特集 PR

自分の呪縛を解放しようよ。あっこ、YUKARI、みなみのワンライフ

自分の呪縛を解放しようよ。あっこ、YUKARI、みなみのワンライフ

Limited express(has gone?)『perfect ME』
インタビュー・テキスト
石井恵梨子
撮影:諏訪稔 編集:矢島大地、柏井万作(CINRA.NET編集部)

闘う必要はないし、バラバラでいいの。でも、あるときにちゃんとフォーメーションを組めるなら素敵だなって。(YUKARI)

―今日の話は全部、それぞれ個人の生き方の話ですよね。団結して闘う女性たち、みたいなイメージとは程遠いもの。

YUKARI:そうですね。フェミニズム的なものを掲げて、いろんなものに対して闘うぞってなると、みんなで集まらなきゃいけない。それはまた違ってくるでしょう。もっと個々が集まれるときに集まって、フラッとパーティーが始まって、みんなそれぞれやってるのを確認してあたりを見回す。まぁそれが“フォーメーション”で歌ってる<ヘブン>のイメージで。それでまた個々に戻っていけたらなぁって。闘う必要はないし、バラバラでいいの。でも、あるときにちゃんとフォーメーションを組めるなら素敵だなって。

左から:なかむらみなみ、YUKARI、あっこゴリラ

―そこには、楽しくやれたらいいという気持ちも入ってますか?

YUKARI:うん。だって、もっと楽しくラフでよくない? 生活のこと、日常のことなんだから。そんな頑張ってちゃ誰も何もできなくなるよ。あとはね、無理しなくていいっていうのも事実だけど、自分がこうなりたいと思う自分になっていくのが最高だと思ってて。自分のダメなとこを認めてあげるのも、もちろん前に進めることだから踏み出す一足にはなるんだけど。でもそこから二足、三足って進んでいくなら、なりたい自分があったほうがいい。

あっこゴリラ:今は「かわいい」の正解もどんどん増えていってるから。それ以外の理想とか絶対的正解みたいなものが、もっと選択肢増えていけばいいな。そしたら人と比べるのもバカらしくなるし。

あっこゴリラ

―女性にまつわる言葉で、もっと多様化していいもの、これがなくなればいいなと思うものはありますか。

あっこゴリラ:いっぱいある。「メンヘラ」とか。「ヒステリー」とか特にそう。

なかむら:「陰キャ」と「陽キャ」も。

あっこゴリラ:嫌だー! 陰と陽なんてみんな両方あるのに!

YUKARI:私はね、ずっとバンドで「おてんば」「じゃじゃ馬」みたいな、もう海外のメディアでも毎回必ず言われたの。「おてんば娘がステージで駆け回る」みたいな。すごく嫌だった。言われ続けると自分でもそっちに寄っていくんですよ。「『おてんば』って代名詞に合わせた感じにならなきゃ」って。やっぱ嫌ですよね、ああいう言葉って。

―みなみちゃんは何かありますか?

なかむら:えっとね、MVのコメントとかに「フェラするときによだれ出そう」ってよく書かれるのが嫌。

―同:はははははははははは!

なかむら:「え、したっけ?」って思う。誰だよ(笑)。

YUKARI:「したっけ?」じゃないよ(笑)。

なかむら:でも私だけじゃなくて、女性が出るMVとか、コメントに必ずありますよね。

YUKARI:絶対あるね。性的に見てる言葉。「エロそう」とか。あとは「ヤレる・ヤレない」も。まずヤらないから(笑)。

なかむら:あと私は自分の歯並びめっちゃ好きなんですけど、「治さないの?」とか言ってくる人たちには「ガソリンありがとうございますっ」って感じ。そんな言葉絶対ないほうがいいと思う。

なかむらみなみ

だって一度きりじゃん? ワンライフ、ワンチャンスじゃん!(あっこゴリラ)

―(CINRA.NET編集部・矢島大地)最後にいいですか。これが「男と女」という対比の話じゃなく、自分として生きていくことの話なのは理解したうえで「男はどうすればいいですか?」と訊きたいです。今、苦しんできた女性が声を上げてることには、間違いなく男側が作り上げた悪しき刷り込みが加担していることもわかっていて。だけど今、そういう従来の価値観はぶっ壊れて、無意識に指針にしていた刷り込みがパツンと切られた感覚があるんですね。

YUKARI:時代とか価値観の狭間ですもんね。その苦しさはわかる。

あっこゴリラ:今は過渡期だからこそ、恥とプライドの置きどころをブラさないでいたい。私が思うのは、無知は一瞬の恥、知らんふりが一生の恥だってことで。恥かくのは一瞬だから。いち人間として素直に向き合って、間違ったと思ったら改める。の繰り返しで日々アップデートしていきたい。あくまでラフに。

YUKARI:そうね。これは女性男性の話だけど、たとえばウチの旦那さんは障がい者の介助の仕事をしてて、私も障がいのある人にどう接すればいいのかわかんなくなるときがあるんですね。言葉をうまく出せない人だと、ついつい介助者のほうを見て話しちゃったり。それと似てる感情だと思う。大事にしたい気持ちはあるけど、下手したら火傷しちゃうかもしれないって怖くなる。

―(CINRA.NET編集部・矢島大地)そうです、そうです。俺もそこで心も体も動きがぎこちなくなる。

YUKARI:私はね、どんどん聞くようにしてます。「これ嫌?」とか「あ、ごめん、今私目を見て話さなかったよね、あなたと話そうとしてたんだよ」とか。あと背が低い相手に「かわいいね」って言っちゃうことがあって、それを相手が気にしてるかもしれない。だとしたら言った後に「あ、気にしてたならごめん。でも私はすごくかわいいと思ったし、それがあなたのアイデンティティだと思ってるよ」っていうことを修正して伝える。だからあっこちゃんと同じだよね。ちゃんと向き合う。ちゃんと聞いて修正する。ゴメンならゴメンでいい。

あっこゴリラ:ウチら世代は価値観を更新していくだけだから。正解なんかないし、だから考えて向き合ってぶつかって失敗したらやり直せばいい! だって一度きりじゃん? ワンライフ、ワンチャンスじゃん!

左から:あっこゴリラ、YUKARI、なかむらみなみ
Page 4
前へ

リリース情報

Limited Express(has gone?)『perfect ME』
Limited Express(has gone?)
『perfect ME』(CD)

2019年10月23日(水)発売
価格:2,420円(税込)
ch-166

[CD]
百鬼夜行
フォーメーション
SWEET TALK
散らかる
ディスコミュニケーション
正気に戻る
SAVE MY IDEAL
Useless
LIE DETECTOR says TRUE
ニュードリーム
NO WAY
NOT A FAD

あっこゴリラ
『ミラクルミー E.P.』(CD)

2020年2月12日発売
価格:1,650円(税込)
AICL-3778

イベント情報

Limited Express(has gone?)
『perfect ME』リリースツアー

2019年12月20日(金)
会場:静岡県 Toast Bro

2019年12月21日(土)
会場:大阪府 火影-HOKAGE-

2019年1月19日(日)
会場:東京都 新代田FEVER

2019年2月1日(土)
会場:京都府 Live House nano

2019年2月8日(土)
会場:愛知県 名古屋HUCK FINN

2019年3月7日(土)
会場:三重県 四日市VORTEX

2019年3月8日(日)
会場:島根県 彦根ダンスホール紅花

プロフィール

Limited Express(has gone?)(りみてっど えきすぷれす はずごーん)

2003年、US、ジョン・ゾーンのTZADIKから1st albumをリリースし、世界15カ国以上を飛び回る。その後、高橋健太郎主催のmemory labより2nd album、best albumをリリース。WHY?、NUMBERS、MY DISCOなどの海外バンドともツアーを回るなど、名実共に日本オルタナ・パンク・シーンで活躍するバンドとなる。2枚のアルバムリリースを経て、2014年、これまでベースを弾いていたYUKARIが突然ピンボーカルに。ドラムにもんでんやすのり(ふくろ / GROUNDCOVER.等)、ベースにLessThanTVの谷ぐち順を迎えた編成で活動を始める。フロア駆け回るYUKARIのパフォーマンスと衝動的なバンドサウンドは中毒者続出。2019年8月「フォーメーション」7インチ、10月には新体制2枚目のアルバム「perfect ME」をリリース。

あっこゴリラ

ドラマーとしてメジャーデビューを果たし、バンド解散後、ラッパーとしてゼロから下積みを重ねる。2017年には、日本初のフィメール(女性)のみのMCバトル「CINDERELLA MCBATTLE」で優勝。その後、さまざまなアーティストとのコラボレーションも行う中、同年末、向井太一とのコラボ曲「ゲリラ」がSpotifyのCMに起用される。野生のゴリラに会いにルワンダへと旅をした模様を収めた「Back to the Jungle」、永原真夏と共にベトナムで撮影された「ウルトラジェンダー」、そして2018年に“再”メジャーデビューを飾り、台湾で撮影を敢行した「余裕」など、国内に限らず海外で制作したMVも話題に。さらに、同年12月1stフルアルバム「GRRRLISM」をリリース。女性の無駄毛をテーマにした「エビバディBO」、年齢をテーマにした「グランマ」など、世の中の“普通”を揺るがす楽曲を発表。その他、クリエイターを巻き込んでのGRRRLISM ZINEの発表や、2019年4月からJ-WAVE「SONAR MUSIC」でメインナビゲーターとして様々な発信をするなど、性別・国籍・年齢・業界の壁を超えた表現活動をしている。ちなみにゴリラの由来はノリ。

なかむらみなみ

天真爛漫な見た目とは裏腹に元ホームレスというハードな経歴を持つフィメールMC。2015年にkamui(3-i)に見出されヒップホップ・ユニット「TENG GANG STARR」を結成。2019年3月に「TENG GANG STARR」は活動を休止するも、ソロ活動に突入するやいなや日本語ラップシーンのエンターテイナー「餓鬼レンジャー」を始め、「Lil'Yukichi」「入江陽」「TREKKIE TRAX CREW」など立て続けて楽曲の客演に迎えられる。そして8月30日には自身初となるソロ名義シングル『Ride』をリリースした。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る 1

    テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る

  2. 川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々 2

    川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々

  3. 三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開 3

    三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開

  4. 平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」 4

    平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」

  5. 菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保 5

    菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保

  6. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 6

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  7. のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動 7

    のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動

  8. 石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で 8

    石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で

  9. 高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM 9

    高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM

  10. PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施 10

    PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施