特集 PR

なぜA-Sketchはflumpool、ワンオクなどヒットを続けられるのか?

なぜA-Sketchはflumpool、ワンオクなどヒットを続けられるのか?

CAMPFIRE
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:豊島望 編集:矢島由佳子

日本のエンターテイメント業界の最前線で戦い続ける人物に話を聞く連載『ギョーカイ列伝』。第12弾に登場するのは、株式会社A-Sketchの取締役 / アーティストプロデュース本部・本部長の我謝淳史。

2008年に、アミューズとKDDIの合併会社として設立されたA-Sketchは、flumpoolをはじめとするアーティストを独自の施策で世に送り出し、今やONE OK ROCKは世界を舞台に活躍するトップアーティストとなっている。また、2013年にはオーディション企画『MASH A&R』を4社合同でスタートさせ、THE ORAL CIGARETTESやフレデリックといった、今のロックシーンで存在感を放っているアーティストを発掘してきた。

ONE OK ROCKとは10年以上の付き合いで、A-Sketchにも設立時から関わっている我謝は、現在38歳。つい先日にはKAI-YOUとのコラボレーションで次世代のラップアーティストを開拓するプロジェクト『OverFlow』をスタートさせるなど、常に新たな試みを打ち出している。来年の10周年を前に、A-Sketchの歩みについて語ってもらった。

「今までのCDの契約の印税率だとおかしいんじゃないか?」という考えが、設立時の理念のひとつでした。

—我謝さんがアミューズに入社されたのは2006年だそうですね。

我謝:アミューズがレーベル部署を立ち上げるタイミングに、僕が東京で音楽の仕事をし始めたときの師匠で、今はロックバーを経営している足立原に誘われる形で入社しました。もともとは宣伝担当として入ったんですけど、2006年からはONE OK ROCKのA&Rを始めたのと、あとRomancrewは発掘から制作、宣伝までを全部やらせてもらっていました。

それで、2008年にアミューズとKDDIがA-Sketchを立ち上げることが決まったときに、今の仕事のあり方を一から教わった社長の相馬に「お前はこっちに来なさい」と言ってもらって。

我謝淳史
我謝淳史

—A-Sketchの設立は2008年ですが、どういう意図があったのでしょうか?

我謝:これから配信の時代になるにあたって「今までのCDの契約の印税率だとおかしいんじゃないか?」という考えが設立時の理念としてひとつありました。CD1枚1000円の1%と、1曲150円の1%は違うわけで、「なんで同じ印税率を適用するのか?」という、アーティストへの利益還元を考えたわけです。デジタル時代を先取りして、よりアーティストに還元できる会社をKDDIと組んで作ったという形ですね。正直、当時でいうとうちの配信の印税は相当いいと思いますよ。

A-Sketchより、直近にリリースされる作品

—我謝さんご自身も、そのときから「この先は配信」と考えていたわけですか?

我謝:僕は2008年の時点で、「今後、CDはグッズになる」と言ってました。アメリカで2005年に発行され、日本では2005年12月に全訳で発行された『デジタル音楽の行方』という本に、「蛇口をひねれば水が出るように、音楽もそうなる」と書いてあったんです。僕はNapsterも最初から使ってましたし、なんとなくそうなるんだろうなって思ってましたね。

「宣伝しても売れない」ってずっと言われてきたんです。

—A-Sketchに移ってから、最初のメインのお仕事は宣伝だったんですか?

我謝:そうです。でも、昔働いていた会社のときから、「宣伝しても売れないから、新人を探せ」って言われてました。

—「宣伝しても売れない」というのは?

我謝:ただ宣伝しても売れるわけではないから、売れるものをどう探すか、どう作るかが一番大事だということですね。でも、いいものを作ったからといって必ず売れるわけではないので、どうトピックを作って、どう伝えていくのかが大事で、そのためにはストーリーが必要。ただテレビに出れば売れる、雑誌に載れば広がるわけではない。それをかいつまんで言うと、「宣伝しても売れない」で、「もっと他のことを考えろ」ってずっと言われてきたんです。

我謝淳史

—A-Sketchの第1弾アーティストはflumpoolでしたが、実際にただ宣伝するだけではなく、トピックやストーリー作りを大事にされたと。

我謝:そうですね。flumpoolは2008年10月に配信限定シングルの『花になれ』でデビューしてるんですけど、「LISMO」のテレビCMが9月から、ドラマ(『ブラッディ・マンデイ』)が10月から流れることが決まっていたなかで、どうやって宣伝して価値を上げていくかを会社全体で考えました。

そのなかで、もともと彼らの楽曲はエッジ感があったので、一回インディーズで出そうということになって、タワーレコードとTSUTAYA限定で、『labo』というシングルを8月に出したんです。あと、最初のテレビ出演が『ミュージックステーション』で、10月、11月、12月の『ミュージックステーションスーパーライブ』と、3か月連続で出ることができたのも大きかったですね。

メジャーデビュー曲

—メジャーデビュー間もない新人が3か月連続出演というのはかなり異例ですよね。『花になれ』は配信開始から1週間で100万ダウンロードを記録して、それほどの人気があってこその出演オファーだったのかとは思いますが、我謝さん自身としても、かなり手応えがあったのではないでしょうか?

我謝:最初に手応えを感じたのは、SPACE SHOWER TV(以下、スペシャ)のパワープッシュとして9月からオンエアされ始めたときに、「CD売ってないんですか?」という問い合わせが入ったと、スペシャの方から言われたことですね。そんな問い合わせがくるのって、スペシャとしても異例だったらしいんですよ。なので、そのときに「この曲は届いているな」と実感しました。10月1日が配信スタートだったので、最初は10月のパワープレイを狙ってたんですけど、CMが9月20日から流れるからということで、9月のエントリーに狙い直したのもよかったんだと思います。

Page 1
次へ

ウェブサイト情報

CAMPFIRE
CAMPFIRE

群衆(crowd)から資金集め(funding)ができる、日本最大のクラウドファンディング・プラットフォームです。

プロジェクト情報

CAMPFIRE
『OverFlow』

OverFlow Projectは、ロックレーベルとして圧倒的な知名度を誇るA-Sketchと、月間2,000万PVを誇るポップポータルメディア・KAI-YOU.netとがコラボレーションし、新世代のラップアーティストを開拓するプロジェクト。これまでのヒップホップ、ラップシーンにとらわれない自由な発想、新しい才能、を発見したいという願いを込めて立ち上げたプロジェクトです。また、アーティスト本人のプロデュース能力や、周りを巻き込むカリスマ性など、アーティスト自身が新たな魅力に気づいてもらえる場をCAMPFIRE MUSICサポートのもと用意しました。OverFlowには、溢れ出す、という意味であり、「小さくまとまらない、ほとばしる才能を求める。」といった意味が込められている。

プロフィール

我謝淳史(がじゃ あつし)

株式会社A-Sketch 取締役 アーティストプロデュース本部長。1979年生まれ。2001年にSonyMusicの大阪営業所にアルバイト入社。その後、幾つかのレコード会社を経て、2006年にアミューズに入社。2008年からはA-Sketchの立ち上げスタッフとして、アーティストの発掘や制作、宣伝、マネジメントなど幅広く携わる。担当アーティストとしては、ONE OK ROCK、flumpool、WEAVER、Hello Sleepwalkersなど。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像