特集 PR

TENDREが語る、脚光を浴びるようになるまで 転機となった出会い

TENDREが語る、脚光を浴びるようになるまで 転機となった出会い

カシオ「CT-S200RD/BK」
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:垂水佳菜 編集:山元翔一(CINRA.NET編集部)

私たちの人生は「出会い」や「巡り合わせ」によって形作られ、ときに思いもよらぬところに導かれてしまう。それは、本稿の主人公・河原太朗にとっても例外ではなかった。

2017年10月、Ryohu(KANDYTOWN)のプロデュースを手がけたことをきっかけに、河原の人生の針路は少しずつ変わりはじめた。2017年12月、河原はソロプロジェクト・TENDREを始動させ、今ではCharaのツアーサポートを務めたり、田島貴男(ORIGINAL LOVE)をはじめとする様々なミュージシャンとの交流を持つなど、活動の幅を一層広げている。

今回CINRA.NETでは、河原のこれまでの「音楽人生」にスポットを当て、その節目でどのような「出会い」や「巡り合わせ」を経験してきたのかを訊いた。またインタビュー後半では、CASIOの新しいキーボード「CT-S200」を試奏してもらい、「新たな楽器との出会い」がもたらすインスピレーションについても語ってもらった。

TENDRE=河原太朗のすべてのはじまりとなる、最初の「出会い」

―河原さんはマルチプレイヤーで、TENDREの音源でも一人多重録音をされています。そもそも、最初に出会った楽器はなんだったのですか?

河原:最初の出会いでいうと、やっぱりピアノですね。両親の影響で、物心がついたときにはピアノに慣れ親しんでいました。

TENDRE(てんだー)<br>鍵盤、ベース、ギター、サックスなども演奏するマルチプレイヤー、河原太朗のソロプロジェクト。Yogee New Waves、Ryohu、sumika、Chara、SIRUPなど様々なバンドやアーティストのレコーディングやライブに参加し、共同プロデュースなども務め、その活動は多岐に渡る。2019年10月2日、HondaのキャンペーンCMに起用された“ANYWAY”、J-WAVE「TOKIO HOT 100」では最高位4位を記録した“SIGN”を含む新作EP『IN SIGHT』をリリースした。
TENDRE(てんだー)
鍵盤、ベース、ギター、サックスなども演奏するマルチプレイヤー、河原太朗のソロプロジェクト。Yogee New Waves、Ryohu、sumika、Chara、SIRUPなど様々なバンドやアーティストのレコーディングやライブに参加し、共同プロデュースなども務め、その活動は多岐に渡る。2019年10月2日、HondaのキャンペーンCMに起用された“ANYWAY”、J-WAVE「TOKIO HOT 100」では最高位4位を記録した“SIGN”を含む新作EP『IN SIGHT』をリリースした。

河原:ただ、自分から率先して「楽器をやろう」と思ったのは、中学生になって吹奏楽部に入部したときです。まずはトランペットからスタートしたのですが、自分で楽器をメンテナンスしたり、毎日基礎練習をしたり、楽器を「扱う」うえで必要なことをそこで学びました。

中学の頃って時間があり余っているから(笑)、毎日ずっと楽器を触れるのはすごく大きかったです。その時間があったからこそ、音楽に没頭する自分が形成されたというか。

―入り口が管楽器だったことは、河原さんにどんな影響を与えました?

河原:トランペットというのは単音楽器で、吹奏楽部ですから他の管楽器とアンサンブルを作るわけですよね。そこで自分の立ち位置や、チームワークの大切さを学ぶことができた。

自分以外の楽器がどんな動き方をして、それによって和声がどう変わっていくのかにも興味を持つようになり、ピアノを使って勉強するようになりました。自分のなかの「コード感」は、そこでかなり培われたと思います。

カシオ「CT-S200」を試奏する河原太朗
カシオ「CT-S200」を試奏する河原太朗(サイトを見る

―トランペットだけを極めようとするのではなく、自分以外の楽器に興味を持ったり、楽曲の「構造を知りたい」と思ったり、そういう好奇心が河原さんをマルチプレイヤーにしたのかもしれないですね。

河原:興味が分散しがち……というところはあったのかもしれないですけどね(笑)。でも、そのおかげで中3のときにはバリトンサックスを演奏するようになり、低音パートが持つ役割の大切さを知ることができたし、金管楽器から木管楽器に変わったことで、それぞれの違いを学べたのも大きかったと思います。

―トランペットはアンサンブルの花形で、バリトンサックスは縁の下の力持ちですもんね。

河原:そうなんです。それぞれの楽器のあるべき「振る舞い方」ってありますからね。アンサンブルのあり方を意識するようになるきっかけですね。それは、スポーツのポジショニングの考えにも近いかもしれない。……いや、スポーツやったことないし、今のは『スラムダンク』からの受け売りなんですけど(笑)。

TENDRE
Page 1
次へ

製品情報

カシオ「CT-S200RD/BK」
カシオ「CT-S200RD/BK」

2019年9月27日(金)発売
価格:オープン価格

カシオ「CT-S200WE」
カシオ「CT-S200WE」

2019年10月4日(金)発売
価格:オープン価格

リリース情報

TENDRE『IN SIGHT - EP』
TENDRE
『IN SIGHT - EP』

2019年10月2日(水)発売
価格:1,980円(税込)
DDCR-7108

1. SIGN
2. VARIETY
3. ANYWAY
4. SELF
5. IN SIGHT
6. YOU CAN SEE

プロフィール

TENDRE
TENDRE(てんだー)

鍵盤、ベース、ギター、サックスなども演奏するマルチプレイヤー、河原太朗のソロプロジェクト。Yogee New Waves、Ryohu、sumika、Chara、SIRUPなど様々なバンドやアーティストのレコーディングやライブに参加し、共同プロデュースなども務め、その活動は多岐に渡る。2019年10月2日、HondaのキャンペーンCMに起用された“ANYWAY”、J-WAVE「TOKIO HOT 100」では最高位4位を記録した“SIGN”を含む新作EP『IN SIGHT』をリリースした。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察