特集 PR

PAELLASが体現する世代意識「諦めていても、絶望はしていない」

PAELLASが体現する世代意識「諦めていても、絶望はしていない」

PAELLAS『sequential souls』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:木村篤史 編集:矢島由佳子(CINRA.NET編集部)
2019/06/04

昨年秋に発表された全編日本語詞の配信シングル『Orange』と『Weight』も大きな話題を呼んだPAELLASが、6月5日にニューアルバム『sequential souls』をEMI Recordsからリリースする。インディR&Bやハウスなどからの影響を昇華し、精緻なミニマリズムとアトモスフェリックな音像によって構築されたサウンドと、ボーカルのMATTONの艶やかな歌声に対する評価は非常に高く、すでに国内のみならず、アジア各国で支持を獲得している。

彼らがこれまで一貫して描いてきたのは「夜を舞台とした、2人の緊密な関係性」であり、そのメランコリックかつロマンティックな世界観が聴き手を魅了してきたことは間違いない。そして、それはメンバーのパーソナリティとも紐づきつつ、時代のムードや世代意識の表れでもあるはずだ。「諦めてはいても、絶望はしていない」。MATTONが口にしてくれたそんな感覚は、PAELLASの平熱的な音の背後から、確かに感じられるものだ。

J-ROCKに対するカウンターとしてやっている意識はなくて、4人でやるとどうしてもこうなっちゃう。(MATTON)

―レーベル移籍のタイミングかつ、CINRA.NETでは初めての取材なので、今日は改めて「PAELLASとは?」という部分を聞きたいと思っています。音楽性はもちろん、歌詞が日本語から英語になったりと、結成以来の様々な変化の一方で、それでも変わらない「PAELLASらしさ」もまた確実にあると思うのですが、バンドとして、もしくは個人として、「PAELLASらしさ」をどう捉えていますか?

MATTON(Vo):今はそこまでこだわらなくなったんですけど、ある時期までメインテーマになっていたのは「夜っぽさ」ですね。ひとりで音楽を聴く時間に寄り添って、ちょっとだけ色や雰囲気、感情を変えるようなもの。

その上で、「熱量」がPAELLASらしさなのかもしれない。わりと平熱的なんだけど、ただ淡々とシステマチックな感じではなくて、人間味がある。「夜っぽさ」と「平熱感」はPAELLASの雰囲気としてずっとあるなって思います。

bisshi(Ba):「ひとりで聴く音楽」というのは、ずっとあると思いますね。ライブハウスへ聴きに来るにしても、みんなで聴きに来てるわけではなくて、そこにいるのは一人ひとりだし、その一人ひとりに対してバンドが語りかけて空間を作ってる。PAELLASの音楽は「みんなの空間」ではない、というのはずっとありますね。

PAELLAS(ぱえりあず)<br>左から:bisshi(Ba)、Satoshi Anan(Gt)、MATTON(Vo)、Ryosuke Takahashi(Dr)。MATTON、bisshiを中心に大阪で結成。2014年、東京に拠点を移し本格始動。様々な年代やジャンルの要素を独自のセンスで解釈し、都市の日常、心象風景にフィットするサウンドを生み出す。
PAELLAS(ぱえりあず)
左から:bisshi(Ba)、Satoshi Anan(Gt)、MATTON(Vo)、Ryosuke Takahashi(Dr)。MATTON、bisshiを中心に大阪で結成。2014年、東京に拠点を移し本格始動。様々な年代やジャンルの要素を独自のセンスで解釈し、都市の日常、心象風景にフィットするサウンドを生み出す。

―日本のバンドシーンは熱量の高い音楽に対してみんなが一体になって盛り上がることが今もメインストリームを担っていて、それはそれでもちろんアリなんだけど、ちょっと偏り過ぎだとは思う。そんななかでPAELLASが支持を集めていることは、時代の空気の変化を感じさせます。

Anan(Gt):まあ、各々のメンバーが出してる音がPAELLASらしさだっていう、単純にそういうところでしかないんですけどね。

MATTON:そう、この4人でやるとこうなっちゃうんですよ。アッパーな……J-ROCKっていうんですかね? そこに対するカウンターとしてこれをやっている意識はなくて、4人でやるとどうしてもこうなっちゃうというか、こうにしかならない。それが最近改めてわかって、今はそこを突き詰めようとしています。

Takahashi(Dr):だから、PAELLASらしさって、この4人の性格ってことじゃないですかね? ここまで話してわかったと思うんですけど、テンション低いじゃないですか?(笑)

―うん、高くはない(笑)。

左から:Ryosuke Takahashi、MATTON、Satoshi Anan、bisshi
左から:Ryosuke Takahashi、MATTON、Satoshi Anan、bisshi
左から:bisshi、MATTON、Ryosuke Takahashi、Satoshi Anan
左から:bisshi、MATTON、Ryosuke Takahashi、Satoshi Anan

Takahashi:この感じが音にも表れてると思うんですよ。個人的に、アッパーなドラムを叩けって言われたら叩けますし、テンション高い曲ももちろん聴きますけど、この4人でいるときは今みたいな平熱のテンションなんです。それがそのままPAELLASの音になってると思いますね。

―「夜っぽさ」や「平熱感」、あるいは歌詞の内省的かつロマンティックな雰囲気は、インディR&Bやハウスのような音楽ジャンルにも影響を受けつつ、そもそも4人のパーソナリティの表れだということですよね。それはもっと言えば、世代感や時代感の表れだったりもすると思うのですが、その自覚はどの程度ありますか?

MATTON:そこは、僕個人の感覚だと思うんですよね。ただ、僕の感覚はみんなと同じだと思うし、聴く人はその一人ひとりだから、それでいいのかなって。

―自分のことを歌えば、同じように感じているであろう人たちにも届く、という考え方?

MATTON:僕は本当に自分のことを「普通」だと思っているし、なんらかの新たなメッセージを作って届けるタイプではないと思っていて。自分たちの音楽を聴く人と同じくらい、僕も普通の人間で……まあ、なにが普通かは人それぞれだと思うし、ちょっと語弊があるかもしれないけど。とにかく自分が書いてるのは自分そのままですね。

左から:Ryosuke Takahashi、MATTON、Satoshi Anan
Page 1
次へ

リリース情報

PAELLAS『sequential souls』
PAELLAS
『sequential souls』(CD)

2019年6月5日(水)発売
価格:3,024円(税込)
UPCH-20515

1. in your eyes
2. Horizon
3. Ride
4. mellow yellow
5. searchlight
6. [wayhome]
7. just like
8. Crystal
9. airplane
10. Weight
11. Orange(new mix)

イベント情報

『sequential souls RELEASE TOUR』

2019年6月15日(土)
会場:北海道 札幌 SPiCE

2019年6月16日(日)
会場:宮城県 仙台 MACANA

2019年6月28日(金)
会場:石川県 金沢 AZ

2019年6月29日(土)
会場:愛知県 名古屋 JAMMIN'

2019年6月30日(日)
会場:大阪府 Music Club JANUS

2019年7月6日(土)
会場:東京都 恵比寿 LIQUIDROOM

2019年7月12日(金)
会場:福岡県 INSA

プロフィール

PAELLAS
PAELLAS(ぱえりあず)

メンバーは、MATTON(Vo)、Satoshi Anan(Gt)、bisshi(Ba)、Ryosuke Takahashi(Dr)。MATTON、bisshiを中心に大阪で結成。2014年、東京に拠点を移し本格始動。様々な年代やジャンルの要素を独自のセンスで解釈し、都市の日常、心象風景にフィットするサウンドを生み出す。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表 1

    東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表

  2. 常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ” 2

    常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ”

  3. 異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生 3

    異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生

  4. 在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介 4

    在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介

  5. お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん 5

    お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん

  6. シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』 6

    シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』

  7. カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く 7

    カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く

  8. 「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載 8

    「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載

  9. 「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る 9

    「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る

  10. ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで 10

    ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで