特集 PR

ビヨンセは世界を唯一救う女性 ファン歴=年齢のRIRIが語る

ビヨンセは世界を唯一救う女性 ファン歴=年齢のRIRIが語る

『Park Live』
インタビュー・テキスト
渡辺志保
撮影:玉村敬太 編集:久野剛士(CINRA.NET編集部)

アーティストの人生を変えた、音楽との出会い。そんな「音楽との偶発的な出会い」をコンセプトに、Ginza Sony Parkで毎週金曜日の夜をはじめ、不定期に行われている入場無料のライブプログラム『Park Live』。毎回、ジャンル、世代、国境を超えたアーティストが出演するこのイベントに、5月22日、RIRIが出演した。

小袋成彬、KEIJUとコラボレーションした“Summertime”が、今年の資生堂「アネッサ」のタイアップ楽曲に選ばれるなど、話題を集める若手R&BシンガーRIRIに、「音楽との出会い」について聞いた。そこでは、0歳のときに出会い、憧れ続けたというビヨンセの存在が語られた。

つかまり立ちしていたくらいの歳から、すでにリズムを取って動いていたみたいです。

―今日はGinza Sony Parkで最新EP『Summertime』のリリースライブが行われたタイミングでの取材ですが、『Park Live』のテーマが「音楽との偶発的な出会い」ということで、まずはRIRIさんと音楽の出会いから伺いたいと思います。

RIRI:私は赤ちゃんのときから、ずーっと音楽を聴いていました。母がすごく洋楽が好きで、家でも普段からいろんなジャンルの音楽が流れていて。つかまり立ちしていたくらいの歳から、すでにリズムを取って動いていた感じだったみたいです。

RIRI(りり)<br>1999年11月5日生まれの現在、最も注目されるR&B / ポップシンガー。2011年、ホイットニー・ヒューストンやセリーヌ・ディオンなどを手がけた名プロデューサー、デビッド・フォスターが主催した世界的次世代スターを発掘するオーディションに出場し、僅か11歳でファイナリストのひとりに選ばれる。2016年11月2日にリリースした初EP『I love to sing』はApple Music「R&B / ソウルランキング」で1位を記録。2018年ソニーミュージック アソシエイテッドレコーズより、1st アルバム『RIRI』と2nd『NEO』をリリース。2019年5月22日には、最新EP『Summertime EP』をリリースした。
RIRI(りり)
1999年11月5日生まれの現在、最も注目されるR&B / ポップシンガー。2011年、ホイットニー・ヒューストンやセリーヌ・ディオンなどを手がけた名プロデューサー、デビッド・フォスターが主催した世界的次世代スターを発掘するオーディションに出場し、僅か11歳でファイナリストのひとりに選ばれる。2016年11月2日にリリースした初EP『I love to sing』はApple Music「R&B / ソウルランキング」で1位を記録。2018年ソニーミュージック アソシエイテッドレコーズより、1st アルバム『RIRI』と2nd『NEO』をリリース。2019年5月22日には、最新EP『Summertime EP』をリリースした。

―初めて自分で「音楽が好きだ!」とか「この歌が好きだ!」と認識したときって覚えています?

RIRI:認識したのは、Destiny's Child(以下、デスチャ)の『Independent Women, Pt. 1』とか『Survivor』の辺り。母から聞いた話だと、私が車で寝ていたときに、突然“Independent Women, Pt. 1”が流れた瞬間があって、母が「もしかして起きてないよね?」って後ろを向いたら、私がこうやって踊っていて(※腕を回しながら。MV1:25~のあたり)思わず「こわ!」と思ったらしいんです(笑)。しかも、ちゃんとリズムも合っていたみたいで。でも同時に、母も「この子はそんなに音楽が好きなんだなあ」って思ったらしくて。

幼い頃のRIRIも踊っていたDestiny's Childの“Independent Women, Pt. 1”MV

―小さい頃から洋楽のR&Bに触れて来たんですね。R&Bの魅力って、どんなところにあると思いますか?

RIRI:曲の雰囲気やサウンドに魅力を感じますね。R&Bって、エモーションを表現するタイプのジャンルじゃないですか。だから、歌っているうちにどんどん気持ちよくなるというか。歌い始めたときも、歌っていて一番楽しいと思ったのがR&Bだったんです。

―シンガーを目指したきっかけは?

RIRI:物心ついた、3、4歳の頃からすでに「歌手になりたい」って漠然とした夢がありました。ずっと音楽を聴いて育ってきたというのもあったので、とにかく音楽の道を進むことが自然な感じで。

RIRI

―それはお母さんにいわれて……とかではなく、自発的に?

RIRI:はい、自発的に。小さい頃、母が「りーちゃんはなにになるの?」っていつも質問してたらしんですけど、そのときから「歌手になるー!」って答えていたらしくて。歌を歌うことも、ダンスをすることも、自分で好きでやってきた感じです。

そして、11歳のときにデヴィッド・フォスターさんのオーディション(ホイットニー・ヒューストンらを手がけた伝説的な音楽プロデューサー。RIRIは2011年にオーディションを受け、ファイナリストのひとりに選ばれた)を受けました。

―次世代アーティストを探す世界的なオーディションでしたよね。そもそも、オーディションを受けたきっかけはなんだったんですか?

RIRI:たまたま母が「こういうのがあるよ」って教えてくれて、そのまま「面白そうだよね」って。そのとき、すでに応募締め切りの2週間前くらいだったので、合格するしない、ってことよりも、「デヴィッド・フォスターさんに自分の声を聴いてもらいたい」という熱い思いで参加しました。

RIRI

―デヴィッド・フォスターは、ビヨンセが映画『ドリームガールズ』(ビル・コンドン監督 / 2006年)で披露した“Listen”を手がけているプロデューサーでもありますしね。

RIRI:そうですね。やっぱりビヨンセは私の目標でもありますし、昔から一番尊敬する存在です。

Page 1
次へ

イベント情報

『Park Live』

2019年3月22日(金)
会場:Ginza Sony Park 地下4階
ライブハウスともクラブとも一味違う、音楽と触れ合う新たな場となる"Park Live"。音楽との偶発的な出会いを演出します。
開催日:毎週 金曜日20:00 - 、不定期

リリース情報

『Summertime EP』(CD)
RIRI
『Summertime EP』(CD)

2019年5月22日(水) 発売
価格:1,700円(税込)
AICL-3629
1. Summertime / RIRI, KEIJU, 小袋成彬
2. Better Days
3. luv luv feat. Junoflo
4. HONEY (BUNNY Remix)
5. Dilemma (Produced by DJ CHARI & DJ TATSUKI) / JP THE WAVY & RIRI

プロフィール

RIRI(りり)

1999年11月5日生まれの現在、最も注目されるR&B / Popシンガー 。2011年、ホイットニー・ヒューストンやセリーヌ・ディオンなどを手がけた名プロデューサー、デビッド・フォスターが主催した世界的次世代スターを発掘するオーディションに出場し、僅か11歳でファイナリストのひとりに選ばれる。2016年11月2日にリリースした初EP『I love to sing』はApple Music 「R&B / ソウルランキング」で1位を記録。2018年ソニーミュージック アソシエイテッドレコーズより、1st アルバム『RIRI』と2nd『NEO』をリリース。2019年5月22日には、最新EP『Summertime EP』をリリースした。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『永遠に僕のもの』本予告

8月16日に公開される映画『永遠に僕のもの』の予告編が公開された。アルゼンチン犯罪歴史の中で最も有名な連続殺人犯でありながらも、その美しさから「ブラック・エンジェル」「死の天使」と称された少年・カルリートスの美しくも儚い青春を描いた実話。美、孤独、愛、欲望、青春、犯罪……。これらが渾然一体となっているような少年の衝動がポップに描かれ、疾走感のあるエッジの効いた映像となっている。(野々村)

  1. 犯罪者たちの痕跡を展示『シリアルキラー展』明日からヴァニラ画廊で開催 1

    犯罪者たちの痕跡を展示『シリアルキラー展』明日からヴァニラ画廊で開催

  2. サザエさん一家を等身大でリアルに再現 『サザエさん展 THE REAL』7月開催 2

    サザエさん一家を等身大でリアルに再現 『サザエさん展 THE REAL』7月開催

  3. サカナクション“忘れられないの”PV公開 80年代前半を研究&再現 3

    サカナクション“忘れられないの”PV公開 80年代前半を研究&再現

  4. KOHHとワンオクが歌う「見えない抑圧」 大谷ノブ彦×柴那典放談 4

    KOHHとワンオクが歌う「見えない抑圧」 大谷ノブ彦×柴那典放談

  5. 実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素 5

    実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素

  6. WANIMAの全楽曲がサブスク配信、特別動画公開&渋谷駅にメッセージ広告 6

    WANIMAの全楽曲がサブスク配信、特別動画公開&渋谷駅にメッセージ広告

  7. ムッソリーニが現代ローマに復活 映画『帰ってきたムッソリーニ』予告編 7

    ムッソリーニが現代ローマに復活 映画『帰ってきたムッソリーニ』予告編

  8. 『おっさんずラブ』全話一挙上映会が全国11劇場で開催、田中圭の舞台挨拶も 8

    『おっさんずラブ』全話一挙上映会が全国11劇場で開催、田中圭の舞台挨拶も

  9. スピッツの魅力を再確認。『なつぞら』主題歌収録『優しいあの子』発売 9

    スピッツの魅力を再確認。『なつぞら』主題歌収録『優しいあの子』発売

  10. 小栗旬×宮沢りえ、沢尻エリカ、二階堂ふみ 映画『人間失格』予告&主題歌 10

    小栗旬×宮沢りえ、沢尻エリカ、二階堂ふみ 映画『人間失格』予告&主題歌