特集 PR

THE CHARM PARK×Rei対談 誰でも音楽が作れる時代に大切なこと

THE CHARM PARK×Rei対談 誰でも音楽が作れる時代に大切なこと

THE CHARM PARK『Standing Tall』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:信岡麻美 編集:矢島由佳子(CINRA.NET編集部)

THE CHARM PARKが新作『Standing Tall』を完成させた。全曲タイアップ付きの6曲が収録された本作は、ASIAN KUNG-FU GENERATIONから三代目J SOUL BROTHERSの登坂広臣まで、幅広いアーティストに楽曲提供もしているポップ職人ぶりを改めて印象付けるバラエティ豊かな仕上がり。一方、これまでの作品よりギターが前に出ている印象もあり、THE CHARM PARKのプレイヤーとしての側面を強く打ち出した作品でもあると言えよう。

そんなTHE CHARM PARKが今回対談相手として希望したのは、同じくシンガーソングライターであり、ギタリストでもあるRei。8歳から24歳までをアメリカで過ごしたTHE CHARM PARKに対し、Reiも幼少期をニューヨークで過ごしていて、その上で活動の拠点を日本に置いたことも共通点だ。

エレキギターの存在意義も、世界の音楽地図も刻一刻と変化していく現代において、どんなことを感じながら活動を続けているのか。二人に語り合ってもらった。

「達者」になりにくい時代なのかもしれない。でもその中で目立ってくるのは、なにかが達者な人。(THE CHARM PARK)

―まず、THE CHARM PARK(以下、CHARM)さんがReiさんと話してみたいと思った理由から聞かせていただけますか?

CHARM:最近は自分で全部の楽器を弾いて歌うことが多いんですけど、もともとはギターから始まった人ですので、ギターを大事にしている人と繋がりたい気持ちがあって。

Reiさんみたいな人って、最近だと珍しいと思うんです。エレキギターが、前のエレキギターではなくなってる時代……なのかはわからないですけど……でもReiさんの音楽はギターが中心にあるのがすごくわかりますので、ぜひお話しできればと思いました。

―「エレキギターが、前のエレキギターではなくなってる時代」というのは?

CHARM:昔は、思春期の中学生がなにかかっこいいことをやりたいと思ったとき、エレキギターを選んでいたと思うんです。もちろん、エレキギター自体はまだありますけど、違うものが増えてきてる気がして……じゃあ今はなにが選ばれるのかって言われるとわからないですけど、それが寂しくもあり、興味深くもあるというか。

THE CHARM PARK(ざ ちゃーむ ぱーく)<br>8歳から24歳までアメリカで過ごし、叙情的で美しい音世界とオーガニックかつダイナミックな楽曲スケール、緻密なメロディセンスとアレンジ力に全世界の音楽人が注目する新世代ポップス職人。2018年12月にメジャーデビュー。7月3日にミニアルバム『Standing Tall』を発売する。
THE CHARM PARK(ざ ちゃーむ ぱーく)
8歳から24歳までアメリカで過ごし、叙情的で美しい音世界とオーガニックかつダイナミックな楽曲スケール、緻密なメロディセンスとアレンジ力に全世界の音楽人が注目する新世代ポップス職人。2018年12月にメジャーデビュー。7月3日にミニアルバム『Standing Tall』を発売する。

―今だとMacBookだったりするかもしれないですよね。Reiさんは今のギターの置かれている状況について、どんな印象をお持ちですか?

Rei:使い方は変化してきていると思いますけど、ミュージシャンが過度に危惧してるだけなんじゃないかと思ってる節もあって。ミュージシャンは特に楽器に対する愛情が強いので、「ギターの居場所がなくなるんじゃないか」って、心配する気持ちはわかります。メディアも「ギターが古くなってきた」って、軽々しく書いたりしますし(笑)。

でも、実際に演奏している身としては、ギターは普遍的なツールだと思っているので、あまり心配はしてないです。むしろ、もしそういう空気が流れてるんだったら、その空気を覆すような音楽を作りたいなって思います。

―もしかしたら、ひとりでもいろんなことができるようになった分、最初からバンドを組む人は減ったかもしれないけど、Instagramに演奏動画を上げて、そこからフックアップされる人がいたり、ギターそのものは今も変わらず人気があるように感じます。

Rei:楽器メーカーの現状をニュースで見たりすると、少なからずギターを選ぶ人が減ってる事実もあるとは思いますが、先入観もあると思うんですよね。「高級料理です」って出されたカップヌードルがめちゃ美味しく感じるとかあるじゃないですか? 「ギターはもう廃れてます」とか「今は打ち込みの方がかっこいい」って言われちゃうと、そう聴こえるのかもしれない。

でも、今最先端にいるミュージシャン、THE INTERNETとかルイス・コール、トム・ミッシュとかって、打ち込みと織り交ぜてはいるけど、生楽器の存在を否定している音楽ではないし、そういうものが売れている以上、私は全然不安はないですね。

CHARM:確かに、エレキギターの歴史はまだ100年もないわけで、これからまたどうやって面白いことをしていけるのか、それが楽しみですよね。

右側:Rei(れい)<br>卓越したギタープレイとボーカルをもつ、シンガーソングライター / ギタリスト。幼少期をNYで過ごし、4歳よりクラシックギターをはじめ、5歳でブルーズに出会い、ジャンルを超えた独自の音楽を作り始める。2015年2月、長岡亮介(ペトロールズ)を共同プロデュースに迎え、1stミニアルバム『BLU』をリリース。2018年11月7日、1stアルバム『REI』をリリース。
右側:Rei(れい)
卓越したギタープレイとボーカルをもつ、シンガーソングライター / ギタリスト。幼少期をNYで過ごし、4歳よりクラシックギターをはじめ、5歳でブルーズに出会い、ジャンルを超えた独自の音楽を作り始める。2015年2月、長岡亮介(ペトロールズ)を共同プロデュースに迎え、1stミニアルバム『BLU』をリリース。2018年11月7日、1stアルバム『REI』をリリース。

Rei:今はコンピューターでやれることが増えてますけど、EDMとかを聴いて、「このミュージシャン、楽器弾けないな」とかってわかるじゃないですか?

CHARM:わかります、わかります。

Rei:もちろん、生楽器だけが正義だとは思わないですけど、楽器を演奏したことがない人でも曲を作れる時代だからこそ、技術を持ってる人に価値があると思うんです。

CHARM:僕もそう思います。誰でも曲が作れる時代で、逆に言えば、なにかに達者になりにくい時代なのかもしれない。でもその中で目立ってくるのは、なにかが達者な人で、楽器を弾けることもその中のひとつだと思うし、そういう人はすごく貴重なんだと思います。

Page 1
次へ

リリース情報

THE CHARM PARK『Standing Tall』
THE CHARM PARK
『Standing Tall』(CD)

2019年7月3日(水)
価格:1,728円(税込)
RZCB-87003

1. Don't Let Me Fall
2. Ordinary
3. Still in Love
4. Stars Colliding
5. 花が咲く道
6. Standing Tall

イベント情報

THE CHARM PARK
『Billboard Live OSAKA / TOKYO』

2019年7月3日(水)
会場:大阪府 Billboard Live OSAKA
[1st]OPEN 17:30 START 18:30
[2nd]OPEN 20:30 START 21:30

2019年7月5日(金)
会場:東京都 Billboard Live TOKYO
[1st]OPEN 17:30 START 18:30
[2nd]OPEN 20:30 START 21:30

『THE CHARM PARK Acoustic Live』

2019年7年8日(月)
会場:愛知県 名古屋 BLcafe

2019年7月29日(月)
会場:福岡県 ROOMS

2019年8月5日(月)
会場:宮城県 ナカオカフェ

2019年8月6日(火)
会場:栃木県 悠日

リリース情報

Rei『REI』
Rei
『REI』(CD)

2018年11月7日(水)発売
価格:3,024円(税込)
UCCJ-2163

1. BZ BZ
2. LAZY LOSER
3. My Name is Rei
4. Follow the Big Wave
5. PLANETS
6. Dreamin'
7. Silver Shoes
8. MELODY MAKER
9. Clara
10. The Reflection
11. Arabic Yamato
12. before sunrise

イベント情報

Rei
『Reiny Friday -Rei & Friends- Vol.10 Celebration!』

2019年7月5日(金)
会場:東京都 ヒューリックホール東京
ゲスト:山崎まさよし

プロフィール

THE CHARM PARK
THE CHARM PARK(ざ ちゃーむ ぱーく)

シンガーソングライター、Charmによるソロユニット。8歳から24歳までアメリカで過ごし、叙情的で美しい音世界とオーガニックかつダイナミックな楽曲スケール、緻密なメロディセンスとアレンジ力に全世界の音楽人が注目する新世代ポップス職人。ASIAN KUNG-FU GENERATION、V6、登坂広臣(三代目J SOUL BROTHERS)への楽曲提供や大橋トリオのツアーサポート等でも注目を集め、2018年12月にメジャーデビュー。7月3日にミニアルバム『Standing Tall』を発売する。

Rei
Rei(れい)

兵庫県伊丹市生。卓越したギタープレイとボーカルをもつ、シンガーソングライター/ギタリスト。幼少期をNYで過ごし、4歳よりクラシックギターをはじめ、5歳でブルーズに出会い、ジャンルを超えた独自の音楽を作り始める。2015年2月、長岡亮介(ペトロールズ)を共同プロデュースに迎え、1st Mini Album『BLU』をリリース。FUJI ROCK FESTIVAL、SUMMER SONIC、RISING SUN ROCK FESTIVAL、SXSW Music Festival、JAVA JAZZ Festival、Les Eurockeennesなどの国内外のフェスに多数出演。2017年秋、日本人ミュージシャンでは初となる『TED NYC』でライブパフォーマンスを行った。2018年11月7日、1stアルバム『REI』をリリース。

関連チケット情報

2019年9月28日(土)
Grand VIEWTY
会場:涸沼自然公園キャンプ場(茨城県)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. PEDROのアユニ・Dと田渕ひさ子が語る「音楽が開く心の扉」 1

    PEDROのアユニ・Dと田渕ひさ子が語る「音楽が開く心の扉」

  2. ヨルシカインタビュー 自分を滅却し、芸術に人生を捧げた2人の決断 2

    ヨルシカインタビュー 自分を滅却し、芸術に人生を捧げた2人の決断

  3. 『HiGH&LOW THE WORST』ドラマ版が完結。映画に向けてキャストをおさらい 3

    『HiGH&LOW THE WORST』ドラマ版が完結。映画に向けてキャストをおさらい

  4. 三浦春馬が歌いながらダンスする「グロップ」新CM 振付はs**t kingzが担当 4

    三浦春馬が歌いながらダンスする「グロップ」新CM 振付はs**t kingzが担当

  5. ビリー・アイリッシュ×Bershkaがコラボ、カプセルコレクション発売 5

    ビリー・アイリッシュ×Bershkaがコラボ、カプセルコレクション発売

  6. 伊藤健太郎、玉城ティナ、秋田汐梨が荒れた教室に 『惡の華』メイキング 6

    伊藤健太郎、玉城ティナ、秋田汐梨が荒れた教室に 『惡の華』メイキング

  7. Hump Backが「生活」を歌う理由。人の優しさを信じるために 7

    Hump Backが「生活」を歌う理由。人の優しさを信じるために

  8. 星野源、全楽曲のストリーミング配信が解禁 8

    星野源、全楽曲のストリーミング配信が解禁

  9. 佐久間由衣の主演映画『“隠れビッチ”やってました。』主題歌はKitri新曲 9

    佐久間由衣の主演映画『“隠れビッチ”やってました。』主題歌はKitri新曲

  10. 吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る 10

    吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る