特集 PR

小谷実由と考える、暮らしにアートを求める理由 服と共通する熱量

小谷実由と考える、暮らしにアートを求める理由 服と共通する熱量

『LUMINE ART FAIR -My First collection-』
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:寺内暁 編集:石澤萌(CINRA.NET編集部)

「好きな洋服を選ぶように好きなアートを選ぶようになれたなら」。これはモデル・小谷実由さんが取材のなかでふと洩らした言葉。最近ではバンクシーのゲリラ的な活動や、海外オークションにて超高額で名画が落札されたなど、アートに関するニュースをふつうに耳にする機会は増えました。けれども、やはりアート=高価で難しくて自分の手には届かないもの、というイメージはまだまだ強くあります。そんななかで、洋服とアートを同じ目線で選ぶことは可能でしょうか?

10月12日、13日の2日間にかけて、JR新宿駅直結のLUMINE0が会場となる異色のアートフェア『LUMINE ART FAIR -My First collection』を手がかりに、あらためてアートと人と暮らしの距離を考えてみたい、というのがこの記事の主旨。小谷実由さん、パートナーの写真家・島田大介さん、そして『LUMINE ART FAIR』に出店するTOMIO KOYAMA GALLERY代表の小山登美夫さんに、それぞれが考える「アート」のあり方、付き合い方を聞きました。

ポップカルチャーを通したアートとの出会い。老舗ギャラリーを営む、小山登美夫と振り返る

島田さんはのちほど合流ということで、最初に訪ねたのは六本木にあるTOMIO KOYAMA GALLERY。まずは小谷さん、小山さんにそれぞれのアートとの出会いを聞いてみましょう。

小谷:よくアートは敷居が高いと言われますけど、私の場合は子どもの頃から絵を描くのが好きだったりしたので、わりとハードルを感じことはなかったんですよ。とは言っても、やっぱりギャラリーに足を運ぶのはいまでも少し緊張しちゃいますけど(笑)。

小山:緊張しちゃいますよね。特にいまはニュースなんかでアートが金融商品みたいに紹介されることも多いですから、「直感的に好き」だとか「自分の部屋に置いてみたらどうだろう?」って軽めの気持ちを持って接するのは難しくなってるかもしれません。

左から:小谷実由、小山登美夫
左から:小谷実由、小山登美夫

小谷:真っ白で静かな空間に包まれると、自分がどこにいるか分からなくなる感じもしますしね。私が比較的こういう場所に慣れているのって、親の影響が大きいと思うんです。めちゃくちゃ音楽好きの両親で、英才教育的に小さな頃からライブに連れて行かれたし、家にもCDがたくさんありました。

そのうちに自分でもアルバムジャケットのアートワークを熱心に見るようになって、同じ時代、例えば1960年代のファッションが気になるようになり、その資料として同じ時代の映画を掘るようになって。そこから写真もアートも好きになったんです。周囲にいる憧れの大人もみんなアートやカルチャーが好きでしたから、いま言った全部が私の憧れのコンテンツなんですよ。

小谷実由(おたに みゆ)<br>ファッション誌やカタログ・広告を中心に、モデル業や執筆業で活躍。一方で、様々な作家やクリエイターたちとの企画にも取り組む。昭和と純喫茶をこよなく愛する。愛称はおみゆ。
小谷実由(おたに みゆ)
ファッション誌やカタログ・広告を中心に、モデル業や執筆業で活躍。一方で、様々な作家やクリエイターたちとの企画にも取り組む。昭和と純喫茶をこよなく愛する。愛称はおみゆ。

小山:それは分かるなあ。僕は中学生くらいから美術館の展覧会に足を運ぶようになったんですよ。実家が人形町だったから、昔の山種美術館(1966年に開館した日本画専門の美術館。現在は広尾に移転)も近くにあったしね。一方で現代美術に関しては、学校の落語研究会の先輩がそっち方面を大好きな人だったので影響を受けました。中高の自分を形成していたのは、映画と演劇と絵画。

小山登美夫(こやま とみお)<br>1963年東京都生まれ。西村画廊、白石コンテンポラリーアートという、日本を代表する現代美術画廊の勤務を経て、1996年にTOMIO KOYAMA GALLERYを開廊。村上隆、奈良美智といった同世代の日本人アーティストの展覧会を多数開催するだけでなく、海外のアートフェアにも積極的に参加して国外のアーティストも取り扱うなど、ワールドワイドな展開を行う日本のギャラリーの先駆けとなる。
小山登美夫(こやま とみお)
1963年東京都生まれ。西村画廊、白石コンテンポラリーアートという、日本を代表する現代美術画廊の勤務を経て、1996年にTOMIO KOYAMA GALLERYを開廊。村上隆、奈良美智といった同世代の日本人アーティストの展覧会を多数開催するだけでなく、海外のアートフェアにも積極的に参加して国外のアーティストも取り扱うなど、ワールドワイドな展開を行う日本のギャラリーの先駆けとなる。

―ポップカルチャーや古典を楽しむなかで、アートに興味を持ったということですね。

小山:そうそう。音楽的な素養は僕にはあまりないんだけど、奈良(美智)くんも村上(隆)も世代的に音楽大好きだからね。ロサンゼルスのアーティストがバンドやってたみたいに、僕が大学のときの日本の美術家はほとんどみんなバンドやってたんだよ。

小谷:いいな。かっこいい。自分のなかでは音楽やってる人と美術をやってる人は文系 / 理系みたいにちょっと温度感違う理解なんですけど、混ざっていたんですね。

Page 1
次へ

イベント情報

『LUMINE ART FAIR -My First collection-』
『LUMINE ART FAIR -My First collection-』

5万円以下の作品を紹介する「アフォーダブルエリア」、ニューヨークで活躍する若手アーティストの作品を集めた「From New Yorkエリア」、国内有数の11のギャラリーがおすすめ作品をセレクトする「ギャラリーセレクトエリア」の3つのエリアに会場を区分し、アート作品の展示・販売を行う。そのほか、トークショーやライブペインティングの実施や、アートの購入方法や飾り方のアドバイスをしてくれるアートコンシェルジュサービスも。

2019年10月12日(土)11時~19時、10月13日(日)11時~18時
会場:
LUMINE 0(ルミネゼロ)NEWoMan SHINJUKU 5F
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目24‐55

料金:無料
出展ギャラリー:
hpgrp GALLERY TOKYO
TOMIO KOYAMA GALLERY
GALLERY KOGURE
EINSTEIN STUDIO
HARMAS GALLERY
s+arts
EUKARYOTE
LAD Gallery
KOMIYAMA TOKYO
Röntgenwerke AG
TEZUKAYAMA GALLERY

プロフィール

小谷実由(おたに みゆ)

ファッション誌やカタログ・広告を中心に、モデル業や執筆業で活躍。一方で、様々な作家やクリエイターたちとの企画にも取り組む。昭和と純喫茶をこよなく愛する。愛称はおみゆ。

島田大介(しまだ だいすけ)

映像ディレクターとしてキャリアをスタートし、数々のCMやMUSICVIDEOなどを演出、カンヌ広告祭をはじめ国内外数々の賞を受賞する。2018年、代表を務めた映像制作会社コトリフィルムを解散。現在は映像作家、写真家としての制作を中心に活動中。

小山登美夫(こやま とみお)

1963年東京都生まれ。東京藝術大学芸術学科卒業。西村画廊、白石コンテンポラリーアートという、日本を代表する現代美術画廊の勤務を経て、1996年に小山登美夫ギャラリーを開廊。村上隆、奈良美智といった同世代の日本人アーティストの展覧会を多数開催するだけでなく、海外のアートフェアにも積極的に参加して国外のアーティストも取り扱うなど、ワールドワイドな展開を行う日本のギャラリーの先駆けとなる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察