特集 PR

結城萌子と冨田明宏が対談。音楽家が惚れる彼女の魅力を紐解く

結城萌子と冨田明宏が対談。音楽家が惚れる彼女の魅力を紐解く

結城萌子『innocent moon』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:前田立 編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)

別名義で活動していた時はボーカロイドに近いような感覚でやっていたかもしれないです。(結城)

―結城さんは以前別名義で歌手活動をされていましたが、当時はどんな心境だったのでしょうか?

結城:ずっとフルートをやっていて、フルーティストになりたいとも思っていたので、「音楽で生きていきたい」っていう夢もあったんです。ただ、当時は「この音楽で生きていく」っていう感じは全然なくて、本当にゆるゆると、ボーカロイドに近いような感覚でやっていたかもしれないです。

いただいた曲に、ただ声を当てるだけ。「自分を表現する」というよりも、制作した方の音楽が、1人でも多くの人に届けばいいなってことくらいしか考えてなくて。

―逆に言えば、当時はなにがモチベーションだったのでしょうか?

結城:音楽をやっていく道筋のどこかで、もともと好きなアニメや声優に繋がるようなお仕事ができるんじゃないかっていう気持ちがモチベーションでした。ただ、当時の活動スタイルはサブカル寄りだったこともあって、このままだとなかなか道を開くことが難しいなと思って。そこで、1回歌手活動はやめて、声優としてゼロからスタートしようと思いました。そのタイミングで、今度は川谷さんからご連絡をいただいたんです。

―不思議な運命ですね。

結城:1回やめたのに、もう1回歌の世界に呼び戻されて、自分はこの世界で生きていくのがいいんだろうって、直感的に思ったんですよね。だったら、自分がもともと叶えたい「声優」という夢も、このプロジェクトで叶えようって決めたんです。

冨田:やめてもこっちに呼ばれちゃう。それを受け入れたんだ。

結城:はい。それで実際に夢が現実になったので、やってよかったなって思ってます。

この社会で何者かになって、なにかを成し得ることを要請されるのは過酷だし、生きづらいだろうなって。(冨田)

―冨田さんから見た結城さんの印象について話していただけますか?

冨田:最初はシャイな子という印象がありました。いい意味で、ちゃんと人に壁を作れる。つまりは、ちゃんと人を見ているなって。

あと出会ったころから今でもずっと変わらないのが、こんなに可愛く産んでもらって、音楽の才能もあるのに、なんでこんなに生きづらそうなんだろうなって。でも、僕はそこがすごく魅力的だと思うんですよね。

冨田明宏(とみた あきひろ)<br>ロンドン留学から帰国後、大手レコード店に入社。バイヤーを勤めながら音楽ライターとして洋楽ロックやJ-POP、アニソンの分野で活動。2010年創刊のアニメ音楽専門誌『リスアニ!』のスーパーバイザーを担当。日本武道館で開催されている『リスアニ!LIVE』総合MC。現在は音楽プロデューサーとして黒崎真音、ClariSの発掘 / プロデュースを手がける。また声優・内田真礼、飯田里穂ほかの音楽プロデュースを担当。Hifumi,inc所属。
冨田明宏(とみた あきひろ)
ロンドン留学から帰国後、大手レコード店に入社。バイヤーを勤めながら音楽ライターとして洋楽ロックやJ-POP、アニソンの分野で活動。2010年創刊のアニメ音楽専門誌『リスアニ!』のスーパーバイザーを担当。日本武道館で開催されている『リスアニ!LIVE』総合MC。現在は音楽プロデューサーとして黒崎真音、ClariSの発掘 / プロデュースを手がける。また声優・内田真礼、飯田里穂ほかの音楽プロデュースを担当。Hifumi,inc所属。

―実際に、結城さんはある種の生きづらさやネガティビティーを感じている?

結城:ありますね。なにか大きな出来事があったとか、トラウマがあるとか、そういうのはまったくないんですけど、いつからか生きるのって大変だなと思うようになって。

物事を深く考え過ぎちゃうところもあるから、楽観的な人とかポジティブな人が羨ましいし、私もこうなれたらもっと生きやすいと思うけど、でも難しいだろうと感じています。なぜこうなったのかは自分でもわからなくて……先天性だと思います。

冨田:でも、生きづらさって今の若い人たちはみんな感じていると思うんですよね。僕の世代も就職氷河期で相当息苦しかったですけど、まだなんとか未来があると思えた。でも、今って漫然とした不安があって、それってより怖いじゃないですか? この社会のなかで何者かになって、なにかを成し得ることを要請されるのは過酷だし、生きづらいだろうなって。

結城:みんながどういう風に生きているのか、すごく興味があります。日替わりで別の人になって生活してみたい。

冨田:ある意味、声優はそういう仕事かもしれないですよね。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

結城萌子『innocent moon』
結城萌子
『innocent moon』

2019年8月28日(水)発売
価格:1,620円(税込)
WPCL-13091

1. さよなら私の青春
2. 散々花嫁
3. 幸福雨
4. 元恋人よ

プロフィール

結城萌子
結城萌子(ゆうき もえこ)

3月31日、千葉県生まれ。幼少期よりアニメや漫画、ゲームに親しみながら育ち、物心ついた時には将来は声優か漫画家になりたいという志をもっていた。2019年8月28日に『innocent moon』でワーナーミュージックよりデビュー。

冨田明宏(とみた あきひろ)

ロンドン留学から帰国後、大手レコード店に入社。バイヤーを勤めながら音楽ライターとして洋楽ロックやJ-POP、アニソンの分野で活動。2010年創刊のアニメ音楽専門誌『リスアニ!』のスーパーバイザーを担当。日本武道館で開催されている『リスアニ!LIVE』総合MC。現在は音楽プロデューサーとして黒崎真音、ClariSの発掘 / プロデュースを手がける。また声優・内田真礼、飯田里穂ほかの音楽プロデュースを担当。Hifumi,inc所属。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心 1

    秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心

  2. 古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風 2

    古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風

  3. 青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も 3

    青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も

  4. 米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演 4

    米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演

  5. 角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編) 5

    角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編)

  6. 坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開 6

    坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開

  7. 三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介 7

    三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介

  8. 小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』 8

    小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』

  9. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 9

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  10. 『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優 10

    『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優