特集 PR

yonkeyとAAAMYYY。思考や声など、自らの個性を強みに変える2人

yonkeyとAAAMYYY。思考や声など、自らの個性を強みに変える2人

LINE RECORDS
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:永峰拓也 編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)

1997年生まれのプロデューサー / シンガー、yonkey(ヨンキー)が、LINE RECORDSより配信シングル『ダウナーラブ(feat. AAAMYYY)』を7月3日にリリースした。バンド「Klang Ruler」のフロントマン、さらにBAD HOPの弟分として知られるラッパーSnozzzのトラックメイク / プロデュースも手掛けるyonkey。その多方面にアウトプットを持つ活動スタイルや、「音」と「歌」の双方に鋭利に神経が研ぎ澄まされた完成度の高い楽曲に触れると、このyonkeyという才能が、いかに実直に音楽の「自由」と「普遍」を謳歌しているかが伝わってくる。

今回、“ダウナーラブ(feat. AAAMYYY)”にフィーチャリングボーカルとして参加したAAAMYYYとyonkeyの対談を実施。音楽について、歌について、活動スタイルについて、じっくりと語り合ってもらった。ふたりが語り合うその空間は、真摯に表現に向かう者同士の、とても静かな喜びに満ちているようだった。

“ダウナーラブ”って、強烈なタイトルだよね(笑)。(AAAMYYY)

―今回、デビュー曲“ダウナーラブ(feat. AAAMYYY)”でAAAMYYYさんをフィーチャーしたのは、yonkeyさんからの申し出だったんですか?

yonkey:僕から熱烈にオファーさせていただきました。前からAAAMYYYさんの、他にはないすごく独特なアーティスト性に惹かれていたんです。サウンドには不穏な印象がありつつも、そのなかに優しさもあって、めっちゃ不思議だなって思うんですよね……すみません、僕の勝手な解釈なんですけど。

AAAMYYY:ううん(笑)。合ってると思います。

yonkey:あと、やっぱりyonkeyとして世に出る1曲目なので、どんな曲にするべきなのかは考えたところで。最初は「ポジティブな曲にしたいな」と思っていたんです。でも僕自身、根が明るいタイプの人間ではないんですよね。それなら、無理やり明るさを出すよりも、本当に自分が書きたいものを書くべきだなと思って。

なので内容的には、自分のネガティブな部分も曝け出したうえで、ポジティブな方向に向かっていく曲にしたいなと思いました。そんな曲でAAAMYYYさんに歌ってもらえたら、最高だと思って。

yonkey(よんきー)<br>1997年生まれ、22歳のプロデューサー、シンガー。幼少からクラシック音楽に触れ、ピアノ演奏を始める。現在は、BAD HOPの弟分である「Snozzz」のプロデュース・トラックメイキングを全て任される。トラディショナルなソングライティングをべースに、最先端のエレクトロニックサウンドとヒップホップのエッジを組み合わせたプロデュースワークが業界内外で話題となっている。
yonkey(よんきー)
1997年生まれ、22歳のプロデューサー、シンガー。幼少からクラシック音楽に触れ、ピアノ演奏を始める。現在は、BAD HOPの弟分である「Snozzz」のプロデュース・トラックメイキングを全て任される。トラディショナルなソングライティングをべースに、最先端のエレクトロニックサウンドとヒップホップのエッジを組み合わせたプロデュースワークが業界内外で話題となっている。

AAAMYYY:“ダウナーラブ”って、強烈なタイトルだよね(笑)。

yonkey:そうですね(笑)。AAAMYYYさんと一緒にできると決まったとき、直感的に「ラブ」っていう言葉を曲に入れたいなと思ったんです。そして、自分が好きなワードとして、「ダウン」っていう言葉が出てきて。それが組み合わさって“ダウナーラブ”になりました。

―「ダウナー」がyonkeyさんで、「ラブ」がAAAMYYYさんを象徴しているんですね。yonkeyさんにとって音楽を作ることは、ご自身の内面性に向き合うこととつながっている感覚がありますか?

yonkey:そうですね。そうやって作らないと面白くないと思います。一人ひとり、生きていくなかで培った価値観は違うじゃないですか。それなら、自分の価値観を出してこそ、アーティストなんじゃないかと。

yonkey“ダウナーラブ(feat.AAAMYYY)”ジャケット
yonkey“ダウナーラブ(feat.AAAMYYY)”ジャケット(LINE MUSICで聴く

―AAAMYYYさんは、フィーチャリングボーカルで他のアーティストの作品に参加されることが多いですよね。そういった場合、どのようなスタンスで向き合うものなのでしょうか?

AAAMYYY:まずは、そのトラックを作る人の性格や雰囲気を知りたいっていう気持ちがあります。私自身、トラックも作るので、他のアーティストさんにトラック提供しようっていう話が上がることもあるんですけど、たとえば規模の大きなアイドルとかだと、お互い顔も見えないまま判断されて、落とされる、みたいなこともあって。そういうのは、商業的すぎてイヤなんです。それだと、作曲者の中身や、作品表現としての大事な部分が失われてしまうような気がするんですよね。

AAAMYYY(えいみー)<br>長野県出身のSSW / トラックメイカー。CAを目指してカナダに留学し、帰国後22歳から音楽制作を始める。2017年からAAAMYYY名義で活動を開始し、2018年6月からTempalayに正式加入。数多くのサポート、ゲストボーカル経験を持ち、CMでの歌唱提供やモデルでの活動も並行する。
AAAMYYY(えいみー)
長野県出身のSSW / トラックメイカー。CAを目指してカナダに留学し、帰国後22歳から音楽制作を始める。2017年からAAAMYYY名義で活動を開始し、2018年6月からTempalayに正式加入。数多くのサポート、ゲストボーカル経験を持ち、CMでの歌唱提供やモデルでの活動も並行する。

―なるほど。

AAAMYYY:私が誰かと一緒に作品を作るなら、相手の顔を見ながら、会話をしながら作っていきたい。そのトラックを作った人と直接会わないと、曲を聴いただけじゃ感覚が掴めないなって思います。その人とのやり取りのなかで、人間性も含めた作品を一緒に作り上げたいなって思いながらやっていますね。

Page 1
次へ

リリース情報

yonkey『ダウナーラブ(feat. AAAMYYY)』
yonkey
『ダウナーラブ(feat. AAAMYYY)』

2019年7月3日(水)配信

プロフィール

yonkey
yonkey(よんきー)

1997年生まれ、22歳のプロデューサー、シンガー。幼少からクラシック音楽に触れ、ピアノ演奏を始める。高校で自身がフロントマンを務めるバンド「Klang Ruler」を結成。ライブ活動に加え、YOUTUBEなどに自身が映像ディレクションするMVを次々に発表。18歳でSkrillexやZEDDなどのEDMシーンに感銘を受け、トラックメイキングに没頭。間もなくシンガー、ラッパーのプロデュースを始め、現在は、BADHOPの弟分である「Snozzz」のプロデュース・トラックメイキングをすべて任される。トラディショナルなソングライティングをべースに、最先端のエレクトロニックサウンドとHIPHOPのエッジを組み合わせたプロデュースワークが業界内外で話題となっている。

AAAMYYY
AAAMYYY(えいみー)

長野県出身のSSW / トラックメイカー。CAを目指してカナダに留学し、帰国後22歳から音楽制作を始める。2017年からAAAMYYY(エイミー)名義で活動を開始し、2018年6月からTempalayに正式加入。数多くのサポート、ゲストボーカル経験を持ち、CMでの歌唱提供やモデルでの活動も並行する。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 鹿野淳が語る『VIVA LA ROCK』 エンタテイメント復興の道 1

    鹿野淳が語る『VIVA LA ROCK』 エンタテイメント復興の道

  2. 志村けん追悼特集が放送 『ドリフ大爆笑』『バカ殿』『変なおじさん』など 2

    志村けん追悼特集が放送 『ドリフ大爆笑』『バカ殿』『変なおじさん』など

  3. 長澤まさみが三浦春馬とダンス 映画『コンフィデンスマンJP』場面写真 3

    長澤まさみが三浦春馬とダンス 映画『コンフィデンスマンJP』場面写真

  4. コロナ感染拡大防止への文化施設閉鎖に伴う、助成金交付に向けた署名活動 4

    コロナ感染拡大防止への文化施設閉鎖に伴う、助成金交付に向けた署名活動

  5. 内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側 5

    内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側

  6. 松田翔太、桐谷健太、濱田岳が現代で5G体験、au新CM セカオワも登場 6

    松田翔太、桐谷健太、濱田岳が現代で5G体験、au新CM セカオワも登場

  7. フラカン、20代を振り返る。解散危機、失敗ライブ、ほしかった評価 7

    フラカン、20代を振り返る。解散危機、失敗ライブ、ほしかった評価

  8. 佐藤健の優しいまなざし 映画『るろうに剣心 最終章』新写真公開 8

    佐藤健の優しいまなざし 映画『るろうに剣心 最終章』新写真公開

  9. 田中みな実&ずん飯尾和樹が夫婦役 明治の新CM「TANPACTな夫婦」篇 9

    田中みな実&ずん飯尾和樹が夫婦役 明治の新CM「TANPACTな夫婦」篇

  10. King Gnu常田が語る、ロマンと人生観 妻夫木聡が「大人」を問う 10

    King Gnu常田が語る、ロマンと人生観 妻夫木聡が「大人」を問う