特集 PR

コムアイ×Yogee角舘健悟 東京も好い、でも海外は発見に満ちている

コムアイ×Yogee角舘健悟 東京も好い、でも海外は発見に満ちている

パルコ「50年目の、新しいパルコ。」
インタビュー・テキスト
三宅正一
撮影:永峰拓也 編集:矢島由佳子(CINRA.NET編集部)

様々なジャンルのクリエイターとともに「ライフスタイルの提案」や「街作り」を行い続けてきたパルコが、今年で50周年を迎える。CINRA.NETではそれを祝し、音楽・映画・アート・広告などあらゆるジャンルのアーティスト / クリエイターを招いた対談連載を実施中。

第7回目は、現在は東京を拠点に活動しながらもアジアを中心に海外へ目を向けている、コムアイ(水曜日のカンパネラ)と角舘健悟(Yogee New Waves)に登場してもらった。新鮮な感性を持ちながら音楽・表現活動を続ける2人は、2020年に向けて変化中の「東京」をどう捉えているのか? そして、なぜ自分の視点を「世界」に向けつつあるのか? 同世代の友達同士でもある2人が、素直な言葉で語り合った。

東京で一番特徴的な時間だと思うのが、16〜17時。自分の人生は一瞬で終わるんだなとか思うんだよね。(コムアイ)

左から:角舘健悟(Yogee New Waves)、コムアイ(水曜日のカンパネラ)。それぞれの原点のひとつとも言える、パルコが運営する渋谷CLUB QUATTROにて
左から:角舘健悟(Yogee New Waves)、コムアイ(水曜日のカンパネラ)。それぞれの原点のひとつとも言える、パルコが運営する渋谷CLUB QUATTROにて

―角舘くんは今、「東京」という言葉に触れたときにどんなイメージが浮かびますか?

角舘:新陳代謝の真っ只中という感じがする。渋谷もそうだし、街自体が汗をかいて不純物を出して新しく生まれ変わろうとしているのかなって。

それを経て新しい地盤ができてから、新しいカルチャーが生まれてくるのかなと思うんですよね。それを子どもたちが享受して、どんどん新しい人間たちが生まれていくんだろうな。10年後、20年後には今の自分が理解できない表現や作品が生まれると思うし、それは楽しみでもありますね。

―ワクワクしますか?

角舘:そこに関してはワクワクしかないですね。過去の遺産を辞書のように残して「昔はこれが最高だったんだぜ」ってダサいことを言いたくないし、新陳代謝している過渡期も楽しみたい。

左から:角舘健悟、コムアイ。現在そこらじゅうで工事が行われている渋谷にて
左から:角舘健悟、コムアイ。現在そこらじゅうで工事が行われている渋谷にて

―コムアイさんはどうですか?

コムアイ:海外に行って東京に帰ったときに安堵感を覚えるのが、納得いくような、悔しいような、両方の感覚があって。生まれは川崎市だけど、川崎に地元の友達はいないし、ふるさと感覚がロストしているんですよね。かといって東京に地元感があるというわけではないんだけど、どこかホッとする感覚はある。地方で生まれ育って、そこでお母さんの愛やご飯の味を覚えたりしていたら違ったのかなとは思うんですけど。

角舘:わかるなあ。

コムアイ:あとは私にとっての「東京」に対する感覚って、シーンと静まってる感じなんですよ。

―喧騒ではない。

コムアイ:そう。なんか、スノードームみたいだなって思う。白い霧がかかっている球体の中にいるみたいな感覚があって。私が東京で一番特徴的な時間だなと思うのが、夕方の16時とか17時なんですよ。

角舘:どうして?

コムアイ:西日が傾いて差していて、なんとも言えない薄暗さがあって、時間が止まっている感じがする。東京は昼と夜の顔が全然違うと思うんだけど、その転換点にいる感じがすごく落ち着かなくて。怖くて寂しい。西新宿とか特にそう。

コムアイ<br>1992年生まれ、神奈川育ち。「水曜日のカンパネラ」のボーカルとして、国内だけでなく世界中のフェスに出演、ツアーを廻る。好きな音楽は民族音楽とテクノ。好きな食べ物は南インド料理と果物味のガム。音楽活動の他にも、モデルや役者など様々なジャンルで活躍中。2019年4月3日、屋久島とのコラボレーションをもとにプロデューサーにオオルタイチを迎えて制作したEP『YAKUSHIMA TREASURE』をリリース。
コムアイ
1992年生まれ、神奈川育ち。「水曜日のカンパネラ」のボーカルとして、国内だけでなく世界中のフェスに出演、ツアーを廻る。好きな音楽は民族音楽とテクノ。好きな食べ物は南インド料理と果物味のガム。音楽活動の他にも、モデルや役者など様々なジャンルで活躍中。2019年4月3日、屋久島とのコラボレーションをもとにプロデューサーにオオルタイチを迎えて制作したEP『YAKUSHIMA TREASURE』をリリース。

―コムアイさんはきっと東京の夜の顔のほうが好きですよね?

コムアイ:そうですね。暗くなってくるとすごく元気になる(笑)。夜は無限に感じるから。20時くらいになると、ここからご飯を食べて、クラブに遊びに行ってそこで友達に会うのもいいし、でも家でのんびりするのもいいなって思える。

角舘:うん、夜は無限だね。なんでもできるよな。

コムアイ:そう。でも、日が沈む前の光を見ていると、自分の人生は一瞬で終わるんだなとか思うんだよね(笑)。あの魔の時間が東京だなって思う。

角舘:ずいぶん刹那的だなあ。その寂しい感覚はすごくよくわかるけどね。俺はその日が沈む前の東京の景色をずっと見てきたからさ。生まれが早稲田だから、新宿のビル群が遠くに見えるのね。夕方から夜に移り変わる瞬間を、子どものころによく屋上から見ていて。そこに底なしの寂しさや虚しさを感じたな。

コムアイ:まさにそれ。

Yogee New Waves『SUNSET TOWN e.p.』ジャケット。“Sunset Town”は、角舘健悟が自分の街・早稲田をテーマに書いた曲
Yogee New Waves『SUNSET TOWN e.p.』ジャケット(Amazonで見る)。“Sunset Town”は、角舘健悟が自分の街・早稲田をテーマに書いた曲
角舘健悟(Yogee New Waves / よぎー にゅう うぇいぶす)<br>2013年に活動開始。2014年4月にデビューe.p.『CLIMAX NIGHT e.p.』を全国流通でリリース。9月には1stアルバム『PARAISO』をリリースし、年間ベストディスクとして各メディアで多く取り上げられる。2019年3月20日には約2年振りとなる3rdアルバム『BLUEHARLEM』をリリースし、全14公演の国内ツアーと、台湾、マレーシア、タイ、中国の4か国8都市を巡るアジアツアーを開催。
角舘健悟(Yogee New Waves / よぎー にゅう うぇいぶす)
2013年に活動開始。2014年4月にデビューe.p.『CLIMAX NIGHT e.p.』を全国流通でリリース。9月には1stアルバム『PARAISO』をリリースし、年間ベストディスクとして各メディアで多く取り上げられる。2019年3月20日には約2年振りとなる3rdアルバム『BLUEHARLEM』をリリースし、全14公演の国内ツアーと、台湾、マレーシア、タイ、中国の4か国8都市を巡るアジアツアーを開催。

角舘:うちは片親だったから、高校生のころ、16〜17時はいつも「夜ご飯どうしようかな」って考えてたんだよね。母親が仕事から帰ってくるのを待つか、家の近くの定食屋に行くか、とか。家に自分1人しかいない時間のあの寂しさの感覚って、自分だけが覚えてると思ってた。

―ちなみにYogee New Wavesの代表曲のひとつでもある“CLIMAX NIGHT”は、どれくらいの時間設定なんですか?

角舘:あれは18時〜20時くらいかな。家に帰る途中のイメージですね。

Page 1
次へ

サイト情報

『パルコ50周年キャンぺーンサイト』メインビジュアル
『パルコ50周年キャンぺーンサイト』

2019年1月1日からスタートしたパルコの50周年キャンペーン「50年目の、新しいパルコ。」の特設サイト。同サイトでは、インタビュー企画や謝恩企画など、随時情報が更新中。

リリース情報

水曜日のカンパネラ, オオルタイチ『YAKUSHIMA TREASURE』
水曜日のカンパネラ, オオルタイチ
『YAKUSHIMA TREASURE』

2019年4月3日(水)配信リリース

イベント情報

YAKUSHIMA TREASURE
『LIQUIDROOM 15th ANNIVERSARY とうとうたらりたらりら』

2019年8月22日(木)
会場:東京都 恵比寿 LIQUIDROOM

リリース情報

Yogee New Waves『BLUEHARLEM』通常盤(CD)
Yogee New Waves
『BLUEHARLEM』通常盤(CD)

2019年3月20日(水)発売
価格:3,240円(税込)
VICL-65136

1. blueharlem
2. Summer of Love
3. CAN YOU FEEL IT
4. Good Night Station
5. Suichutoshi
6. emerald
7. Bring it Home
8. past song
9. Bluemin' Days(Album Ver.)
10. SUNKEN SHIPS

イベント情報

Yogee New Waves
『5th Anniversary Paradis? 〈HOW DO YOU FEEL ABOUT PARAISO?〉』

2019年9月10日(火)
会場:東京都 渋谷 WWWX

『Yogee New Waves ASIA TOUR 2019』

2019年9月12日(木)
会場:台湾 台北 THE WALL

2019年9月14日(土)
会場:マレーシア クアラルンプール Live Fact

2019年9月15日(日)
会場:タイ バンコク Lido Connect

2019年11月21日(木)
会場:中国 北京 Omni Space

2019年11月22日(金)
会場:中国 上海 MODERN SKY LA

2019年11月24日(日)
会場:中国 西安 Core Space

2019年11月26日(火)
会場:中国 杭州 MAO Livehouse

2019年11月27日(水)
会場:中国 南京 DMO Music Space

プロフィール

コムアイ
コムアイ

アーティスト。1992年生まれ、神奈川育ち。ホームパーティで勧誘を受け歌い始める。「水曜日のカンパネラ」のボーカルとして、国内だけでなく世界中のフェスに出演、ツアーを廻る。その土地や人々と呼応して創り上げるライブパフォーマンスは必見。好きな音楽は民族音楽とテクノ。好きな食べ物は南インド料理と果物味のガム。音楽活動の他にも、モデルや役者など様々なジャンルで活躍。2019年4月3日、屋久島とのコラボレーションをもとにプロデューサーにオオルタイチを迎えて制作した新EP『YAKUSHIMA TREASURE』をリリース。

Yogee New Waves
Yogee New Waves(よぎー にゅう うぇいぶす)

2013年に活動開始。2014年4月にデビューe.p.『CLIMAX NIGHT e.p.』を全国流通でリリース。その後『FUJI ROCK FESTIVAL』《Rookie A GoGo》に出演。9月には1stアルバム『PARAISO』をリリースし、年間ベストディスクとして各メディアで多く取り上げられる。2017年1月にBa.矢澤が脱退し、Gt.竹村、Ba.上野が正式メンバーとして加入し再び4人編成となり始動。5月に2ndアルバム『WAVES』をリリースし、『CDショップ大賞2018』前期のノミネート作品に選出。11月には映画『おじいちゃん、死んじゃったって。』の主題歌に“SAYONARAMATA”が起用される。2019年3月20日には約2年振りとなる3rdアルバム『BLUEHARLEM』をリリースし、全14公演の国内ツアーと、台湾、マレーシア、タイ、中国の4か国8都市を巡るアジアツアーを開催。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. 東京パラリンピック開会式の演出はKERA、閉会式は小林賢太郎 出演者募る 1

    東京パラリンピック開会式の演出はKERA、閉会式は小林賢太郎 出演者募る

  2. 『ONE PIECE』×カップヌードルCMの第3弾 ビビが仲間への想いを語る 2

    『ONE PIECE』×カップヌードルCMの第3弾 ビビが仲間への想いを語る

  3. 平野紫耀、永瀬廉、高橋海人が『婦人公論』で座談会 タキシード姿も披露 3

    平野紫耀、永瀬廉、高橋海人が『婦人公論』で座談会 タキシード姿も披露

  4. 有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る 4

    有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る

  5. 神木隆之介が母子で「au PAYで!」特訓&松本穂香の姿も 「高杉くん」新CM 5

    神木隆之介が母子で「au PAYで!」特訓&松本穂香の姿も 「高杉くん」新CM

  6. 『アナと雪の女王2』の歌に注目。エルサのメイン曲など新曲多数 6

    『アナと雪の女王2』の歌に注目。エルサのメイン曲など新曲多数

  7. 大友良英が『いだてん』音楽で伝える「敗者がいて歴史ができる」 7

    大友良英が『いだてん』音楽で伝える「敗者がいて歴史ができる」

  8. ソフトバンク新CMで岡田准一と賀来賢人が教師、リーチマイケルが校長に 8

    ソフトバンク新CMで岡田准一と賀来賢人が教師、リーチマイケルが校長に

  9. ポン・ジュノ『パラサイト』が東京&大阪の2劇場で先行上映、特別映像付き 9

    ポン・ジュノ『パラサイト』が東京&大阪の2劇場で先行上映、特別映像付き

  10. 星野源、Apple Music『歌詞のままに生きる』登場 日本のアーティストは初 10

    星野源、Apple Music『歌詞のままに生きる』登場 日本のアーティストは初