特集 PR

ビヨンセは世界を唯一救う女性 ファン歴=年齢のRIRIが語る

ビヨンセは世界を唯一救う女性 ファン歴=年齢のRIRIが語る

『Park Live』
インタビュー・テキスト
渡辺志保
撮影:玉村敬太 編集:久野剛士(CINRA.NET編集部)

アーティストの人生を変えた、音楽との出会い。そんな「音楽との偶発的な出会い」をコンセプトに、Ginza Sony Parkで毎週金曜日の夜をはじめ、不定期に行われている入場無料のライブプログラム『Park Live』。毎回、ジャンル、世代、国境を超えたアーティストが出演するこのイベントに、5月22日、RIRIが出演した。

小袋成彬、KEIJUとコラボレーションした“Summertime”が、今年の資生堂「アネッサ」のタイアップ楽曲に選ばれるなど、話題を集める若手R&BシンガーRIRIに、「音楽との出会い」について聞いた。そこでは、0歳のときに出会い、憧れ続けたというビヨンセの存在が語られた。

つかまり立ちしていたくらいの歳から、すでにリズムを取って動いていたみたいです。

―今日はGinza Sony Parkで最新EP『Summertime』のリリースライブが行われたタイミングでの取材ですが、『Park Live』のテーマが「音楽との偶発的な出会い」ということで、まずはRIRIさんと音楽の出会いから伺いたいと思います。

RIRI:私は赤ちゃんのときから、ずーっと音楽を聴いていました。母がすごく洋楽が好きで、家でも普段からいろんなジャンルの音楽が流れていて。つかまり立ちしていたくらいの歳から、すでにリズムを取って動いていた感じだったみたいです。

RIRI(りり)<br>1999年11月5日生まれの現在、最も注目されるR&B / ポップシンガー。2011年、ホイットニー・ヒューストンやセリーヌ・ディオンなどを手がけた名プロデューサー、デビッド・フォスターが主催した世界的次世代スターを発掘するオーディションに出場し、僅か11歳でファイナリストのひとりに選ばれる。2016年11月2日にリリースした初EP『I love to sing』はApple Music「R&B / ソウルランキング」で1位を記録。2018年ソニーミュージック アソシエイテッドレコーズより、1st アルバム『RIRI』と2nd『NEO』をリリース。2019年5月22日には、最新EP『Summertime EP』をリリースした。
RIRI(りり)
1999年11月5日生まれの現在、最も注目されるR&B / ポップシンガー。2011年、ホイットニー・ヒューストンやセリーヌ・ディオンなどを手がけた名プロデューサー、デビッド・フォスターが主催した世界的次世代スターを発掘するオーディションに出場し、僅か11歳でファイナリストのひとりに選ばれる。2016年11月2日にリリースした初EP『I love to sing』はApple Music「R&B / ソウルランキング」で1位を記録。2018年ソニーミュージック アソシエイテッドレコーズより、1st アルバム『RIRI』と2nd『NEO』をリリース。2019年5月22日には、最新EP『Summertime EP』をリリースした。

―初めて自分で「音楽が好きだ!」とか「この歌が好きだ!」と認識したときって覚えています?

RIRI:認識したのは、Destiny's Child(以下、デスチャ)の『Independent Women, Pt. 1』とか『Survivor』の辺り。母から聞いた話だと、私が車で寝ていたときに、突然“Independent Women, Pt. 1”が流れた瞬間があって、母が「もしかして起きてないよね?」って後ろを向いたら、私がこうやって踊っていて(※腕を回しながら。MV1:25~のあたり)思わず「こわ!」と思ったらしいんです(笑)。しかも、ちゃんとリズムも合っていたみたいで。でも同時に、母も「この子はそんなに音楽が好きなんだなあ」って思ったらしくて。

幼い頃のRIRIも踊っていたDestiny's Childの“Independent Women, Pt. 1”MV

―小さい頃から洋楽のR&Bに触れて来たんですね。R&Bの魅力って、どんなところにあると思いますか?

RIRI:曲の雰囲気やサウンドに魅力を感じますね。R&Bって、エモーションを表現するタイプのジャンルじゃないですか。だから、歌っているうちにどんどん気持ちよくなるというか。歌い始めたときも、歌っていて一番楽しいと思ったのがR&Bだったんです。

―シンガーを目指したきっかけは?

RIRI:物心ついた、3、4歳の頃からすでに「歌手になりたい」って漠然とした夢がありました。ずっと音楽を聴いて育ってきたというのもあったので、とにかく音楽の道を進むことが自然な感じで。

RIRI

―それはお母さんにいわれて……とかではなく、自発的に?

RIRI:はい、自発的に。小さい頃、母が「りーちゃんはなにになるの?」っていつも質問してたらしんですけど、そのときから「歌手になるー!」って答えていたらしくて。歌を歌うことも、ダンスをすることも、自分で好きでやってきた感じです。

そして、11歳のときにデヴィッド・フォスターさんのオーディション(ホイットニー・ヒューストンらを手がけた伝説的な音楽プロデューサー。RIRIは2011年にオーディションを受け、ファイナリストのひとりに選ばれた)を受けました。

―次世代アーティストを探す世界的なオーディションでしたよね。そもそも、オーディションを受けたきっかけはなんだったんですか?

RIRI:たまたま母が「こういうのがあるよ」って教えてくれて、そのまま「面白そうだよね」って。そのとき、すでに応募締め切りの2週間前くらいだったので、合格するしない、ってことよりも、「デヴィッド・フォスターさんに自分の声を聴いてもらいたい」という熱い思いで参加しました。

RIRI

―デヴィッド・フォスターは、ビヨンセが映画『ドリームガールズ』(ビル・コンドン監督 / 2006年)で披露した“Listen”を手がけているプロデューサーでもありますしね。

RIRI:そうですね。やっぱりビヨンセは私の目標でもありますし、昔から一番尊敬する存在です。

Page 1
次へ

イベント情報

『Park Live』

2019年3月22日(金)
会場:Ginza Sony Park 地下4階
ライブハウスともクラブとも一味違う、音楽と触れ合う新たな場となる"Park Live"。音楽との偶発的な出会いを演出します。
開催日:毎週 金曜日20:00 - 、不定期

リリース情報

『Summertime EP』(CD)
RIRI
『Summertime EP』(CD)

2019年5月22日(水) 発売
価格:1,700円(税込)
AICL-3629
1. Summertime / RIRI, KEIJU, 小袋成彬
2. Better Days
3. luv luv feat. Junoflo
4. HONEY (BUNNY Remix)
5. Dilemma (Produced by DJ CHARI & DJ TATSUKI) / JP THE WAVY & RIRI

プロフィール

RIRI(りり)

1999年11月5日生まれの現在、最も注目されるR&B / Popシンガー 。2011年、ホイットニー・ヒューストンやセリーヌ・ディオンなどを手がけた名プロデューサー、デビッド・フォスターが主催した世界的次世代スターを発掘するオーディションに出場し、僅か11歳でファイナリストのひとりに選ばれる。2016年11月2日にリリースした初EP『I love to sing』はApple Music 「R&B / ソウルランキング」で1位を記録。2018年ソニーミュージック アソシエイテッドレコーズより、1st アルバム『RIRI』と2nd『NEO』をリリース。2019年5月22日には、最新EP『Summertime EP』をリリースした。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. 曽我部恵一×後藤まりこ 歌も人生も、原始的な欲望に従うままに 1

    曽我部恵一×後藤まりこ 歌も人生も、原始的な欲望に従うままに

  2. 電気グルーヴから「鬼日」のお知らせが到着、今年で30年目 2

    電気グルーヴから「鬼日」のお知らせが到着、今年で30年目

  3. 一発撮りYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」 初回はadieuこと上白石萌歌 3

    一発撮りYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」 初回はadieuこと上白石萌歌

  4. やなぎみわが後世に説く「死んだ人に聞きなさい」その真意は? 4

    やなぎみわが後世に説く「死んだ人に聞きなさい」その真意は?

  5. 渋谷PARCO屋上で『シブカル祭。』無料ライブ 佐藤千亜妃、TAMTAMら出演 5

    渋谷PARCO屋上で『シブカル祭。』無料ライブ 佐藤千亜妃、TAMTAMら出演

  6. カネコアヤノ×松本穂香 器用に生きられない二人のもがき方 6

    カネコアヤノ×松本穂香 器用に生きられない二人のもがき方

  7. 『石野卓球の地獄温泉』今年も開催 入場者に1ネジ配布 7

    『石野卓球の地獄温泉』今年も開催 入場者に1ネジ配布

  8. グザヴィエ・ドラン監督作『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』3月に日本公開 8

    グザヴィエ・ドラン監督作『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』3月に日本公開

  9. NICO Touches the Wallsが「終了」を発表 9

    NICO Touches the Wallsが「終了」を発表

  10. 京極尚彦監督『映画クレヨンしんちゃん』来年4月公開 予告編&ビジュアル 10

    京極尚彦監督『映画クレヨンしんちゃん』来年4月公開 予告編&ビジュアル