特集 PR

Awesome City Clubが語る、脱退・移籍をバネに大脱皮&飛翔

Awesome City Clubが語る、脱退・移籍をバネに大脱皮&飛翔

Awesome City Club『アンビバレンス』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:垂水佳菜 編集:矢島由佳子(CINRA.NET編集部)

2015年にデビューし、今年5周年イヤーを迎えたAwesome City Club。創設メンバーであるマツザカタクミの脱退、「avex/cutting edge」へのレーベル移籍と、バンドにとって転機の年となった2019年を経て、新体制最初のシングルとなる『アンビバレンス』を1月15日に配信リリースした。

見た目も華やかなボーイズ&ガールズによる「架空の都市のサウンドトラック」という結成当初のコンセプトは、シティポップのブームとも相まって、2010年代後半のシーンに大きな足跡を残した。それから徐々にメンバー個々の人間味を重視することで、よりリアルな東京という都市を映し出していったわけだが、そんな彼らも今年で全員が30代。現実の不条理とも向き合いながら、ミュージシャンとして培ってきた説得力を持って、まだ見ぬオーディエンスを輝かせ、カルチャーを繋いでいこうとしている。4人での最初のツアーを終えたばかりの2019年末、1年を振り返るとともに、2020年の展望を語ってもらった。

変化を強いられるタイミングだった。それが解散という道ではなくてよかったとは思ってます。(atagi)

Awesome City Club(おーさむ してぃ くらぶ)<br>左から:atagi(Vo,Gt)、モリシー(Gt,Synth)、PORIN(Vo,Synth)、ユキエ(Dr)<br>2013年東京にて結成。POPS / ロック / ソウル / R&B / ダンスミュージック等、メンバー自身の幅広いルーツをミックスした音楽性を持つ、男女ツインボーカルの混成男女4人組。2015年4月8日に1stアルバム『Awesome City Tracks』をリリース。メジャーデビュー5周年となる2020年には更なる飛躍を目指し、レーベルを「avex/cutting edge」に移籍。年明けから3か月連続配信シングル&今春アルバムをリリース予定。更に2020年は『Welcome to Awesome City』と銘打った一大カルチャーフェス開催を目標に掲げている。
Awesome City Club(おーさむ してぃ くらぶ)
左から:atagi(Vo,Gt)、モリシー(Gt,Synth)、PORIN(Vo,Synth)、ユキエ(Dr)
2013年東京にて結成。POPS / ロック / ソウル / R&B / ダンスミュージック等、メンバー自身の幅広いルーツをミックスした音楽性を持つ、男女ツインボーカルの混成男女4人組。2015年4月8日に1stアルバム『Awesome City Tracks』をリリース。メジャーデビュー5周年となる2020年には更なる飛躍を目指し、レーベルを「avex/cutting edge」に移籍。年明けから3か月連続配信シングル&今春アルバムをリリース予定。更に2020年は『Welcome to Awesome City』と銘打った一大カルチャーフェス開催を目標に掲げている。

―2019年はメンバーの脱退にレーベル移籍と、Awesome City Club(以下、ACC)にとって大きな変化の年となりました。1年を振り返って、現在の心境を教えてください。

atagi(Vo,Gt):めっちゃ素直な話をすると、最初はいろんな変化に向き合わなきゃいけないのがものすごく嫌でした。変化を迫られて、「どっちに転んでも今までの形じゃなくなる」ってなると、考えること自体不毛に感じて、「こんなことを考えるためにバンドをやってるんじゃないのにな」って思う瞬間もあったり……言い方はよくないかもしれないですけど、借金を返してるような感じというか。この1年でいろいろ精算したような気持ちでした。

―脱退の話と移籍の話が同時進行で進んでいたわけですか?

atagi:そうですね。「盆と正月が一気にきた」みたいな(苦笑)。自分本位なことを言うと、バンドをどんどん転がしたいと思っていたときに、そうもいかない状況になるのは嫌だなって、純粋に思ってましたね。

atagi
atagi

―『TORSO』(1st EP、2018年3月リリース)からatagiくんが曲作りを引っ張るようになって、『Catch The One』(2018年12月リリース)という初のフルアルバムを完成させた(参照:当時のインタビュー記事)。atagiくん的には「さあ、これから」というタイミングで、動くに動けなくなっていたというか。

atagi:でも、お世辞を言い合ってやっていけるわけないですから、メンバーの問題にはもちろん向き合うしかない。それはすごく疲れましたけど……まっつん(マツザカタクミ。2019年8月に脱退)がバンドを抜けるにしろ、残るにしろ、なにか変化を強いられるタイミングだったのかなって。それが解散という道ではなくてよかったとは思ってます。

―「解散」という言葉が頭をよぎる瞬間もあった?

atagi:まっつんがやめることが決まって、他のメンバーが「じゃあ、私も」「じゃあ、僕も」ってなっちゃったら、それをきっかけに終わっちゃうとは思ったから。そこはメンバーを信じるしかできなかったですね。

左から:ユキエ、atagi、PORIN、モリシー
左から:ユキエ、atagi、PORIN、モリシー

―PORINさんは当時どんな心境だったのでしょうか?

PORIN(Vo,Synth):私はすごく戦いました。マツザカがやめることに対して。

―PORINさんを最後のメンバーとしてACCに引きこんだのがマツザカくんだったわけで、当然思うところあっただろうなと(参照:デビュー時のインタビュー記事)。

PORIN:そうですね。感覚的にも近かったし、なにかと頼りにしていたので、彼がACCを続けられる方法はないのかなってずっと探ってました。もちろん、バンドの解散も絶対に嫌だったので、「1年間休んだら?」とかも提案したんですけど、レーベルとの契約のこともあったりして……でも、結果いい形で送り出せたと思うので、今はめちゃめちゃ楽しいです。心から向き合えたので、悔いはないって感じですね。

PORIN
PORIN

atagi:思えば半年間そのことでずっと議論してたんですよ。だから、最終的には「もうこれ以上話すことねえな、アハハ」くらいの感じになって。そこまでいくと、最後は意外とあっさりしてたかもしれないですね。

Page 1
次へ

リリース情報

Awesome City Club『アンビバレンス』
Awesome City Club
『アンビバレンス』

2020年1月15日(水)配信

イベント情報

『Awesome Talks Acoustic Show 2020 ~New Year Special~』

2020年1月19日(日)
会場:宮城県 仙台 retro BackPage

2020年1月23日(木)
会場:東京都 Billboard Live TOKYO

2020年1月28日(火)
会場:大阪府 Billboard Live OSAKA

プロフィール

Awesome City Club
Awesome City Club(おーさむ してぃ くらぶ)

メンバーは、atagi(Vo,Gt)、PORIN(Vo,Synth)、モリシー(Gt,Synth)、ユキエ(Dr)。2013年東京にて結成。POPS / ロック / ソウル / R&B / ダンスミュージック等、メンバー自身の幅広いルーツをミックスした音楽性を持つ、男女ツインボーカルの混成男女4人組。2015年4月8日に1stアルバム『Awesome City Tracks』をリリースし、iTunesロックチャートで1位を獲得するなど話題を呼び、デビューから「Awesome City Tracks」シリーズと題して、2年間で4枚のアルバムをリリース後、ベストアルバム~EP~フルアルバムをリリース。毎年コンスタントに全国ツアーも行いながら、国内外の大型フェスティバルにも多数出演。Awesome City Club以外でのメンバー個々の活動も盛んで、数々の楽曲提供やライブツアーへの参加、またクリエイターやファッションブランドとの親和性も高くコラボレーション等も積極的に行っており、メンバー4人が様々なフィールドでバンド・個人共としてカルチャー的にもメインストリームでも注目を集める存在となっている。メジャーデビュー5周年となる2020年には更なる飛躍を目指し、レーベルを「avex/cutting edge」に移籍。年明けから3か月連続配信シングル&今春アルバムをリリース予定。更に2020年は『Welcome to Awesome City』と銘打った一大カルチャーフェス開催を目標に掲げている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 『ジョジョ』東方仗助、岸辺露伴、吉良吉影モデルのスーツがP.S.FAから登場 1

    『ジョジョ』東方仗助、岸辺露伴、吉良吉影モデルのスーツがP.S.FAから登場

  2. マーベル作品の異端かつ、ど真ん中 『ワンダヴィジョン』 2

    マーベル作品の異端かつ、ど真ん中 『ワンダヴィジョン』

  3. 坂元裕二の朗読劇開催 高橋一生×酒井若菜、林遣都×有村架純ら4組が出演 3

    坂元裕二の朗読劇開催 高橋一生×酒井若菜、林遣都×有村架純ら4組が出演

  4. 『鬼滅の刃』胡蝶しのぶの日輪刀を再現 セリフや効果音など35種の音声収録 4

    『鬼滅の刃』胡蝶しのぶの日輪刀を再現 セリフや効果音など35種の音声収録

  5. GEZANマヒト×Essential Store田上 人を繋ぐ「モノ」の力 5

    GEZANマヒト×Essential Store田上 人を繋ぐ「モノ」の力

  6. 星野源が語る、創作の原点 「ものづくり」を通じて他者と向き合う 6

    星野源が語る、創作の原点 「ものづくり」を通じて他者と向き合う

  7. 伊勢丹の「あのショッパー」が限定レザーバッグに 通販では即完売 7

    伊勢丹の「あのショッパー」が限定レザーバッグに 通販では即完売

  8. 北村匠海主演、カツセマサヒコ原作『明け方の若者たち』映画化 2022年公開 8

    北村匠海主演、カツセマサヒコ原作『明け方の若者たち』映画化 2022年公開

  9. 映画『花束みたいな恋をした』 坂元裕二が描く、20代の5年間の恋 9

    映画『花束みたいな恋をした』 坂元裕二が描く、20代の5年間の恋

  10. Uttzsが変えるオンライン鑑賞体験。離れた場所でも豊かな時間を 10

    Uttzsが変えるオンライン鑑賞体験。離れた場所でも豊かな時間を