特集 PR

ロイ-RöE-が、人間の狂気やどうしようもなさ、女性の闇を歌うわけ

ロイ-RöE-が、人間の狂気やどうしようもなさ、女性の闇を歌うわけ

ロイ-RöE-“癒えないキスをして*”
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)
2019/11/13

自分もその作品にちゃんと寄せたいし、世界観を壊さないようにしたい。

―今回も、ちゃんMARIさんが編曲で参加していますね。

ロイ-RöE-:ちゃんMARIさんは、デビュー前にデモを作り貯めていた時からサウンドプロデュースをお願いしていて、それがすごく素敵だったので今回もお願いしました。

ロイ-RöE-『ウカ*』を聴く(Apple Musicはこちら

ロイ-RöE-:まずはちゃんMARIさんに送るためのデモを作ったんですよ。ギターとベースだけのシンプルな形にしておいて、そこにキーボードを乗せてもらいました。スタジオでは、「分かりやすいリフとかあったらいいですよね」なんて話をしていて、それでスタジオに入った時にいろいろ試行錯誤していたら、あのイントロのフレーズが出てきて。あれが出た瞬間に「おー!」って思わず声が出ましたね。今までにない感じで、しかも可愛くて。

バンドも『ウカ*』の時のメンバーにお願いしました。みんな才能があるから提案してくれるし、ちょっとした変化で曲の印象もどんどん変わっていくのが面白かったです。ちゃんMARIさんも、「こっちの方がいいよ」とか「その歌い方、可愛い」とかノセてくれる方なので(笑)。とても楽しくレコーディングできました。

撮影:藤川正典
撮影:藤川正典
撮影:藤川正典

―映画やドラマの主題歌は、お題に沿って作る作業だと思いますが、ロイ-RöE-さんは得意ですか?

ロイ-RöE-:好きですね。縛りやお題があったほうがイメージが浮かびやすい。例えば『ドラゴンボール』の“CHA-LA HEAD-CHA-LA”や、“摩訶不思議アドベンチャー”のような、その作品のため「だけ」に書かれた曲は「いいな」と思うんです。自分もその作品にちゃんと寄せたいし、世界観を壊さないようにしたい。私はどれだけ相手に寄せたとしても、結果的にちゃんと自分が出ていて「全然、寄せられてないよ?」って言われることもあるんですよね……(笑)。

―(笑)。ちゃんとロイ-RöE-さんらしさが滲み出ているわけですよね。歌い方もこれまでとは少し違う気がしました。

ロイ-RöE-:最初はちょっと投げやりな感じで歌ってみたのですけど、スタッフの方から「ちょっと囁き系で可愛く歌ってみるのもいいんじゃない?」と提案してもらって。それで試してみたらいい感じになりました。ここまで1曲通して可愛く歌ったことはなかったから、新鮮でしたね。「こういうのもいいな」って。

「可愛いけど危うい感じ」をMVでも出していこうってなって。

―ミラーレイチェル智恵さんが監督を務めたMVも、赤いドレスと和室のミスマッチ感がとても印象的でした。

ロイ-RöE-:衣装はいつも、スタイリストの渡邊由貴さんにお願いしているんですけど、「ロイ-RöE-は情熱的だしやっぱり赤が似合うよ!」と言ってくださって。それで今回はこの色にしました。めちゃめちゃ好みの赤で嬉しかったです。普段着として欲しいくらい。

レイチェルさんは岡崎京子さんが好きだったり、ヴェラ・ヒティロヴァ監督の『ひなぎく』(1966年)という映画が好きだったり、最初の打ち合わせで好みが似ていると知って盛り上がりました。で、そういう作品に共通している「可愛いけど危うい感じ」をMVでも出していこうってなって。

レイチェルさんに提案していただいたのは、「花の収集癖がある女の子」をテーマにすることでした。その女の子は美しい花が好きで、何かあれば家に持ち帰っているんだけど、いざいっぱい集まったら「怖い!」と思ってしまう、みたいな(笑)。最初は洋室での撮影が予定されていたのですが、和室の方がドレスも映えると思いつき、それで急きょ和室で撮ることになったんです。

―すごく趣のある空間ですよね。

ロイ-RöE-:建物の2階にある、文豪が住んでいるような雰囲気の部屋で、窓を開けたら屋根に猫が2匹寝そべっていたり、金八先生が走っているような河川敷もあったりするんです。

Page 3
前へ 次へ

リリース情報

ロイ-RöE-『癒えないキスをして*』
ロイ-RöE-
『癒えないキスをして*』

2019年11月1日(金)配信

プロフィール

ロイ-RöE-
ロイ-RöE-(ろい)

頭から離れないメロディーと個性的な歌詞を紡ぎ出すシンガーソングライター。中学卒業後から独学で作曲を開始。2018年10月、1st Digital EP「ウカ*」をリリース、ワーナーミュージック・ジャパン内のレーベルunBORDEよりデビューを果たす。さらに、2019年4月スタートのフジテレビ系ドラマ「ストロベリーナイト・サーガ」のオープニングテーマに抜擢。同年5月に1st Digital Single「VIOLATION*」としてリリース。MVが100万回再生を超えるなど今、目が離せないアーティスト。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性