特集 PR

21年目の韻シストが語る、目指すは全世代に届くヒップホップ

21年目の韻シストが語る、目指すは全世代に届くヒップホップ

韻シスト『SHINE』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:垂水佳菜 編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)
2019/08/07

Charaさんからは、めちゃめちゃ影響を受けてます。(BASI)

―昨年20周年を記念して開催された『NeighborFood』の3デイズは、CharaさんやPUSHIMさんといった縁の深いアーティストを招いたのに対して、『OSAKA GOOD VIBES』では下の世代のバンドを呼んでいたことも非常に印象的でした。

TAKU:それは結構イメージしていたかもしれないです。もちろん、ずっと一緒にやっていきたい仲間というか、同世代や先輩もいるんですけど、そこで固まるんじゃなくて、若い世代のアイデアも取り入れたいし、実際ここ数年10個以上下の世代から刺激を受けることが増えたと実感していて。なので、若い世代を呼ぶのは、今回フェスをやるにあたって最初に思ったところなんです。

―Nulbarich、SANABAGUN.、踊Foot Worksって、三者三様の絶妙なバランスでしたね。

BASI:今の年齢でヒップホップをやってる自分たちが言うとちょっと矛盾しますけど、ヒップホップは基本若者の音楽やと思ってて、つねに若い世代によって塗り替えられていくものだし、そうやって進化していく音楽やと思う。

普段は好んで現行の音楽を聴くので、トラップも理解してるし、三連のフロウやオートチューンも好きなんです。でも、今の自分たちがやっても似合わない部分もあって、僕らは僕らでやるべきことがきっとあるはずだから、それを探求したい。

その代わり、自分たちがオーガナイズするフェスに下の世代を呼ぶことで、今の時代に対する自分たちの発信にもなるなって。もちろん、単純に「かっこいいから出てもらいたい」っていうのもあるけど、彼らと一緒に、同じ目線で発信したいと思っていて、その方法がこのフェスなんだと思いました。

BASI
BASI

―20年を経て、成人した韻シストの第一歩として、すごく明確なステートメントになっているように感じました。Charaさんが今も若いミュージシャンをフックアップすることで、自らを更新している、あのかっこよさにも通じるものがあるなって。

BASI:そこはめちゃめちゃ影響を受けてます。こういう風に音楽を発信して、積み重ねていくんやっていうのを、真横で教えてもらっている感じがありますね。普段Charaさんは「こうしたらいい」って言語化することはないんです。音だけで物事を進めていく方なので、僕らなりに「こうしたらいいんや」っていうのを横で学ばせてもらってます。

―近年のパートナーであるTENDREもちゃんと盛り上がってきて、やっぱりすごいなと。

TAKU:Charaさんはフックアップの天才ですよね。僕らもそのひとつだと思いますし。センスの塊みたいな方やから、肌でキャッチしはるんやと思うんですけど、そのアンテナが僕らにもビッとなっていただいたのは、すごくありがたいです。

BASI:実際プライベートの時間を割いて、現場まで足を運んで、オーディエンスと一緒にライブを観ているんですよ。そうやって、自分の目と耳で選んで、声をかけているんです。

TAKU:「最近誰かおすすめいる?」ってポロッと言わはって、「かっこいいじゃん、観に行ってみる」っていう、本当にピュアな感じ。見習うところはすごく多いですね。

左から:TAKU、BASI
Page 2
前へ 次へ

リリース情報

『SHINE』
韻シスト
『SHINE』(CD)

2019年8月7日(水)発売
価格:2,000円(税込)
TKCA-74810

1. Shine
2. Come around
3. Just like this
4. SMILE
5. よあけの歌
6. Get out of my head

プロフィール

韻シスト
韻シスト(いんしすと)

生々しく独創的でグルーヴィーなサウンドと極上のライブパフォーマンスが圧倒的な評価を受け続ける、大阪をベースに活動するファンキーグルーヴマスターと称される唯一無二のヒップホップバンド。数度のメンバー・チェンジを経て、2 MC(BASI, サッコン)、Gtr.(TAKU)、Bass(Shyoudog)、Drs.(TAROW-ONE)からなる鉄壁の現メンバーとなる。2019年4月には、超満員の大阪城野外音楽堂で初の主催野外フェス“OSAKA GOOD VIBES”を開催。また、8月には早くもミニアルバム「SHINE」をリリースする。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

The Wisely Brothers“テーブル”

The Wisely Brothersの新アルバム『Captain Sad』から、リード曲“テーブル”のMVが公開。監督は新進気鋭のアートチーム「chua」。目の前に座っていても視線は交わされない、ひりつくように愛おしい時間は自分の記憶にも確かに存在していて、なんとも切ない気持ちに。ちょっとドリーミーなのも癖になる。<ふたつが重なることはない どうしてもそれぞれは なくなるコーヒーを見て歌おう>というフレーズ、このアルバムに通して漂う悲哀と希望がぎゅっと詰まっているよう。(石澤)

  1. 吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る 1

    吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る

  2. おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら 2

    おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら

  3. 柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像 3

    柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像

  4. 草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真 4

    草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真

  5. 漫画『スラムダンク』公式Tシャツ発売 桜木花道、流川楓らのイラスト使用 5

    漫画『スラムダンク』公式Tシャツ発売 桜木花道、流川楓らのイラスト使用

  6. 広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演 6

    広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演

  7. ビリー・アイリッシュという「現象」の正体 なぜ世界中で熱狂が? 7

    ビリー・アイリッシュという「現象」の正体 なぜ世界中で熱狂が?

  8. ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い 8

    ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い

  9. 『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表 9

    『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表

  10. コムアイ×Yogee角舘健悟 東京も好い、でも海外は発見に満ちている 10

    コムアイ×Yogee角舘健悟 東京も好い、でも海外は発見に満ちている