特集 PR

Oh No Darkness!!、その奇抜な名前をそのまま音にした様な男女2人

Oh No Darkness!!、その奇抜な名前をそのまま音にした様な男女2人

Oh No Darkness!!『Oh No Darkness!!』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:小田部伶 編集:矢島由佳子(CINRA.NET編集部)
2019/10/09

今年3月に開催された『ツタロックオーディション2019』でグランプリを獲得し、初の全国流通盤となるセルフタイトルEPを10月9日に発表する大阪発の男女2人組・Oh No Darkness!!。映画や小説を愛し、ロックバンドにロマンを投影するナイーブな青年といった印象のギタリスト・クボと、より感覚重視で、ライブではバンドの顔となるボーカル / ベースのちさとという組み合わせは、まさに男女バンドの王道。これまで何度となく繰り返されてきたロックヒストリーがまた新しく更新されるようなワクワク感を覚える。

そんな相反する2人の関係性はそのままバンドの音楽性ともリンクしていて、パワーポップ譲りのキャッチーなメロディーと、オルタナ~シューゲイザー譲りのヘビネスが同居したサウンドが彼らの持ち味。1990年代にルーツを持つ若手バンドたちとのリンクには時代性も感じられ、バンドシーンの転換期を感じさせる。今後の動向にぜひ注目してほしい。

相反するもので新しいものを作ろう、ということを意識しています。(クボ)

―Oh No Darkness!!って、インパクトのあるバンド名ですよね。

クボ(Gt):もともと同じサークルのメンバーで、4回生の終わりくらいに組んだんですけど、最初は「一回ライブやって終わり」くらいに思ってたので、悪ノリでつけました(笑)。当時はメンバーが4人いたので、一人1単語ずつ、英単語を入れようってなって、僕は「Darkness」を入れたくて。

ちさと(Ba,Vo):私が最初に当てられて、なにも出てこんから、「Oh No」って言ったら、「Oh No Darkness!!、いいやん」って、そのままバンド名になってしまって。

Oh No Darkness!!(おー のー だーくねす)<br>左から:クボ、ちさと<br>2015年10月結成。2019年5月から現体制で大阪を中心に活動中。『ツタロックオーディション2019』にてグランプリを受賞。2019年10月9日に、初の全国流通盤『Oh No Darkness!!』をリリース。
Oh No Darkness!!(おー のー だーくねす)
左から:クボ、ちさと
2015年10月結成。2019年5月から現体制で大阪を中心に活動中。『ツタロックオーディション2019』にてグランプリを受賞。2019年10月9日に、初の全国流通盤『Oh No Darkness!!』をリリース。

―でも、ポップさとヘビーさの両側面があるバンドのキャラクターに合ってますよね。音楽性は組んだときから今の感じだったのか、徐々に変化していったのか、いかがでしょう?

クボ:最初はパワーポップっぽいのをやろうとしていたんですけど、それはもともといたギターボーカルの要素が強かったからで。僕はThe Smashing PumpkinsやMy Bloody Valentine、Deftonesとかが好きだったので、ずっとオルタナっぽいバンドがやりたくて、そういうのを全部詰め込みました。

―そういう1990年代のオルタナって、どうやって知りました?

クボ:もともと中学のときにASIAN KUNG-FU GENERATIONが好きになったことから、「ロックバンド、かっこいいな」と思って。そのあと2000年代に流行ってた洋楽を聴くようになり、遡っていきついたのが1990年代のオルタナでしたね。

クボ
クボ

―アジカンは今でこそ日本のギターロックの雛形だけど、もともと彼らは1990年代の海外のバンドに憧れて、自分たちのスタイルを作っていったわけで、今ではアジカンが多くのバンドにとって洋楽の入口になってるというのは、いい話ですよね。ちさとさんは、もともとどんな音楽が好きでしたか?

ちさと:大学のときはくるりとかJUDY AND MARYとか、邦楽のコピバンをやってました。このバンドをやるようになってから、洋楽もいろいろ教えてもらって、スマパンとか聴き始めて、MetallicaとかKornにもハマったりして、今に至るという感じです。

ちさと

―やっぱり、ポップなものとヘビーなもの、どちらも好きなんですね。

クボ:共通で「これがいいよね」と思ってるのは、アンバランスさというか、ヘビーだったりゴリッとしたりするサウンドにポップなボーカルを乗せるという、相反する感じ。シューゲイザーもそうだと思うんですけど、ゴリゴリ同士じゃなく、相反するもので新しいものを作ろうということを、お互い意識してます。

Page 1
次へ

リリース情報

Oh No Darkness!!『Oh No Darkness!!』
Oh No Darkness!!
『Oh No Darkness!!』(CD)

2019年10月9日(水)発売
価格:1,760円(税込)
EGGS-041

1. A-90
2. 火星年代記
3. CAST
4. Escape
5. How To Listen
6. Bossanova!!!

イベント情報

『EP「Oh No Darkness!!」Release Party《INTO DARKNESS!!》』

2020年1月26日(日)
会場:東京都 下北沢 THREE

2020年1月31日(金)
会場:大阪府 心斎橋 Live House Pangea

プロフィール

Oh No Darkness!!
Oh No Darkness!!(おー のー だーくねす)

メンバーはちさと(Ba / Vo)、クボ(Gt)。2015年10月結成。2019年5月から現体制で大阪を中心に活動中。『ツタロックオーディション2019』にてグランプリを受賞。2019年10月9日に、初の全国流通盤『Oh No Darkness!!』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. 映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣 1

    映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣

  2. SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』 2

    SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』

  3. 山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年 3

    山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年

  4. Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露 4

    Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露

  5. スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA 5

    スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA

  6. 尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催 6

    尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催

  7. 宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」 7

    宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」

  8. 米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA 8

    米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA

  9. 藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に 9

    藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に

  10. 石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送 10

    石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送