンマンを行うなどライブアクトとしてアジアでも高い評価を獲得している。
NABOWA(なぼわ / 左から:山本啓、川上優、景山奏、堀川達)
京都を拠点に活動している4人組インストゥルメンタル・バンド。2019年4月に発売した『DUSK』を含め、現在までに6枚のアルバムをリリース。国内外大型フェスへの出演や、近年は、台湾3都市ツアー、香港ワンマンを行うなどライブアクトとしてアジアでも高い評価を獲得している。

―今回のインタビューは『Park Live』のコンセプトである「出会い」になぞらえて、今年15周年でアルバム『DUSK』をリリースされたばかりの今のNABOWAに変化をもたらした重要な「出会い」について伺いたいです。

山本:特にこの5年くらいは各々で活動することも増えて、その経験をNABOWAに持ち帰ってまた4人で音楽を作るという感じになっていて。だからそれぞれに「出会い」はあると思います。

景山:たしかに。僕の場合は、この5~6年で韻シストのTAKUさんにギターを教えてもらうようになったのが大きいですね。これまで僕はギタリストとしてブラックミュージックを通ってなかったんですけど、韻シストのライブを観てヒップホップをバンドサウンドに取り入れる際のギターアプローチにやられてしまって。そこから連絡を取ってギターを教えてもらうようになったんです。

それまでギターはずっと独学でしたけど、教えてもらうことで初めて知ったルールもあって、ちゃんと勉強と練習せなあかんなと。音楽に対する考えも自分のなかで変わりましたね。

―TAKUさんが弾くギターのすごさはどんなところにあるのでしょうか?

景山:ループのフレーズを弾いていても、しっかりグルーヴを作っていたり、そのなかにメロウなコードを差し込んでくるところですかね。グルーヴって人を惑わせる曖昧な言葉だと思いますけど、TAKUさんに「グルーヴってどうやったら出せるんですか?」と聞いたら「グルーヴって言っても人によって解釈がいろいろいあるから、とても一言では言えんけど、ひとつあるのはポケットみたいに入るポイントがあるからそこをめがけて音を置いてあげるっていうような感覚はあるかな」って言われて。「なんじゃそれ~!」と思ったんですけど、またいろんな音楽を聴いて試行錯誤して相談しに行ったら、間違えている部分をロジカルに解説してくれるので自分のギターのアプローチが広がりました。

あとは川谷絵音さん(indigo la End、ゲスの極み乙女。など)との出会いも大きいです。自分のソロをTHE BED ROOM TAPE名義でやりはじめたときに、川谷さんがTwitterでアルバムのことを書いてくれて。

Page 1
次へ

イベント情報

『Park Live』

2019年5月12日(日)
会場:Ginza Sony Park 地下4階

ライブハウスともクラブとも一味違う、音楽と触れ合う新たな場となる"Park Live"。音楽との偶発的な出会いを演出します。
開催日:毎週 金曜日20:00 - 、不定期

リリース情報

NABOWA『DUSK』
NABOWA
『DUSK』(CD)

2019年4月24日(水)発売
価格:2,700円(税込)
DDCB-12109

1. DUSK
2. NINETY EIGHT
3. PARK ON MARS
4. ALINEA
5. UMA
6. JOE
7. TE
8. SAYONARA INAGO
9. MADANIS
10. DAYBREAK

プロフィール

NABOWA(なぼわ)

京都を拠点に活動している4人組インストゥルメンタル・バンド。2019年4月に発売した『DUSK』を含め、現在までに6枚のアルバムをリリース。国内外大型フェスへの出演や、近年は、台湾3都市ツアー、香港ワンマンを行うなどライブアクトとしてアジアでも高い評価を獲得している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 『ジョジョ』東方仗助、岸辺露伴、吉良吉影モデルのスーツがP.S.FAから登場 1

    『ジョジョ』東方仗助、岸辺露伴、吉良吉影モデルのスーツがP.S.FAから登場

  2. マーベル作品の異端かつ、ど真ん中 『ワンダヴィジョン』 2

    マーベル作品の異端かつ、ど真ん中 『ワンダヴィジョン』

  3. 坂元裕二の朗読劇開催 高橋一生×酒井若菜、林遣都×有村架純ら4組が出演 3

    坂元裕二の朗読劇開催 高橋一生×酒井若菜、林遣都×有村架純ら4組が出演

  4. 『鬼滅の刃』胡蝶しのぶの日輪刀を再現 セリフや効果音など35種の音声収録 4

    『鬼滅の刃』胡蝶しのぶの日輪刀を再現 セリフや効果音など35種の音声収録

  5. GEZANマヒト×Essential Store田上 人を繋ぐ「モノ」の力 5

    GEZANマヒト×Essential Store田上 人を繋ぐ「モノ」の力

  6. 星野源が語る、創作の原点 「ものづくり」を通じて他者と向き合う 6

    星野源が語る、創作の原点 「ものづくり」を通じて他者と向き合う

  7. 伊勢丹の「あのショッパー」が限定レザーバッグに 通販では即完売 7

    伊勢丹の「あのショッパー」が限定レザーバッグに 通販では即完売

  8. 北村匠海主演、カツセマサヒコ原作『明け方の若者たち』映画化 2022年公開 8

    北村匠海主演、カツセマサヒコ原作『明け方の若者たち』映画化 2022年公開

  9. 映画『花束みたいな恋をした』 坂元裕二が描く、20代の5年間の恋 9

    映画『花束みたいな恋をした』 坂元裕二が描く、20代の5年間の恋

  10. Uttzsが変えるオンライン鑑賞体験。離れた場所でも豊かな時間を 10

    Uttzsが変えるオンライン鑑賞体験。離れた場所でも豊かな時間を