特集 PR

松本穂香が「変な役」も演じるわけ。『アスアブ鈴木』監督と語る

松本穂香が「変な役」も演じるわけ。『アスアブ鈴木』監督と語る

『アストラル・アブノーマル鈴木さん』
インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:前田立 編集:山元翔一(CINRA.NET編集部)

YouTuberをやっている理由をすごく意識しました。とにかく誰かに少しでも認めてもらいたいのかなとか。(松本)

松本穂香

―そもそも、この『アストラル・アブノーマル鈴木さん』という企画は、どういう経緯で生まれたプロジェクトだったのでしょう?

大野:もともとこの話は、SPOTTED PRODUCTIONSの直井(卓俊)さんが『ウルフなシッシー』を見てオファーをくださったんです。松本さんが主演というのが前提としてあって、それをYouTube用の連続ドラマ仕立てで、短い話を毎週にわたって数話ずつ配信するみたいな企画で。最初の段階では、田舎に住んでいるヤンキーみたいな女の子が、いろんな界隈の人とディスカッションして論破していくドラマだったんですけど。

松本:最初はそのちょっとヤンキーっぽい女の子が、いろんな人たちと面白おかしくバトルするって聞いていて面白そうだなって思っていたんですけど、いざ台本をもらったら、それがYouTuberの役になっていて(笑)。

―(笑)。

松本:でも、その台本が、いままで読んだことのない中身のものだったんですよね。「最後はフリーダンス」って書かれていたり(笑)。「これ、どういう感じになるんだろう?」って、ちょっと想像つかなくてすごく新鮮で面白いなって思いました。

松本穂香

―YouTuberという設定は、どこから出てきたのですか?

大野:それは僕のアイデアでした。1話完結の話ではなく、1本のつながった物語にしたほうが面白いんじゃないかって思って、YouTubeドラマということだし、主人公もYouTuberにしたらいいんじゃないかと設定を変えさせてもらって。

―松本さんは、この鈴木ララという主人公をどんなふうに捉えたのでしょう?

松本:最初に台本を読んだときは、やることが激しい人なので、喜怒哀楽がはっきりした人なのかなって思いました。でも、撮影に入る前に、私と監督だけの脚本読みがあって、そこで感情的な感じでやってみたら、監督から「もっとローな感じでやってほしい」「台詞にそんなに抑揚とかもつけなくていい」って言われたんです

『アストラル・アブノーマル鈴木さん』より
『アストラル・アブノーマル鈴木さん』より

―松本さん演じる鈴木ララは、ちょっとやさぐれ気味というか、終始テンション低めのキャラクターになっていますよね。

松本:そうなんです。ナチュラルな脚本で「やらなくていい」っていうのはわかるんですけど、結構内容が内容なのにローな感じでいいんだっていうのは、すごく面白かったです。感情が出るときは極端に出る、かなり変わった感じの子で(笑)。

―そんな鈴木ララという人物の造形が本作の鍵になっていると感じましたが、監督はどういう人物として、彼女のキャラクターを想定していたのでしょう?

大野:やっぱり、日々鬱屈としたフラストレーションを抱えていて……だけど、承認欲求だけは人一倍強いというか、それがパンパンに膨れ上がっているような女の子を想定して書いていったんですけど。

『アストラル・アブノーマル鈴木さん』より
『アストラル・アブノーマル鈴木さん』より

―彼女は一応、YouTuberということになっていますが、YouTuberの実態を描いたドラマだと想像すると、ちょっと肩透かしをくらいますよね?

松本:ははは。そうですね(笑)。

大野:YouTuberの実態を掴もうとしても掴めない感じには、あえて描いたところもあって。映画とかドラマに出てくるYouTuberってある種フォーマット化されているところもあるじゃないですか。なので、「この人、本当に配信してるのかな?」ってくらいのスタンスで描いたほうがいいんじゃないのかなと思っていましたね。

松本:彼女が実際にやっていることはショボかったりして(笑)。だからYouTuberであることはあまり意識せず、むしろ、YouTuberをやっている理由をすごく意識しました。とにかく誰かに少しでも認めてもらいたいのかなとか、誰かに自分のことを見てほしいんだろうなっていう。

『アストラル・アブノーマル鈴木さん』より
『アストラル・アブノーマル鈴木さん』より
Page 2
前へ 次へ

リリース情報

『アストラル・アブノーマル鈴木さん』ウルフなシッシーぶっこみエディション(Blu-ray+DVD)

2019年7月17日(水)発売
価格:6,264円(税込)
PCXP-50658

[Blu-ray限定特典]
封入特典:
・ララのアストラル・ポストカード5枚セット
・大野大輔監督映画「ウルフなシッシー」DVD(別DISC)

音声特典:
・本編アブノーマル・オーディオコメンタリー
出演:松本穂香(鈴木ララ役)、大野大輔(監督)、根矢涼香(特別出演)、直井卓俊(企画)

映像特典:
・「アスアブ鈴木」メイキング映像ロングver.(25分)

『アストラル・アブノーマル鈴木さん』(DVD)

2019年7月17日(水)発売
価格:4,104円(税込)
品番:PCBP-54032

※BD / DVDともに劇場上映用の「完全ディレクターズ・カット版」を収録しており、YouTubeドラマ版の収録はございません。
※DVDは本編DVDのみの通常ケース仕様となり、封入特典・映像特典・音声特典はございません。

発売・販売元:ポニーキャニオン
© 2018 ALPHABOAT・SPOTTED PRODUCTIONS

プロフィール

松本穂香(まつもと ほのか)

1997年2月5日生まれ。大阪府出身。2015年主演短編映画「MY NAME」でデビュー。その後、出演したNHK連続テレビ小説「ひよっこ」の青天目澄子役の好演が話題になる。映画「恋は雨上がりのように」、「あの頃、君を追いかけた」などの映画に出演した他、日曜劇場「この世界の片隅に」(TBS)、「JOKER×FACE」(CX)などの連続ドラマの主演を務める。そのほか、広告ではauのCM「意識高すぎ!高杉くん」シリーズへの出演や2018-2019 JR SKISKI メインキャストなどを務めている。2019年には主演映画「おいしい家族」「わたしは光をにぎっている」などの公開が控えている。

大野大輔(おおの だいすけ)

1988年・千葉県生まれ。映画美学校13期フィクションコース初等科修了後、映画制作チーム「楽しい時代」を結成。2016年、監督作『さいなら、BAD SAMURAI』がカナザワ映画祭でグランプリ。2017年、第2作となる「ウルフなシッシー」がTAMA NEWWAVEでグランプリ・最優秀男優賞・最優秀女優賞を受賞。K's cinemaにて単独公開される。続く松本穂香主演のYouTubeドラマ『アストラル・アブノーマル鈴木さん』が好評につきディレクターズ・カットの劇場版として公開された。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間 1

    BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間

  2. VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら 2

    VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら

  3. YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行 3

    YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行

  4. 著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送 4

    著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送

  5. 芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役 5

    芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役

  6. 星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア 6

    星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア

  7. 森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース 7

    森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース

  8. 田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催 8

    田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催

  9. のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』 9

    のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』

  10. もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー 10

    もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー