特集 PR

Saucy Dogが気づいた十人十色。感覚が違う3人だからできる音楽

Saucy Dogが気づいた十人十色。感覚が違う3人だからできる音楽

サントリー 天然水 GREEN TEA
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:垂水佳菜 編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)

自分らしくありながら、他者と共存する。そう言葉にするのは簡単だが、実際は難しい。ときに「自分らしさ」は自己弁護のためのエクスキューズとなり、向上心や人とのコミュニケーションを拒絶することにもなりかねないからだ。「私はこうだから」ではなく、お互いが無理せず心地よい距離感を保つためには、それなりのコツがいる。たとえそれが「バンド」という共通の夢を持つ集団であっても、「社会」であることに変わりないのだ。

吉田兼好による『徒然草』を、5組のアーティストがそれぞれに解釈して曲を作る『徒然なるトリビュート』。その第4弾は、Saucy Dog。メンバーの脱退など、試練を乗り越え3人組となり、アマチュアバンドの登竜門『MASH FIGHT』で見事グランプリを勝ちとりデビューした彼らもまた、「自分らしさ」と「他者との共存」の狭間で葛藤した時期があった。

今回のインタビューでメンバーの秋澤和貴は、「まともな会話すらないときもあった」と明かしてくれたが、そんな彼らが「徒然なるままに」ではじまるあまりにも有名な序段にインスパイアされ、「人によって感受性は違うし、違っていいんだよ」というテーマの楽曲“雀ノ欠伸”を作り上げるまでには、一体どんな紆余曲折があったのだろうか。

吉田兼好さんの気持ちに近づきたいと思い、世の中を引いて眺めてみたんです。(石原)

―みなさんは、これまで『徒然草』を読んだことありました?

石原(Vo,Gt):お話をいただいたときは、僕ら3人とも名前しか知りませんでした(笑)。なので、このオファーをいただいてすぐに現代語訳の本を買って読んでみたんですけど……いやあ、普段あんまり活字を読まないので苦戦しました(笑)。

『徒然草』といえば、「徒然なるままに、日暮らし、硯(すずり)に向かひて」ではじまる序段が有名ですよね。これを読んでまず、僕とは考え方が全然違う人なんだな兼好さんは、と思いました。

Saucy Dog(さうしーどっぐ)<br>左から:せとゆいか、石原慎也、秋澤和貴<br>2013年西日本各地出身のメンバーが大阪で結成した、3ピースギターロックバンド。メンバーチェンジを経て2016年度MASH A&RのオーディションでGP受賞。代表曲“いつか” のMVは再生回数800万回を突破。
Saucy Dog(さうしーどっぐ)
左から:せとゆいか、石原慎也、秋澤和貴
2013年西日本各地出身のメンバーが大阪で結成した、3ピースギターロックバンド。メンバーチェンジを経て2016年度MASH A&RのオーディションでGP受賞。代表曲“いつか” のMVは再生回数800万回を突破。

―どんなところでそう感じたのでしょう?

石原:「心にうつりゆく由無し事を、そこはかとなく書き付くれば、あやしうこそ物狂ほしけれ」ってつまり、「1人で何となく心に浮かんだことを書き連ねていくと、だんだんミステリアスな感じになっちゃって、そんななかで自分を見つめ直すことで、本当の自分が見えてくるのではないか?」っていう意味らしいんですけど、「はあ、そんなことってあるのか」という感想を持ったんです。

『徒然草』序段 原文と現代語訳
『徒然草』序段 原文と現代語訳

石原:僕は、曲や歌詞は書くけど「物書き」ではないし、紙と鉛筆を用意して机の上で書いているわけじゃないですし。でも、少しでも兼好さんの気持ちに近づきたいなと思い、携帯電話を脇に置いて、1人で散歩したり絵を描いたりしながら世の中を一歩引いた状態で眺めてみたら、どんな気持ちになるかを試してみたんです。

―「徒然なるままに」を自分で試してみたのですね。どうでした?

石原:不思議な体験でしたね。いつもは「こんな絵を描いてほしい」と頼まれてからとり掛かっていたんですけど、何も制限がないところから描きはじめると、普段とは違う抽象的な感覚が自分のなかに起こったような気がします。

―歌詞を書く場合でも、大抵はメロディーのなかに当てはまる言葉を探すというか、ある意味では「制限」のなかでの表現といえますよね。全く制限がないところから作りはじめるのは、なかなか難しそうな気がします。

石原:そうなんですよ! めちゃめちゃ難しかった(笑)。

―秋澤さんと、せとさんは普段、思っていることを文章にすることってあります?

せと(Dr):私もたまに曲を書くんですけど、それは何か曲にしたいテーマみたいなものがあるんです。「これめっちゃ思うよなあ」ってことを膨らませてひとつの曲にしていくことが多くて。だから、頭に思い浮かんだことをつらつらと書いていく……みたいなことはほとんどないです。ただ、歌詞を書きながらイメージを膨らませていると、思いもよらない言葉が出てきて「あ、私はこんなこと思ってたんや」と気づくことはありますね。

秋澤(Ba):俺は何もしてないな、そういうこと……(笑)。絵や文章を書いて自分と向き合うというより、誰かと話しているときの方が、自分と向き合えているかもしれないです。いろんな人と話すことで、自分が今まで思っていたことにも違う側面が見えてきたり、反対の意見があったりということを知るじゃないですか。それって、1人で考えていたら到達し得ない視点だと思うんですよね。

左から:秋澤和貴、石原慎也、せとゆいか
左から:秋澤和貴、石原慎也、せとゆいか
Page 1
次へ

商品情報

天然水GREEN TEA
サントリー 天然水GREEN TEA

2019年4月16日(火)発売

新しい時代にあった緑茶をつくりたい。そんな思いから生まれたのが「サントリー天然水 GREEN TEA」です。目指したのは、気持ちをクリーンに、前向きにしてくれるストレスフリーなお茶。「サントリー天然水」ブランドの持つ「清々しくて気持ちいい」というイメージを活かした、新時代にふさわしい緑茶商品です。ほっと一息つきたいときだけではなく、気分をすっきりリフレッシュしたいときまで、新しい緑茶が飲まれるシーンを提案していきます。

サービス情報

『徒然なる トリビュート』
『徒然なる トリビュート』

約700年前、「ありのまま、自分らしくいること」の大切さを随所で綴った随筆文学、『徒然草』。サントリー 天然水 GREEN TEAのブランドメッセージとも重なるそのスタイルを、今を生きる人々へ届けたい。そんな想いから生まれたのが、この「徒然なるトリビュート」です。ありのまま、自分らしいスタイルを貫く5組のアーティストが『徒然草』を再解釈し、オリジナル楽曲を書き下ろし。MVを通じて、そのメッセージを届けていきます。

プロフィール

Saucy Dog
Saucy Dog(さうしーどっぐ)

2013年西日本各地出身のメンバーが大阪で結成した、3ピースギターロックバンド。メンバーチェンジを経て2016年度MASH A&RのオーディションでGP受賞。代表曲「いつか」のMVは再生回数800万回を突破。Vo石原の「言葉・メロディ・声」の3要素が最大の魅力。2018年5月2nd mini Album「サラダデイズ」を発売。今年4月大阪城野外音楽堂・日比谷野外音楽堂にて自身最大規模のワンマンライブの開催し大成功にて幕を閉じた。さらに夏に先輩バンドを迎えた2マンツアー「One-Step Tour」の開催が決定しており即日SOLD OUT。7月12日(金) 大阪BIGCAT、7月14日(日) 名古屋ダイアモンドホール7月25日(木) Zepp DiverCity(TOKYO)にて行われる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

けもの“ただの夏”

西田修大や石若駿らが参加した、けもの“ただの夏”のMV。日々のよもやまを何となく夏のせいしてみたり、夏ってだけで毎日はどこか特別になってしまうけれど、感傷的な赤い季節の魔力を前に立ち止まってみるのもいいかもしれない。<これはただの夏>のリフレインの合間に歌われる、<好きな人を 好きになってしまう>のラインにハッとした。(山元)

  1. 星野源&高畑充希がおにぎりを手に見つめ合う、『引っ越し大名!』新写真 1

    星野源&高畑充希がおにぎりを手に見つめ合う、『引っ越し大名!』新写真

  2. 4万本の薔薇に包まれて食を享受、「喰種レストラン」銀座某所に限定開店 2

    4万本の薔薇に包まれて食を享受、「喰種レストラン」銀座某所に限定開店

  3. 白石麻衣が“半額ブギウギ”で踊るソフトバンク新CM スマホ紹介動画も 3

    白石麻衣が“半額ブギウギ”で踊るソフトバンク新CM スマホ紹介動画も

  4. 志尊淳が夏帆や伊藤万理華とキス、『潤一』予告編&場面写真が公開 4

    志尊淳が夏帆や伊藤万理華とキス、『潤一』予告編&場面写真が公開

  5. 「天使」のような南米の連続殺人犯がモデル、『永遠に僕のもの』8月公開 5

    「天使」のような南米の連続殺人犯がモデル、『永遠に僕のもの』8月公開

  6. 全て曝け出したBLUE ENCOUNT 成功を超えたバンドの葛藤と本音 6

    全て曝け出したBLUE ENCOUNT 成功を超えたバンドの葛藤と本音

  7. 『Zipper』1号限りの復活 木村カエラが表紙&巻頭、テーマは「90年代」 7

    『Zipper』1号限りの復活 木村カエラが表紙&巻頭、テーマは「90年代」

  8. ディアステージとパーフェクトミュージックが経営統合を発表 8

    ディアステージとパーフェクトミュージックが経営統合を発表

  9. Dizzy Sunfistの、夢を貫く力。「仲間に頼れることが強さ」 9

    Dizzy Sunfistの、夢を貫く力。「仲間に頼れることが強さ」

  10. IKEA×現代美術作家オラファー・エリアソンがコラボ。太陽光の利用を促進 10

    IKEA×現代美術作家オラファー・エリアソンがコラボ。太陽光の利用を促進