特集 PR

三浦直之とEMCによるファミレス感漂う「ポップカルチャー」談義

三浦直之とEMCによるファミレス感漂う「ポップカルチャー」談義

ロロ『四角い2つのさみしい窓』
インタビュー・テキスト
ヒコ(『青春ゾンビ』)
撮影:もてスリム 編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)

「ほとんど演劇に触れたことがないときにロロを観て、『演劇ってこんなにポップなんだ!』と驚きました」(C)

ヒコ:そう言っていただき、僕も嬉しいです。そうして出会った三浦さんとEMCですが、EMCのメンバーから見た三浦さんはどういう印象ですか?

C:僕はほとんど演劇に触れたことがないときにロロを観て、「演劇ってこんなにポップなものなんだ!」と驚いたんです。明るいし、めちゃめちゃ楽しいなって思っていると、最終的にすげー感動して。その振り幅の広さにびっくりしました。あと「板野サーカス」とか、そういうところを引っ張ってくるか……と思って驚きましたね。

C
C

三浦:あれね(笑)。板野一郎さんっていうアニメーターがいるんですけど、『伝説巨神イデオン』とか『超時空要塞マクロス』っていうアニメ作品の、ミサイルがブオーーーンってなるアクション演出が「板野サーカス」って名付けられているんです。それを演劇でやりたいと思って、劇団のメンバーにアニメーションを見せて、やらせてましたね。

C:そういうところから引っ張ってくるのが、おもしろいなぁと思った。めちゃめちゃオタクな人なんだろうなぁって。

ヒコ:初めてロロを観たとき、やっぱり引用の手さばきに衝撃を受けました。あだち充『H2』のシーンを再現するとか、舞城王太郎『好き好き大好き愛してる。』の設定の換骨奪胎とか。同世代感のある慣れ親しんだカルチャーのパッチワークから、これまで観たことのない新しいものができあがっているのに感激したんです。

江本:俺は、三浦さんに作詞してもらった“願いに星を”を聴いたときに、ハッとなったなぁ。サビの歌詞がすげぇなと思って。歌詞が送られてきて、すぐにメロディーができました。LINEでやりとりしながら、その場ですぐ録音したもん。

江本祐介
江本祐介
江本祐介“願いを星に”MV

C:天才感のある2人のエピソードだ。

松本:三浦さんはとにかくアイデアが多いですね。打ち合わせをするときに、アイデアの量が尋常じゃない。

C:あと、三浦さんは劇団思いですね。

三浦:たしかに、ロロのことはいつも一番に考えているな。

「その頃のEMCは『現代日本の抱えるストレス』をテーマに曲を作っていました(笑)」(松本)

ヒコ:ロロとEMCそれぞれの成り立ちについても聞いていきたいのですが、ロロについては以前のインタビューでたっぷり語られているので割愛させてもらい(参考:三浦直之率いるロロは、なぜ演劇ファン以外からも支持される?)、EMCの結成について教えてください。

松本:2012年頃に、素人がいきなりSoundCloudにラップ音源をアップするブームがあったんですよ。そのおかげで音楽をはじめるハードルがめちゃめちゃ下がってたのもあり、大学が一緒だったCに「ラップをやりたい」って話をしました。ちょうどその頃、Cがラップをやってる女の子に一目惚れしていて……。

松本壮史
松本壮史

C:「やりましょう!」って。

三浦:いいエピソードだなぁ。

C:その子と話すきっかけがほしかったんだよね。僕と松本さんは大学が一緒で、僕とえもちゃん(江本)は小学校が一緒なんです。大学生の頃、松本さんが卒業制作で音楽を作ってくれる人を探していたときに、高円寺あたりで音楽をやっていたえもちゃんを紹介したのが、3人で集まったはじまりでした。

江本:家に遊びに行って作りましたね。それからしばらくは、連絡はとらず、薄い友達みたいな感じで。

C:そういうことがあったので、ラップをやるなら、トラックをえもちゃんに作ってもらおうってなったんです。まずは1回録音してみようってなって……。

江本:みんな恥ずかしがって、部屋の電気消して録ったの覚えてるわ。今聴くと、めちゃめちゃ声ちっちゃいんだよね。

江本祐介

松本:スチャダラパーの濃いリリックに憧れて、哲学みたいなことをラップしようとして失敗したよね。その頃のEMCは「現代日本の抱えるストレス」をテーマに曲を作っていました(笑)。

C:そのときはけっきょく完成せずに解散して。それからしばらく時間が空いたんだけど、再びCDを作ろうってことになって、久々に3人で再会したんです。

松本:その最初の音源が“EMCのラップ道”ですね。それでTwitterのアカウントも作って。

Enjoy Music Club“EMCのラップ道”(最初の音源はこちら

C:“EMCのラップ道”は、それまでシェリル・リンの“Got to Be Real”も、サンプリングっていう文化も知らなかったから、ぜんぶえもちゃんが作ったんだと思ってたんだよね(笑)。

江本:松本さんから「車の中で聞いたら、最高にヒップホップだった」ってメール来たのすごい覚えてる(笑)。そういえば、“エンジョイクラブソング”に、例のCの好きだった女の子の声が入ってるんですよ。

Enjoy Music Club“エンジョイクラブソング”

C:「女の子の声がほしいんだけど送ってくれない?」ってお願いして。

松本:「俺もラップやってるんだ」って電話する口実だよね(笑)。

三浦:最高のエピソードだなぁ。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

『東京で考え中』
Enjoy Music Club
『東京で考え中』

2019年5月9日(木)配信

イベント情報

ロロ新作本公演『四角い2つのさみしい窓』

2020年1月30日(木)~2月16日(日)
会場:こまばアゴラ劇場
脚本・演出:三浦直之

プロフィール

三浦直之(みうら なおゆき)

ロロ主宰/劇作家/演出家。10月29日生まれ宮城県出身。2009年、日本大学藝術学部演劇学科劇作コース在学中に、処女作 『家族のこと、その他たくさんのこと』が王子小劇場「筆に覚えあり戯曲募集」に史上初入選。同年、主宰としてロロを立ち上げ、全作品の脚本・演出を担当する。自身の摂取してきた様々なカルチャーへの純粋な思いをパッチワークのように紡ぎ合わせ、様々な「出会い」の瞬間を物語化している。2015年より、高校生に捧げる「いつ高シリーズ」を始動。高校演劇のルールにのっとった60分の連作群像劇を上演し、戯曲の無料公開、高校生以下観劇・戯曲使用 無料など、高校演劇の活性化を目指す。そのほか脚本提供、歌詞提供、ワークショップ講師など、演劇の枠にとらわれず幅広く活動中。2016年『ハンサムな大悟』第60回岸田國士戯曲賞最終候補作品ノミネート。

Enjoy Music Club(えんじょい みゅーじっく くらぶ)

2012 年結成。「エンジョイミュージック」を合言葉に集まった3人組ラップグループ。2015年11月に1st アルバム「FOREVER」発売。NHK E テレの子ども番組「シャキーン!」やテレビ東京系「モヤモヤさまぁ~ず 2」、日本テレビ系深夜ドラマ「住住」に楽曲提供。テレビ東京『ゴットタン』内企画「マジ歌選手権」ではバカリズム氏とコラボ。同番組ライブ企画『マジ歌ライブ2018in横浜アリーナ』では12000人を前にグループ初のコール・アンド・レスポンスに挑戦した。2018年には中国ツアーも敢行し、日本国外にも活動の幅を広げている。

ヒコ

ポップカルチャーととんかつを愛するブログ『青春ゾンビ』の主宰。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. 吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る 1

    吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る

  2. おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら 2

    おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら

  3. 柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像 3

    柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像

  4. 草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真 4

    草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真

  5. 漫画『スラムダンク』公式Tシャツ発売 桜木花道、流川楓らのイラスト使用 5

    漫画『スラムダンク』公式Tシャツ発売 桜木花道、流川楓らのイラスト使用

  6. 広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演 6

    広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演

  7. ビリー・アイリッシュという「現象」の正体 なぜ世界中で熱狂が? 7

    ビリー・アイリッシュという「現象」の正体 なぜ世界中で熱狂が?

  8. ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い 8

    ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い

  9. 『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表 9

    『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表

  10. コムアイ×Yogee角舘健悟 東京も好い、でも海外は発見に満ちている 10

    コムアイ×Yogee角舘健悟 東京も好い、でも海外は発見に満ちている