インタビュー

池松壮亮から君へ。『宮本から君へ』の如く、人間まる出しであれ

池松壮亮から君へ。『宮本から君へ』の如く、人間まる出しであれ

インタビュー・テキスト
矢島大地(CINRA.NET編集部)
撮影:大畑陽子 編集:久野剛士(CINRA.NET編集部)

昨年、テレビドラマとして放送された実写版『宮本から君へ』。その物語が、9月27日から公開された映画版でもって完結する。

新井英樹によって、バブル崩壊直後の1990年から1994年にわたって描かれた同作品。主人公・宮本浩の喜怒哀楽まる出しな生き様と、自我そのものとの闘いは、人間そのものの本質を問うて抉るものとして人間経典のように時代を超えて愛されている。

そして、その映画がすごい。顔の形が変わるまで殴られても、自分の大事なものを傷つけた相手に立ち向かう宮本の姿。その闘いは誰かのためじゃなく、結局は自分を肯定するためのものだとハッキリいい切れるまでもがき切る姿。欲望も情けなさもあらわにしてもんどり打ち、生活を食らっていく宮本を演じる池松壮亮の姿に、人間のもっともグロテスクな部分を突きつけられているような気持ちにさせられる。

さらに、バブル崩壊直後に従来の価値観が崩壊した当時を泥まみれで生き抜こうとする男の物語は、人間の美意識や倫理観が一気に崩れ去ろうとしている現代に生きる人へのメッセージとしても響く。この作品が本当に伝えようとしていること、ここに描かれる人間の姿が突きつけるものとはなんなのか。宮本を演じる池松壮亮へのインタビューで、深く掘り下げた。

普段はとても「生きてるヤツはみんな強い」なんていえない僕自身が、そういえる可能性を宮本に対して期待していました。

―ドラマシリーズから続いてきた『宮本から君へ』がこの映画でもって完結したわけですが(参考記事:池松壮亮が明かす 生きづらい現代日本で、映画に取り組む覚悟)、改めて、ご自身にとってどういう作品になったと振り返られますか。

池松:そうですね………言葉にするなら、「人間回帰」だと思います。

―回帰?

池松:はい。いまの世の中の空気も含めて考えたときに、「人間回帰」っていう言葉が出てきたんですけど。いまって、世の中を見渡したときにあらゆることが非人道的な方向にいってると感じるんですね。その中で僕がなぜ宮本の役をこれだけやりたいと思ったのかを改めて考えると、きっと僕自身が人間らしい姿に回帰したかったんじゃないかなと思うんですよ。

それは、この作品を描かれた当時の新井(秀樹)先生ご自身もそうだった気がするんです。新井先生が『宮本から君へ』を描かれていたのは1990年から1994年だから、つまりバブルが弾けた直後に始まったのがこの話じゃないですか。

池松壮亮(いけまつ そうすけ)<br>1990年7月9日生。福岡県出身。A型。2003年『ラストサムライ』で映画デビュー。2017年『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』(石井裕也監督)に出演し、『第9回TAMA映画祭』で「最優秀作品賞」、『第39回ヨコハマ映画賞』にて「主演男優賞」を獲得。2018年にはドラマ『宮本から君へ』で主演を務め、2019年9月に映画『宮本から君へ』が公開。また出演した『カツベン!』(周防正行監督)が12月に公開を控えている。
池松壮亮(いけまつ そうすけ)
1990年7月9日生。福岡県出身。A型。2003年『ラストサムライ』で映画デビュー。2017年『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』(石井裕也監督)に出演し、『第9回TAMA映画祭』で「最優秀作品賞」、『第39回ヨコハマ映画賞』にて「主演男優賞」を獲得。2018年にはドラマ『宮本から君へ』で主演を務め、2019年9月に映画『宮本から君へ』が公開。また出演した『カツベン!』(周防正行監督)が12月に公開を控えている。

―そうですね。

池松:そう考えると、なにかが壊れた後に一旦本来の人間らしさみたいなところに行き着きたくて描かれたのが『宮本から君へ』だったんじゃないかと思うんです。で、その人間らしさに含まれるのは綺麗なものだけじゃなくて、人間のあらゆる煩悩を通った先で、ようやく「新しい命」を生み出すっていうピュアなところに辿り着く物語なわけですよね。そういう意味で、汚い部分も含めて人間を問うて、本来の形に回帰していこうとするのが『宮本から君へ』なんじゃないかと思うんですよ。

―いまのお話の中で伺いたいのは、池松さんにとって非人道的なものとはなにで、逆に人間本来の姿だと思うのはどういうものなんですか。

池松:うーん………難しいですね。たとえばわかりやすいもので話すと、いまの世の中、外に出て電車に乗れば、あるいは街を歩けば、「保険」「転職」「旅行」「ストレスを解消するリラックス方法」みたいなものばかりが目に飛び込んでくるじゃないですか。要は、人間が生きる上でものすごく圧力を受けていて、そのプレッシャーを逃すことがビジネスになって経済が回ってるって話だと思うんですよ。

―たしかにそうですね。大きな目で見ても、個人の表現すら抑え込む動きも表出してきているわけで。個人レベルでも社会としても重圧は消えない。

池松:そういう重圧を逃すのはいいことだと思うんです。だって、それが動物的な本能じゃないですか。そりゃ危機回避能力は働く。ただし、やっぱり大前提として、「生きることには必ず辛いことがある」ということをおざなりにしてしまったり、ただただ痛みを和らげるだけの方向に行ったりしてしまうと、最終的には「死」しかなくなっていくんじゃないかと思うんです。

 

―逃避としての死ってことですよね。それこそ安楽死の是非もいまは大きなトピックなわけですけど。

池松:実際、これだけ狭い国なのに世界的に見ても自殺率が高いわけですよね。だからこそ思うのは、2019年にこの映画が公開された意味も含めて、宮本が結局いいたいのは――映画の中で2時間暴れ回った最後、宮本が、自分の子どもが生まれる瞬間に「生きてるやつはみんな強えんだ」って靖子にいいますよね。ああいうことでしかないって思ったんですよ。

きっと、そういえるだけの説得力をいまの僕は持ててないと思うし、いまの時代に生きている人それぞれも、その説得力を持てていないから不安になってる気がするんです。

『宮本から君へ』メインビジュアル / ©2019「宮本から君へ」製作委員会
『宮本から君へ』メインビジュアル / ©2019「宮本から君へ」製作委員会

―そうだと思います。

池松:でも宮本には、そういえるだけの説得力があるんじゃないかなと思ったんですよね。たとえばいま世界でトップに立っているようなアスリートに「生きてるヤツはみんな強えんだ」なんていわれても、「あなたはそれだけの才能を持ったからだよ」と感じる人もいると思うんです。もちろんその方々が努力を積み重ねてきたと知っていても、こちらの心情として。

だけど宮本は、心の痛みも体の痛みも全部食らってきたからこそ、最後の最後に「生きてるヤツはみんな強えんだ」といえるんだと思ったんですね。普段はとても「生きてるヤツはみんな強い」なんていえない僕自身が、そういえる可能性を宮本に対して期待してたというか。だって、そもそも『宮本から君へ』って、すごく傲慢なタイトルじゃないですか(笑)。

―ははははは。端から「お前にいいたいことがある」という特殊なタイトルですよね。

池松:そうなんですよ。たとえば「池松から君へ」なんて傲慢なことはなかなかいえない。でも、誰のためじゃなくひたすら自分の証明のために闘って痛みを食らい続けた宮本だから、人にいえることなんですよね。

『宮本から君へ』90秒予告

Page 1
次へ

作品情報

『宮本から君へ』
『宮本から君へ』

2019年9月27日(金)新宿バルト9ほか全国ロードショー

監督:真利子哲也
脚本:真利子哲也、港岳彦
原作:新井英樹『宮本から君へ』(百万年書房/太田出版刊)
主題歌:宮本浩次&横山健“Do you remember?”
出演:
池松壮亮
蒼井優
井浦新
一ノ瀬ワタル
柄本時生
星田英利
古舘寛治
ピエール瀧
佐藤二朗
松山ケンイチ
配給:スターサンズ、KADOKAWA
©2019「宮本から君へ」製作委員会

プロフィール

池松壮亮(いけまつ そうすけ)

1990年7月9日生。福岡県出身。A型。2003年『ラストサムライ』で映画デビュー。2017年『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』(石井裕也監督)に出演し、『第9回TAMA映画祭』で「最優秀作品賞」、『第39回ヨコハマ映画賞』にて「主演男優賞」を獲得。2018年にはドラマ『宮本から君へ』で主演を務め、2019年9月に映画『宮本から君へ』が公開。また出演した『カツベン!』(周防正行監督)が12月に公開を控えている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. King Gnu常田が語る、ロマンと人生観 妻夫木聡が「大人」を問う 1

    King Gnu常田が語る、ロマンと人生観 妻夫木聡が「大人」を問う

  2. 血まみれのスタローンが弓矢を構える 『ランボー』最終章の場面写真公開 2

    血まみれのスタローンが弓矢を構える 『ランボー』最終章の場面写真公開

  3. 佐藤健『るろ剣』伊勢谷友介、土屋太鳳ら集合ポスター 主題歌はワンオク 3

    佐藤健『るろ剣』伊勢谷友介、土屋太鳳ら集合ポスター 主題歌はワンオク

  4. テレ東『浦安鉄筋家族』追加キャストに染谷将太、大東駿介、松井玲奈ら 4

    テレ東『浦安鉄筋家族』追加キャストに染谷将太、大東駿介、松井玲奈ら

  5. 『装苑』サステナブル特集で菅田将暉&小松菜奈が共演、綾野剛や玉森裕太も 5

    『装苑』サステナブル特集で菅田将暉&小松菜奈が共演、綾野剛や玉森裕太も

  6. 『スカーレット』が描いた自由と不自由の葛藤、「逸脱」の可能性 6

    『スカーレット』が描いた自由と不自由の葛藤、「逸脱」の可能性

  7. downy、音楽家たちに愛された20年 ミトら同志7人の手紙から辿る 7

    downy、音楽家たちに愛された20年 ミトら同志7人の手紙から辿る

  8. モーサム百々の「つぶやき厳禁&酩酊」イベントに、のんが登場 8

    モーサム百々の「つぶやき厳禁&酩酊」イベントに、のんが登場

  9. Mr.Childrenの新曲“The song of praise”が日テレ『ZIP!』新テーマ曲に 9

    Mr.Childrenの新曲“The song of praise”が日テレ『ZIP!』新テーマ曲に

  10. Foorin“パプリカ”の新ダンス完成、NHK『みんなの卒業式』で披露 10

    Foorin“パプリカ”の新ダンス完成、NHK『みんなの卒業式』で披露