特集 PR

ヨルシカインタビュー 自分を滅却し、芸術に人生を捧げた2人の決断

ヨルシカインタビュー 自分を滅却し、芸術に人生を捧げた2人の決断

ヨルシカ『エルマ』
インタビュー・テキスト
天野史彬
編集:中田光貴、矢島大地(CINRA.NET編集部)

僕が曲を作るのは、完全に自分のためです。(n-buna)

―ヨルシカの音楽は、「誰かのため」に作られているといえますか?

n-buna:いや、そういうことではないですね。僕が曲を作るのは、完全に自分のためです。「作りたい物語があるから作る」っていう、そこに尽きます。

嫌な言い方になってしまうかもしれないですけど、リスナーのことを考えて、「その人たちのことを元気づけよう」っていうモチベーションで曲は作れないんです。あくまで自分のために、自分の人生を書いた曲しか書けない。だからこそ、今回のようなアルバムが生まれたんだと思うんですけど。

―suisさんはどうですか?

suis:私はヨルシカを始める前から、n-bunaくんの作る歌詞や曲がずっと好きで、彼が書く曲に共鳴してきた立場だったんです。それが今、こうやってn-bunaくんが作った曲を歌う立場になっていて。それはなんというか、普段言えないような強い言葉を言うような感覚というか……。

n-buna:抑圧された気持ち?

suis:そう、暗い気持ちだったり、怒りだったり、悲しみだったり。そういうものって、大人になると口に出さなくなるじゃないですか。特に私は、ヨルシカをやるにあたって、それまでの自分を捨てて「suisになった」という感覚が強くて。

やっぱり私生活のなかでは、抑圧された感情は抑圧されたままというか……だからこそいまの私には、その感情を出す場所がn-bunaくんの作る歌詞にしかなくなったんですよね。「自分を失くした」ぶん、彼の歌詞を歌うことで、「失くなる」前に自分のなかにあったであろう感情を口に出せる。合法的に強い言葉を吐ける、というか。

n-buna:合法的に、人を傷つけられる?(笑)

suis:うん(笑)。「こんなこと普段は絶対に言えない」っていうことを自分が歌うことで、自分自身が救われている感覚があります。だから、私もn-bunaくんと同じように完全に自分のために、自分を救うためにn-bunaくんの作る歌を歌わせてもらっているのかなって思いますね。

“心に穴が空いた”ミュージックビデオより
“心に穴が空いた”ミュージックビデオより
“心に穴が空いた”ミュージックビデオより

―今、suisさんがおっしゃった「救われる」という感覚は、n-bunaさんの音楽制作にも当てはまる言葉だと思いますか?

n-buna:いや、僕にはそういう感覚はないですね。僕にあるのは、「もっといい曲を書きたい」「自分が納得するような曲を書きたい」っていう気持ちだけなので。もし「これが作れたんだから、もう音楽を辞めていいな」って思えるくらいの曲が作れたら、僕も救われるのかもしれないですね。

ヨルシカを始めたきっかけは、僕が音楽で食べていかなきゃいけない人間だった、という部分が大きいんです。(n-buna)

―今回の『だから僕は音楽を辞めた』と『エルマ』はどうですか。完成させてみて、救われないまでも、なにかを吐き出せたような感覚があったりするものではないですか?

n-buna:いや、今はとにかく新しい曲が作りたいです。今回の2作に関しては、純粋に「クオリティが高い作品に仕上がっていたらいいな」って思いますけど、僕はまだ全然満たされていないので。早く自分が救われるような、人生の1曲が書きたい。そういう気持ちは、最近になって強くなっているような気はします。……ただ、そうは言っても最近は、ヨルシカで音楽を作ること自体が楽しくなってきたんですよ。

―最初は違ったんですか?

n-buna:最初は、ビジネスとしてヨルシカを始めたので(笑)。

suis:ビジネスパートナーっていう感じだったもんね(笑)。

n-buna:うん。ヨルシカを始めたきっかけは、それまでボーカロイドを使っていたところから「人間の声で表現したい」っていう欲求が出てきたこともあったんですけど、それ以上に、僕が音楽で食べていかなきゃいけない人間だった、という部分が大きいんです。……ちょっと不純ですけどね。

―いや、不純ということはないと思いますが。ちゃんと作品の中に、ご自身の一番ピュアな部分が込められていると思います。

n-buna:それこそ、今回の物語にも名前を出したヘンリー・ダーガー(15000ページ以上のテキストと300枚の挿絵から構成される『非現実の王国で』という物語を、約60年間、誰にも見せずに書き続けたアメリカの作家)のように、閉ざされた自分の世界の中で作品を作り続けて、そのまま生涯を終えるという在り方にも憧れるんですよ。でも、部屋の中で自分の好きなことをやっているだけでは、人は生きていけない。

だから僕は、「人間の声を使った表現」をやりつつ、その作品を使って音楽家として食べていけるようになりたかったし、そういう方向に向かっている自分に20歳の頃に気づいたんですよね。「生活」のために音楽を作っていることに気づいた瞬間があった。そのときの自己矛盾と葛藤が“だから僕は音楽を辞めた”という曲や、そこから発展していくアルバムにもつながっていったんです。

―なるほど。

n-buna:でも今は、かなり意識が変わってきました。今は、ヨルシカで生み出す「人間的な表現」に執着し始めている感じがあります。そうなったのも、suisさんが僕が作った歌にちゃんと感情移入して歌ってくれるから。そういう意味でも、今、suisさんはビジネスパートナーではなく僕の相棒ですね。

suis:最近、相棒感出てきたよね(笑)。私も、最初の2枚のミニアルバム(『夏草が邪魔をする』(2017年)、『負け犬にアンコールはいらない』(2018年))の頃は、自分の歌声を外に出すこと自体初めてだったので、「上手に歌わなきゃいけない」とか「聴いた人にとって心地いい歌じゃなきゃいけない」っていう、エゴや羞恥心を持ちながら作品に向き合っている感覚があったんです。でも、徐々に「自分」よりも「ヨルシカ」の作品であることに気持ちが向いていって。

ヨルシカ『夏草が邪魔をする』(2017年)収録

ヨルシカ『負け犬にアンコールはいらない』(2018年)収録

suis:今年の2枚のアルバムでは、自分の歌に変なプライドを持つことをやめて、声が裏返ったり、泣いていたりする部分を恥ずかしいと思わずに出せるようになった……いわば、解き放たれたような感覚はあるんですよね。それが、私が「ヨルシカになる」っていうことだったのかなと思います。

―n-bunaさんは、ヨルシカを始める前からソロ名義での活動があるわけですよね。そのうえで、『だから僕は音楽を辞めた』と『エルマ』の2作は、suisさんと共にある「ヨルシカ」というユニットだからこそ表現することができた物語だと思いますか?

n-buna:そうですね。こういう人間的なユニットでないと、できないことだったと思います。

エイミーという青年が残した手紙と詩と音楽があって、それに多大なる影響を受けたエルマという女性がエイミーを模倣して旅をし、曲を書くようになる。そしてエルマは初めて自分の意志で「音楽を作りたい」と思ったときに、「エイミーが残したもので音楽を書こう」と思うわけです。

なので『だから僕は音楽を辞めた』というアルバムは、エイミーが作ったアルバムではなくて、エルマが作ったアルバムなんですよね。だから、エルマという「女性」の声で収録されている。もし、男性ボーカルとユニットを組んでいたら、また別の物語を書いていたと思うんですよ。そういう意味でも、この物語はsuisさんがいたからできたものだと思います。

“心に穴が空いた”ミュージックビデオより
“心に穴が空いた”ミュージックビデオより
“心に穴が空いた”ミュージックビデオより
Page 2
前へ 次へ

リリース情報

ヨルシカ
『エルマ』初回限定盤「エルマが書いた日記帳仕様」(CD+写真+日記帳)

2019年8月28日(水)発売
価格:4,860円(税込)
UPCH-7511

1. 車窓
2. 憂一乗
3. 夕凪、某、花惑い
4. 雨とカプチーノ
5. 湖の街
6. 神様のダンス
7. 雨晴るる
8. 歩く
9. 心に穴が空いた
10. 森の教会
11. 声
12. エイミー
13. 海底、月明かり
14. ノーチラス

ヨルシカ『エルマ』通常盤
ヨルシカ
『エルマ』通常盤(CD)

2019年8月28日(水)発売
価格:3,240円(税込)
UPCH-2191

1. 車窓
2. 憂一乗
3. 夕凪、某、花惑い
4. 雨とカプチーノ
5. 湖の街
6. 神様のダンス
7. 雨晴るる
8. 歩く
9. 心に穴が空いた
10. 森の教会
11. 声
12. エイミー
13. 海底、月明かり
14. ノーチラス

サイト情報

ヨルシカ 2ndフルアルバム『エルマ』特設サイト

イベント情報

ヨルシカ Live Tour 2019『月光』

2019年10月17日(木)
会場:東京都 TSUTAYA O-EAST

2019年10月21日(月)
会場:大阪府 BIG CAT

2019年10月22日(火・祝)
会場:愛知県 ボトムライン

プロフィール

ヨルシカ
ヨルシカ(よるしか)

ボカロPであり、コンポーザーとしても活動中のn-buna(ナブナ)が、女性シンガーsuis(スイ)を迎えて結成したバンド。2017年より活動を開始。2019年4月に発売した1stフルアルバム『だから僕は音楽を辞めた』はオリコン初登場5位を記録し、各方面から注目を浴びる。文学的な歌詞とギターを主軸としたサウンド、suisの透明感ある歌声が若い世代を中心に支持されている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. 桑島智輝が妻・安達祐実を毎日撮影、写真集『我我』刊行 記念トークも 1

    桑島智輝が妻・安達祐実を毎日撮影、写真集『我我』刊行 記念トークも

  2. 女性の身体の柔らかさ 森瀬の個展『えっちすぎる ... 展』高田馬場で開催 2

    女性の身体の柔らかさ 森瀬の個展『えっちすぎる ... 展』高田馬場で開催

  3. 『ワンピース』ナミが17歳の高校生に カップヌードル「HUNGRY DAYS」新CM 3

    『ワンピース』ナミが17歳の高校生に カップヌードル「HUNGRY DAYS」新CM

  4. 乃木坂46と学生約300人が大合唱、「ファンタ坂学園」特別映像公開 4

    乃木坂46と学生約300人が大合唱、「ファンタ坂学園」特別映像公開

  5. フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点 5

    フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点

  6. 『The Covers』スカパラ特集に奥田民生&高橋一生が登場、スカパラとコラボ 6

    『The Covers』スカパラ特集に奥田民生&高橋一生が登場、スカパラとコラボ

  7. 『エイス・グレード』公開間近、春名風花の応援ロングコメントが到着 7

    『エイス・グレード』公開間近、春名風花の応援ロングコメントが到着

  8. 田中圭が花屋の店主役、今泉力哉監督『mellow』1月公開 共演に岡崎紗絵ら 8

    田中圭が花屋の店主役、今泉力哉監督『mellow』1月公開 共演に岡崎紗絵ら

  9. 『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も 9

    『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も

  10. 吉田ユニ展『Dinalog』ラフォーレミュージアム原宿で開催 新作や創作過程も 10

    吉田ユニ展『Dinalog』ラフォーレミュージアム原宿で開催 新作や創作過程も