特集 PR

アートって図々しい。青木彬×福住廉が考える市民と作家の交歓

アートって図々しい。青木彬×福住廉が考える市民と作家の交歓

『NEWTOWN』
インタビュー・テキスト
中島晴矢
撮影:八田政玄 編集:宮原朋之、久野剛士(CINRA.NET編集部)

今年で4回目となるカルチャーイベント『NEWTOWN』。多摩ニュータウンを舞台に、『ニュー・フラット・フィールド』(2017)、『SURVIBIA!!』(2018)と、これまで2回の美術展が開催されてきた。それは「ニュータウン」や「郊外」という場の意味を当事者性によって掘り下げることで、現代社会の様相を浮き彫りにしてきた。

3回目となる今回の美術展では、インディペンデントキュレーター青木彬による企画展『Precious Situation』が開催される。美術展が多様な価値観と出会うきっかけを作る場を目指し、作品が生み出す「交歓」をメインテーマに設定。参照点となるのは、国内では大正期に活発化したボランティア活動「セツルメント運動」だという。

青木は「セツルメント運動」を、地域コミュニティーや社会福祉とアートがオーバーラップした活動だったと捉え返す。美術制度に頼らない場所で、作品を通じて地域の人々が「交歓」(互いに親しく交わり楽しむこと)する場の創出を実現するため、さまざまなアーティストやプロジェクトを招聘する本展は、一体どのようなものになるのだろうか?

ゲストに大正期の美術動向にも詳しい美術評論家の福住廉を迎えて、『Precious Situation』展の構想のみならず、アートプロジェクトのあり方から都市空間と想像力の関係、アウトサイダーアート論に至るまで、青木の携わっている墨田区吾妻橋で改装中のオルタナティブスペース『喫茶・野ざらし』にて話を聞いた。

現代のヒントになりうる。大正時代のボランティア活動に精を出していた柔軟なアーティストたちの「セツルメント運動」

青木:僕はキュレーターを名乗っていますが、どちらかというと美術館やギャラリーといったホワイトキューブ(美術の展示空間全般を指す代名詞)より、改装中の倉庫や街中で展覧会を企画することが多かったんです。『NEWTOWN』はいわゆる美術制度ではない場で行われるアートプログラムなので、そこを意識して企画ができればと考えました。

そのときに、このプログラムは最近僕が関心のある「セツルメント運動」と結びつけられると思ったんです。セツルメント運動は社会福祉に属するものですが、大正時代に様々なアーティストが関わっていました。その他にも大正時代には美術家が自分の娘の進学をきっかけに学校を作ったり、すごくクリエイティブな実践をしていた精神科医がいたり。

また調べていくと、セツルメント運動の源流はイギリスにあり、そこにはニュータウンの原型である田園都市(ガーデンシティ)を構想したエベネザー・ハワードの元で住宅や地域計画に取り組んだ建築家、レイモンド・アンウィンがいます。彼はセツルメント運動の理念に関わるウィリアム・モリス(19世紀イギリスのデザイナー、詩人)やジョン・ラスキン(19世紀イギリスの美術評論家)らから深い影響を受け、郊外で理想的なコミュニティーを実現することを目指していました。そういった歴史を見ていくと、多摩ニュータウンにおける祭りを通じた地域コミュニティーの形成を、これまでの美術展とはまた違った角度から表現できるのではないか、と思ったんです。

左から:福住廉、青木彬
左から:福住廉、青木彬

福住:僕はセツルメント運動について詳しくないんですが、日本で勃興したのは関東大震災の後ですか?

青木:そうですね。諸説あるんですが、やはり東京だと関東大震災が大きなきっかけとなって生まれた運動でした。

当時、東京帝国大学(現・東京大学)がセツルメント運動の拠点としてセツルメントハウスという建物を作っていて、その中ではたとえば、法律相談や労働環境の整備、アーティストによる子どもたちとのワークショップなどをしていたそうです。実は当時のアーティストたちは、柔軟にボランティア的な活動にコミットしていた。こういうことは、あまり美術史の中では触れられることが少ないのではないでしょうか。

青木彬(あおき あきら)<br>インディペンデントキュレーター。1989年生まれ、東京都出身。首都大学東京インダストリアルアートコース卒業。
青木彬(あおき あきら)
インディペンデントキュレーター。1989年生まれ、東京都出身。首都大学東京インダストリアルアートコース卒業。

福住:おもしろい! ものとしての作品を残すというより、いまの言葉でいう「アートプロジェクト」をやっていたということですよね。既存の美術史は作品の様式をもとに語りますから、当然、そうした活動はジャンルとジャンルの狭間に埋もれてしまいます。建築の歴史からも美術の歴史からも振り落とされてしまう。

もちろん、いまはアートプロジェクトという言葉ができたので、それまで分類しがたかったいろんなジャンル間の活動を回収できるようになりました。けれども、なぜ大正時代がおもしろいのかというと、まだジャンル自体が未確定な部分があるからです。

―時代ごとにジャンルやアート間の境界が変化してきた歴史の中では、大正という時代はどのようなものだったと位置づけられるんでしょうか。

福住:明治期は、江戸を振り切り、西洋の美術を受け入れてどう社会に定着させるかに必死になっていた時代。また昭和に入ると、戦争に向かって突き進んでいく「翼賛体制」というフレームが出てくる。そのあいだで、大正は歴史の枠組みがはっきり固まらず、各ジャンルが生まれる前のエネルギーがうごめいていた時代だと思うんです。

関東大震災でそれまでの常識がぶっ壊れて、「なにかやらなければならない」というモチベーションがあったはずです。そう考えると、特に東日本大震災を経験した現在、大正時代以降の問題意識を共有することで得るものは大きい。その意味で、セツルメント運動はもっと知られるべきかもしれませんね。

福住廉(ふくずみ れん)<br>1975年生まれの美術評論家。著書に『今日の限界芸術』(BankART 1929、2008)、共著に『どうぶつのことば』(羽鳥書店、2016)ほか多数。企画展に『21世紀の限界芸術論』(ギャラリーマキ、2005~2011)、『今日の限界芸術百選』(まつだい「農舞台』ギャラリー、2015)ほか多数。現在、東京藝術大学大学院、女子美術大学、多摩美術大学、横浜市立大学非常勤講師。
福住廉(ふくずみ れん)
1975年生まれの美術評論家。著書に『今日の限界芸術』(BankART 1929、2008)、共著に『どうぶつのことば』(羽鳥書店、2016)ほか多数。企画展に『21世紀の限界芸術論』(ギャラリーマキ、2005~2011)、『今日の限界芸術百選』(まつだい「農舞台』ギャラリー、2015)ほか多数。現在、東京藝術大学大学院、女子美術大学、多摩美術大学、横浜市立大学非常勤講師。
Page 1
次へ

イベント情報

『NEWTOWN 2019』
『NEWTOWN 2019』

2019年10月19日(土)、10月20日(日)
会場:東京都 多摩センター パルテノン大通り、パルテノン多摩
東京都 多摩センター デジタルハリウッド大学 八王子制作スタジオ(旧 八王子市立三本松小学校)

美術展:『Precious Situation』

校舎内を利用して、「交歓」をテーマにした美術展を開催。
2019年10月19日(土)、10月20日(日)
時間:11:00~19:00
キュレーション:青木彬

プロフィール

青木彬(あおき あきら)

インディペンデント・キュレーター。1989年東京生まれ。首都大学東京インダストリアルアートコース卒業。アートプロジェクトやオルタナティヴ・スペースをつくる実践を通し、日常生活でアートの思考や作品がいかに創造的な場を生み出せるかを模索している。社会的擁護下にある子供たちとアーティストを繋ぐ「dear Me」企画・制作。まちを学びの場に見立てる「ファンタジア!ファンタジア!─生き方がかたちになったまち─」ディレクター。KAC Curatorial Research Program vol.01『逡巡のための風景』(2019,京都芸術センター)ゲストキュレーター。

福住廉(ふくずみ れん)

1975年生まれの美術評論家。著書に『今日の限界芸術』(BankART 1929、2008)、共著に『日本美術全集第19巻拡張する戦後美術』(小学館、2015)、『どうぶつのことば』(羽鳥書店、2016)ほか多数。企画展に『21世紀の限界芸術論』(ギャラリーマキ、2005~2011)、『今日の限界芸術百選』(まつだい「農舞台』ギャラリー、2015)ほか多数。現在、東京藝術大学大学院、女子美術大学、多摩美術大学、横浜市立大学非常勤講師。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ボカロ文化の歴史を次世代に繋ぐ試み 『プロジェクトセカイ』鼎談 1

    ボカロ文化の歴史を次世代に繋ぐ試み 『プロジェクトセカイ』鼎談

  2. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 2

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  3. 『森、道、市場』第2弾で石野卓球、君島大空、パ音、TENDRE、クラムボンら 3

    『森、道、市場』第2弾で石野卓球、君島大空、パ音、TENDRE、クラムボンら

  4. 歌を絶やさぬように 久保田麻琴が探る「日本のうた」の過去と未来 4

    歌を絶やさぬように 久保田麻琴が探る「日本のうた」の過去と未来

  5. 新垣結衣、H&Mの2021GWキャンペーン「LET'S CHANGE」アンバサダーに就任 5

    新垣結衣、H&Mの2021GWキャンペーン「LET'S CHANGE」アンバサダーに就任

  6. ジョニー・デップ製作・主演の映画『MINAMATA』9月公開 音楽は坂本龍一 6

    ジョニー・デップ製作・主演の映画『MINAMATA』9月公開 音楽は坂本龍一

  7. 米津玄師の新シングル『Pale Blue』6月発売 ドラマ『リコカツ』主題歌収録 7

    米津玄師の新シングル『Pale Blue』6月発売 ドラマ『リコカツ』主題歌収録

  8. ドキュメンタリー『映画:フィッシュマンズ』出演者発表&ティザー予告到着 8

    ドキュメンタリー『映画:フィッシュマンズ』出演者発表&ティザー予告到着

  9. 『アメリカン・ユートピア』にいとうせいこう、オダギリジョーら35組が賛辞 9

    『アメリカン・ユートピア』にいとうせいこう、オダギリジョーら35組が賛辞

  10. カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために 10

    カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために