特集 PR

indigo la Endが語る、日本語ポップスの歌詞。歌詞展を巡りながら

indigo la Endが語る、日本語ポップスの歌詞。歌詞展を巡りながら

indigo la End『濡れゆく私小説』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:山川哲矢(Showcase) 編集:矢島由佳子(CINRA.NET編集部)

もともと、aikoさんの女々しい女子目線の歌詞も好きだったんです。(川谷)

―栄太郎さんはアルバムから歌詞の面で1曲選ぶとしたら、どうでしょう?

佐藤:“砂に紛れて”とか“通り恋”は「わかるなあ」って。

川谷:どっちもすげえ失恋の曲ですけどね(笑)。

佐藤:“砂に紛れて”は最初<嫌いにならないでねとあなたは言った>って始まるけど、でもかっこつけてるだけで、本当は自分がそうなってしまうのが怖いっていう、男の弱さが出てるのがいいんですよね。それがわかるとガラッと印象が変わるんですよ。

長田:「自分のことを歌ってるみたい」って言ってた(笑)。

indigo la End“砂に紛れて”を聴く(Apple Musicはこちら

佐藤:この曲は演奏を録音したのは3年前で、もちろん頑張ってプレイしてるんですけど、結局演奏に血を流すのは歌詞だなって思うんですよね。どういう気持ちで叩いたのか、弾いたのか、各々あると思うんですけど、最後に看板をつけるというか、グッと結んで、「これがうちの店の味なんです」って言ってくれるのは、やっぱり歌詞だと思う。だから、いつも感動しますね。それによって演奏も輝きを増して、もっとよくなりますし。

佐藤栄太郎
佐藤栄太郎
佐藤栄太郎

―ハイタッチ会に男性ファンが多かったという話もありましたけど、インディゴの歌詞は女性だけじゃなくて、男性の「弱さ」にも刺さってるのかもしれないですね。

川谷:昔は女性目線の歌詞が多かったんですけど、最近は男目線の歌詞が増えたので、男性も歌詞に共感できるようになったのかもしれない。

―もともとはなんで女性目線の歌詞が多かったんですか?

川谷:もともと男性が書く女性目線の曲がすごく好きだったし、あとaikoさんの女々しい女子目線の歌詞も好きだったんです。

前に『ミュージックステーション』(テレビ朝日)にゲスの極み乙女。で出たとき、オープニングのリハ中にaikoさんから「“夏夜のマジック”って曲、すごい色気があるね」って言ってもらって、自分のやり方は間違ってないなと思えました。“夏夜のマジック”は女性目線というわけではないですけど、「女性が書くようなセクシーな歌詞を男性が書く」みたいなことにはずっと憧れがあって。

―その上で、最近はより「私小説」的な歌詞が増えてきたと。

川谷:昔は自分目線で書くのが恥ずかしかったんです。自分を丸裸にされる感じがするというか、「この人はこういう考え方をしてるんだ」って、ストレートに思われるのも嫌で。でも、いろんな人の歌詞を読んだり、曲を聴いたりしていると、「この人がこれを歌ってるからこそ響く」みたいなことってやっぱりあって、そういう歌詞も書かなきゃなって思ったんですよね。

たとえば、Oasisはあの兄弟じゃなくても売れただろうけど、でもやっぱりあの二人がやってるということがプラスになったし、ビリー・アイリッシュにしても、彼女が歌ってるからこそ響くんだと思うし。そういう意味では、良くも悪くも自分の歴史を作ってきて、それをちゃんと自分で歌にできるようになったのかなって思いますね。

川谷絵音

ユーミンさんが「5年後に理解されるものがポップスなんだよ」って言ってて、“夏夜のマジック”はまさにそうだなって。(川谷)

―さきほど名前の出た“夏夜のマジック”(2015年)はTikTokを発端に今年人気が急上昇していて、YouTubeの再生回数も1000万回に迫る勢いです。あの曲はもともとどうやって生まれた曲なのでしょうか?

川谷:“夏夜のマジック”は、最初は本当に適当でした。全然違う曲を作ってたんですけど、ガラッと違うサウンドに変えて。

長田:歌もその場で作ったんじゃなかったっけ?

川谷:そう、即興でいろいろ歌って、歌詞も殴り書きじゃないけど、最初はそんな感じでした。

―考え抜かれた歌詞の面白さもあれば、そうやって即興的に生まれた歌詞だからこそのストレートさが響くこともある。それもまた歌詞の奥深さですよね。

川谷:サカナクションの(山口)一郎さんがユーミンさんに「5年後に理解されるものがポップスなんだよ」って言われたという話をしてて、“夏夜のマジック”はまさにそうだなって(笑)。正確に言えば今年で4年目なので、あと1年後にもっと理解されるのかはわからないけど。

でもその話は確かにそうだなと思って。やっぱり時代を先取りしてるものが評価されるわけですよね。その時代にマッチしたものって、それを作った人がすでにいるわけで、それを追っかけて作ったものは基本的には廃れていっちゃう。ユーミンさんがそれを言うっていうのは、説得力あるなって。

―ずっと聴かれ続けている人ですからね。

川谷:俺らは全然今っぽくもないし、でも古くもないっていうか、ずっとどこかずれた状態でやってて、それは意図的な部分もあったし、でもなにかずれちゃうっていう部分もあって。今回歌詞とメロディーは弾き語りでしっかり作ったので、そのずれを多少は修正できたかなって。まだずれてるとは思うんですけど(笑)。

―スピッツの“空も飛べるはず”(1994年)も発表から2年後にドラマ主題歌になってヒットしたし、楽曲自体に普遍性があれば、時代のトリガーみたいなものと結びつくことで、多くの人に届くっていうことかもしれないですね。そのトリガーが、“夏夜のマジック”に関してはTikTokだったっていう。

川谷:俺らはキャラとかも別にないし、奇を衒ったことはなにもしてないので、“夏夜のマジック”もただいいポップスとして聴かれてる感じだと思うから、それはいいなって思います。一発屋という感じのヒットでもなく、ヌルッと再生数が上がっていく、みたいな。今回のホールツアーも前より大きいキャパがソールドアウトになってて、ずっと一定の活動をしながら、じんわりじんわりと……。

―「下がってない」というのはすごいことですもんね。

川谷:すっごい緩やかに坂を上がってて……そういう聴かれ方もいいなって思いますね。

左から:長田カーティス、後鳥亮介、川谷絵音、佐藤栄太郎
Page 4
前へ 次へ

イベント情報

『濡れゆく私小説展』

2019年11月9日(土)、11月10日(日)
会場:東京都 目黒 CLASKA The 8th Gallery

イベント情報

『ONEMAN HALL TOUR 2019「心実」』

2020年1月30日(木)、1月31日(金)
会場:東京都 中野サンプラザ

リリース情報

indigo la End
『濡れゆく私小説』初回限定盤(CD+DVD)

2019年10月9日(水)発売
価格:4,400円(税込)
WPZL-31658

[CD]
1. 花傘
2. 心の実
3. はにかんでしまった夏
4. 小粋なバイバイ
5. 通り恋
6. ほころびごっこ
7. ラッパーの涙
8. 砂に紛れて
9. 秋雨の降り方がいじらしい
10. Midnight indigo love story
11. 結び様

[DVD]
『全国ワンマンツアー「街路樹にて」東京追加単独公演「abuku」』at 日比谷野外大音楽堂 ライブ映像収録
1. 夜明けの街でサヨナラを
2. ハートの大きさ
3. はにかんでしまった夏
4. 彼女の相談
5. 花をひとつかみ
6. 見せかけのラブソング
7. スウェル
8. 名もなきハッピーエンド
9. 想いきり
10. 幸せな街路樹.
11. 心ふたつ
12. 夏夜のマジック
13. 幸せが溢れたら

indigo la End『濡れゆく私小説』
indigo la End
『濡れゆく私小説』通常盤(CD)

2019年10月9日(水)発売
価格:3,300円(税込)
WPCL-13103

1. 花傘
2. 心の実
3. はにかんでしまった夏
4. 小粋なバイバイ
5. 通り恋
6. ほころびごっこ
7. ラッパーの涙
8. 砂に紛れて
9. 秋雨の降り方がいじらしい
10. Midnight indigo love story
11. 結び様

プロフィール

indigo la End
indigo la End(いんでぃご ら えんど)

2010年2月川谷絵音を中心に結成。2014年8月に後鳥亮介が加入。2015年に佐藤栄太郎が加入し現在の体制となる。歌とギターのツインメロディとそれを支えるリズム隊、それらが絶妙なバランスで重なり合う。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心 1

    秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心

  2. 古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風 2

    古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風

  3. 青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も 3

    青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も

  4. 米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演 4

    米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演

  5. 角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編) 5

    角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編)

  6. 坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開 6

    坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開

  7. 三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介 7

    三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介

  8. 小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』 8

    小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』

  9. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 9

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  10. 『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優 10

    『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優