特集 PR

パノラマパナマタウンが掬いあげる、社会の中で死んじゃってる心

パノラマパナマタウンが掬いあげる、社会の中で死んじゃってる心

『GINGAKEI探索in MADO』
インタビュー・テキスト・編集
矢島由佳子(CINRA.NET編集部)
撮影:小杉歩

今はすごく自由になれているんですよね。だから聴いてる人にも枷を外してほしいし、そのまんまでいいんだよ、って歌いたい。(岩渕)

―せっかくメジャーデビューしたのに、そこでもまた自分を隠して周りに合わせるのをやり続けるのか、俺? みたいなジレンマも生まれてたということですか。

岩渕:そうですね。いろんな人と話したりすればするほど、自分がどんどん面白くなくなっていくような気がして。子どもの頃から人と違うことをバーって言ったらいじめられて、みんなの中で生きていくために嘘の自分を作って、みんなが笑顔になることばっかり言ってたから、そういうのが自分の中で染みついちゃってたんですよね。だからいざすごく強い想いがあったりやりたいことがあったりしても、たとえばライブでMCするときとか、こうやってインタビューでしゃべるときも、安全な方、安心な方、みんなが喜ぶであろうことを言っちゃう方に逃げてた。そのたびに「本当に面白くないな」と思って、一人になるとつらくなる、みたいなことがすごくあって。

―音楽って、そもそも自由な場であるはずなのに。

岩渕:そうですね。一番自由な職業だし、やりたいことを選んだはずなのに、自分で面白くなくしてたところがあったなって。

でも今は開き直れて。「めちゃめちゃ生きてる」というメッセージが出てきたり、自分の素を肯定したことによって『GINGAKEI』を作れたりして、今はすごく自由になれてるんですよね。そういう想いで、聴いてる人にも枷を外してほしいし、そのまんまでいいんだよ、って歌いたいと思ってます。……すげえパーソナルな話をしてるけど大丈夫ですかね(笑)。

岩渕想太
岩渕想太

田村(Dr):今のパーソナルな話をMCとかで言えばいいのになあっていつも思ってたんですよね。でもやっぱりそれが難しいし、ずっと岩渕にとって戦いでもあったから。

タノ:簡単にできたら曲にならへんもんなあ、そんなの。

田村:そうそうそう。戦わないとおもんないし。でもこうやって自分の人生が作品になって、それで共感して聴いてくれる人が増えるのはすごくいいことだなあと思う。それが多分、最初に言ってくれた、今回の作品に出てる変化なんじゃないかなって思いますね。

田村夢希
田村夢希

小さい頃に公園で会ったホームレスの人が、いろんな遊びを教えてくれたんです。(岩渕)

―“エイリアン”は、今話してくれたような原風景みたいなものを閉じ込めた曲ですか?

岩渕:そうですね。“エイリアン”は、地元とか、小さい頃の思い出とかを書きました。やっぱり、無邪気な心って一番強いなと思って。「馴染めないから」って、型にハマるようにしたり、社会にハマるようにしても、生きやすくはなるかもしれないけど死んでいく心はいっぱいあるから。

パノラマパナマタウン“エイリアン”を聴く(Apple Musicはこちら

―「エイリアン」というのは、変わり者扱いされた自分のことでもある?

岩渕:いや、これは、小さい頃に公園で会ったホームレスの人のことなんです、実は。

―ああ、そうだったんですね。

岩渕:秘密基地の作り方とか、いろんな遊びを教えてくれたんです。子どもの頃の俺にとっては、その人がなんか羨ましくて。父親がせっせと餅を作ってる中で(笑)、この人はすげえ楽しそうに生きてるなあ、自由に生きてるなあ、って。全然金もないはずだし、ろくなもん食ってなかったと思うんですけど。その人が好きだっていう歌ですね、うん。

―ああ、その経験は岩渕さんにとって大きそうですね。

岩渕:デカイですね、確かに。しかもその人、めっちゃ悪い友達にいじめられて、背負い投げされたりして……そういうときも俺は見ていることしかできなかったのが、すげえつらくて。それで結局、その人は公園からいなくなっちゃったんですよね。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

パノラマパナマタウン『GINGAKEI』
パノラマパナマタウン
『GINGAKEI』(CD)

2019年11月13日(水)
価格:1,980円(税込)
AZCS-1087

1. Dive to Mars
2. 目立ちたくないMIND
3. ずっとマイペース
4. Chopstick Bad!!!
5. HEAT ADDICTION ~灼熱中毒~
6. エイリアン
7. GINGAKEI

イベント情報

『パノラマパナマタウン 「銀河探索TOUR 2019-2020」』

2020年1月13日(月・祝)
会場:大阪府 BIGCAT

2020年1月19日(日)
会場:東京都 恵比寿 LIQUIDROOM

『俺の命はクリスタルガイザー何本分なのよ』
『俺の命はクリスタルガイザー何本分なのよ』

2019年12月16日(月)~12月25日(水)
会場:東京都 歌舞伎町 人間レストラン
時間:18:00~5:00

プロフィール

パノラマパナマタウン
パノラマパナマタウン

メンバーは岩渕想太(Vo,Gt)、浪越康平(Gt)、タノアキヒコ(Ba)、田村夢希(Dr)。福岡、広島、大阪、神戸と、それぞれ出身の異なる4人が、神戸大学の軽音楽部で集まり、結成されたオルタナティヴロックバンド。ロックとヒップホップ両方に影響を受けた、熱いライブパフォーマンスと独特なワードセンスを武器に奔走する4人組。2015年、ロッキング・オンが主催する『RO69JACK』でグランプリを獲得し、『ROCK IN JAPAN FESTIVAL』へ初出演。「MUSICA」「A-Sketch」「SPACE SHOWER TV」「HIP LAND MUSIC」が「MASH A&R」として主催する4社合同オーディションでグランプリを獲得。2016年3月には初の全国流通盤となる『SHINKAICHI』をリリース。2018年1月17日、メジャーデビューミニアルバム『PANORAMADDICTION』をリリース。2019年2月13日、1stフルアルバム『情熱とユーモア』をリリース。2019年11月13日にミニアルバム『GINGAKEI』をリリースし、同月15日からアルバムをひっさげてのツアー『銀河探察TOUR 2019-2020』を開催。年内はゲストを迎えた2マン公演で全国をまわり、年明けには大阪BIGCAT、恵比寿LIQUIDROOMでもワンマンライブも決定している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開 1

    星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開

  2. くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話 2

    くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話

  3. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 3

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  4. Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る 4

    Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る

  5. 君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける 5

    君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける

  6. 今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる 6

    今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる

  7. パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然 7

    パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然

  8. サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合 8

    サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合

  9. Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る 9

    Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る

  10. 「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談 10

    「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談