SEBASTIAN X永原真夏と行く『高嶺格:とおくてよくみえない』展

80年代から90年代にかけて日本のみならず世界中のダンス/パフォーマンスシーンに多大な影響を与えた集団「ダムタイプ」。その活動にも参加した現代美術家・高嶺格による展示『高嶺格:とおくてよくみえない』が、横浜美術館で1月21日から3月20日まで開催されています。時に「難解」と形容されがちな現代美術の展覧会を一緒に巡るのは、メキメキと実力をつけている注目のバンドSEBASTIAN Xのボーカル・永原真夏さん。お父さんが高嶺さんの出身校、岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー(IAMAS)で教えていらっしゃったという永原さんの感性と知性で、注目の展示をご紹介いただきます。



フィードバック 0

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Art,Design
  • SEBASTIAN X永原真夏と行く『高嶺格:とおくてよくみえない』展

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて