特集 PR

Oh No Darkness!!、その奇抜な名前をそのまま音にした様な男女2人

Oh No Darkness!!、その奇抜な名前をそのまま音にした様な男女2人

Oh No Darkness!!『Oh No Darkness!!』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:小田部伶 編集:矢島由佳子(CINRA.NET編集部)
2019/10/09

今年3月に開催された『ツタロックオーディション2019』でグランプリを獲得し、初の全国流通盤となるセルフタイトルEPを10月9日に発表する大阪発の男女2人組・Oh No Darkness!!。映画や小説を愛し、ロックバンドにロマンを投影するナイーブな青年といった印象のギタリスト・クボと、より感覚重視で、ライブではバンドの顔となるボーカル / ベースのちさとという組み合わせは、まさに男女バンドの王道。これまで何度となく繰り返されてきたロックヒストリーがまた新しく更新されるようなワクワク感を覚える。

そんな相反する2人の関係性はそのままバンドの音楽性ともリンクしていて、パワーポップ譲りのキャッチーなメロディーと、オルタナ~シューゲイザー譲りのヘビネスが同居したサウンドが彼らの持ち味。1990年代にルーツを持つ若手バンドたちとのリンクには時代性も感じられ、バンドシーンの転換期を感じさせる。今後の動向にぜひ注目してほしい。

相反するもので新しいものを作ろう、ということを意識しています。(クボ)

―Oh No Darkness!!って、インパクトのあるバンド名ですよね。

クボ(Gt):もともと同じサークルのメンバーで、4回生の終わりくらいに組んだんですけど、最初は「一回ライブやって終わり」くらいに思ってたので、悪ノリでつけました(笑)。当時はメンバーが4人いたので、一人1単語ずつ、英単語を入れようってなって、僕は「Darkness」を入れたくて。

ちさと(Ba,Vo):私が最初に当てられて、なにも出てこんから、「Oh No」って言ったら、「Oh No Darkness!!、いいやん」って、そのままバンド名になってしまって。

Oh No Darkness!!(おー のー だーくねす)<br>左から:クボ、ちさと<br>2015年10月結成。2019年5月から現体制で大阪を中心に活動中。『ツタロックオーディション2019』にてグランプリを受賞。2019年10月9日に、初の全国流通盤『Oh No Darkness!!』をリリース。
Oh No Darkness!!(おー のー だーくねす)
左から:クボ、ちさと
2015年10月結成。2019年5月から現体制で大阪を中心に活動中。『ツタロックオーディション2019』にてグランプリを受賞。2019年10月9日に、初の全国流通盤『Oh No Darkness!!』をリリース。

―でも、ポップさとヘビーさの両側面があるバンドのキャラクターに合ってますよね。音楽性は組んだときから今の感じだったのか、徐々に変化していったのか、いかがでしょう?

クボ:最初はパワーポップっぽいのをやろうとしていたんですけど、それはもともといたギターボーカルの要素が強かったからで。僕はThe Smashing PumpkinsやMy Bloody Valentine、Deftonesとかが好きだったので、ずっとオルタナっぽいバンドがやりたくて、そういうのを全部詰め込みました。

―そういう1990年代のオルタナって、どうやって知りました?

クボ:もともと中学のときにASIAN KUNG-FU GENERATIONが好きになったことから、「ロックバンド、かっこいいな」と思って。そのあと2000年代に流行ってた洋楽を聴くようになり、遡っていきついたのが1990年代のオルタナでしたね。

クボ
クボ

―アジカンは今でこそ日本のギターロックの雛形だけど、もともと彼らは1990年代の海外のバンドに憧れて、自分たちのスタイルを作っていったわけで、今ではアジカンが多くのバンドにとって洋楽の入口になってるというのは、いい話ですよね。ちさとさんは、もともとどんな音楽が好きでしたか?

ちさと:大学のときはくるりとかJUDY AND MARYとか、邦楽のコピバンをやってました。このバンドをやるようになってから、洋楽もいろいろ教えてもらって、スマパンとか聴き始めて、MetallicaとかKornにもハマったりして、今に至るという感じです。

ちさと

―やっぱり、ポップなものとヘビーなもの、どちらも好きなんですね。

クボ:共通で「これがいいよね」と思ってるのは、アンバランスさというか、ヘビーだったりゴリッとしたりするサウンドにポップなボーカルを乗せるという、相反する感じ。シューゲイザーもそうだと思うんですけど、ゴリゴリ同士じゃなく、相反するもので新しいものを作ろうということを、お互い意識してます。

Page 1
次へ

リリース情報

Oh No Darkness!!『Oh No Darkness!!』
Oh No Darkness!!
『Oh No Darkness!!』(CD)

2019年10月9日(水)発売
価格:1,760円(税込)
EGGS-041

1. A-90
2. 火星年代記
3. CAST
4. Escape
5. How To Listen
6. Bossanova!!!

イベント情報

『EP「Oh No Darkness!!」Release Party《INTO DARKNESS!!》』

2020年1月26日(日)
会場:東京都 下北沢 THREE

2020年1月31日(金)
会場:大阪府 心斎橋 Live House Pangea

プロフィール

Oh No Darkness!!
Oh No Darkness!!(おー のー だーくねす)

メンバーはちさと(Ba / Vo)、クボ(Gt)。2015年10月結成。2019年5月から現体制で大阪を中心に活動中。『ツタロックオーディション2019』にてグランプリを受賞。2019年10月9日に、初の全国流通盤『Oh No Darkness!!』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く 1

    ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く

  2. 中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開 2

    中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開

  3. セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現 3

    セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現

  4. 『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け 4

    『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け

  5. 宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら 5

    宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら

  6. フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が 6

    フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が

  7. 『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載 7

    『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載

  8. 宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真 8

    宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真

  9. 細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場 9

    細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場

  10. 小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも 10

    小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも